ブログへ戻る

TOEICは何点以上が必要?外資系企業転職で求められる英語力を徹底解説

Posted by en world Japan

約1年前

外資系企業へ転職するのであれば切っても切れないのが英語力。英語力を証明するものとしてはTOEICが日本では一般的ですが、果たしてどの程度のTOEICスコアがあれば外資系企業への転職で通用するのでしょうか。

ここでは外資系企業への転職で求められるTOEICスコアや英語力について、詳しく紹介します。


■企業が求めるTOEICの基準点は何点以上?


近年ではグローバル化が進み、グローバルな視点なしではビジネスパーソンとして活躍するのは難しくなりつつあるとされています。そのため外資系企業はもちろん、日系企業でも語学力は欠かせないスキルとなっているのが現状です。


日本でTOEICを実施・運営しているIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)から発表された「英語活用実態調査2019」によると、回答企業・団体の82.6%が今後のビジネパーソンにとって重要な知識やスキルとして英語を挙げており、回答企業・団体が目標とする英語スキルの水準としては「英語で行われる会議で議論できる」ことが最も多いことがわかっています。


一方で、社員や職員に不足している・今後強化する必要があるスキルとしても67.0%が英語を挙げているという現状も見受けられます。こういった結果から、これからのビジネスパーソンには英語が必須であることがうかがえるでしょう。


日本においては語学力を見極める基準として、TOEICスコアを導入している企業がほとんどです。TOEICは英語によるコミュニケーション能力、ビジネス能力を評価するための世界共通の試験であり、現在では世界約160カ国において実施されています。


採用はもちろん、昇進や海外赴任などのキャリアップにおいてもTOEICスコアによる基準が設けられている企業も少なくありません。


ここでは、採用や昇進の際に求められるTOEICスコアを開示している企業をTOEICスコア別に紹介しましょう。


☑600点以上


・採用 

出光興産、王子製紙、大正製薬、ニトリホールディングス、大和ハウス工業など

・昇進 

楽天(一般職)、日本ビクター(全社員)、富士通(エンジニア、事業企画)、日本IBM(課長)、トヨタ自動車(係長)、マツダ(係長)、住友林業(係長)など


☑650点以上


・採用

アサヒビール、佐川グローバルロジスティクス、シチズンホールディングスなど

・昇進

楽天(係長級)、日立製作所(課長)、ソニー(係長・課長級)、ブリヂストン(開発企画職上級)など


☑700~730点以上


・採用

ファーストリテイリング、ソフトバンク、武田薬品、ヤマト運輸、東京電力、NTT東日本、三菱自動車(事務職)など

・昇進

楽天(課長級)、シャープ(課長職)、伊藤忠商事(入社4年目社員)、キリンビール(事務・技術職)、住友商事(管理職)、日本IBM(次長)など


☑800点以上


・採用

韓国LG、韓国ヒュンダイ、野村不動産など

・昇進

日立製作所(経営幹部)、サイバーエージェント(海外部門)、KDDI(事務・技術職配属)など


☑860点以上


・採用

野村ホールディングス(グローバル社員)、NTTコミュニケーションズ、韓国サムスン、パナソニック(国際広報担当)など


TOEICスコアを活かした転職はエンワールド・ジャパンがサポート!まずは無料面談へご応募を



■外資系企業に勤めるなら最低700点以上が必要


外資系企業であれば日系企業以上の語学力を求められることは想像に難くないでしょう。外資系企業では本国とのやり取りがあったり、社内公用語が英語であったり、会議や書類などが英語である場合がほとんどだからです。


外資系企業で問題なく業務ができる語学力としては、TOEIC700点以上が目安になるでしょう。700点あれば十分だというわけではなく、最低でも700点であると認識しておいてください。外資系企業の書類選考においてもTOEIC700点が目安になるケースが多いようです。


