ブログへ戻る

40代の外資系企業への転職事情とは?転職時に押さえておくべき3つのこと

Posted by en world Japan

約1年前

定年が見え隠れしてくる40代であっても、さまざまな事情で転職を考えることもあるでしょう。転職先として外資系企業を考えている40代の方のために、ここでは40代の外資系企業への転職事情や転職時に押さえておきたいポイントを徹底解説します。


■「転職は35歳まで」は外資系企業でも同じ?


転職を考えたことがある方であれば一度は耳にしたことがあるであろう「35歳転職限界説」。これは35歳を過ぎると一気に転職が難しくなるため、35歳前後が転職する年齢の限界であるとする考え方です。


これは日系企業ではいまだに見ることができる「終身雇用」の考え方に基づいています。新卒で入社した企業に定年まで勤める終身雇用を採用している日本企業においては、評価制度も年功序列であることがほとんどと言えます。


そのため定年を60歳と考えた場合、35歳で転職するとあと25年しかないためキャリアアップなどの面においてその年齢が限界である、とされていたのです。


また、2000年前後の空前の就職氷河期世代、いわゆる「ロストジェネレーション」世代は新卒での就職が難しく多くの学生が就職できませんでした。200年代後半にはそうした若い世代を狙って採用する企業が増え、若い世代が転職市場の中心となったため「35歳限界説」が定着したのです。


日系企業では、新卒で入社した何の経験もない人材にコストと時間をかけて育て上げる文化があります。何度も研修を行いゼロから社会人教育を行うため、若い世代が採用の中心となるのです。


対して外資系企業では何もないところから人材を育手上げるという考え方はあまりなく、即戦力を求める傾向にあります。そのため新卒採用よりも知識や経験のある中途採用がメインであり、新卒を採用しない方針を取っている外資系企業も少なくありません。


外資系企業では若さよりも経験、実績が重要視されるため、外資系企業の転職市場での需要が旺盛なのは20代後半~40代です。外資系企業の転職においては年齢そのものがネックになることは少なく、「35歳の壁」についても心配する必要はないと考えていいでしょう。


40代での外資系企業転職をエンワールド・ジャパンは全力で応援します!まずは無料面談へご応募ください。



■失敗する前に!転職前に理解しておきたいこと


外資系企業には、日系企業にはないさまざまな特徴があります。外資系企業に転職する際に外資系企業ならではの特徴や注意点を把握しておかないと、転職してから後悔することにもなりかねません。


ここでは、40代が外資系企業に転職する際に押さえておきたいポイントを紹介します。


|収入の不安定さ


働く上で収入は非常に重要なポイントとなる部分です。特に40代ともなれば家族を養っている方も多く、収入に関してはシビアにならざるを得ない状況にあるという方も少なくないでしょう。


詳しくは後述しますが、40代の外資系企業への転職は収入アップが基本になっている場合がほとんどです。外資系企業の年収の高さに惹かれて外資系企業への転職を考えているケースも多くあるのではないでしょうか。


外資系企業ではほとんどの場合が成果主義を採用しています。先に述べた日系企業のような終身雇用制、年功序列制を採用している企業はないに等しいので、外資系企業においては年齢そのものや勤続年数が評価に影響することはありません。


日系企業のようにある程度の年齢になればそれなりの地位や収入を与えられる、といったことはないのです。


成果主義であるということは、個人が上げた成果が評価に直接結びつくことを意味します。期待された成果を出すことができれば評価されそれが給与にも反映されますが、万一期待された成果を上げられないことが続いた場合は評価が下がり、減収につながる可能性があることを認識しておきましょう。


|突然の解雇


外資系企業は突然解雇されることもある、というイメージを持っている方も多いといいます。確かに外資系企業では日本における事業展開を終了して撤退する可能性があるため、そのイメージが完全に誤りだというわけではありません。


経営判断も日系企業と比較するとスピーディな傾向にあるため、突然の撤退となることも少なくなく、突然の解雇の可能性は確かに存在します。


ただ、現在では日系企業においても終身雇用制度が崩れつつあるのが現状です。大手企業であっても海外企業に買収されたり大幅な人員削減を実施したりすることも珍しくない時代となった今では、雇用の不安定さは日系企業においても外資系企業においてもそれほど変わらないといえるのではないでしょうか。


また、先にも述べたように外資系企業では成果主義であることから、成果が上げられないと収入が下がることに加え、場合によっては降格、解雇の可能性もゼロではありません。


とはいえ一方的に解雇されることはあまりなく、退職勧奨を受けたとしても在職したまま転職活動が行える制度があります。この場合在職期間中の給与は支払われるため、転職活動中は収入の心配をせず、安心して転職活動を行うことができるでしょう。


40代での外資系企業転職をエンワールド・ジャパンは全力で応援します!まずは無料面談へご応募ください。



■40代が外資系企業に転職する際に考えるべき3つのこと

今の状態から脱出したい、なんとなく環境を変えたい、というような漠然とした意識では40代の外資系転職は難しくなります。無事転職できたとしても、何のビジョンもないまま転職するとその後のキャリアにつまずいてしまう可能性があるのです。


