ブログへ戻る

転職活動に必要な期間の目安とは?長引かせないために心掛けたいこと

Posted by en world Japan

4ヶ月前

転職をしようと考えた時、転職活動にはどのくらいの期間が必要なのか気になる方も多いと思います。転職活動に必要な期間の目安や転職活動を長引かせる原因を知って、スムーズな転職活動が実現するようにしておきましょう。

■転職活動そのものの期間は3ヶ月程度を目安にしよう

転職活動をする際、ある程度のスケジュールは最初に決めておきましょう。もちろんすべてがスケジュールどおりに運ぶことはまれですが、大まかなスケジュールを把握しておくのとそうでないのとでは、実際に転職活動を開始した際に差が出ます。

漠然と「希望に合ったところが見つかるまで」といった意識で転職活動を開始すると、区切りがつかずいつまでもずるずると長引いてしまうことになりかねません。

転職を決意してから内定を受け取るまでの期間は、1~3ヶ月程度が一般的です。比較的早い方の場合は数週間~1ヶ月程度というケースもありますが、あまりタイトなスケジュールにしてしまうと焦りが生じることになりかねません。

すでに退職している状態であれば時間の融通も利きますが、働きながら転職活動をする場合は転職活動に費やせる時間も限られているため、それなりの時間が必要です。

最初に設定したスケジュールに固執する必要はありませんが、ひとつの目安とし転職活動にあてる期間は3ヶ月程度、と考えておいてください。あまりにも長期化するようであればいったん区切りをつけ、少し時期をずらしてから仕切り直すことも一案です。


転職活動期間を長引かせずスムーズな転職ができるよう、専任のコンサルがサポートいたします!まずはエンワールドの無料面談へご応募ください。


■内定が決まってから退職までの期間も考慮に入れておこう

仕事をしながら転職活動をしている場合、内定が決まったら即退社できるわけではありません。

法律上では退職の意思表示をしてから2週間が経過すると退職が成立することになっていますが、円満に退社するのであればそれは現実的ではありません。退職交渉はもちろん、代わりの人員の手配やそれに伴う配置転換、それまで自身が担当していた業務の引継ぎ作業などが必要です。

その点を考慮すると、退職までには十分な期間を確保しておきましょう。退職の意思を伝えるタイミングや退職願、退職届を提出する時期については就業規則に定めがあるケースが多いので、必ず就業規則を確認し、その内容にしたがってください。

退職する際には、まず直属の上司に退職の意思を伝えます。その上で上司と相談し、退職の時期を決めてください。繁忙期は避ける、自分が手掛けているプロジェクトの区切りがつく時期にするなどの周囲への配慮も欠かせません。

転職活動を開始してから退職までにかかる総期間としては、3~6ヶ月程度見ておくといいでしょう。


転職活動期間を長引かせずスムーズな転職ができるよう、専任のコンサルがサポートいたします!まずはエンワールドの無料面談へご応募ください。


■転職活動をスムーズに進めるために心掛けておきたいこと

転職活動は精神的にも身体的にも大きな負担がかかるものです。特に働きながら転職活動を行うのであればなおさらです。転職活動期間を長引かせることなくスムーズに内定まで進められるように、下準備は入念に行うことをおすすめします。


|スキルの棚卸・自己分析を徹底する

転職活動というと求人の検索、そして応募してからの面接対策などに意識が集中する方も多いようですが、まず初めにするべきなのが徹底した自己分析、キャリアやスキルの棚卸です。

自身はどのような人間なのか、長所となる部分は何か、逆に短所となるのはどういった部分なのかなどを考えてみましょう。


また、キャリアの棚卸も大切です。これまでどのような企業で働きどのような実績を上げてきたか、スキルとして身についているものは何かなどを整理していくことで、転職市場においての自身の市場価値に気づいたり、転職活動における強みを把握したりすることが可能になります。

自己分析が徹底していれば、自分の資質や自分の価値を見誤ることもないため、ミスマッチが減って自身に適していない企業に応募することも少なくなり、効率的に転職活動を進めることにもつながるでしょう。


|企業研究を入念に行う

転職活動において企業研究を行うのは当然のことです。ホームページに掲載されている情報の確認だけでなく、競合他社との違いや、応募先企業がその業界においてどのような立ち位置にいるのかなども調べてみましょう。

LinkedInを活用して、その企業で働いている人の話を聞いてみるのもひとつの方法です。


|転職の目的はクリアに

転職する目的ははっきりとさせておく必要があります。「なんとなく環境を変えたい」というような漠然とした目的や、「友人が転職したから自分も」というような他人の行動に起因する弱い動機では、転職活動がスムーズに進まず転職活動期間が長引くことになりかねません。

転職は自身のその後の人生を左右する大きな決断です。まずそれを自覚し、なぜ転職したいのかをあらためて考えてみてください。


仮に転職の目的がクリアになっていない状態で求人を探し始めた場合、目先の条件だけ応募先を決める、「入りやすそうなところ」を最優先に探すというような前向きとはいいがたい選び方をすることにつながります。

「入りやすそうなところ」に応募してしまうと、面接で他の応募者と差が生じます。

ほかの応募者は、その企業に入りたいという熱意を持ち、その企業に入りたい理由を自分自身の言葉で語ることができるでしょう。

しかし、目的がクリアになっていない状態で選んでいるのであれば、一般的なことしか発言できないため採用担当者の印象に残らず、内定が遠ざかることもあるかもしれません。


|自ら可能性を狭めない

転職活動の期間を長引かせないためには、広い視野を持ち可能性の幅を広げることも大切です。

幅広い業界や業種の求人をチェックし、興味を持てる、自分のスキルやキャリアが活かせる可能性があると感じるのであれば応募してみましょう。応募しなければ何も始まりません。