ここでTOEICのスコアごとのレベルイメージを紹介します。どの程度のスコアが外資系企業で強みといえるのか見ていきましょう。


☑400点未満


英語を始めたばかりのレベルに匹敵し、中学生がクリアできるレベルです。実際の英会話においてはほぼ聞き取れず、不明な単語がほとんどと言えます。会話は成り立たず、何とか単語でやり取りして意思疎通を図るレベルと考えるといいでしょう。


基本的に英語が必要な業務は難しく、外資系企業はもちろん日系企業であっても履歴書には書かないほうがいいとされるスコアです。


☑400点以上


中学校中級程度であり、文法や単語には不安が多く残るレベル。基本的に会話は成り立たないが、なんとなくニュアンスで聞き取れることもある、という程度です。


このレベルでも外資系・日系問わず履歴書への記載は控えるべきといえます。外資系企業で英語を使用する業務では通用しない英語力です。


☑500点以上


英語が得意であるといえるレベルにはほど遠いが、ある程度の長さの文章や多くの単語が理解できるレベル。簡単な会話であれば可能ではあるが、流暢とはほど遠い状態です。履歴書に記載しても語学力があるとして有利に働くことはないですが、日系企業においてはマイナス評価にもならない、といったところでしょう。


外資系企業であれば記載しないほうが無難です。外資系企業で通用する英語力としてはまだまだ不足しているレベルです。


☑600点以上


ある程度英語が理解できるレベルであり、長文であっても聞き取れ英会話が成り立つけれども複雑な英語は難しい、といった段階です。このレベルになると履歴書に記載できるスコアだといえるでしょう。特に日系企業においてはアピールにもなり得ます。


外資系企業においては十分といえるスコアではないですか、比較的高度な英語を必要としない部署や職種であればこの程度のスコアを採用条件にしている企業もあります。


☑700点以上


外資系企業であれば最低限欲しいスコアです。ビジネスで通用する英語力となると700点以上は必要と考えてください。このレベルではある程度の複雑な会話なども可能であり、読み書きに不自由することはほとんどないですが、専門的なエビデンスについて述べたりするには少し不安が残る点もあります。


☑800点以上


文章の細部まで理解でき、ビジネスシーンでの意見交換などもおおむね困ることはないレベル。外資系企業においても800点以上あれば採用基準をクリアできる場合がほとんどで、一般的に英語が得意であるとアピールできるレベルであるといえるでしょう。


☑900点以上


英語において困ることはほとんどなく、複雑な会話もスムーズに行えるレベルです。900点以上あれば外資系企業のほぼすべてのシーンで問題なく意思疎通を図れるでしょう。外資系企業においても語学力に不安を感じることもなく、戦力として活躍できるレベルといえます。


TOEICスコアを活かした転職はエンワールド・ジャパンがサポート!まずは無料面談へご応募を



■業界別に見るTOEICスコアの目安


外資系では語学力が欠かせないのは先にも述べたとおりです。とはいえ、外資系企業と一言でいってもさまざまな企業があり、業界や職種によって求められる語学力には差があるのが現状です。


ネイティブレベルの高い語学力がマストである部署もあれば、ほとんど英語を使用しない部署も存在します。そのため入社時にはそれほどの英語力を求められなかった、というケースもあるかもしれません。


そういった場合であっても、外資系企業であれば入社してから語学力をつけるのは必須といえます。いつ部署移動があるかわかりませんし、いつ上司が変わるかわかりません。突然人事異動があり本国からの上司とやり取りしなくてはならなくなった場合、たちまち困ってしまうことになります。


加えて、外資気企業でキャリアアップをはかるのであれば、高い語学力はいずれ必要になります。ポジションが上がると本国とのやり取りが増え、複雑な会話を英語で行うことも多くなるからです。


外資系企業に転職するのであればそういう意識が前提にはなりますが、自分が目指す業界がどの程度の英語力を必要とするのかは誰もが気になるポイントなのではないでしょうか。


