ブログへ戻る

経営者とは?求められる役割と魅力ある経営者になるために必要な6つのこと

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

約2ヶ月 前

企業の経営について意思決定や責任を持ち、経営活動の遂行を指揮・監督する経営者は、憧れの職業の一つです。しかし、具体的に経営者とは一体どんな仕事をする職業なのでしょうか?

この記事では、経営者に求められる役割、そして、魅力ある経営者になるために必要なことを具体的に解説します。


■経営者とは

経営者を辞書でひくと「会社の経営の責任を持つ者」とあります。経営者の呼称は、会社法上は「代表取締役」、労働法上は「使用者」、会社組織上は「社長」、自営業上は「個人事業主」とさまざまですが、いずれも会社・事業の代表として経営を担う、意思決定の最高責任者である点は共通しています。

会社・事業の業績は、経営者の意思決定の連続で決まるため、業績への経営者の責任は重大ですが、同時にとてもやりがいのある仕事ともいえます。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■経営者に求められる役割・責任とは

経営者には、その地位と知識から、会社・事業を堅実に運営するための正しい決定をする責任があります。経営学者のピーター・ドラッカーは、著書「経営者の条件」にて、「経営者の職務は、効果的であること、なすべきことを成し遂げるということが期待されている。」と述べています。

また、経営者は、会社のトップとして、会社・事業に何らかのトラブルが発生した際に責任をとり、社員の雇用を守らなければなりません。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■経営者のおもな仕事内容


次に、経営者としての具体的な仕事内容を見ていきます。


|経営方針を決定

経営者は、会社のあらゆる経営戦略の基となる経営方針を決定し、会社の目標を従業員に示す必要があります。


|資金繰り

会社に必要な資金繰りは、経営者が中心になって行うべき仕事です。

どのような資金繰りを実施するのか、経営者の手腕と判断に委ねられています。


|社員の育成・評価

事業を推進していくには、会社の経営理念を理解し、経営者が期待する成果を達成できる社員の存在が必要です。

経営者は、能力に応じたフェアな人事評価を続けることで社員のモチベーションを向上させ、また同時に、社員の育成を積極的に行うことも大切です。


|会社の環境作り

社員が最適な環境で働けるよう、会社の設備や制度を整え、労働環境を改善することも経営者にとって重要な仕事です。

ときには他社の内情を調査するなどして、常に最適な環境を保持できるよう、努めなければなりません。


|事業推進

経営者は、経営方針に沿った事業を立ち上げ推進します。

具体的には、市場や顧客のニーズを取り入れ、アイディアを出す、事業を拡大するスキームを検討するなどの役回りを担い、また、事業を展開していくのに必要な決定を随時くだしていきます。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■魅力的で成功する経営者に必要な資質6つ


企業の方向性の決定・責任を持つ経営者には、さまざまな資質が必要です。

ここでは、事業を成功に導く経営者としての必要な資質6つのポイントを紹介します。


|人間性が豊か

いくら優秀な経営者でも、1人で会社経営はできません。社員や取引先の関係者などを巻き込みながら事業を成長させていくための豊かな人間性が求められます。


|先見性

経営者は、会社の将来をイメージし、ビジョンを掲げる先見性が必要です。そのビジョンを全ての社員と共有することで強力な組織が構築できます。


|会社の数字への理解力

会社経営で成功する経営者は数字に強い事実があります。

特に中小企業の場合、経営者1人が数字に強くなれば業績が述びるケースが多く、そのためには、経営者が深く理解することが欠かせません。


|高いコミュニケーション能力

自らの考えを社員や関係者に適切に伝えたり、相手の思いを理解するコミュニケーション能力が必要です。


|多様な意見を受け入れる

視点の異なる選択肢を意見、進言してもらえることは、複数の選択肢から最善策を選ぶために大切なことです。自分とは異なる感覚に触れ続けることで、多様な考え方を整理することもできるようになります。


|ロジカルシンキング

経営者は、さまざまな場面で判断を迫られるため、ロジカルシンキングができることが必要です。重要な場面で感情的にならず、冷静かつ論理的に思考できることがリーダーの資質です。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■会社経営者を目指す際に役立つ資格

大学の経営学部の学士が経営者の必須条件ではありませんが、経営について学ぶに越したことはありません。将来会社経営をする際に、役立つ資格をご紹介します。


|MBA(経営学修士)

ビジネススクール(経営大学院)の修士課程を修了すると得られる資格です。2年ほど通う必要があり、費用と時間がかかりますが、経営学に基づく理論・知識が学べ、また、人脈を広げられる利点もあります。


|中小企業診断士

中小企業診断士は、国家資格です。資格取得で身につく経営知識全般とスキルは、会社経営に生かせます。


|経営士

日本経営士協会の資格で、企業経営のコンサルタント業務を行う際に役立ちます。

資格受験・養成講座の修了・特別推薦制度の利用の3つの方法で資格取得ができますが、いずれも経営管理の実務経験が必須となっています。


|ビジネスマネージャー検定

東京商工会議所が実施する検定試験で、マネジャー(管理職)に必要な人材育成・事業管理・リスク管理などの知識に加え、経営に関わる幅広い知識が得られます。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■経営者の転職事情

経営者の求人は、増加傾向にあります。

特に採用が多いのは、成長スピードが早く内部の人材では対応できにくいベンチャー企業と、社長候補者のブレーンや候補者を求める中堅・中小企業です。

募集の多い業種としては、IT・インターネットやメーカーが上位となっています。


エンワールドは経営幹部向けの転職支援サービスを展開しています。ハイクラス転職向け専任のコンサルタントが対応いたしますので、何でもお気軽にご相談ください。


■経営者などのエクゼブティブの転職には転職エージェントの活用がおすすめ


経営者などのハイクラスの求人は絶対数が少ないため、希望に合った会社を見つけるには転職エージェントを活用するのがおすすめです。

エンワールドは、外資系企業や日系グローバル企業に特化した管理職や経営幹部などのミッドキャリア以上とスペシャリストを中心とした求人情報を取り扱っています。

経営幹部などの求人情報について非公開求人の案件も多く保有しており、専任のコンサルが一人ひとりをしっかりとサポートいたします。無料面談も行っていますので、まずは気軽に応募ください。


無料面談へのご応募はこちら