ブログへ戻る

中途採用トレンドと採用成功の秘訣【IT・通信​​​】2021

Posted by en world Japan

8ヶ月前

新型コロナウイルスが企業のデジタル化を後押し​

新型コロナウイルス感染症は、すべての産業にわたって国内のIT関連の求人に影響を及ぼしましたが、その影響は最初に考えられたほどは大きくありませんでした。
むしろ、ITをどの様に強化して事業全体を拡大し、改善するか見直す組織もありました。
多くの企業が従業員を守るために在宅勤務を導入する中で、旧来のシステムをクラウドに変換することが重要な課題となり、一部の企業にとっては情報セキュリティがますます重要になっています。
その他の企業では、顧客との接点を増加させるためにデジタルテクノロジーを使用したり、よりデータドリブンな組織へ移行したりすることなどに、強い需要が生まれています。​


IT人材の採用は活況​

2021年のIT人材採用に関しては、多くの企業がかなり前向きな見通しを示しています。
2020年にプロジェクトを中止しなければならず、採用活動を停止した企業もありましたが、プロジェクトと採用の再開の兆しを見せている企業もあります。
さらに、多くの組織がデジタル化を一層重要視する中で、2020年のIT人材の採用の勢いは明らかであり、この勢いは2021年も継続すると見ています。
採用企業にとっての課題は、IT人材のプールが非常に限られているため、どの様にしてそれらの人材を惹き付けることができるかになります。
強いストーリーと迅速な採用プロセスを兼ね備えた企業が、トップレベルの人材の獲得に成功するでしょう。​


日本の優秀なIT人材の不足で、海外からの採用が増加​

日本のステークホルダーとコミュニケーションをとり、グローバルのIT担当者と協力して仕事ができる転職希望者の需要は今後も高まり続けるでしょう。​
その一方で、これらのプロジェクトマネージャーやビジネスアナリシスのポジションへの外国籍の人材の採用は今後さらに増加していくと予測されており、柔軟に対応できる組織が増えていくと考えられます。
また、技術的な実務経験が求められる分野での日本人の人材不足も増えてきていることから、2021年に海外からのエンジニア採用が引き続き増えていくことは間違いないでしょう。​


転職希望者を惹き付けるストーリーと​
迅速な採用プロセスが採用成功のポイント​

日本市場での人材獲得競争は非常に厳しい状況です。
転職希望者の興味を惹き付け、一緒に今後の道のりを歩んでもらうための強力なメッセージを持っている企業が成功を収めるでしょう。
転職希望者に会社やポジションに対する高い興味と期待を持ってもらうことが重要になり、さらに、このメッセージをターゲットとなる適切な候補者にどの様に伝えるかも重要になります。
候補者が体験する採用プロセスのスピードも、強い関心を維持し続ける要因の一つとなっています。​


採用成功のためには、人材紹介会社との​
適切なパートナーシップ構築も重要​

採用で成功するためには、前述の内容に加え、人材紹介会社と良いパートナーシップ関係を築くこと、転職希望者をサーチする人材コンサルタントの数をコントロールできることが重要になります。
そうすることで、人材紹介会社のコミットメントを高められるようになるだけでなく、転職希望者の質をより強固にコントロールすることができ、結果として、不必要なスクリーニング作業を削減できるようになると考えています。​


求人数の推移(IT・通信)​


IT部門​ セールスチームマネージャー​
松尾 顕太郎​


▼ホワイトペーパー ダウンロード

2021年新型コロナ禍で中途採用に成功する方法(日本語)

How to succeed with mid-career recruitment with COVID-19 pandemic in 2021 (English)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<内容に関するお問合せ先>
エンワールド・ジャパン株式会社 広報担当


東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
TEL:03-4578-3521
FAX:03-6214-3023
Email : enworld-pr@enworld.com