ブログへ戻る

転職活動に最適な時期とは~開始のタイミングから入社の流れまでを解説

Posted by en world Japan

約2年前

転職をするなら、「いい求人が豊富な時期に転職したい」、「自分の市場価値が高いときに転職したい」と考える人は多いでしょう。

この記事では、転職活動のタイミングで悩んでいる人向けに、ベストなタイミングや転職活動に必要な時間、入社までの流れなどを解説します。

外資系企業への転職活動についても取り上げていますので、転職活動を始めようという人はぜひお役立てください。

 

【市場】転職活動を始めるベストな時期は?

ここではまず、転職活動を始めるのにベストな時期やその理由について解説します。

外資系企業への転職なら10月~12月がよい時期ですが、日本企業と外資系企業とでは転職を検討すべきタイミングも異なりますので、事前によくチェックしておいてください。

| 3月・9月は求人数が増加。中途採用市場がもりあがる    

1年のうちで、中途採用活動がもっとも活性化するのは、3月と9月です。

これは、多くの企業が上期・下期の期初を迎える4月・10月に向けて社内体制を整えようと、中途採用活動に乗り出すからです。

この時期は、通常ではなかなか見られないような貴重な求人情報を目にすることも多く、転職活動をするのなら絶好のタイミングだといえます。

 

メリット

3月・9月の求人は、1年のうちでもっとも数が多いだけに選択の幅が広く、さまざまな求⼈情報の中から自分の希望に合ったものを選べます。

また、第二新卒者の場合は、新入社員の受け入れと同じタイミングである4月に入社すると、研修を受けられたり、同期のような仲間をつくりやすかったりと、転職先に馴染みやすいのがメリットです。

 

デメリット

3月・9月は多彩な求人情報が出されるだけに、求職者も増加します。

転職を希望する人が殺到すれば、もちろん競争率も跳ね上がります。

準備不足だったり、転職に対してまだ迷っていたりするような段階だと、転職に成功するのは難しいかもしれません。

 

| 4月・5月は求人数は少ないものの、意外と穴場!

3月・9月に比べると求人件数は減るものの、企業の採用意識が高い案件が多いのが、4月・5月です。

これは、人手が足りない部署への人材補填など、急を要する案件が出やすい時期だからです。

また、3月決算の企業が、4月・5月に新年度の求人を出すケースもあり、転職時期としては穴場といえるでしょう。

 

この時期の求人は、短期間で選考が進む傾向があり、適性よりもタイミング重視で採用される可能性もあります。

 

メリット

転職活動の穴場といわれる4月・5月は、ライバルが少ないのが特徴です。

競争率が少ないうえに、急募案件が多く、マッチング次第では短期間に内定まで進む可能性も期待できます。

在職中の人は、GW中にじっくりと転職活動に取り組めるのもメリットのひとつでしょう。

また、この時期に内定をとれると、夏のボーナスを受け取ってから転職することも可能です。

 

デメリット

4月・5月という新年度の多忙な中で転職活動をするのは、在職者にとってはなかなか大きな負担になります。

転職活動と仕事とを両立させるため、4月に入る前から事前準備を進めておきましょう。

自己分析などは、あらかじめ取り組んでおくのがおすすめです。

 

| 10~12月は外資系企業がねらい目

外資系企業への転職を希望している場合は、10月~12月ごろがねらい目です。

外資系企業は、会計年度の開始を1月にしている企業が多く、新年度に新たな人材を迎え入れようと10月~12月にかけて求人を出し始めるケースが多いからです。

 

【キャリア】転職のベストタイミングと必要なスキルは?

