ブログへ戻る

【業界別】有名外資系企業を紹介!外資系のイメージと実際はどう違う?

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

約1ヶ月 前

外資系企業と聞くと、「英語ができなければいけない」「多忙」「年収が高い」など、それぞれが持つイメージがあります。

しかし、実際の働き方や仕事内容は、外から見ただけではわからないことも多いでしょう。

 

この記事では、外資系企業への転職を考えている人に向けて以下の内容をご紹介します。

 

・外資系企業の3つのタイプ

・業界別の代表的な外資系企業

・外資系企業の実態

・外資系企業で活躍する人の特徴

 

外資系企業への転職活動をする際に、ぜひ役立ててください。

 

■外資系企業とは?

外資系企業は、大きく3つのタイプに分けられます。ここでは、それぞれの特徴を解説します。

 

| 外国企業の日本法人

外国企業が日本に進出し会社を設立するケースで、100%外国資本の場合が多いです。

Google合同会社や、日本マイクロソフトなどがこれに当てはまります。経営方針などは基本的に本国がすべて決定します。

設立して間もないころはとくに本国とのやり取りが多くなるため、高い英語力が必要とされます。

 

 

| 外国企業と日本企業の共同出資で設立された会社

共同出資で設立された会社も、外資系企業の中に一定数あります。代表的なのは、住友スリーエムや富士ゼロックスなどです。

 

共同出資の場合、外国企業と日本企業のどちらの出資額が多いかで、経営方針や決定権が変わってきます。

外国企業は日本の土地や施設などを求め、日本企業は技術やブランド、資本力などを求めて出資しあうのが特徴です。

 

 

| 外国企業に買収された日本企業

日本企業が外国企業にM&Aなどで買収され、外資系企業になることもあります。西友やシャープ、ラオックスがその例です。

外国企業に買収されると、経営主導権が外国企業側に移るため、経営方針や企業文化などが大きく変わることが多いです。

 

 

■有名な外資系企業にはどんな企業がある?

次に、外資系企業には具体的にどのような企業があるのかを見ていきましょう。業界別にそれぞれ有名な企業をご紹介します。

 

| 金融業界

金融業界は、平均年収が他の業界の外資系企業の中でも比較的高く、他の業界よりも人気が高い傾向にあります。

 

☑ 投資銀行

投資銀行で有名な外資系企業は次のとおりです。

・ゴールドマン・サックス

・シティグループ

・J.P.モルガン

・バンクオブアメリカ・メリルリンチ

・モルガン・スタンレー

 

☑ 保険会社

保険会社で有名な外資系企業は次のとおりです。

・アフラック

・AIGグループ

・プルデンシャル生命保険

 

 

| コンサルティングファーム

次に、外資系コンサルティングファームで有名な企業を、各ファームごとに見ていきましょう。

 

☑ 総合コンサルティングファーム

総合コンサルで有名な企業は次のとおりです。

・アクセンチュア

・デロイト トーマツ コンサルティング

・PwC Japanグループ

 

☑ 戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルで有名な外資系企業は次のとおりです。

・ベイン・アンド・カンパニー

・ボストン コンサルティング グループ

・マッキンゼー・アンド・カンパニー

 

☑ 会計コンサルティングファーム

会計コンサル有名な外資系企業は次のとおりです。

・KPMGコンサルティング

・EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング

 

 

| IT業界

外資系ITメーカーは、インセンティブ給(歩合給)が比較的高く、平均残業時間が少ないのが特徴です。

IT業界で有名な外資系企業は次のとおりです。

・アマゾンジャパン

・グーグル

・日本マイクロソフト

・LINE

 

 

| メーカー

外資系メーカーは、インセンティブ給の占める割合が少ないです。そのため、他の外資系と比べて給料の差が小さいといった特徴があります。

 

☑ 消費財メーカー

消費財メーカーで有名な企業は次のとおりです。

・日本ロレアル

・P&G Japan

・ユニリーバ・ジャパン

 

☑ 製薬メーカー

製薬メーカーで有名な企業は次のとおりです。

・ジョンソン・エンド・ジョンソン

・ファイザー

・ノバルティスファーマ

 

☑ 化学メーカー

化学メーカーで有名な企業は次のとおりです。

・BASFジャパン

・ダウ・ケミカル日本

・デュポン

 

 

■外資系企業のイメージと実際の違いは?

ここでは、外資系企業の一般的なイメージと、実際の仕事とではどのくらい違いがあるのかを紹介します。

 

| 英語力は高いレベルが求められる?

外資系は高い英語力が求められる印象がありますが、部署によっては英語を日常的に使わないところもあります。

たとえば営業職で、営業先がほとんど日本企業である場合には、英語力はあまり重要視されません。

また、エンジニア職は売り手市場でもあり、技術力が高ければそれほど英語力が求められないこともあります。

 

ただし、部門長が外国人であることも多いため、上司とのコミュニケーションや社内メールなどでは英語を使うことも多いでしょう。
完璧に英語ができなくても、日常会話ができる方が望ましいと言えます。

 

外資系企業で働くひとつの目安は、TOEICでスコア700以上が取れるレベルと考えてください。英語での会議やミーティング、プレゼンなどのトークをするにはスコア800以上が必要になります。

 

| 給与水準が高いのは本当?