ここでは業種・業界別に求められるTOEICスコアの目安を紹介しましょう。



|金融

外資系金融業界は非常に高い語学力を求められる業種のひとつといえます。金融関連では細かいやり取りが多く、少しの聞き間違いや聞き逃しが致命的なミスとなるケースも少なくありません。


そのため対面でのやり取りはもちろん、比較的難しいといわれる電話でのやり取りも何の不安もなくこなせる語学力が必要です。ネイティブレベル、TOEICスコアであれば900点以上は必須の業界といえるでしょう。


|コンサルファーム

外資コンサルファームは新卒においても中途採用においても高い人気を誇ります。有名なコンサルファームなどは学歴・語学力ともに高いレベルを求めており、金融業界と同様の語学レベルが必要だといえるでしょう。


クライアントと細かなやり取りをしたり、プレゼンをしたりするためTOEIC850~900点以上は求められます。


|商社

グローバルに事業を展開している商社などでは海外勤務も多くあります。また日本で勤務していても頻繁に本国とのやり取りや海外との取引などがあるため、専門的なこともしっかりと説明できる程度の英語力が必要となります。


TOEICスコアとしてはやはり850点以上は必須です。


|メーカー(電気・電子関連)

部署によっても必要な英語力は変わってきますが、どの部署であっても英語でのメールのやり取りや英語での会議などに参加できる程度の英語力は必要でしょう。


入社時にTOEIC700点以上あればそう困ることはないかもしれませんが、本国との連携を密に取る必要がある管理職以上では850点以上の英語力が求められます。


電気・電子関係のエンジニアなどは最新技術などのトレンドは海外初であることがほとんどのため、論文などを読み解くことができる900点以上があると望ましいでしょう。


ただし、企業によっては語学力がなくても欲しいほどの実力のあるエンジニアであればTOEIスコアなどに関わらず採用し、通訳をつけるケースも存在するようです。


|ヘルスケア

ヘルスケア業界は拡大傾向にあり、M&Aなども多く業界の変化の速度が激しいという特徴があります。やはり最新の論文などを理解しておく必要もありますし、製薬や医療機器に関しては人の命に関わるものを扱う仕事のため、事業を展開する国の規制や法律などを深く理解しておく必要があります。


加えて医薬品や医療機器のマニュアル、関係当局への申請などはすべて英語で行われるので専門的なことも問題なく理解できる高い語学力が必要なため、850点以上のTOEICスコアは欲しいところです。


|ホスピタリティ

ホスピタリティ業界では、ゲストサービスに直接かかわるスタッフは語学力が必要ではありますが、それほど高いレベルでなくてもよいとする企業も多いようです。とはいえ多国籍なゲストが訪れるため、日常会話がスムーズにできる程度の600点以上は必須でしょう。


ホスピタリティ業界では上層部はほとんど本国から派遣されているため、マネージャー以上の管理職ともなると海外籍の上司とのやり取りを頻繁に行う必要があるので最低でも700点以上のビジネスレベルの語学力は必要です。


TOEICスコアを活かした転職はエンワールド・ジャパンがサポート!まずは無料面談へご応募を



■TOEICの点数だけで過信しない!TOEIC以外に必要なスキル


ここまで外資系企業に必要な英語力の目安としてTOEICの点数を紹介してきました。ビジネス英語の指標として広く採用されており知名度も高いTOEICですが、実は外資系企業において必要なのはTOEICスコアのみではないのです。


「TOEICのスコアが高い=語学力が高い」というのは間違いではありませんが、中にはTOEICのスコアを上げるためだけに英語を学び、高いスコアを持っていても実際の会話レベルはそれほど高くない、会話が聞き取れないといったケースも存在します。


外資系企業で求められるのは実践的な英語力であり、高いTOEICスコアそのものではありません。TOEICスコアはあくまでも語学力を図る目安になるものであると考え、実際の業務を円滑に進められる生きた英語力を身につけておくようにしましょう。