自分のキャリアにおいて、転職のベストタイミングとはいったいいつなのでしょう。

日系企業の場合は、かなりのスキルがない限り年齢が足かせになるケースも見受けられますが、外資系企業の場合は、成果主義のため、採用する年齢の幅が広くなっています。

 

| 社会人経験3年未満

日系企業の多くは20代の若手を採用する意欲が高く、社会人経験3年未満の転職を受け入れる素地があるケースが多いです。

しかし外資系企業の場合は、「職務経験3年以上」を条件に掲げる職種別採用の求人がほとんどですので、この年数においては可能性は低いといえるでしょう。

 

これは、転職を重ねて実績を積む人材が多い外資系企業において、職務経験の少なさがマイナスに働くからです。

 

| 25~29歳での転職

日系企業では、仕事や成長への意欲を重視する傾向があり、25歳から29歳の採用活動に「ポテンシャル採用」という位置づけを行っています。

これは、仕事や成長への意欲を重視する傾向があるからですが、外資系企業の場合は、具体的な職務における専門性や経験が評価される傾向にあります。

25歳から29歳になると、ある程度の職務経験があるとみなされるので、さまざまなポジションの求人があります。

 

| 30~34歳での転職    

30代前半で日系企業に転職する場合は、入社後すぐにプレイヤーとして活躍できる人材が求められます。

一定のパフォーマンスが求められますが、外資系企業の場合は、その傾向が特に顕著です。

30代に入ると、ある程度の実績を積んだ人材として、マネージャーやディレクタークラスの求人が多くなる傾向があり、転職の競争率も高くなります。

 

| 35~39歳での転職

35歳を過ぎると、日系企業でも「管理職」もしくは「管理職候補」としての転職が多くなります。

プレイヤーとしてのスキルはもちろん、マネジメント力が重視されますが、外資系企業の場合はそれが顕著です。

マネジメントの経験が求められるマネージャーもしくはディレクターの求人が多くなり、すぐに成果を出すことが求められます。

 

| 40歳以降での転職

日系企業では、40歳以降での転職でキャリアアップを目指すのはなかなか難しく、よほどのスキルがない限り、前職よりも条件が厳しくなることが多いです。

 

外資系企業の場合は、マネージャーやディレクターといった役職に加えて、事業開発・事業企画といった求人やエグゼクティブクラスの求人も多い傾向にあります。

ヘッドハンティングや引き抜きなどで採用されることが多く、あまり公には募集されなくなります。

 

| 転職活動にかかる期間はどれくらい?

では、転職活動にはどのくらいの期間を見込んでおけばよいのでしょうか。ここでは、転職活動にかかる期間について解説します。

 

平均的な期間は3~6か月

転職活動をする際、事前準備を含め、3か月から6か月ほどかかるのが一般的です。

在職中の場合は特に、自分が退職しても問題のないタイミングを逆算し、転職活動を始めるようにしましょう。

また、自分にどういったスキルが求められるかを考えたうえで、面接でアピールすべきことをしっかり準備しておくことが大切です。

 

| 一般的なスケジュール

一般的な転職活動のスケジュールは、事前準備や情報収集をし、応募したい企業に狙いを定め、書類を作成して応募するといった流れです。

ここまでに1か月ほどかかり、面接でさらに1か月、内定後の引き継ぎに1か月ほどというのが最短と考えてよいでしょう。

 

また、内定後にも、仕事の整理や引き継ぎには時間がかかるものです。その期間を見越して転職活動するようにしましょう。

 

| 転職活動は、「在職中」?「退職後」?

転職活動は「在職中」がいいのか、「退職後」がいいのかと迷う人が少なくありません。

空白期間がないという意味では、在職中に内定を得て、退職から日をおかずに次の企業に入社するのが理想です。

在職中の人が転職活動しやすいような試験日程を組んでいる企業も多くなっています。

しかし実際は、優秀であればあるほど仕事が忙しく、突発的な出来事も生じやすくなるなど、時間が自由にならないといったデメリットもあります。

 

退職後に転職活動する場合は時間的な余裕があり、多くの企業を受けることができます。

急募の案件では歓迎されますが、日系企業の場合は特に、資格取得のためなど、転職前に離職した理由を明らかにしておくことが大切です。

 

■退職から入社までの流れをご紹介

最後に、転職活動が成功した後の、退職から入社に至るまでの流れを紹介します。    

 

