ブログへ戻る

40歳からの転職|転職市場での実情や転職成功のポイントを紹介

Posted by en world Japan

1年以上前

40歳からの転職は、難しいと思われることが一般的ではないでしょうか。しかし、さらなるキャリアアップなどを目指すし40歳から転職を考える人もいます。

 

この記事では、転職を考える40代以降の人に向け、40歳からの転職の実情や注意点、転職成功のためのポイントなどを解説します。ぜひ参考にしてください。

 

■40歳からの転職!その実情とは?

はじめに、40歳からの転職の難易度や転職後の役職、年収についてなど、40歳からの転職の実情を解説します。

 

|40歳からの転職は難しいか

有効求人倍率は高倍率になってきているものの、40歳前後の人材を受け入れる企業は減少傾向です。現実的に40歳からの転職は難しいことが多いです。背景に40代の人材が転職の際にこだわる条件の多さや水準の高さがあります。また、40歳以降だけではなく、30代後半から転職が厳しくなる傾向です。

 

|転職後の役職

40代ともなると、現職で役職についているケースも多くあります。現職で役職についている場合、気になるのは転職後も同等の役職からスタートできるのかどうかという点ではないでしょうか。役職は会社からの評価になるため、転職時に同様の評価を受けられるとは限りません。募集内容や応募要件にもよりますが、現職の役職に相応するポストに就けない場合もあります。

 

|年収が上がる可能性

40歳以上の転職者で、年収が上がる可能性は厳しいものとなっています。40代の転職で年収が上がるのは、40〜44歳以下は37%ほどで、45〜49歳では約32%となっています。さまざまな調査を参考にしても、年収アップ率は35歳以降になると減少傾向です。ある調査では25〜29歳の年収アップ率が14%ほどに対し、40歳以降では11〜12%にとどまっています。

 

これらの結果からも、40歳を超えてからの転職で年収アップの実現は難しいと考えられます。

 

■職種別!40歳からの転職を解説

ここからは、管理職、総合職、営業職の3つの職種について、40歳からの転職を業種別に解説します。

 

|管理職

管理職とはスペシャリストやエグゼクティブなどハイクラスの職種です。経営に関係する職責を担うことも多く、求人数も少なくなります。場合により非公開求人もあるため、情報を得るには非公開求人を扱う転職エージェントの活用が有効です。

 

エンワールドは、外資系やグローバル企業を中心とした管理職の転職にも強みがあります。転職希望者に合わせたアプローチができるため、ますはぜひ無料面談にご登録ください。

 

エンワールドの無料面談はこちらから

 

|総合職

総合職はゼネラリストやミドルマネジメントといわれます。求人数は多いものの、スペシャリストとしてのキャリアが積みにくい職種です。会社側の必要性で部署が異動になりやすく、専門領域を持ちにくい傾向があります。また、ゼネラリストの採用は基本的に新卒となるため、40代以降の転職者が総合職で採用される可能性は低くなります。

 

|営業職

営業職はさまざまな職種のなかで、最も求職者が多いです。営業職は高いコミュニケーション能力と人脈、相手に応じた臨機応変さが求められます。40歳以降の人の年齢に見合ったスキルを活かせる職種といえます。業界も商社や金融、保険、不動産、食品など幅広いので、転職しやすいでしょう。

 

■40歳からの転職!応募・面接での注意ポイントとは?

ここからは、40歳からの転職で応募や面接におけるポイントを解説します。応募時の志望動機や面接での注意点などしっかり理解しましょう。

 

|転職理由

転職理由を述べるときのポイントは、自分自身を客観的に分析したうえで即戦力となるキャリアやスキルを効果的に述べることです。キャリアやスキルのアピールをせずに、一方的な条件提示をするのは避けましょう。面接での失敗パターンとして、「年収をアップさせたい」「スキルアップしたい」など自分の希望のみアピールするケースが多いです。

 

自分が企業の採用側になった視点で、転職理由を伝えることが大切です。

 

|退職理由

退職理由で気をつけたいのは、現職の批判をしないことです。現職の批判を面接で口にしてしまうと、面接官は入社後に不平不満をいうのではないかと考えます。現職で自分の力が思うように発揮できなかった理由と、応募先で前向きに仕事ができると考えた理由を話すのが望ましいでしょう。

 

|志望動機

志望動機は年代問わず、明確な理由が必要です。志望先がどのような人材を求めているかを考え、その意向にあわない漠然とした志望動機は避けましょう。たとえば「この業種に興味がある」という志望動機だけでは、業務理解力や遂行力を不安視されます。40代以降の採用は即戦力として期待されるため、志望動機は深く掘り下げたものにしてください。

 

■40歳からの転職を成功させるには?

