ブログへ戻る

外資系企業へ未経験で転職するには?日系企業との違い・転職のポイントも解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

1年以上 前

外資系企業というと、即戦力を目的とした採用が多く、経験者しか転職できないというイメージを持っている人も多いでしょう。この記事では、経験や英語力がなくても外資系企業に未経験で転職できるのか、日系と外資系企業の違い、外資系企業に転職する際の注意点などを解説します。外資系企業に転職する前に準備しておきたい点についても紹介しますので、転職を考えている人はぜひ参考にしてください。


■外資系企業の概念とは?

では、具体的にどのような会社を外資系企業と言うのでしょうか。

以下でその事例を見ていくことにします。


| 外資系企業には3つの種類がある


小見出しに書いた通り、外資系企業には3つのタイプがあります。


・海外の企業が日本で法人を設立した場合

・海外の企業と日本の企業が共同出資して法人を設立した場合

・海外の企業がM&Aなどで日本の企業を買収した場合


このうち最も一般的なのは、最初に書いた海外の企業が日本で法人を設立した場合です。具体的な企業名を挙げると、IBMやMicrosoft、Apple、Googleといった会社があります。

コンサルティング企業のマッキンゼー・アンド・カンパニーなども有名なところです。


海外の企業と日本の企業が共同出資した会社としては、シーメンスやマクドナルド、ニベア花王などがあります。現在ではこのような形態の会社も増えてきています。

海外の企業が日本企業を買収したケースとしては、シャープやラオックス、パナソニックなどの例が有名でしょう。


いずれの場合も、外資系企業が「母体」となっている、という点で共通しています。日本法人は国内にありますが、実際にそれを統括しているのは海外にある会社、ということになります。


■未経験でも外資系企業に転職できる?

一般的に外資系企業のキャリア採用は、職種別採用で即戦力となる人材を求められることが多い傾向にあります。しかし経験者でなければ採用されないのではなく、未経験でも転職しやすい業界を選べば、外資系企業へ転職することは可能です。

数ある外資系企業の中で、特に未経験でも転職しやすい業界を紹介します。


未経験からの外資系企業への転職についてはこちらで詳しく解説しています。


■外資系企業のうち未経験でも比較的転職しやすい業界

外資系企業で、未経験でも転職しやすい業界は、製薬業界(MR)・コンサル業界・保険業界の3つです。それぞれについて解説します。


| 製薬業界(MR)

市場の規模が拡大傾向にある製薬業界は、常に人材を募集しています。

特に、営業を担うMR(Medical Representatives)の募集は、未経験でも転職しやすいでしょう。

ただし、医療関係者へ医療用医薬品の情報を提供するなど、主に医師とのやり取りとなるため、少なくとも4年制大学卒以上など、学歴が求められる傾向にあります。


代表的な企業としては、ファイザー、ノバルティスファーマ、グラクソ・スミスクライン、MSDといった会社があります。


外資系医療業界についてより詳しいことを知りたい方はこちらもご参考にしてください。


| コンサル業界

コンサル業界の外資系企業も、未経験で転職しやすいといえるでしょう。

コンサルとは市場分析や経営戦略を踏まえて提案及び実行支援などノウハウを提供する仕事です。

そのため、コミュニケーション力の高さだけでない対人スキル、素早い文書作成能力、業務遂行能力などが必要になります。


コンサル業界での経験はなくても、社会人としての経験や業務スキルは高い評価が得られる場合があります。


こちらも代表的な企業名を挙げると、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、アクセンチュアなどになります。


こちらの記事では、外資系コンサル業界についてより詳しいく解説しています。ぜひご参考にしてください。


| 保険業界

保険業界は、経験や知識よりも「人が好きで好かれやすい人」が採用される傾向にあります。

そのため、未経験でも入りやすい業界の一つだといえます。


製薬業界(MR)と違い、保険業界の営業・プランナーは学歴とはあまり関係なく募集されています。

しかし、入社後は歩合給制であることも多いため、業績次第で収入が不安定になるリスクがあるでしょう。


代表的な企業には、アフラック、ジブラルタ生命、プルデンシャル生命、メットライフ生命といった会社があります。


外資系企業の保険業界についてより詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。


■未経験で外資系企業へ転職する際に押さえておきたい英語のレベルとは


外資系企業は英語が話せなければ採用されないというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、部署や職種によっては英語をほとんど使用しない場合もあります。