40代の外資系転職では、以下の3つの点について考えておくべきだといえるでしょう。


|転職後のキャリアプランを描いておく

これまでは日系企業では40代ともなるとそのままその企業で定年まで勤めあげることが一般的だったかもしれません。ところが現在では日本企業であっても終身雇用制が崩れつつあり、定年までそこで働き続けられるかどうかもわかりません。


40代の転職であっても、これからは転職後のプランを考えておく必要があります。5年後、10年後のキャリアプランを具体的に描いておくことが40代の外資系転職のポイントのひとつといえるでしょう。


|さらなる転職も考えておく

終身雇用の考え方のない外資系企業では、その企業で一定の実績を上げキャリアを積むと、さらなるキャリアアップのために転職するのが一般的です。

実績や経験が判断材料になる外資系企業の転職市場では40代以上の求人ニーズもあるため、さらなる転職も視野に入れておきましょう。


|40代の転職なら年収アップを基本と考える

20代であればチャレンジのため、自分の価値を高めるためなどの目的で年収が下がっても転職することに意味があります。


対して実績や経験をすでに持っている40代の外資系転職では、年収アップを基本と考えましょう。40代ともなれば管理職や役員などのエグゼクティブな転職を狙えるケースも多くあります。


転職する理由は「やりがい」や「その企業への憧れ」、「年収」など人によってさまざまですが、40代の外資系転職であればやはり「年収アップ」は優先度が高く、それを基本として転職について考えるべきであるといえるでしょう。


40代での外資系企業転職をエンワールド・ジャパンは全力で応援します!まずは無料面談へご応募ください。



■40代での外資系企業転職に必要なスキルとは


40代が外資系企業に転職して活躍していくためには、以下のようなスキルを身につけておくといいでしょう。


|経験・知識

20代ならいざ知らず、40代が外資系企業に転職して活躍するのであれば経験やその業界の知識、実績はマストです。新卒にすら即戦力を求める傾向のある外資系企業であれば、40代にはかなりの経験や実績が期待されていると考えて間違いないでしょう。


|語学力

外資系企業であればある程度の語学力は必須です。企業や部署、また職種によってはそれほどの語学力を必要としない場合もありますが、管理職や役職につく可能性の高い40代であれば、本国とのやり取りや本国から派遣されている上層部と接する機会も多くなります。


そのため専門的な内容であっても問題なくコミュニケーションが取れる程度、ビジネスレベル以上の語学力は欲しいところです。


|コミュニケーション能力

外資系企業では、さまざまな文化を背景にもつ人材が働いています。バックグラウンドが異なるスタッフといい関係を築いていくためには、高いコミュニケーション能力が必要です。

英語はコミュニケーションのためのツールに過ぎず、語学力があるだけではコミュニケーション能力があるとはいえません。


相手を理解する努力をして他人を尊重し、一方的ではなくお互いを理解するように働きかける能力が求められます。40代の外資系転職では経営陣や同僚、部下、そして取引先などさまざまな立場の方と接することになるため、どんな立場の相手であっても良好な関係が築けるコミュニケーション能力は重要なスキルといえるでしょう。


|臨機応変さ・フレキシブルさ

グローバル市場を相手にする外資系企業では指揮命令系統がクリアなことに加えてリスクを常に意識しているため、意思決定のスピードが速い傾向にあります。

一夜にしてすべての方針が変わってしまうようなこともあるため、どんな状況になっても臨機応変に対応できるフレキシブルさが求められます。


|マネジメント能力

外資系企業が40代の転職者に期待していることは、経営陣や役員クラス、もしくは部長などの上層部、管理職としての即戦力です。

そのため40代の外資系転職であれば、マネジメント経験が必須であるといっても過言ではないでしょう。40代では年収も高額になる傾向がありますが、それに見合う結果も出さなければなりません。

管理職として部下を率い、期待された成果を上げるためにもマネジメント能力は40代の外資系系転職に欠かせないスキルです。


|グローバルな視野

グローバルな展開を行っている外資系企業で40代が活躍するためには、グローバルな視点を持っていることが欠かせません。現在では一昔前とは違い、インターネットの普及などによって世界は狭くなったため国単位ではなく地球単位、世界規模で市場の動きを把握しておく必要があるのです。


ライバル企業がひしめく世界市場の中で生き残っていくためには日本の文化や習慣に基づく視点だけではなく、異文化や習慣を尊重するグローバルな視野を持っていなければなりません。


40代で外資系企業に転職するのであれば、あらかじめグローバルな視点を持ち、固定概念にとらわれないグローバル思考を身につけておきましょう。


40代での外資系企業転職をエンワールド・ジャパンは全力で応援します!まずは無料面談へご応募ください。



■幅広い世代をサポート!外資系企業への転職はエンワールド・ジャパンにご相談を


40代での外資系企業への転職は管理職などポジションが高いこともあり、求人数が絞られる傾向があります。そのため一般には公開されていない非公開案件を持っている転職エージェントを活用するのもいいでしょう。


エンワールド・ジャパンではグローバル企業の管理職や経営幹部、スペシャリストなどの求人をご紹介しています。転職希望者一人ひとりに合わせたきめ細かいサポートで理想の転職が実現するようサポートいたします。


40代で外資系企業への転職をお考えであれば、エンワールド・ジャパンの無料面談にご登録ください。そこから新しいキャリアが始まるかもしれません。


エンワールド・ジャパンの無料相談へのご登録はこちらから