本命の転職先があり、その企業に入りたいがためだけに転職活動を行っているのであって、ほかの企業に入るのであれば転職する気はない、というのであれば別ですが、「転職すること」が目的であれば本命企業のほかにも数社応募し、選択肢の幅を広げておきましょう。

転職活動期間を長引かせずスムーズな転職ができるよう、専任のコンサルがサポートいたします!まずはエンワールドの無料面談へご応募ください。


■転職活動期間を長引かせる要因

スケジュールどおりに短期間で転職活動が終了すればいいですが、残念ながら長引いてしまうケースも多く見られます。

ここでは、転職活動を長引かせる要因について紹介します。思うように転職活動が進まない場合、以下のような状態に陥ってはいないか、自身の考え方や行動を振り返ってみてください。


|焦って転職する目的を見失う

転職期間が長引くと、焦りを感じ始めます。焦ると「どこでもいいから内定を得よう」と手当たり次第に応募するようになり、悪循環に陥ることになりがちです。「このまま転職先が決まらないのではないか」を強い不安をもつ方も多く、精神的な負担が大きくなります。

とくにすでに退職した状態で転職活動を行っているのならは、収入の問題や家族のプレッシャーなども焦りの原因になるでしょう。無職の期間が長くなればなるほど「ブランクがある」と見なされ、不利になることも考えられます。

在職しながら転職活動をしている場合は、転職期間が長くなることによって負担が増し、現職に影響を及ぼしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そういったときこそ「なぜ転職しようと思ったのか」という部分に立ち返って考えることが大切です。


|条件に固執しすぎる

条件に固執しすぎるのも転職活動を長引かせる理由のひとつです。もちろん、転職するにあたって条件面を考慮することは大切です。

しかし、一般的にすべての希望を満たすことができる転職先はほんのわずか。年収や残業の有無、休日、福利厚生、勤務形態、勤務地など、さまざまな条件がありますが、優先順位をつけるとともに譲れるもの、譲れないものの線引きをしておきましょう。


|明確なゴールを設定していない

転職活動を始める前にある程度の計画を立て、ゴール時期を決めて動かないとだらだらと転職活動に必要以上の時間を費やしてしまう可能性もあります。

転職活動は自身の都合だけでなく、外的な要因が大きく絡んでくるのですべてが自身の思いどおりに運ぶわけではありませんが、それでもある程度のゴール時期の定めはひとつの区切りして設定おくべきといえるでしょう。


また、時期的なゴールもそうですが、転職先に関するゴール地点も決めておくことも大切です。

具体的に入りたい転職先が決まっている場合はそれがゴールになるかとも思いますが、そうでない場合でも「〇〇を満たしている」「目標の業界に属する企業」など、ゴールとなる条件を定めておかないと「もっといい転職先があるかもしれない」と際限なく上を求めて転職活動を続けてしまうことになりかねません。


|面接などの転職対策ができていない

転職活動期間が長くなるということは、なかなか内定が出ない、ということでもあります。もちろん理想の応募先企業が見つからないことによって時間がかかるケースも皆無ではありませんが、この場合は先にも述べた条件面の優先順位をつけることなどがその対策となります。

内定が出ずに長引いているのであれば、応募書類や面接などの対策が十分でない可能性があります。

履歴書の流用、また自己PRや志望動機は転職対策サイトや参考本そのままという状態では通用しません。

転職に至る動機、もしくは前職の退職理由としてネガティブな印象を与えるものを記載しているのもマイナスポイントになります。

転職活動を長引かせずスムーズに内定を得るには、自己PRや志望動機、面接対策などもしっかりと行うことが求められます。



転職活動期間を長引かせずスムーズな転職ができるよう、専任のコンサルがサポートいたします!まずはエンワールドの無料面談へご応募ください。


■転職活動期間をできるだけ短くするための方法


|転職活動と並行して引継ぎの準備を進めておく

内定が決まってすぐに退職できるわけではないのは先にも述べたとおりです。

特に引継ぎには時間がかかることも予想されるので、マニュアルの作成に着手したり、必要書類を揃えるなど、少しずつでもスムーズに引継ぎができるよう準備をすすめておきましょう。

退職に関しての流れや必要な手続きなどを、あらかじめ把握しておくことも大切です。


|転職エージェントを活用する

転職活動期間を短くするには、転職のプロである転職エージェントの活用が有効です。

転職エージェントは非公開案件の扱いもあるので、転職先の幅が広がります。それに加え応募書類の作成や面接などの転職プロセスについてもサポートを受けることができるので、転職活動期間を必要以上に長引かせることなくスムーズに転職できる可能性が高くなります。

転職活動期間を長引かせずスムーズな転職ができるよう、専任のコンサルがサポートいたします!まずはエンワールドの無料面談へご応募ください。


■転職のお悩みはエンワールドにお任せください

できるだけ短い期間でスムーズに転職したいとお考えであれば、スケジュールを決めて動いたり、自己分析や企業研究などを徹底して行ったりすることが大切です。


もし転職活動期間が長引いていることに悩んでいたり、自分に最適な転職先が見つからないことに焦りを感じていたりするのであれば、転職エージェントに相談してみましょう。エンワールドではきめ細かくヒアリングを行い、一人ひとりに合わせたサポートを行っております。


転職期間を長引かせず、円満に退職して新天地で活躍したいとお考えであれば無料面談へのご応募をご検討ください。


エンワールドの無料面談へのご応募はこちらから