外資系企業といっても、社員は日本人が多く、取引先も日本人であることが多いからです。


ただし、マネージャーなど中間管理職は、ビジネスレベルの英語力が求められます。

人事・経理・医療機器の営業などはさらに流ちょうな会話レベルが必要です。

金融業界ならネイティブレベルの英語力が求められることもあります。


しかし企業の中には中途採用の面接を英語で行う企業もあり、配属先で必ずしも英語が使われないとは限りません。


中途採用に挑むのであれば、外資系企業への就職が未経験であっても日常会話レベルの英語力は身につけたいところです。

海外のクライアントとの商談、社内での連絡などは最低限できるようにしましょう。


特にマネージャーや中間管理職だとビジネスレベルの英語力、金融系であればネイティブレベルの英語力が求められることもあるので、転職候補の企業ではどの程度の英語力が求められるかを把握しておきましょう。


つまり、逆に考えれば入社時には日常会話レベルの英語でもよく、実際に入社してから英語力を磨いて行っても良いと言えます。

というのは、それぞれの業界や業種で使われる業界用語・専門用語というのは違っていますし、職場や職務によってもやはり変わってくるからです。


しかし、入社後のキャリアアップを考えているのであれば、応募の時点から少なくともビジネスレベルの英語力は身に付けておいたほうが良いでしょう。

最終的に目標となるのは、ネイティブと同程度の英語力です。

キャリアアップした場合、海外に出張する機会も増えますし、海外の本社にいる上役とも密に連携を取らなくてはいけなくなってくるためです。


| 転職ではTOEIC800点以上が必要?

