ブログへ戻る

エグゼクティブの転職事情まとめ | 転職時の注意点からエージェントの選び方まで紹介

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

1年以上 前

職場のなかで重要な位置を占める管理職ですが、最後までその企業に留まらなければならないという決まりはありません。現在管理職の方でも、今の能力を活かし、さらなるキャリアアップを目指したいと考えている方も多いのではないでしょうか。この記事では、エグゼクティブの転職事情から注意点、おすすめの転職エージェントまで紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

■エグゼクティブ転職市場の特徴

グローバル化が進んだ今、エグゼクティブ職の転職も珍しいものではなくなりました。エグゼクティブ職の転職は、豊富な経験と統括力、語学など多方面で高いスキルを精査されているにも関わらず、近年では求人数も増加傾向にあります。

 

要因は、日系企業の海外進出やM&Aによるもの、ベンチャー企業の急成長、現在在籍している企業の事業の将来性の乏しさなどがあります。中小企業の3分の2の中小企業の次期後継者が未定というデータもあり、こうしたエグゼクティブ職は、業界に精通した知識と経験で即戦力になることが求められています。

実際に転職を検討されている人は、「自分でもいけるのか」「どこに求人があるのか」と疑問をもつ方も多いでしょう。ここでは、エグゼクティブ転職の特徴を紹介します。早速みていきましょう。

 

| 求人は一般に比べると非常に少ない

エグゼクティブ職は企業のトップクラスに位置します。そのため配属される人数も極めて少なく、求人があっても転職希望者が多ければさらに狭き門です。従って、転職活動は中長期的なものになることが多いです。
 

| 公開求人で募集されることは少ない

ハローワークや一般職向けの大手求人サイトでは、エグゼクティブ職の求人は探せません。募集する側も厳選された人材を求めていますので、エグゼクティブ職だけを集めた専門サイトに非公開で掲載されることが大半です。

 

| 転職者の年齢が高めである

エグゼクティブ職では経験豊富な人材、部下を統括できる信頼や実績も求められるため、募集される年齢層は高めです。求人は30~50代が主ですが、30代や40代では管理責任者クラスの募集が多く、50代では経営陣に関わる職務の募集が多くなります。

 

| 条件がよい求人が多い

応募する方は現行でも一般的な職種より高い年収を手にしているかと思います。しかしエグゼクティブ職の転職では、企業を動かす人材としてハイレベルな業務が多いため、年収もさらに高収入を期待できるのです。企業の規模や業界により金額は異なりますが、一般的に1,000万円以上の案件がほとんどです。

 

| マッチングを重視する

エグゼクティブ転職でも、会社が求める人材と求職者のスキルのマッチングは重要です。さらにエグゼクティブ転職の場合は、特定の人材の実績やバックグラウンド、経験などを必要としてヘッドハントすることも一般的です。そのため企業との相性もより重要なポイントなりますので、募集要項の内容に自分がフィットしているかだけでなく、業界や扱ってきたものが近いかどうかなども、分析をしておくことが重要です。

エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

■女性のエグゼクティブ転職事情

では、女性のエグゼクティブの転職事情はどうなっているのでしょうか。一般的な事例から考えると、女性がエグゼクティブに転職することは難しそうに思えますが、実際はそんなことはありません。

 

|女性のエグゼクティブ求人は増加傾向にある

女性がエグゼクティブに転職したり、エグゼクティブの女性が転職するということは、しだいに増えてきています。その理由として、市場の動向が変わってきていることや、女性特有の「生活者目線」が必要とされてきていることなどを挙げることができます。

結婚や子育てなどを経験してきている女性は、男性よりも豊富な価値観を持っています。また、そうでなくとも男性とは違った角度で物事を見ることができます。それゆえに会社に対して新しい風を吹き込んでくれることが期待されているわけです。

 

|女性管理職のロールモデルの需要

女性の管理職は女性社員に対するロールモデルが期待されている、という事情もあります。これは、家庭での生活と社内での仕事のバランスをどう取れば良いのか、結婚や出産後の仕事はどうすれば良いのか、といった実例を示すという役割です。

日本では、一度退職した女性が会社に復帰することは難しい現状があります。しかし、最近では育児休暇や産前・産後休暇を充実させている会社も増えてきています。新しく社員を雇って一から教育するよりは、あらかじめ知識や経験を持った社員に仕事を続けてほしいと思っている会社もあるわけです。

また、2016年4月には「女性活躍推進法」という法律が制定されました。この法律は常時働いている従業員数が301人以上の企業に適用され、法律の内容を守ることが義務となっています。その背景としては、やはりエグゼクティブクラスの女性の数が少ないという状況が関係しています。

