ブログへ戻る

インフラエンジニアへの転職|注意点・必要スキル・資格を解説

Posted by en world Japan

約1年前

近年、ITシステムの導入によって業務効率化を進める企業が増えており、インフラエンジニアの需要も高まっています。この記事では、インフラエンジニアに転職したいと考えている人向けに、インフラエンジニアとは何か、インフラエンジニアの仕事内容などを解説します。インフラエンジニアへの転職に必要なスキル・資格なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


■インフラエンジニアとは

インフラとは、インフラストラクチャ(infrastructure)の略で、「基盤」という意味があります。インフラエンジニアとは、ネットワーク機器などITインフラの設計・構築・運用保守を担当する人のことを指します。


|未経験でも転職できるのか?

未経験でもインフラエンジニアへ転職することは可能です。インフラエンジニアの需要は増えており、研修制度を実施している大手企業も増えています。未経験者の場合、マニュアルに沿って行えるシステム運用に関する仕事からスタートすることが多いです。


|システムエンジニアとの違い

ネットワークやサーバーなどインフラ関連の仕事をするインフラエンジニアは、インフラの設計・運用のための知識が求められます。システムエンジニアは、システムの開発を行う際にプログラミングに関する知識やマネジメントスキルなどが必要です。


|インフラエンジニアの将来性

社内インフラをやめ、インターネット上で必要なサービスを利用するクラウドへ移行する企業が増えています。しかし、クラウド上にあるサーバーの管理・運用などが必要なため、今後も必要とされる職種といえます。


■インフラエンジニアの仕事の種類

インフラエンジニアは、仕事内容によっていくつかの種類に分けられます。その中でも、代表的な種類を紹介します。


|サーバーエンジニア

サーバーの設計・構築などを行います。ネットワークやセキュリティに関する知識、WindowsやLinuxなど、OSに関する知識が必要になります。


|ネットワークエンジニア

ネットワークやケーブルなどの構築・整備を行います。インターネット利用に必要なLANなどのネットワーク関連の知識と、ルーターなどの機器関連の知識が求められます。


|インフラ保守エンジニア

日々の業務において起こるネットワークやサーバーに関連したトラブルへの対応を行います。トラブルの原因が複雑に絡み合っていることも多く、インフラに関する深い知識と経験が求められます。


|インフラ運用オペレーター

稼働中のネットワークやサーバーが問題なく稼働するように、運用・監視を行います。大規模な障害を引き起こさないために、小さな不具合も素早く察知できる能力が求められます。


■インフラエンジニアに転職するメリット

インフラエンジニアへ転職するメリットを解説します。

|自分のペースで作業できる

企業にもよりますが、インフラエンジニアは、サーバールームなどにこもって一人で作業することが多くあります。自分のペースで仕事を進められるため、仕事の予定を立てやすいです。


|知識があれば学歴は関係ない

インフラエンジニアは、学歴よりも経験・実績が認められる傾向があります。即戦力が重視されるため、実力のある人を欲しがる企業が増えています。


|大きなやりがいを感じられる

システムのIT化が進んだことで、企業ではインフラの管理が不可欠となりました。ネット環境を運用・管理し、常に社員が快適なネットワークを利用できるシステムを構築することは、大きなやりがいとなります。


■インフラエンジニアに転職するデメリット

インフラエンジニアへ転職するデメリットを解説します。

|休日・深夜でもトラブル対応することがある

トラブルは、休日・深夜でも発生するため、予想外の時間に対応しなければならないことがあります。インフラエンジニアの人数が少ない場合は、休日・深夜でも出勤しなければなりません。


|企業の通常業務終了後の仕事となることが多い

インフラエンジニアは、メンテナンスや設定変更作業といった仕事が多い職種です。作業は、全社員の業務終了後に行うことが多く、その度に残業が発生します。


|閉塞空間での孤独な作業が多い

インフラエンジニアの仕事は、閉塞空間での作業が多くなります。サーバールームに閉じこもって何時間も一人で作業をしなければならないことがあるため、一人でいることを孤独と感じる人にとってはデメリットとなります。


■インフラエンジニアの年収

インフラエンジニアの平均年収は550万円です。30代前半では約300~400万円円、40代後半では約500~600万です。下記のとおり、保有する資格によって年収が異なります。(※)

 

・LPIC保持者:450万円~650万円

・CCIE保持者:550万円~750万円

・Oracle Master:500万円~600万円


■未経験者がインフラエンジニアに転職をする際の注意点

未経験からインフラエンジニアへ転職する際の注意点について解説します。

|ネットワークの基礎知識は事前に勉強しておこう

LAN(建物内のネットワークに関する知識)・WAN(離れたコンピュータをつなぐ知識)・インターネット通信の知識など、ネットワークに関する基本的な知識は勉強しておきます。自ら学ぶ意欲があることをアピールでき、転職の際に有利となります。


|企業情報を調べ、ブラック企業を選ばない

インフラエンジニアの仕事は、深夜・休日の業務が発生することがあります。その分の給与が支払われるか、振替休日があるかなどは、事前に確認しておく必要があります。企業の情報を十分に調べ、ブラック企業を選ばないように注意してください。


|エンジニア転職に強い転職サービスを利用しよう

エンジニアの転職に強い転職サービスを利用することで、転職活動がスムーズに進むサポートを受けられます。未経験者などで企業の見極めが難しい場合は、優良企業を紹介してもらえるサービスを利用すれば安心です。


■インフラエンジニアに転職する際の会社の選び方

インフラエンジニアとして転職する際の会社の選び方を紹介します。

|大手と中小のどちらがよいか?