また未経験者をはじめ経験者が外資系企業への転職活動をどうしても成功させたいのであれば、TOEIC800〜900点レベルの英語力を習得しておくことが理想です。

何故ならば外資系企業を志望する人は東大や京大などの高学歴な人や、TOEICが800点以上の人が多いからです。


そのような志望者と勝負するからには、TOEICの点数が低いとどうしても埋もれてしまいます。

未経験で外資系企業への転職で実力を評価してもらうためにも、TOEICで800点以上取れるよう勉強をしておきましょう。


しかし、TOEICの点数はあくまでも目安にすぎません。実際には、会社に入ってからどれだけ実践的に英語を話せるのかが物を言います。


時にはジョークを交えて同僚と話さなければいけないこともありますし、上役に対しては敬語的な言い回しをしなくてはいけないケースもあります。

また、それぞれの業界で専門用語なども違ってくるため、業界独自の用語や言い回しにも熟達しておく必要があります。


| 外資系企業で活躍できる英会話力を身につけるために実践しておきたいこと

では、外資系企業で活躍していくための英語力はどのようにして身に付けていけば良いのでしょうか。まず、英語を学ぶ方法としては次の3つがあります。


・本や参考書などで独学する

・リスニングやスピーチの訓練を行う

・外国人と話をする


独学の英語がいけないというわけではないのですが、実際に会話で使う言い回しとなると、これは実際に外国人と接したほうがずっと早く覚えることが出来ます。

外国人と話をする方法としては、英語教室に通う、海外に留学する、といった方法があります。しかし、気を付けてほしい点が1つあります。


それは、外国人がいつもフランクな口調で話をしているわけではないという点です。

英語にも敬語的な言い回しがありますし、メールや書類の読み書きをする場合には、決まった書式というものが存在します。

実践的な英語には、このようにフランクなものとフォーマルなものの2種類があると覚えておきましょう。


面接時の英語の受け答えなどは、転職コンサルタントが指導を行ってくれることもあります。

ですが、本人が英語を学んでいく意志や向上心というものが何よりも重要になってきます。


英語力を磨くのは会社に入ってから、ということは必ずしも良くないことではありません。

社内や社外で外国人とのコミュニケーションを積極的に取っていく、ということが最も大切な点でしょう。


こちらの記事では、外資系企業で必要とされる英語力についてより詳しく解説しています。


■日系企業と外資の違い

ここでは、教育制度や福利厚生、業績に対する考え方など、日系企業と外資系企業の違いについて解説していきましょう。


| 成果主義

日系企業でも取り入れられつつありますが、外資系企業は年功序列ではなく成果主義です。

在籍年数が長ければ出世し昇給するのではなく、生み出した結果に対して評価され昇給していきます。


自分よりも社歴の短い人や、年下の人でも結果を出していれば先に出世しますし、業績が見込めなければ短期間でも解雇になる可能性があります。


| 仕事とプライベートの考え方

日系企業に比べて外資系はオンとオフがはっきりしていて、プライベートを大切にする傾向があります。

長期休暇が取りやすかったり、勤務時間の調整ができたりするなど融通が利きやすいですし、時間外に上司との付き合いをしなければならないこともほぼありません。


オンタイムには仕事を頑張り、オフには自分の時間を大切にしたいという人には、メリハリがあって働きやすい環境でしょう。


| スピード感

外資系企業は物事を合理的に考えるため、意思決定のスピードがとても速いのが特徴です。

そのため、フレキシブルに事業やプロジェクトの展開・拡大ができ、経費に対して売り上げが見込めないと判断されれば、潔く撤退します。

よって、チャレンジ精神旺盛な人にとっては働きやすい環境でしょう。


| 教育・研修制度

外資系企業のキャリア採用は即戦力として考えられているため、日系企業と比較すると、教育制度や研修制度などは整っていません。

入社時に必要最低限のことだけを教えられ、「後は自己責任」というケースも少なくありません。指示を待っていても仕事は割り振られませんので、自主的に行動することが求められます。


| 福利厚生制度

外資系企業では、住宅手当や家族手当、退職金などが支給されないこともめずらしくありません。

外資系企業に勤めている人は給料が高いイメージがありますが、それは福利厚生に当てられる分も給料として支払われているからという考え方もできます。


転職する際は、給料の額と一緒に福利厚生の内容についてもチェックしてみましょう。


■外資系企業に転職するメリット

ここからは外資系企業への就職が未経験の方はもちろん、外資系企業に転職するメリットを解説します。メリットを踏まえ、外資系企業で自分の理想のキャリアを築けるかどうかを考えてみましょう。


| 実力があれば年収がアップする

外資系企業は実力主義な傾向があり、経験、実力がそのまま年収に結びつく業界です。社内で実力がある方は年収もアップしますし、逆に実力がなければ年収もあまり多くは貰えません。


年功序列を採用している日系企業とは異なり、実力主義の外資系企業であれば年齢や勤務年数関係なく収入が変動するので「今いる会社では能力に見合った収入を得られていない」とお悩みの方は、未経験でも外資系企業への転職にチャレンジしてみることも良いでしょう。


| 多様性がある

外資系企業にはあらゆる国籍の社員が勤務しており、様々な国の人と接触する機会に恵まれています。人によって経歴や触れてきた文化は異なるので、新鮮な刺激を受けられるでしょう。


外資系企業では多様性があるために、不当な差別などが発生することが限りなく少ないです。あくまで重視されるのは実力と結果で、お互いを尊重し合いながら仕事を進めていきます。


| 自分のスキルを発揮しやすい

自分のスキルを発揮しやすいのも、外資系企業ならではのメリットです。元々個人に与えられている裁量が大きいため、仕事の進め方に自由度があります。


また外資系企業未経験者であっても自分のスキルを存分に発揮できれば、年収がアップするだけでなく、グローバル案件などの規模が大きい案件を任せられることもあります。

そのおかげで、仕事に対するモチベーションも保ちやすいです。


| 男女平等

また、性別で評価を変えないという点も、外資系企業の特徴です。そのため、外資系企業未経験の女性でもチャレンジしやすいと言えます。


女性が働いていく上で外資系企業に特有な点としては、次のようなものがあります。


・実力主義の世界であるため、全てが結果で評価される

・オンとオフの区別がはっきりしていて、ワークライフバランスが取りやすい

・産休制度や育児休暇制度が整っている

・服装の自由度が高い


とくに産休制度や育児休暇制度については、日系企業と比べて外資系企業のほうが圧倒的に進んでいます。また、必ずしも育児休暇を取らなくても、時短で働くことが出来る場合があります。