 

|「働き方改革」も女性エグゼクティブ転職の味方に

「働き方改革」も、女性エグゼクティブが活躍することを後押ししています。「働き方改革」によって、長時間労働の見直しが行われたり、育児休暇や産前・産後休暇などの長期休暇が取りやすくなりました。こうした改革は、女性が活躍できる機会を増やしてくれたといって良いでしょう。

この「働き方改革」をきっかけとして、女性ならではの能力にも注目が集まっています。日本では少子化が進んでおり、労働人口も減っています。そんななかで女性が活躍できる社会を作ることは、会社にとっても、社会そのものにとっても、ある種の強みを生んでくれるわけです。

エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

 

■エグゼクティブ転職において年齢はネックになるのか

最初の節でエグゼクティブの求人は一般の求人に比べて少ないことをご説明しましたが、年齢による差異などはあるのでしょうか。

 

|エグゼクティブ転職に「35歳の壁」はあるのか

一般の転職では、「35歳の壁」というものが存在します。30代後半を過ぎると、転職先として受け入れてくれる会社は減ってくるとされています。しかし、管理職に限っていえば、この「35歳の壁」は存在しないといえます。

これは、エグゼクティブクラスの転職となると、単なる知識や経験だけでなく、部下に対する統率力の有無なども考慮されるためです。企業側では、即戦力として部下を率いてくれる人材を求めています。そのため、エグゼクティブとして転職する場合には、年齢はむしろプラスになる場合も多いのです。

 

|40代はもちろん、50代も歓迎される

エグゼクティブの募集を行っている会社では、主に40代~50代くらいの人材を多く募集しています。企業の上級管理職や、経営陣としての人材には、経験が豊富で、業界や業務に対する深い知識を持っている人たちが多いです。これから会社に入って活躍してもらうためには、このようなスキルをあらかじめ備えていることが要求されます。

40歳代の人材は主に「守り」の姿勢を持っていることが多く、堅実な経営を求めている企業に必要とされます。ですが、50歳代になると、逆に自分の考えたことを実現したいという「攻め」の姿勢を持っている人たちが増えてきます。エグゼクティブクラスの転職といっても、このように年齢によって求められる人材像は変わってくると考えて良いでしょう。

エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

 

■エグゼクティブに転職するためには

エグゼクティブとして転職するための方法としては、知人のつてを頼ったり、ヘッドハンティングされるなど、さまざまな方法があります。しかし、こうした場合、人脈作りが大変だったり、後々しがらみが発生するようなケースもあります。まっさらな状態で活躍したいと考えている人には、こうしたやり方は向いていません。

とくにヘッドハンティングの場合、突然に声がかかってくることも多いため、必ずしも自分が望んでいるタイミングで転職ができるわけではありません。エグゼクティブに転職するには、それなりの知識と経験が必要ですから、事前準備の期間も必要です。そうした場合には、転職エージェントなどを活用することで、自分の狙ったタイミングでの転職が可能になります。

転職エージェントには、一般には公開していない求人もあり、エグゼクティブの転職も多く用意されています。この方法であれば人脈作りなども必要ありませんし、しがらみにとらわれてうまく仕事をこなせない、といったことにもなりません。一からエグゼクティブへの転職を目指しているのであれば、転職エージェントを活用するというのもひとつの方法でしょう。

エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

■エグゼクティブ転職の注意点

エグゼクティブ転職に欠かせない転職エージェントですが、エージェント選びを見誤るとうまく進む話もこじれることがあります。ここでは、エグゼクティブ転職での注意点を紹介します。

 

| 希望条件を明確にしておく

エグゼクティブ転職でも、一般職の転職のような希望条件の洗い出しは不可欠です。しかしあまりにも希望枠を固めてしまうと、お互いの希望がうまくすり合わず、転職が進まないこともあります。構築したいキャリアを軸にしながら、希望条件を伝えていきましょう。

 

| エージェント担当者と定期的に連絡を取る

エグゼクティブの転職活動は希望条件にあった案件がなかなかなく、長期化することも一般的です。
そのため、エージェントの担当者との長期的なリレーションを取ることが必要です。

一方的に、自分の希望だけを伝えて求人の紹介を催促するだけではなく、市場でニーズのある条件にも歩み寄るような形で最終的に折り合いの付くところを相談しながら決めていきましょう。

 

| エージェント担当者を見極める

エグゼクティブ転職は、担当者との相性が悪いと不安が募るだけでなく、対応の良し悪しや口調までも気になるようになり、信頼関係を保つことが難しくなります。
企業紹介料だけを目当てにした対応の悪いエージェントもあるようですので、情報に惑わされず、判断していきましょう。

