ブログへ戻る

転職時期の見極め方とは?転職市場やキャリアプランでのタイミングを解説

Posted by en world Japan

11ヶ月前

英語を活かせる求人を探していて、転職エージェントを利用し外資系企業で活躍したいと思うものの、適切な転職時期がわからず知りたい方もいるでしょう。

 

この記事では、転職活動をはじめるのにベストなタイミングや時期を解説します。求人が多いなど、転職市場における転職活動に適した時期をさまざまな角度で説明します。最適な転職時期を見極めて、転職成功に役立ててください。

 

■転職に適した時期とは?

転職に適した時期は1年間で2回あり、多くの場合2~3月と8~9月です。しかし、業種や職種、国内企業か外資系かによって違いもあります。それぞれについて具体的に説明していきます。

 

| 年間で最も求人数が多い時期

2~3月と8~9月は転職に適した時期ですが、なかでも2~3月は年間で最も求人数が多い時期です。理由は4月入社に向けて企業が積極的に採用を行うからです。新卒の採用までに中途採用を積極的に行えば、入社後の教育コスト削減につながることが理由として挙げられます。

 

| 「期末」後の社に向けた求人が多い時期

2~3月に次いで求人数が多いのは、8~9月です。10月の入社に向けて求人数が増えるからです。4月を決算にする企業であれば、9月で半期が終わります。10月からは年度の後半が始まるため、その前に求人を出す企業が多いです。

 

ほかにも、ボーナス支給をする企業であればボーナスの支給に合わせて、退職者が増えることも考えられます。欠員補充で募集する企業もあるでしょう。

 

■転職時期の選び方とは?

転職時期の選び方には、4パターンあります。それぞれのケースを参考に転職時期を検討してみてください。

 

| 転職市場に合わせた選び方

転職市場に合わせた選び方は、まず、求人が増える時期を狙って転職活動を進める方法があります。反面、通年採用も増えてきているので、自分にあった方法を検討しましょう。

 

☑求人が増える時期

前述のとおり、転職市場の求人数が増えるのは2~3月と8~9月です。求人数が増えるため、その時期をねらって転職活動をするのは効果的です。求人数が多いと、当然雇用のチャンスが増えます。また、多くの求人を比較することで、転職の視野も広がりやすいでしょう。

 

☑通年採用も増加

賞与(ボーナス)をもらってから退職するパターンは転職によくあるケースといえるでしょう。しかし、近年の転職市場では通年採用が増加しています。企業規模によらず年間を通じて、求人倍率の変動はさほど大きくありません。厚生労働省が公開している、「一般職業紹介状況について」でも平成29年12月~平成30年12月までの月間求人数は横ばいとなっています。

 

| キャリアプランに合わせた選び方

ここでは、さまざまなケースのキャリアプランに合わせた転職時期の選び方を解説します。

 

☑進行中のプロジェクトに携わっている場合

進行中のプロジェクトに携わっている場合、プロジェクト完了が自分の実績になるかどうかがポイントです。プロジェクトが実績につながる場合には、プロジェクト完了に合わせて転職したほうがいいでしょう。

 

多くの企業は内定を決めてからおおむね2カ月以内の入社を求めます。在職中の転職活動は、引継ぎや入社時期を考えながら進めるといいでしょう。

 

☑昇進

昇進できるのは、自分の能力が勤務先から認められている証拠です。転職市場でも、昇進して管理職などになってからのほうが有利になります。しかし、昇進してすぐに転職してしまえば、管理職としての適性を低くみられる可能性もあります。昇進後1~2年くらい勤務し、実績を積んでから転職活動をするのがいいでしょう。

 

☑資格取得

在職中であれば、資格取得後の転職が有利です。資格は転職先の企業だけではなく、社会的に認められるものになります。ベンダー資格、TOEIC、会計士補など、業種に応じて有利な資格があるため、志望先に合わせて資格取得をしておくと有利です。資格取得に時間がかかることもあり、勉強に割く時間と仕事のバランスを取ることがポイントになります。

 

| 年齢別の転職ベストタイミング

ここからは、年齢別の転職のベストタイミングを解説します。それぞれの年齢でベストな転職時期を理解しましょう。

 

☑新卒~24歳

新卒から間もないタイミングでの転職は、忍耐力に欠けると判断されやすいです。採用方針は企業により異なりますが、「長続きしない人材かもしれない」とマイナスイメージがつく可能性があります。最低3年間の勤続を経てからの転職が望ましいでしょう。

 

☑25歳~29歳

25~29歳は転職人口が多い年齢層です。一定の社会人経験があるため、ほかの転職者と自身のスキルの差別化がはかれます。新たな業種に挑戦するなら社会人3~5年目が適したタイミングです。なんらかの実績をつくってから転職活動をすれば、ポテンシャル採用なども期待できます。