このように、外資系企業というのは子供を産んだ女性、産みたいと考えている女性にとっても働きやすい環境が整っていると言えます。


女性でも出世がしやすいというのも、外資系企業の特徴です。

2020年の調査では、管理職に就いている女性の割合は、外資系企業の場合で約17%、日系企業の場合で約8%となっています。


外資系企業では、日系企業のほぼ倍の割合で女性が管理職として活躍していることになります。


細かな部分ですが、服装の自由度が高いことも外資系企業の特徴です。

日系企業ではスーツにパンプスということが一般的ですが、外資系企業ではむしろビジネスカジュアルが一般的です。デニムやスニーカーなどのスタイルでもOK、という会社も増えてきています。


外資系企業がどのような女性に向いているかはこちらをご覧ください。



■外資に転職するときの注意点

外資系企業への転職を検討する際、注意すべきポイントがあります。ここでは、事前に考慮しておくべき点を3つご紹介します。


☑自主性が重んじられる

成果主義で教育制度が整っていないこともある外資系企業では、自ら考えて行動し、積極的に発言をしていく必要があります。

チームでの業績よりも個人の結果によって評価される傾向があるため、新人に親切に指導してくれる先輩がいるとは限りません。自己責任で道を切りひらく決意があるかどうかが重要です。


☑異文化に適応する必要がある

外資系企業には、日系企業と異なる文化があり、転職すればその文化を受け入れ適応しなくてはなりません。

物事を合理的に考え、スピード感のある意思決定で快適に仕事ができる反面、ストレートな物言いに傷つく人も見受けられます。

また、「右へならえ」ではなく自分の意見を持ち自己主張する必要もあるでしょう。


☑成果をあげなければ厳しい評価も

外資系企業では、KPI(目標達成指数)など具体的な数字による評価が行われます。

営業であれば売上の数字がすべてです。

努力したとしても、結果として数字を残せなければ評価につながりません。

「まだ転職したばかりだから」「教えられていないから」などという甘えは許されない世界です。


外資系企業の給料は日系企業に比べて高い傾向にありますが、入社してまだ1年だとしても目標を達成できなければ年収ダウンの場合もあります。

マイナス評価が大きいと解雇の可能性もあるので、つねに与えられた目標の達成や利益を上げることを意識し、努力を惜しまないようにしましょう。


■外資系企業に向いている人・向いていない人

自分のスキルや適性を把握していないと、未経験から外資系企業への転職を成功させたとしても「転職しなければよかった」「自分が思い描いていたイメージと全く違う」と後悔する可能性もあります。


未経験、経験者関係なく、本当に外資系企業へ転職すべきかを判断するためにも、ここからは外資系企業に向いている人、向いていない人の特徴を紹介します。


| 向いている人:努力を怠らない人

外資系企業は個人の実力が評価される業界ですので、入社後も自身のスキルアップに努める人が多いです。


「企業に勤めてさえいれば自然とキャリアアップしていく」という考えは通用せず、自分自身の実力でキャリアアップすることが必要です。


仕事をしていると自分の欠点に気付いたり、周りと比較して萎縮したりすることもありますが、それでも自己研鑽を続けられる人は、外資系企業未経験者であっても、外資系企業に向いています。


| 向いている人:業務の効率化を追求できる人

外資系企業では、業務の効率化が重視されています。無駄な作業や時間をカットすれば、車内の生産性もアップして評価も高くつきます。


「上司から指示されたやり方だから」「昔からあるルールだから」というように、業務が効率的に進むかどうかを考えないで仕事に取り組むことは、外資系企業では求められません。


年齢や立ち位置を気にせず、社内のために業務の効率化を考えられる人であれば、未経験であっても外資系企業では重宝されます。


| 向いている人:英語力がある人

英語力がある人も未経験であっても外資系企業には向いています。何故ならば外資系企業はグローバルな案件を遂行することもあり、そのような案件では英語でコミュニケーションを取る場合もあるからです。