1. 退職意思の表示

内定を獲得したあと、上司や同僚に退職意思を表示する際は、次のようなポイントに留意しましょう。

 

引き継ぎや取引先へのあいさつに必要な時間を踏まえ、退職の意思表示は退職希望日の2か月前を目安に行います。

また、意思表示を行う順番も重要です。直属の上司に意思表示する前に、同僚などに安易に伝えないようにしましょう。

順番を間違えると、上司の理解を得づらくなってしまう可能性もあります。

 

また、退職の意思を伝える際は、現状への不満を口にしないほうがいいでしょう。

 

2. 退職日の相談、入社日の決定

退職の意思を伝えたあとは、具体的な退職日について相談します。

法律では、退職の申し入れをしたあと2週間たてば雇用関係が解消できますが、退職日に関して一方的な伝達をするだけでは、円満な退職は望めません。

直属の上司としっかり話し合い、引き継ぎに要する時間なども考慮したうえで、互いに納得できる日を退職日として決定しましょう。

 

退職日が決まれば、転職先企業と話し合い、入社日を決定します。転職先企業の受け入れ準備もありますので、入社日を決めたあとは、変更しないようにしましょう。

 

3. 退職届の提出

退職時には就業規定で退職届を提出するよう定めている企業がほとんどです。

退職が決定したあとは、基本的な書式に従って、退職届を提出しましょう。

企業独自のフォーマットがある場合もありますので、提出前に確認してください。

 

退職届の提出先は、直属の上司です。退職の意思を表示するときと同じく、退職届を誰に提出するかも大切なため、きちんと段階を踏みましょう。

 

4. 仕事の引継ぎ

退職届が受理されたあとは、なるべく早く仕事を引き継ぎます。

退職の3日前には引き継ぎを終えられるようにスケジュールをたて、仕事の段取りや職務分担などもなるべく詳しく資料にします。

関係書類の所在なども明記しておきましょう。

 

さらに、退職後のトラブルに備えて、自分の連絡先を上司や後任者に伝えておくことも大切です。

自分が築き上げてきた人間関係を退職後にも維持できるよう、退職後にも手を貸す準備があることを伝えておきましょう。

 

5. 社内外への挨拶回り    

退職の2週間前くらいから、社内外への挨拶回りを始めます。

その際、退職理由などを具体的に明かさないことがルールです。また、転職先企業についても極力明かさないようにしましょう。

取引先への挨拶回りで大切なのは、後任者を信頼のおける人物として紹介することです。

取引先が安心し、後任者が仕事を進めやすいように配慮しましょう。

 

6. 退職手続き

退職手続きをする際は、会社の備品や所有物、IDカード、名刺、通勤定期などを返却したうえで、雇用保険被保険者証や源泉徴収票、年金手帳などを受け取ります。

これらは、公的な手続きに必要なもので、確実に受け取り、保管しておかなければなりません。

退職後すぐに転職しない場合は、離職票も必ず受け取っておきましょう。

 

7. 転職先への準備

転職先企業によっては、初日から業務に就くこともあります。

そのため、入社日までに会社の就業規則などに目を通したり、職場のルールを把握できるよう努めましょう。

ホームページなどを見れば、会社の組織図や取引先などを確認できます。専門職の場合は、専門知識や業務知識などを再確認しておくことも大切です。

 

また、転職先の上司や同僚に挨拶する際、伝えたい内容などをまとめておくのもおすすめです。 

 

■まとめ

ここでは、転職活動のタイミングで悩んでいる人に向けて、転職にベストな時期やタイミングを解説し、転職活動に要する時間や退職から入社に至る流れなどを解説しました。

在職中・退職後にかかわらず、有利に転職を進めるためには、転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。

エージェントを介することで、適切なサポートを受けることもできますし、転職までの流れがスムーズになります。

 

エンワールドの強みは、専任のコンサルタントがサポートするだけでなく、外資系グローバル企業の求人が豊富なことです。

外資系グローバル系企業への転職を目指している人は、ぜひご登録ください。

 

外資系企業の求人が豊富なエンワールドはこちら