ブログへ戻る

これを覚えれば完璧!これからの時代に身につけておきたいビジネス英語の基礎知識

Posted by en world Japan

8ヶ月前

これから海外や外資系企業で仕事をしたい、そう考えている人は案外多いのではないでしょうか。そんなときにまず必要になるのが、語学力です。この記事では、ビジネス英語の学び方から便利な言い回しまで、詳しく解説しています。

 

■ビジネス英語はこれからのビジネスパーソンに欠かせない

 

近年では、外資系企業やグローバル企業だけでなく、日系企業でも英語の重要性は増してきています。

ビジネス英語を学んでいれば、英語の資料なども読むことができますし、取引先の代表者が外国人であるような場合には、その折衝役を任されることもあります。

経済はグローバル化が進んでいますし、社外研修などで海外に行く機会もこの先ますます増えていくでしょう。

そうした業務をこなしていく上でも、これからのビジネスパーソンには英語力が欠かせないといってよいのです。

 

習得したビジネス英語を実際に現場で活かす!外資系・グローバル企業への転職はエンワールドにお任せください。

 

■最も効果的なビジネス英語の取得方法は?

 

最も効果が感じられる学習方法は「仕事をしながら実践的に英語を使用する」ことです。

 

英語を学ぶというと、英会話教室に通うことを思い浮かべる人が多いですが、ビジネスで通用するような英語力を英会話教室で覚えることは難しいです。

なぜなら、英会話教室などで学べるのは、おおむね日常会話に使うような英語であり、ビジネスシーンで有効になるような言い回しや単語を学ぶのには不十分であるからです。

 

実際に仕事で英語を使用している人でも、語学力を養ったのは職場で、という場合が多いです。

これは、見方を変えれば、英会話教室などに通わなくても、本人の努力次第でビジネス英語を学べるということでもあります。

また、仕事で英語を使用することになれば、ビジネスに必要な単語だけでなく、効果的な言い回しや、相手とどのようなコミュニケーションを取ればよいのか、といったことも分かってきます。

 

習得したビジネス英語を実際に現場で活かす!外資系・グローバル企業への転職はエンワールドにお任せください。

 

■覚えておきたいビジネス英語の基礎知識

ビジネスで英語を使用することは、初めは誰でも難しく感じられるものです。しかし、コツさえつかめば、ビジネスシーンで通用する語学力を培うことができます。

 

|ビジネス英語は難しくない

まず、英語は難しいという思い込みを捨てましょう。その上で、次のように考えることが大切です。

 

☑簡潔に、わかりやすく

 

難しい英語を使えば、それは相手にとっても難しいということになります。

ですから、ビジネス英語を使用する際には、分かりやすく簡潔な表現を心がけることが大切です。

時には身振りや手振りなども交えて話をするようにすると、相手側に自分の考えている思いや意図も伝わりやすくなります。

 

☑丁寧な英語を使用する

 

英語には敬語などの表現はないと思われがちですが、実際には仲間内で使う言葉や上司やクライアントに対して使う言葉など、多様な言い回しがあります。

上司やクライアントなどと話をする際には、できるだけ丁寧な言い回しをするように心がけてください。

具体的には「スラングの使用を控える」「省略形を用いない」という方法で、丁寧な英語表現をすることができます。

 

|クッション言葉を使用しよう

クッション言葉というのは、相手に丁寧な印象を与えるための、前置きのような言葉のことです。

クッション言葉には、例えば次のようなものがあります。

 

・I’m afraid that……「恐れ入りますが」

・I appreciate your offer, but……「差し支えなければ」

・Please excuse me, but……「おっしゃることは分かりますが」

 

クッション言葉は他にもいくつもあるので、インターネットや英語の参考書などで調べて、覚えておくようにするとよいでしょう。

 

|定型文を覚えよう

英語には日本語と同じように定型文があります。電話や会議などでよく使われるフレーズは決まっているので、こちらもあらかじめ覚えておくようにすると役に立ちます。

 

☑自己紹介

 

自己紹介では、「I'm 〇〇.」や「My name is 〇〇.」といった言葉を使用します。

会社名や部署名などを伝えたい場合には、「I'm 〇〇of□□of△△.」というように、部署名(□□)と会社名(△△)を付け加えます。

 

日本語でも、自分の名前を名乗る時には「さん」付けをしないように、英語でも自分の名前の前に「Mr.」や「Ms.」などはつけないので注意してください。

 

初めて会う相手であれば、「Nice to meet you.」を付け加えることも忘れずに。

 

☑電話

 

英語で電話をかける場合にも、まずは「Hello! My name is 〇〇.」と自分の名前を名乗るようにします。

その上で、誰と話したいのか、どんな要件なのかを手短に伝えるようにしてください。

 

例えば、ブラウンさんと話したい場合には次のように話します。

 

・May I speak to Mr.Brown?……「ブラウンさんにつないでいただけますか?」

・It is about an appointment with Mr.Brown.……「ブラウンさんとのお約束の件です」

 

逆に電話を受ける場合には、次のように話します。

 

・This is 〇〇,□□ speaking. How can I help you?……「こちらは□□の〇〇です。どのようなご要件でしょうか?」

 

☑ミーティング・プレゼンなど

 

会議やプレゼンテーションなどでは、次のような英語を使用します。

 

・I really appreciate your attendance to this meeting.……「この会議にご出席いただきありがとうございます」

・The meeting will last about 3 hour.……「この会議はおよそ3時間の予定です」

・Why don’t we open the meeting?……「会議を始めましょう」

・Please take a look at the document.……「資料をご覧ください」

 

ちなみに、英語で感謝の意を伝えるときには通常「Thank you.」を用いますが、「I appreciate you.」のほうがより丁寧な言葉になります。

 

習得したビジネス英語を実際に現場で活かす!外資系・グローバル企業への転職はエンワールドにお任せください。

 

■ビジネス英語力を磨くなら

 

英語でも、定型文や慣用表現を覚えれば、コミュニケーションを円滑に進められることがお分かりいただけたと思います。

ビジネス英語は独学でも学べますが、外資系企業やグローバル企業に転職して、より実践的な英語力を学ぶというのもひとつの方法です。

 

もし、「高い語学を習得したい」「語学を活かして働きたい」とお考えの方は、ぜひエンワールドへご相談ください!

外資系企業やグローバル企業への転職に強いエンワールドが、皆さんの転職活動のお手伝いをさせていただきます。

エンワールドには幅広い求人があり、求職者の方それぞれに合った転職のプランをご提案させていただきます。

 

エンワールドの無料面談へのご応募はこちらから