もちろん企業によっては業務が日本語で完結するケースもあります。

しかし「どんな外資系企業であってもキャリアをしっかりと築いていきたい」と思っているのであれば、英語力を身につけておくことが理想です。


| 向いていない人:受身な姿勢で仕事に取り組む人

外資系企業は個人主義的な風潮が強いので、仕事は主体的な姿勢で取り組まなければいけません。


そのため上司からの指示に頼りきりな人や、自分で問題解決に取り組もうとしない人など、仕事に対して受身な姿勢のひとは外資系企業には向いていません。


実力と結果がないと収入面でも伸び悩むので「自分自身の力でキャリアアップするぞ」という意気込みが、外資系企業で働く上では必要です。


| 向いていない人:柔軟に動くことが苦手な人

外資系企業は仕事の結果を重要視するので、結果が見込めない仕事の進め方やルールはすぐさま変えていきます。そのため社内での柔軟な変化についていけないと、外資系企業に転職しても苦労します。


外資系企業で働くからには、より良い結果を出すためにスピード感を持って変化していく姿勢が必要です。


| 向いていない人:安定志向の人

日系企業は安定した収入を得られやすいですが、外資系企業で安定した収入を得るためにはそれ相応の実力と結果が必要です。


年齢が高くても実力が見合わなければ収入も伸び悩みますし、若手でも長年勤務している方でも常に努力をしていく必要があります。


特に未経験で外資系企業は入社するのは大変ですが、入社してからも要求されるものが大きいです。


また、海外の企業や外資系企業では、転職はスキルアップのためにするもの、という考え方が一般的です。実際、アメリカ合衆国での統計では、一人の人が一つの会社に勤める平均在位期間は4年~5年くらいとなっています。


つまり、同じ職位でずっと働きつづけたい、という安定志向の人には外資系企業は向いていないと言えます。

むしろ積極的に上を目指し、自己アピールしていくことが出来る人材が求められているわけです。


■未経験者はもちろん経験者も外資系企業に転職するなら準備しておくべきこと

外資系企業に転職する際は、自分の専門分野や培ってきた経験など、スキルがものを言うだけではありません。書類や面接でどうアピールするかも重要です。

書類を準備する段階と面接段階に分けてポイントを解説します。


| 履歴書・職務経歴書の準備

外資系企業の場合、チェックする人が日本人とは限りません。そのため、履歴書・職務経歴書は日本語と英語両方を提出する必要があります。

また、英語の書類のフォーマットは自由で新しい経歴から記載していくなど、日本と形式が異なります。

日本語の履歴書をただ英語に訳すのではなく、別物として考えるようにしましょう。


英語・英文での職務経歴書(レジュメ)の書き方はこちらをご参考にしてください。


| 英語面接の対策

外資系企業では、会場が日本でも英語で面接が行われる場合があります。面接の方法も対面に限らず、電話やスカイプなどを海外本社とつないで行うこともあります。そのため、面接対策は日本語と英語の双方でしておきましょう。



面接で聞かれる質問は日系企業の場合とほぼ同じです。


・これまでの自分のキャリアや成果

外資系企業においては即戦力になる人材を求めるので、未経験者だから入社後にじっくりとスキルアップしてもらいたいとは考えません。したがって、自分のキャリアと成果を述べることにより、自身が入社することでどのようなメリットがあるかを伝える必要があります。


「どんなキャリアと成果があるのか」「それらが入社後にどのような形で役立つのか」を意識して答えるようにしましょう。


・転職理由や自社を選んだ理由

ここでは「前職が大変だった」など、ネガティブな理由は述べないように気をつけてください。志望する業界と企業に対する魅力、自分の今後のキャリアの展望などを明確に述べるようにしましょう。