大きなプロジェクトを担当したいなら大手企業を、即戦力として幅広い業務を担当したいなら中小企業を選ぶのがよいでしょう。


大手企業は福利厚生などがしっかりしていますが、仕事は自分一人で自由に行えず、チームで行うことが多いです。中小企業は経営者との距離も近く、さまざまな要望を聞きながらプロジェクトを進めることになり、多くの経験値と知識が得られます。


|研修制度の有無を確認する

未経験から転職する際は、研修制度が充実している会社を選ぶとよいでしょう。研修制度が充実している会社なら、入社後の育成を視野に入れた採用を行っています。


|福利厚生を確認する

夜間残業や休日出勤が多い仕事であるため、残業手当・休日出勤手当・振替休暇の有無などについて、事前にしっかりと福利厚生を確認してください。福利厚生がしっかりしている会社を選べば、ブラック企業を避けられます。


|国内企業だけでなく外資系企業も選択肢に入れる

インフラエンジニアが転職先を選ぶ際は、国内企業にこだわらず、外資系企業も選択肢に入れることをおすすめします。外資系企業は年収が上がりやすく、最新のIT技術に触れられる可能性も高いため、キャリアアップを狙えます。


■インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキル・知識について解説します。

|ネットワークに関する知識

ネットワークを構築するための知識やサーバー管理の知識などが必要となります。ネットワーク環境は、オンプレミス型とクラウド型の2種類があるので、両方の知識が必要となります。LANの仕組み・通信システムの仕組みなどに関する知識も、身につけておきましょう。


|プログラミング知識

問題が発生した際には、修正作業を行う必要があります。最近はシステムのクラウド化が進んでいるため、修正作業はネットワークを通じて行うことが多くなりました。修正作業を行う際には、プログラミング知識が必要となります。まず、PythonやRubyなどから習得するとよいでしょう。


|論理的な思考

インフラエンジニアは、トラブル対応やインフラ設定に関する希望を実現することが主な仕事となります。ネットワーク全体を把握した上で、筋道を立てて論理的に思考する必要があります。


|難題に取り組む向上心

業務を進める際には、難しい要求を出されることもあります。難しい作業でもあきらめず、ポジティブに取り組もうとする向上心が大切です。IT技術は目覚ましい進歩をしているので、常に最新技術を学ぶ姿勢も大事です。


■インフラエンジニアに必要な資格

インフラエンジニアの仕事をするにあたり、持っていると役立つ資格を紹介します。

|オラクルマスター(ORACLE MASTER)

オラクル社が認定する、オラクル製品に関する知識があることを証明する資格です。データベースの運用とSQLの取得を認定するもので、BronzeからPlatinumまで4つのレベルがあります。未経験の場合、まずはデータベース管理のための最低限の知識を身につけ、Bronzeの取得を目指しましょう。


|Linux技術者認定 LinuC レベル1

サーバーを動かすための基本的なソフトウエア(OS)として、オンプレミス・クラウドともにシェアの高い、Linuxに関する知識や技術力を認定する資格です。世界共通基準で認定されるため、外資系企業への転職にも役立ちます。


|シスコ技術者認定 CCNA

ネットワーク機器開発の大手であるシスコシステムズが実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する資格です。5種類のグレードがあり、最も人気の高いものがCCNAです。CCNAはネットワーク設計を始めとした9つの資格があり、「Routing & Switching」が最も人気のある資格です。取得には、LAN・WAN・ルーティングなどの知識が必要です。


|情報処理技術者試験

経済産業省が認定する、情報処理に関する知識や技能についての国家資格です。「ITパスポート」を始めとして、12種類の資格があります。ネットワークやデータベースに精通している証明になります。


■インフラエンジニアとして外資系・グローバル企業に転職するためにできること

最新のIT技術に触れられる可能性の高い外資系企業でインフラエンジニアとして働くためには、最低限のIT技術と英会話力を身につけておくことが大事です。プログラミング言語は世界共通であり、IT業界に国境はありません。しかし、外資系企業は即戦力を求めていることが多いため、基本的なIT技術は身につけておく必要があります。


英会話力は、ネイティブレベルに達していなくても、ボディランゲージも含め、円滑なコミュニケーションが取れるレベルであれば十分です。


■まとめ

企業のシステムのIT化が進んだことで、インフラエンジニアの需要が高まっています。きちんとした研修制度があり、未経験者を含む多くのエンジニアを採用している企業が増えています。IT関連の知識については、プログラミング言語を始めとして世界共通なので、外資系企業においても、十分に活躍できます。


エンワールドは、外資系企業やグローバル企業の求人を数多く保有している転職エージェントです。専任コンサルタントが一人ひとりのキャリアパスについてアドバイスし、転職成功へと導きます。無料面談も実施しているので、まずはご登録ください。


エンワールドの無料面談に登録


※参考:インフラエンジニアの年収給料|平均年収.jp