 

☑30代前半

30代前半の転職は、即戦力になることが求められます。30代になると企業は中堅社員としてみるため、求める能力が高くなるからです。また、マネジメント能力や管理能力が必要となることも多くなります。役職に就いていない場合、早めの転職活動が有利です。もしくは、33~34歳までに実績をつくるといいでしょう。

 

☑30代後半

30代後半になると、マネジメントのスキルや経験が求められます。マネジメントのスキルや経験がない場合は、できる限り早めの転職が望ましいです。企業は年齢が上がればそれに応じて年収を高く設定することが多く、求められるスキルも高いレベルになります。「現職で部長」、「経営者経験がある」などの実績があると、年齢問わず採用される可能性が高いです。

 

☑40歳~

40代以降は管理職やスペシャリスト職の求人が多くなります。自身の市場価値の把握が重要です。自己分析だけではなく、第三者に評価してもらいましょう。転職エージェントに登録して、アドバイザーから評価してもらうとスムーズです。

 

外資系に強い転職エージェントのエンワールドなら管理職の応募も可能です。40代で転職を検討している方は、ご自身のキャリアに合った転職エージェントに登録することが重要になってきます。

 

| ライフプランに合わせた選び方

ここでは、結婚や出産・育児、マイホーム購入などライフプランに合わせた転職時期の選び方を解説します。

 

☑結婚や出産・育児

出産や育児を想定する場合、育児休暇に注意が必要です。労使協定を結んでいる場合に育児休暇の取得は、職場に継続して1年以上勤務していることが条件となります。つまり、労使協定があると転職後の1年以内は育児休暇が取得できません。出産の数カ月前に転職してしまうと、育児休暇を取得できない可能性があります。

 

育児休暇の取得を検討しているならば、結婚や出産時期から逆算して転職することがポイントになります。なお、育児休暇は子供が1歳になるまで取得が可能です。条件を満たせば、最長2歳になるまで育児休暇を延長できます。

 

☑マイホーム購入

マイホーム購入を考えている場合はローンを組んでからの転職をおすすめします。マイホームを購入する場合、ローンを組むケースが多いですが、ローンの審査は長期間の安定した収入状況を確認されるので、転職してから日が浅いと審査に通りにくいといえます。マイホーム購入目的のローンは、転職前に組んでおくといいでしょう。

 

■日系企業とは違う?外資系企業への転職時期

日系企業と外資系企業では、転職時期に違いがあります。外資系企業は、1月下旬~3月、10~12月が転職時期に適しています。特に外資系企業は1月からスタートする会計年度に合わせて、10~12月に求人が増えます。新年度の雇用計画も動き出す1月下旬~3月も応募に適します。

 

一方で、6~8月の夏場は転職時期として適しません。採用を担当する管理者が休暇をとるケースが多いためです。

 

■ケース別!転職時期の見極め方とは?

転職を考える時期は人それぞれです。おもに次の2パターンで転職を考える人が多くなります。それぞれのパターンで転職時期の見極めを解説します。

 

| 転職して間もない場合

転職したにもかかわらず、理想とのギャップから再び転職を考えることもあるでしょう。入社してすぐに転職すると、次の転職の際にマイナスイメージになります。そのため、可能な限り入社前に不安点や悩みを解決することが大事です。企業に応募する前に、情報収集や不満点を分析するようにしましょう。

 

| 勤務先に不安がある場合

勤務先に倒産や買収の可能性など不安がある場合は、早めに転職活動をはじめましょう。取引先などの企業傘下に入る場合は、人事制度や福利厚生が変わることで生活に影響が出るため、先方企業の情報収集も大事です。

 

倒産前の場合は、転職先を決めて先に退職するのが望ましいです。倒産すると、給料や退職金の未払いなどが発生する可能性があります。倒産前に転職しなかったことをリスク管理の低さとみなされ、転職活動に不利になるケースもあります。

 

■自身の目的に合わせて転職時期を選ぼう

転職時期の見極めは重要です。キャリアプラン、年齢、ライフプランなどさまざまな視点の転職時期を参考に、転職活動に活かしてください。転職時期の見極めは転職エージェントの利用が有効です。エージェントから適切なサポート(面談)を受ければ自信をもって転職をすすめられるでしょう。

 

エンワールドは、外資系やグローバル企業に強いエージェントで、一人ひとりに合わせたアプローチが可能です。無料面談を実施していますので、まずはぜひご登録ください。


 

エンワールド・ジャパンの無料面談へのご応募はこちらからエンワールドの無料面談はこちらから


 

参考:一般職業紹介状況(平成30年12月分及び平成30年分)について