・趣味・趣向

趣味や趣向も実は仕事につながる場合があります。そのため、面接で趣味や趣向を聞かれた場合は、それが仕事に対してどのように活かせるかを述べられると良いです。


どの質問も一般的なものですが、謙遜せず自信をもって伝えるようにしましょう。



■外資系企業での面接を受ける際の心がけ

未経験者の外資系企業への転職はもちろん、経験者でも転職活動において面接は必須ですが、日系企業と外資系企業とでは面接対策が異なります。

未経験での面接は特に不安なことも多いでしょう。

では、外資系企業での面接では、どのような点を心がければ良いのでしょうか。


| 受け答えができるレベルの英語力を身につけておく

外資系企業の面接は英語で行われる場合もありますので、少なくとも面接での受け答えができるレベルの英語力は身につけておきましょう。


英語の面接は、想定される質問に対する回答を英語にして覚え、面接当日までに何度も復唱してスラスラと答えられるよう準備しましょう。


| 自分の考えを明確に述べる

外資系企業の面接を受けるからには、自分の考えは明確に述べるようにしましょう。外資系企業は個人の主体性が評価されますので、面接で自分の考えを明確に伝えられないと、主体性に欠けると判断されてしまいます。


外資系企業未経験であれば、特に最初の面接は緊張も大きいと思います。事前にシミュレーションを何度も行い、万全の対策を取っておきましょう。


■外資転職は情報収集がポイント

外資系企業といっても、業界や会社によって文化や働き方は異なりますが、外資系企業は新卒を育てるよりも中途で即戦力を採用する傾向があります。どれくらいのスキルが求められるのか、事前に情報収集を欠かさず行いましょう。


転職活動を始める際は、日本語と英語の履歴書・職務経歴書を用意し、2か国語で面接対策を行う必要があります。そのため、適切なアドバイスをくれる転職エージェントを利用するのもおすすめです。


■未経験で外資系企業への転職をする際に転職エージェントを利用するメリット

未経験で外資系企業への転職活動を始めようとしている方や、転職活動をしている方であれば、転職エージェントというサービスを聞いたことがあるのではないでしょうか。

転職エージェントとは何か、転職エージェントを使うとどんなメリットがあるのかについて解説します。


| 転職エージェントとは企業と転職希望者をマッチさせるサービス

誰しも「転職するなら自分にぴったりな企業に転職したい」と思うことでしょう。転職エージェントは企業と転職希望者の間に立ち、転職希望者に合った企業をマッチングさせてくれるサービスです。


| 外資系企業未経験者でも転職エージェントを使えば効率よく転職活動が可能

未経験から外資系企業への転職活動をするとなると、転職候補の企業のリサーチ、面接練習、スケジュール調整、自己分析など、やらなければいけないことが多いです。

それらを自分だけでやるのはかなりの負担です。


しかし転職エージェントを使えば「最適な企業の提案」「スケジュール調整の引受」「転職活動のアドバイス」などのサービスを利用できるので、未経験者でも転職活動を効率よく進められます。


自分一人だけでは転職活動を進めるのが大変ですが、転職エージェントがあれば転職活動も楽になります。


| 転職エージェントは無料で利用可能

転職エージェントは転職希望者に嬉しいサービスが豊富にありますが、外資系企業が未経験であったとしても、転職希望者であれば転職エージェントを無料で利用できます。


時間だけでなくお金も節約できるので、外資系企業への転職が未経験に限らず、経験者であっても転職エージェントの利用はおすすめです。


■外資系企業への転職に強いおすすめエージェント

「日系企業に強い・外資系企業に強い」など、転職エージェントにも得意分野があり、転職を成功させるためにはどのエージェントを選ぶかも重要です。

外資系に強い転職エージェントならば、多国籍企業と人材をつなぐ日本でトップクラスの人材紹介会社「エンワールド」がおすすめです。管理職・経営幹部・スペシャリスト求人など、多くの求人を取り扱っています。


転職エージェントがどのようなものなのかについてはこちらもご覧ください。


■まとめ

外資系企業へ転職する際の注意点や、日系と外資系企業の違い、事前準備などについて解説しました。外資系やグローバル企業への転職を成功させるには事前の情報収集が大切です。

転職を成功させるためにも、まずは転職エージェントの無料面談に登録することが有利だと言えます。


もしも、日系企業のほうが自分に向いていると判断した場合は、転職活動をそちらにシフトチェンジすることもエンワールド・ジャパンであれば可能です。

エンワールド・ジャパンの無料面談へのご応募はこちらから