ブログへ戻る

エンジニアの仕事とは?エンジニアの種類や必要な能力を解説

Posted by en world Japan

約1年前

近年の目まぐるしいIT技術の発展により、現在はいたるところでIT技術による製品やサービスが多く取り入れられています。そのため、IT技術に関連した職種の「エンジニア」の需要は高く、未経験者でも転職後にスキルを身につけることも可能となっています。しかし、一口にエンジニアといっても、さまざまな種類があり、仕事内容もそれぞれ異なります。


この記事では、エンジニアになりたい人のために、エンジニアの種類やその仕事内容を紹介します。エンジニアに必要な能力や仕事のやりがいなども解説するので、エンジニアへの転職を検討している人は、参考にしてください。


■エンジニアはどういう仕事?

エンジニアとは技術者という意味で、工学をあらわす英語の「エンジニアリング」が由来となっています。近年では、エンジニアというと一般的にITエンジニアを指すことが多いですが、工学に関連する専門的な技術や能力をもつ職種を表します。


エンジニアの職種や仕事内容は幅広く、たとえばIT技術に関連した専門的な技術をもっているのは「ITエンジニア」、航空機に関連した専門的な技術をもっているのは「航空機エンジニア」となります。


エンジニアのもつ専門的な技術や能力、知識は、システム構築から製品製造まで、ものを作るうえで必要不可欠となります。そのため、生産が必要な業種にとって、エンジニアは欠かせない存在といえます。


■エンジニアの種類とは?

ITエンジニアになりたいと思っても、さまざまな種類があり、それぞれ身につけるべき技術や知識が異なります。以下で、エンジニアの種類を説明します。


|システムエンジニア

システムエンジニアとは、コンピューターのシステム開発に関する業務を一貫して行うエンジニアです。システム開発を依頼されたクライアントに課題や要望をヒアリングし、その内容をもとに、システムに関する提案や設計、開発、さらにテストまで行います。ソフトウェアエンジニアと呼ばれる場合もあります。


|プログラマー

システムエンジニアとともに、システムの開発に関わるエンジニアがプログラマーです。システムエンジニアが設計した仕様書をもとにプログラミングを行い、システムに必要な機能を搭載、実装するのが主な仕事です。また、仕様書どおりにプログラムが動かないときには、仕様書の不備を発見し、システムエンジニアに指摘をするのもプログラマーの役割です。


|セールスエンジニア

専門的な技術や知識、スキルを営業分野に用いて活躍するのがセールスエンジニアです。FAE(フィールドアプリケーションエンジニア)と呼ばれる場合もあります。

 

クライアントとの打ち合わせや、自社のシステム導入提案を行うのが主な仕事のため、エンジニアとしての専門的な知識やスキルとともに、営業マンとしてのスキルも求められます。


|インフラエンジニア

インフラには基盤、下部構造という意味があります。IT技術を用いてシステム構築などを行う際に、必要不可欠なサーバーやネットワーク、クライアント端末などはITインフラと呼ばれています。


これらのITインフラの設定や管理を行っているのが、インフラエンジニアです。24時間365日、安定的にシステムが稼働するための管理や、必要に応じた復旧作業などを担っています。


|ネットワークエンジニア

ITインフラにはさまざまなシステムがありますが、その中でもネットワークに関する設計や構築、保守点検を専門に行うのがネットワークエンジニアです。システム導入と同時にネットワークも構築する場合にはシステムエンジニアと、ネットワーク回線を引く場所の相談に関しては工事業者と、さまざまな職種の人たちとコミュニケーションを取りながら業務を行います。


|Webエンジニア

Web上にアップされたサイトやアプリケーションなどの設計や開発から、運用や保守までを担当する、Web関連の業務を行っているのがWebエンジニアです。ネットワークやセキュリティーなどWebに関する専門的な知識や技術をもっています。


また、実際にサイトやアプリケーションを利用するユーザーのニーズに沿ったものを開発しなければいけないため、マーケティングに関する知識も必要です。


|フロントエンドエンジニア

Webサイトの閲覧や操作など、ユーザーが実際に触れる場所はフロントエンドと呼ばれています。このフロントエンド部分を、HTML、CSS、JavaScriptといった言語で構築、開発するのがフロントエンドエンジニアです。Web制作に関する専門的かつ高度な技術を活かして、Webデザイナーやディレクターに対して、Web制作の技術的なフォローを行うこともあります。


|マークアップエンジニア

Webページは、テキストデータにHTMLのタグを埋め込むことで、ブラウザでの閲覧や操作が可能になります。このWebページの文書構造をテキストデータに記述するマークアップを行っているのが、マークアップエンジニアです。

 

ユーザー目線で見やすいページにマークアップするために、HTMLだけでなくデザインの知識、SEOを盛り込めるマーケティングの知識も求められます。


|データベースエンジニア

大量のデータを一定のルールによって格納しているのが、データベースです。データベースエンジニアは、データベースに関する専門的な業務を担っています。データベースの設計や開発、運営や保守などが主な仕事です。


とはいえ、データベースはアプリケーションと連携して活用されることがほとんどのため、システムエンジニアなどの開発系エンジニアがデータベースに関する知識やスキルを習得し、運営や保守まで担うことが多いです。


|制御・組み込みエンジニア

パソコンやコンピューターではなく、家庭用の電化製品や産業用機器に組み込まれているソフトウェアやオペレーションシステム(OS)の設計や開発を行うのが、制御・組み込みエンジニアです。近年の携帯電話の普及や自動車の自動運転システムなどの開発や普及によって、需要が急激に伸びています。


|ゲームエンジニア

ゲームエンジニアとは、主にゲームメーカーに就職し、家庭用ゲームやスマートフォンアプリのゲーム開発を行うエンジニアです。実際にゲームを開発、発売したあとは、ユーザーから直接評価を下される立場にあります。そのためユーザーの好みによって多少評価基準は左右されるものの、自分の開発したゲームの評価がはっきりわかるのが特徴です。


|データサイエンティスト

データサイエンティストとは、統計学やコンピューターサイエンス、データ分析などの専門的なスキルを活用して、大量のデータのなかから貴重な情報や求められている内容を発見する職種です。「エンジニア」という名前はついていませんが、専門的な技術や知識、スキルを活用して問題解決を図るという点は、エンジニアの一種といえます。


■エンジニアに必要な能力とは?

