ブログへ戻る

海外で一般化しているLinkedInとは|LinkedInの詳細や活用方法について解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

2ヶ月 前

Linkedln(リンクトイン)のサービスは、海外ではすでに一般的です。しかし、日本ではまだあまり浸透していないのが現状です。キャリアアップや外資系企業への転職を視野に入れた場合、Linkdelnを利用してみてはどうだろうと考える人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、Linkdelnの詳細や活用方法について解説するので、Linkdelnを使用する際の参考としてください。

 

■LinkedInとは

Linkedln(リンクトイン)とは、採用やビジネスにおける人脈構築を目的として開発されたビジネスSNSです。日本ではまだまだ普及段階にありますが、世界では、ビジネスパーソン4億人が使用しています。

 

世界では幅広く使用されていますが、日本語にも対応しており日本でも問題なく使えます。転職サイトではなく、実名で登録するビジネス向けSNSサービスであることが特徴です。

 

Linkedlnは2003年からサービスを展開し始めました。当時から海外や、外資系企業に勤めている人にとって、アカウントを所持していることは自然なことでした。

 

ヘッドハンティングされることを狙って使うこともできれば、自分の職務経歴を広く紹介するために使うこともできます。企業と個人を直接つなげるサービスと考えるとわかりやすいでしょう。

 

| 世界での利用率は高い

海外や外資系企業で働く人は、ほぼ全員が自分のLinkedlnアカウントを取得しています。海外における就職活動やビジネスでは、使用していていることが自然であるLinkedlnだからです。しかし、日本における知名度はまだまだ低いのが現状です。

 

海外では大学生が就活などで、相談や就活セミナーなどを受けるためにLinkedlnを活用することは一般的です。大学生もLinkedlnのサービスを活用することが多く、新卒で仕事を探す際にも利用されることが世界規模での利用率の高さにもつながっています。

 

■Linkedlnでできること

ここでは、Linkedlnのサービスを使うことで何ができるのかについて具体的に解説していきます。複数の観点からメリットを説明するので、サービスを利用する前に知見を深めておきましょう。

 

| 履歴書が作れる

Linkedlnでは、自分の学歴・職歴・業績内容などを登録できます。自分のアピールポイントなどを文章で詳しく記載できるため、履歴書代わりとして利用できます。自分の顔写真も掲載でき、ビジネスの世界に向けた自己紹介ができるツールとなっているのです。

 

履歴書代わりに使う場合、自分の学歴や職歴などのアピールポイントを具体的に記載しておくことで、企業からヘッドハンティングされやすくなるという利点もあります。

 

| 複数言語で使える

Linkedlnは、複数言語に対応しています。日本語にも対応していますが、海外の企業に自分を売り込みたい場合は、英語などの利用者が多い言語で履歴書を作ってみましょう。履歴書の閲覧者には、基本的にあなたが登録した言語で表示されます。しかし、閲覧者が自分で言語表示を変える機能も搭載されています。

 

狙っている企業が海外にある場合は、その企業の現地で使われる言語で登録するとよいでしょう。英語以外にも、中国語で登録するなどの工夫を施すと、海外で活躍できるフィールドが広がります。

 

| 他者からの紹介文を掲載できる

Linkedlnでは、プロフィールに他者からの紹介文を掲載できるため、あなたに関する推薦文を、上司や先生にも記述してもらえます。他者からの紹介文を掲載できると、第三者からの意見を参考にすることができ、閲覧した企業にとってはあなたをよく知るための材料となるのです。

 

登録しておけば、業務成績や授業に臨む姿勢がよいなど、第三者から見ても魅力的な人材であることをアピールできるため、積極的にこの機能を利用するとよいでしょう。

 

■外資系の転職希望者にとって便利なSNS

Linkedlnは、主に欧米で一般的になっているビジネスSNSです。そのため、Linkedlnで外資系企業の求人を探す場合は、英語で自己紹介文を記載することが必須となります。

日本語と英語の両方の言語でプロフィールを記載するのもおすすめです。

 

ハイクラスな求人を見つけやすいのも、キャリアアップを目指して外資系企業への転職を希望する人にとって嬉しい特徴です。欧米の普及率が高いため、目当ての外資系企業の求人も見つけやすいでしょう。

 

■転職におけるLinkedInの活用方法

ここでは、転職活動におけるLinkedlnの活用方法について紹介します。さまざまな使い道があるため、事前にどのような活用方法があるのか知っておきましょう。

 

☑ プロフィールを充実させる

Linkedlnでプロフィールを充実させておくと、企業からスカウトが来る可能性が高まります。記入できる項目は、学歴や過去の職歴、現在の職種や現職におけるポジションなどです。「公開プロフィールを表示する」を押下すると、閲覧者からプロフィールがどのように見えるのか確認できます。

 

下に画面をスクロールすると、キャリアサマリを登録する画面が表示されます。動画やURL、プレゼン資料も登録できるようになっているため、過去の実績やスキルのアピールに用いるとよいでしょう。「リンク」ボタンを押下すると登録するフォームが現れます。

 

「業務内容の追加」を押下すると、あなたが経験してきた業務内容を記述・追加できます。基本的には鉛筆マークを押下すれば後から編集もできます。工夫して設定してみてください。

 

☑ Linkedlnで求人を探す

Linkedlnでは、登録しているプロフィール情報から、「おすすめの求人」が紹介される機能や、求人検索機能があります。また「会社ページ」を閲覧し、Linkedlnに登録している企業の求人を探すこともできます。

 

画面上部のメニューから、「求人」カテゴリを選んで求人情報を閲覧しましょう。求人で確認しておきたい情報は、自分で選べる仕様になっています。自分が優先して知りたい情報を選んでおくと効率的に求人情報を探せるでしょう。

 

また、就職を希望している企業にあなたのネットワーク上の知人が勤務しているかどうか確認し、紹介を依頼することも可能です。また、応募履歴の確認ができる機能もついています。

 

☑ LinkedlnのSNS機能で人脈を広げる

Linkedlnでは、同じ学校の卒業生など、登録者の名前を直接入力して検索したり、「もしかして知り合い?」機能を使って人脈を広げられます。さらに、メールアドレスなど登録した連絡先と同期させることも可能です。

 

人脈を広げると、相手の投稿をタイムライン上で確認して、どのようなことを投稿すればよいのか参考にできます。さらに、InMailというサービスを利用すると、相手と直接メッセージのやりとりが可能になります。

 

日本ではまだ一般化していないとはいえ、利用者数は100万人を超えているサービスです。職場や大学での知り合いからつながっていく方法もあるため、慣れないうちは実際の知り合いから人脈を広げていくとよいでしょう。

 

■まとめ

Linkedlnは、主に海外で用いられているビジネス用のSNSです。人脈づくりや求人探し、プロフィールを充実させることでヘッドハンティングや企業からのスカウトも狙えるというメリットもあります。外資系企業や海外企業への転職を狙っている場合は、積極的に利用してみましょう。

 

外資系企業への転職には、Linkedlnの利用だけではなく、多くの案件を抱える転職エージェントを活用するとよりスムーズに進められるでしょう。エンワールドは日系企業の情報はもちろん、外資系企業やグローバル企業に特化した転職エージェントです。

 

一人ひとりに合わせ、手厚いサポートをする姿勢を大切にしています。まずは無料面談に応募して、転職への一歩を踏み出しましょう。

 

外資系企業に強いエンワールドはこちら