加えて英語はコミュニケーションツールに過ぎない、ということを認識しておくことも大切です。高い語学力を持っているから外資系企業においてコミュニケーションは十分に取れる、というわけではありません。


外資系企業ではそれぞれ異なる文化やバックグラウンドをもつ多国籍な人材が働いています。取引先企業なども欧米から東南アジア、アフリカ諸国、中東などさまざまです。


異なる文化や習慣に理解を示し、良好な関係を築くことができるコミュニケーション能力が求められます。いくら英語が堪能であっても、コミュニケーション能力がなければ意思疎通は図れませんし、実務で実績を上げることもむずかしくなるでしょう。


外資系企業で活躍するためにはTOEICスコアを過信せず、より実践的な英語力やコミュニケーション能力も磨いておくようにしてください。


TOEICスコアを活かした転職はエンワールド・ジャパンがサポート!まずは無料面談へご応募を



■TOEIC以外に外資系企業への転職で役立つ語学の資格


TOEICは日本においてはポピュラーな英語資格ではありますが、実は海外においてはそれほど知名度が高くないのが現状です。TOEIC以外にも外資系企業への転職へ役立つ資格としては、以下のようなものがあります。


|TOFEL(Test of English as a Foreign Language)

TOEFLは英語を母国語としない学生が英語圏の大学や大学院に留学するために必要な英語力があるかどうかを測定するテストです。


英語圏での実生活で必要になる「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に判断するので、より実践的な英語力が測定できるといわれています。海外での知名度が非常に高い試験のひとつです。


|国際連合公用語英語検定試験(国連英検)

国際連合公用語英語検定試験(国連英検)は国際連合が普及活動の一環として行っている英語の検定試験であり、日本では外務省が後援している非常に信頼度の高い試験といえます。


英語力もちろんのこと、国際政治や経済、国際問題などの理解力も問われるため難易度は比較的か高く、最高レベルの特A級は日本で受験可能な英語試験の中で最も難易度が高いとされています。国連職員やユネスコ職員などの国際機関で働きたい方には必須の試験です。


|Linguaskill Business

欧州やカナダ、ニュージーランドや香港などで認知度の高い試験で、ビジネスシーンで求められル英語のコミュニケーションスキルを判定する試験です。クレーム対応や営業活動、職務内容の説明などの実際にビジネスシーンに特化した内容が出題されます。


外資系企業への転職を考えている方にはおすすめの試験です。


|日商ビジネス英語検定試験

実際のビジネスシーンで通用する英語力を問われる試験で、試験では契約書や報告書、企画書、請求書や海外取引全般など実務レベルでの英語の知識が測定され、ライティングに重点を置いているのが特徴です。


それほど知名度は高くありませんが、実践的なビジネス英語を身につけているアピールになるといえるでしょう。


|実用英語技能検定(英検)

日本において抜群の知名度を誇る英語の試験で、文部省が公認している試験です。日本における認知度、信頼度は非常に高く、外資系企業であっても日本で選考が行われる際にはアピールになる可能性も十分にあります。


実用英語技能検定(英検)の最高ランクである1級はTOEIC900点に相当する語学力があるとされています。


TOEICスコアを活かした転職はエンワールド・ジャパンがサポート!まずは無料面談へご応募を



■TOEICのスコアを活かして転職するならエンワールド・ジャパンへ!


TOEICスコアを活かして外資系企業へ転職したいと考えているのであれば、外資系企業の転職に強みのあるエンワールド・ジャパンへお任せください。

エンワールド・ジャパンでは英語力を活かした最適な転職先をご紹介させていただくのはもちろん、転職中から転職後まで、一人ひとりに合わせたきめ細かなサポートを行い、理想の転職を実現させるためのお手伝いをいたします。

英語力を活かした新しいキャリアへの第一歩として、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


エンワールド・ジャパンの無料相談へのご応募はこちらから


参考:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会「英語活用実態調査2019」