40歳からの転職は厳しいものの、ポイントをおさえることで成功率は高まります。以下で40歳からの転職を成功させるポイントを6つ紹介します。

 

|転職市場の入念なリサーチ

40歳からの転職では、ほかの年代以上に転職市場の入念なリサーチが必要です。キャリアを活かした同業他社への転職であっても、年収アップが見込めないケースもあります。同業であっても会社が変われば事情も変化します。

 

基本的な企業情報などを見落とさないように、企業のホームページなどから事業内容や業績をしっかり確認しましょう。また、業界ニュースのチェックもしておくとよいでしょう。

 

|スキルやキャリアを整理する

40歳からの転職で大切なのは、自分が培ったスキルやキャリアの整理をして棚卸しをすることです。これまで培った知識や実績のなかで、転職先で発揮できる能力を見極める必要があります。キャリアの棚卸しをすることで、面接や書類で自己アピールもしやすくなります。

 

一方で、自己アピールの内容が明確かつ詳細とはいえない場合、採用担当者は応募者が自社で活躍できるのか判断できず、転職の失敗につながってしまいます。

 

|未経験の業界・職種は避ける

未経験の業界や業種を避けたほうがよいのは、以下のような理由によります。

 

・即戦力で採用したいという企業側の希望にマッチしない

・入社後に年下が指導係となるので扱いにくいと懸念される

・転職の目的にもなる年収アップが見込めない

 

このように企業にも転職者にもメリットが少ないと考えられるため、転職先の業界や職種は、これまでのキャリアの延長線で考えるほうがよいでしょう。

 

|条件面でこだわりすぎない

40代の転職で失敗しやすいのは、年収や役職のダウンを気にしすぎる場合です。40歳からの転職は、進め方次第で若年層よりも年収などが下がってしまいます。特に大企業に勤めていた場合は、希望給与を高めにしがちです。その場合、希望が高すぎるという理由から書類選考で落とされる可能性もあります。

 

待遇面も踏まえて、本当に自分がしたい仕事であることや退職後の生活など総合的に考えることが大切です。条件にこだわりすぎると、かえって転職が難航する場合があります。

 

|柔軟な思考と謙虚な姿勢

40歳からの転職は、柔軟な思考と謙虚な姿勢も大事です。過去の経験を存分に活かし、物事を柔軟にとらえることを心がけ、そのうえで挑戦することも重要です。同業の会社に入ったとしても社風が違う可能性は大いにあります。そのためには謙虚に学ぶ姿勢を意識しましょう。

 

|転職エージェントを利用する

転職において、転職エージェントを利用することは有効です。在職中で転職活動に時間が取れなかったり転職が初めてだったりする場合は、特に効果があります。転職エージェントではキャリアアドバイザーから助言を受けながら転職活動を進めていけるので、転職成功につながりやすいためです。

 

エンワールドはプロフェッショナル人材や管理職、経営幹部、スペシャリストなど幅広い求人を扱っています。40代の転職でも万全のサポートが可能ですので、まずは無料面談をご利用ください。

 

エンワールドの無料面談はこちらから

 

■まとめ

40歳からの転職は難しい面があります。ポイントを理解してしっかり準備することが必要です。転職を成功させるために、この記事で紹介した6つのポイントをぜひ活かしてください。

 

ポイントのなかでも、転職エージェントを活用した転職活動は効果的です。エンワールドは、管理職の応募も可能な外資系やグローバル企業に強い転職エージェントで、一人ひとりに合わせたアプローチで転職を成功に導きます。まずは無料面談にご登録ください。

 

エンワールドの無料面談はこちらから

 

※参考:転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策 |転職ならdoda(デューダ)

※参考:Career Picks | 40代の転職は厳しい!?40代の転職を成功させる全知識