 

| 複数のエージェントを使って同じ案件に応募しない

企業はできるだけ多くの適任者から厳選したいので、複数のエージェントを利用することが多いです。しかし、逆に応募者側が複数のエージェントを通して、同じ求人に複数応募してしまうと企業はあまりよい印象を持ちません。

 

そのため、利用するエージェント会社をフォローの手厚い一社のみに絞る方がおすすめです。

エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

■エグゼクティブ転職のエージェントの選び方

エグゼクティブの方々は、ここまで積み上げてきたキャリアを無駄にせず、新しい場所で新しい事業に役立てたいと考えているでしょう。ここでは、エグゼクティブ転職のエージェントの選び方を紹介します。転職で失敗しないよう、しっかり確認して理解を深めましょう。
 

| 信頼できるエージェントを選ぶ

エグゼクティブ転職は一般的な転職と違い、いくつものエージェントを比較して、信頼できるかどうかを見定める必要があります。なぜなら、エグゼクティブ転職では求人数が一般職に比べて少なく、情報をより多く集める必要があるからです。


求人情報を定期的に確認して、チャンスを逃さないよう心がけましょう。
 

| 総合転職エージェントとヘッドハンティング型エージェントの違い

エグゼクティブ転職のエージェントには、ふたつのタイプが存在します。

 

☑総合転職エージェント

総合転職エージェントとは、一般的な転職でも利用されるエージェントです。まとめると以下のようになります。


・担当者…専任コンサルタント1名
・スタイル…求人を探し自分で応募する(ハローワークと同様)

・案件…応募者が選べる
・応募…複数社を選べる
・就活期間…比較的短め(個人差あり)
・メリット…膨大な案件数、転職意欲低下になりにくい
・デメリット…エグゼクティブ職案件が少ない

1人ひとりに担当者がついて相談に乗りますが、形式的にはハローワークと同じスタイルです。応募者が案件を選び、担当者に相談しながら企業側とマッチングするかどうかをチェックしてもらいます。

総合転職エージェントは、いつも膨大な案件を保有しています。就活期間もスパンは短く、数社同時に応募も可能なので、転職意欲も下がらないことも特徴のひとつです。
 

☑ヘッドハンティング型転職エージェント

ヘッドハンティング型転職エージェントとは、エグゼクティブ職に使用されるエージェントです。まとめると以下のようになります。

・担当者…なし
・スタイル…ヘッドハンティングを待つ
・案件…登録内容を見た企業から打診される
・応募…希望条件などを確認し、応募する
・就活期間…比較的長め(個人差あり)
・メリット…厳選されたエグゼクティブ職求人
・デメリット…長期になり転職を諦める人も
 

ヘッドハンター型転職エージェントは、ヘッドハンターが担当者を介さず、直接本人にスカウトメールを送る形です。総合転職エージェントにはない、厳選されたレベルの高いエグゼクティブ職案件が揃っています。

ヘッドハンターは数多くの登録者の中から、企業の求める人材に近い人に狙いを定めてスカウトします。可能性の高い案件だけを紹介してほしいエグゼクティブ職の人には、最適なエージェントの形といえます。
エグゼクティブの転職を実現するなら、エンワールド・ジャパンへお任せください!無料面談へのご応募はこちらから

 

■エグゼクティブ転職におすすめのエージェント

エージェントに登録するなら、エグゼクティブ職の中でもさらにレベルの高いポジションの案件を紹介してくれるエージェントを選びたいと思いませんか?

エンワールドでは、社長や取締役など企業の役員クラスの人材を募集しています。エンワールドのCXOプラットフォームは実際に後継者を求めている社長とのつながりがあり、そこからのダイレクトなニーズによりヘッドハントを行っているためマッチング度が高いことも特徴です。

エグゼクティブ職の転職エージェントとしては珍しく、経営について一定以上の知識を持ったコンサルタントが丁寧に対応します。また、一度登録すれば表に出ない未公開の経営者・経営ボード・採用の情報の紹介もみることが可能です。
 

■まとめ

エグゼクティブ転職をスムーズに進めるには、様々なことを考える必要があります。現在の勤務先での、引き継ぎ者の選定や引き継ぎ期間などもある上、残務も片付けなくてはなりません。また、転職先も自分の適性に合う仕事や希望条件の合う企業でなければ、今までに築きあげてきたものを壊してしまうことになりかねません。

エグゼクティブ転職のために今日からできることは、まずエージェントの登録を始めることです。こうしている間にも、高収入案件が決まっているかもしれません。
エグゼクティブ転職を成功させる信頼の厚いエージェントを選んで、早め早めの登録で動き出していきましょう。

エンワールド・ジャパンの無料面談へのご応募はこちら