エンジニアには幅広い職種がありますが、共通して必要な能力があります。エンジニアに必要な能力を説明します。


|技術的な能力

エンジニアは、それぞれの職種に活かすための専門的な技術やスキルが必要になります。たとえば、プログラマーならプログラミングに関する技術、インフラエンジニアならITインフラに関する技術が求められます。よって、それぞれのエンジニアで求められる専門的な技術的能力を学び、身につけなければいけません。


|仕事に対する好奇心

エンジニアの仕事はすぐに結果が出ないことも多く、モチベーションが下がってしまうこともあります。しかし、仕事に対する好奇心があれば、自ら新しい知識や技術を吸収しようとし、それらを得ることがモチベーションにつながります。加えて、より高度な知識や技術を得られるため、エンジニアとしてもより上を目指せます。


|マネジメントの能力

システム開発は、エンジニアひとりではなくチームで行います。製作段階ではそれぞれが自分の役割分担を把握し、責任をもって作業を進めていくため、納期にあわせたスケジュール管理などのマネジメント能力も必要です。また、システムエンジニアなどの上位職の場合、チームメンバーに適切な指示を出す、進捗状況を把握するなどのマネジメント能力が求められます。


|コミュニケーション能力

エンジニアはチームで作業を行ったり、クライアントから要件を聞いてシステム開発に活かしたりするなど、メンバーやクライアントを始めとしたいろいろな人と関わる機会があります。メンバーと円滑に業務を進めるために、またクライアントに対して専門的な仕組みを分かりやすく説明するために、コミュニケーション能力も必要です。


■エンジニアのやりがいとは?

エンジニアとして働いていると、業務を通じていろいろなやりがいも得られます。エンジニアならではのやりがいを説明します。


|スキルを活かして働くことができる

エンジニアは、業務のために自分で専門的な技術やスキルを身につけなければいけません。自分が苦労して身につけたスキルを、実際の仕事に活かせたときに、大きなやりがいを感じるエンジニアが多いです。


|自分の作ったものが形になる

システムやWebサイト、ゲーム、機械など、一から作り上げて形になっていく過程を、自らが体感しながら仕事を進めていけるのがエンジニアです。ひとつのシステムや製品ができあがるまでに要する作業や時間が膨大なため、完成した瞬間の喜びはひとしおです。


|チームで作り上げる喜びがある

エンジニアは基本的にひとりではなくチームで業務を進めていきます。そのため、個人プレーよりもチームプレーが好きな人、いろいろな人と力をあわせて何かを成し遂げることに喜びを感じる人にぴったりの職種です。また、チームで成し遂げた経験を積めば積むほど、エンジニアとしてのキャリアを形成できます。


|作ったものが人や社会に役立つ

自分がやった仕事の結果が見えにくい場合、仕事に対するモチベーションは下がりがちです。一方、エンジニアは自分が作ったシステムや製品が世の中に出て、人や社会に役立つ様子が目に見えやすい職種です。第三者からの評価が出やすいため、エンジニアとしてのやりがいにつながり、モチベーションも上がります。


■エンジニアになるには?

エンジニアになるには、理系出身でなければいけないイメージがありますが、実は文系出身のエンジニアも多くいます。エンジニアになるには、まず業務に必要な専門的な知識やスキルを身につける必要があり、本やWebサイトを使って独学で勉強する方法や、専門学校やスクールに通う、通信講座やオンライン講座を受けるといった方法があります。


また、未経験からエンジニアを募集している企業に就職し、専門的な知識やスキルを身につけながらエンジニアとして働く道もあります。


■外資系企業でエンジニアとして働くメリットとは?

エンジニアとして今後もキャリアアップしていきたい、と考えているなら、日系企業だけでなく外資系企業で働くのも選択肢のひとつです。外資系企業のエンジニアは、市場価値を合理的に判断される、希少価値が高いと考えられるといった理由から、日系企業のエンジニアよりも高給となる傾向にあります。


また年功序列ではなく成果主義のため、高い成果を出せば給料に反映されやすいです。ほかにも、オンとオフがはっきりしているため、自分にあった働き方ができてワークライフバランスを取りやすい、同僚や上司が外国人であることが多いため英語を実務に活かせる、などのメリットがあります。


■まとめ

専門的な技術とスキルを活かして業務を行うエンジニアには、さまざまな種類があります。チームワークやスケジュール管理に応じたコミュニケーション能力やマネジメント能力が求められますが、高いスキルや好奇心があればより成長していけます。


特にメリットが多い外資系企業のエンジニアを目指すなら、外資系企業に強く、一人ひとりに合わせたアプローチを行っている転職エージェントのエンワールドが強い味方となります。ぜひ無料面談を活用して、外資系企業のエンジニアへの転職を叶えてください。


>外資系エンジニア職に転職したい方はまず無料面談に登録