外資系企業は給与水準が高いイメージがありますが、これは事実です。

業界にもよりますが、金融をはじめ、IT、コンサルティングファームなどの給与水準はとくに高い傾向にあります。

 

給与が高い理由のひとつが、徹底した成果主義によるインセンティブ給です。インセンティブ給とは、簡単にいえば歩合制のことで、実力がある人ほど高い給与が与えられます。

そのため、若くても成果を出せばその分高収入を目指すことができます。

 

 

| 終身雇用がなくて不安定?

「成果を挙げられなければクビになる」というイメージをもつ人もいますが、すぐに解雇されるということはほとんどありません。

外資系企業において終身雇用は保証されていませんが、成果を出せない場合は現状を変えるためのサポートもあります。

 

サポートは、企業にもよりますが、期限を決めて何に取り組み、どれくらい改善させるか目標を具体的に設定します。

その後も、定期的に面談の場をつくり、進捗を確認してアドバイスを行うなどの対応が取られます。

 

 

| 転職経験が多いことが評価される?

日系企業の場合、転職回数が多いとあまりよい印象を与えないことがありますが、外資系企業では、キャリアアップのために複数回転職をすることはよくあります。

とはいえ、高い実績をもっていてもあまりに転職回数が多すぎる場合は、よい印象は与えません。

 

とくに一社に勤務する年数が「3年以下」だと、マイナス印象をもつ企業が多く、転職が不利になる場合もあります。また、キャリアに一貫性のない転職をしている場合も要注意です。

 

 

| 忙しくてなかなか休む暇がない?

外資系企業は忙しくて休みが取れないイメージをもつ人もいますが、「働くときは働く、休むときは休む」とメリハリをつけて働けるところが多いです。

また、外資系企業では有給休暇は、しっかり使う人がほとんどです。
逆に、有給休暇を使わない人は「仕事の効率が悪い」と見なされ、上司からの評価が下がる原因にもなります。

 

 

■外資系企業で活躍するのはどんな人?

最後に、外資系企業で活躍している人の考え方や行動などの5つの特徴を紹介します。

 

| 謙遜せずに自分の強みをアピールできる

外国では謙遜することがあまりよしとされないため、自分の強みをしっかりアピールできることが重要になります。

自身のスキルや実績を具体的に伝えることが外資においては必要です。

 

 

| 常に自分で考えスキル・キャリアの向上を目指せる

日系企業では、人材を育てようとするところが多いですが、外資では常に自分で考えスキル・キャリアの向上を考える必要があります。

研修や教育制度はありますが、個人でキャリアアップに必要なものを考えて行動する人が多いです。

 

 

| 意見をはっきり伝え、積極的にコミュニケーションをとれる

外資系で働くと、「状況を察してもらう」といった空気を読むコミュニケーションは期待できません。

会議や打ち合わせなどでは、曖昧な発言は控えて、自分の意見をはっきりと相手に伝える必要があります。

 

 

| どんなことにも柔軟に対応できる

外資系企業では、本国が決定すれば急遽日本支社や部署が撤退になることなどもありえます。本国の決定は絶対であり、急な方針などに振りまわされることも珍しくありません。

そのため、どんなことにも柔軟に対応できる力が求められます。

 

 

| 多様な価値観を受け入れられる

外資系企業では、国籍や文化、考え方がさまざまな人たちが多く働いているため、多様な価値観を受け入れられることが求められます。

日本での常識や前職での考え方・ルールに縛られず、新しい考え方ができる人は大いに活躍できるでしょう。

 

 

| 上司に気遣いができる

日系企業では上司に従うことが求められるイメージがありますが、外資は風通しがよい印象があります。

しかし、外資では直属の上司が人事決定権をもち、評価をします。そのため、日系企業以上に上司への気遣いや関係を良好にしておく必要があります。

 

 

■まとめ

外資系企業のイメージと実態、活躍する人の特徴を紹介しました。外資系は忙しい、英語ができなければいけないなどのイメージがありますが、働く企業や所属する部署、職種などによっても異なります。

また、外資系企業で活躍するためには、相手に自分の意見をはっきりと伝えることや、自身のスキルやキャリアを伸ばすために自ら考えて行動できることが必要です。

 

外資系企業への転職の際は、転職エージェントを利用すると、面接対策などもできスムーズに転職活動が進められるでしょう。

エンワールドは、日系企業だけではなくさまざまな外資系企業、グローバル企業と人材をつなぐ転職エージェントです。
常時非公開案件含めるグローバル企業案件を保有しており、具体的な海外案件を多数保有しています。

 

専任のコンサルタントが一人ひとりのキャリアを中長期的に見て、最適な転職先を紹介するほか、面接準備などの転職活動中のプロセスのサポート、採用後のフォローアップにいたるまで丁寧に行います。無料面談も実施しているので、まずはご登録ください。

 

エンワールドの詳細はこちら