ブログへ戻る

中途採用トレンドと採用成功の秘訣【コンサルティング​】2021

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

2ヶ月 前

コンサルティング領域によって需要に格差。市場は回復傾向​

新型コロナウイルスの影響をIT・デジタルコンサルティングとビジネスコンサルティング (人事、SCM、会計コンサルティング等) の領域に大きく二分して見ると、上期(4月~9月)はIT・デジタルコンサルティングには大きな影響がなく、ニーズの拡大した分野もあった一方、ビジネスコンサルティングに関しては顕著に顧客からのニーズが激減し、組織で配置転換が行われるなどの状況に陥りました。

新型コロナウイルスの流行を背景に多くの企業でテレワークを余儀なくされたことに加え、従来から社内のデジタル化に向けた投資を予定していた企業が多かったことから、IT・デジタルコンサルティング領域では、以前と変わらず多くのビジネス案件が発生し続けています。​

採用については、IT・デジタルコンサルティング領域では年間の採用数に大きな変化がなかった一方、ビジネスコンサルティング領域では、新規案件獲得ができるマネージャー以上の即戦力層を求める傾向が強くなるといった違いが見られました。

10月以降の下期に関しては、新型コロナウイルスの影響が落ち着いたこともあり、IT・デジタルコンサルティング領域でのニーズが引き続き高いことに加え、ビジネスコンサルティング領域での業務改善や新規​事業投資などのニーズが戻ってきていることから、コンサルティング市場全体の見通しは明るくなりつつあると言えます。​


IT・デジタルコンサルティング人材の需要が増加​

2021年は、2020年下期の勢いがそのまま継続し、人材のニーズが高まっていくことが予想されます。

コンサルティングファームは顧客の経営課題の解決をサービスとして提供しており、新型コロナウイルスの影響で世界が混沌としている現在においても、3年、5年、10年後の企業/事業をどのような方向性で​デザインしていくのかの提言を生業としています。

現在では、特に、新型コロナウイルスの影響で世界的に早急なデジタル化が求められており、それぞれの業界並びに企業毎で課題が浮き彫りになったことから、その課題解決のためのIT・デジタルコンサルティング領域を中心に、今後加速的に採用活動が行われることが見込まれています。​


英語が話せるグローバル人材の需要増​
外国籍や女性の採用にも積極的​

コンサルティング業界ではデジタル関連の人材のニーズがより高まっています。現状では、特に、SaaS、ERP(企業資源計画)、セキュリティ、AI、ブロックチェーン、IoTなど、ニューテクノロジー関連のキーワードの経験を持っている転職希望者の市場価値が非常に高くなっており、今後のニーズは一層高まると予想できます。

並行して、昨今では日本国内で完結するプロジェクトが少ないことから、英語が話せる(少なくとも読んで聞ける)人材のニーズも高まっています。ダイバーシティの観点から、外国籍の方や女性採用に積極的な企業も増加傾向にあります。

コンサルティングビジネスが労働集約型のビジネスであることからも、社員の増加=ビジネスの成長となるため、デジタル人材、および、IT・デジタル×ビジネスコンサルティング領域の人材獲得を中心に、グローバル人材採用、女性採用などが一層激化すると考えられます。​


採用に成功しているコンサルティング企業の3つの特徴​

コンサルティング業界で採用に成功している企業は、以下のいずれかの要素を持っています。​

① 先進的なプロジェクトに携われること​
0→1を実現出来るプロジェクト、ニューテクノロジー関連プロジェクトなど​

② 労働環境が魅力的であること
残業時間、周囲との協力体制、公正な評価など​

③ 教育体制が整っていること​
    即戦力のみの採用ではなく、若年層や異業界出身者でも教育できる環境があるか​


今後、採用でより成功したい、あるいは、採用をより強化したい企業においては、この様な視点をお持ちいただくことが、より成功確率を高めることに繋がると考えています。​


「入社後の教育」と「企業ブランディング」が​採用の成功をリード​

ほとんど全てのコンサルティングファームが年間で数百名の採用を行うことから、いかにマネージャー未満のポテンシャル層の早期自立を目指し教育していくのかに加え、人材獲得のための会社のブランディングがとても重要になります。

某大手コンサルティングファームがここ数年で業績が急拡大した背景には、上記2点を徹底し、ホワイト企業+教育前提というイメージを転職希望者に浸透させたこと、さらに、入社後に個人の市場価値を高めることを実現してきたことにあります。

コンサルティングファームでは経験と人物の双方を見て厳選採用している企業が多いですが、特に、最近ニーズの高まっているデジタル人材は世の中に限定的な人数しかいないことから、教育しながらプロジェクトの遂行を実現すること、そして、業界イメージを変える採用戦略を実行していくことが、採用の成功に繋がると考えています。​


求人数の推移(コンサルティング・ビジネスサービス)​


コンサルティング部門​ セールスチームマネージャー​
平岡 悠​


▼ホワイトペーパー ダウンロード

2021年新型コロナ禍で中途採用に成功する方法(日本語)

How to succeed with mid-career recruitment with COVID-19 pandemic in 2021 (English)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<内容に関するお問合せ先>
エンワールド・ジャパン株式会社 広報担当


東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階
TEL:03-4578-3521
FAX:03-6214-3023
Email : enworld-pr@enworld.com