ブログへ戻る

人材派遣の仕組みやメリットを解説!派遣・契約社員として外資系企業で活躍しよう

Posted by en world Japan

1年以上前

働き方の多様化により、人材派遣は広く知られる働き方となりました。この人材派遣ですが、働き方にはいくつか種類があることをご存知でしょうか。また、グローバルに活躍したい場合は、派遣社員として外資系企業に入社できるのか、気になる人もいるでしょう。


この記事では、人材派遣の仕組みだけでなく、人材紹介との違いや人材派遣として外資系企業で働くキャリアについても解説します。人材派遣の利用や派遣社員の働き方に興味のある人は、ぜひ参考にしてください。


■人材派遣とは

人材派遣とは、文字通り「人材」を「派遣」することで、雇用契約先と就業先が異なります。人材派遣を利用して就業する場合、人材派遣会社と雇用契約を結び、給与も人材派遣会社から支払われます。しかし、実際に働くのは派遣先の企業です。そのため、業務上の指示や規則は派遣先企業から受けることになります。


正社員やパートとして働く場合は、雇用契約先と就業先が同じになります。そのため、働く企業から給与が支払われます。


|派遣の種類

人材派遣には3つの種類があります。ここでは、それぞれの特徴や働き方について解説します。

☑ 紹介予定派遣

就業先で一定期間、派遣社員として働いた後、就業者と派遣先企業の合意により正社員などの直接雇用になる働き方です。基本的に直接雇用が前提であり、派遣社員として働く期間は3カ月や6カ月が多いです。

働く側は派遣期間中に自分にあう企業かどうかを見極めることが可能で、派遣先企業は自社にマッチする人材かを検討できます。


☑ 登録型派遣

人材派遣会社から企業に派遣されて就業する働き方です。就業者は、まず人材派遣会社と雇用契約を結び、その後、派遣期間の間だけ派遣先企業で働くことになります。

登録型派遣には、自分のライフスタイルやキャリアに応じて仕事を選べるメリットがあります。

派遣先企業は必要な期間だけ人材を登用することが可能です。


☑ 常用型派遣

派遣会社の正社員として雇用契約を結び、派遣先企業で就業します。登録型派遣は派遣期間が終われば仕事自体が終了するため、収入もなくなります。

常用型派遣は派遣期間が終了しても派遣会社との雇用契約が継続するため、給与の支払いや福利厚生は継続します。ひとつの仕事が終了するたびに派遣先は変わりますが、安定した収入を得られるメリットがあります。


■人材派遣と人材紹介の違い

人材紹介は、厚生労働大臣から認可された有料職業紹介所で、企業と求職者の雇用契約のサポートを行います。雇用契約は紹介先企業と求職者の間で締結されるので、給与の支払いや福利厚生は紹介先企業から受けることになります。

あくまで人材の紹介、仕事の紹介を行うサービスのため、派遣期間といった考え方はありません。

人材紹介会社は求職者の希望やスキルをヒアリングしたうえで、求職者に合った転職先を斡旋してくれます。希望する企業の職場の状況や、具体的な仕事内容、待遇などを事前に質問できます。


■人材派遣で働くメリット・デメリット

ここでは、人材派遣で働くメリットとデメリットを解説します。人材派遣を利用するときの参考にしてください。


|メリット

☑ ワークライフバランスが保てる

人材派遣で働く場合、職種だけでなく勤務地や勤務時間、曜日、給与など、自分が希望する条件で仕事を探せます。家事や育児、介護、資格取得の勉強など、プライベートな時間もしっかり確保しながら働けるため、ワークライフバランスを保てます。


☑ 専門知識やスキルを活かせる

これまでに培った専門知識やスキルがあれば、外資系企業や官公庁で働くチャンスも得られます。また、専門性の高い職種は給与が高いなど待遇も良いことが多いです。
専門的なスキルがなくとも、ポータブルスキルやマネジメント経験があれば、未経験の業界でも働ける可能性があります。


☑ さまざま職場で経験が積める

人材派遣は契約期間ごとに派遣先の企業が変わるため、さまざまな職場で経験を積めます。未経験の業界にチャレンジしたり、短期間の中でいろいろな働き方を経験したりできます。多様な職場、職種を経験してスキルを磨けば、さらなるキャリアップに活かせるでしょう。


☑ 仕事の悩みは派遣会社に相談できる

仕事の悩みや相談は、人材派遣会社の担当者に相談できるようになっています。職場の上司や同僚には言いづらいことでも、気軽に相談できる環境が整っているのも人材派遣のメリットです。

また、人材派遣会社は契約期間中だけでなく、契約満了後のキャリアアップについても相談に乗ってくれるなど、一般的な企業にはない中長期的なサポートもあります。


|デメリット

☑ 派遣期間は3年が上限

派遣社員として同じ職場で働けるのは上限3年と、法律によって決められています。就業期間が3年を超える場合は、派遣先企業による直接雇用、新たな派遣先への就業、派遣会社での無期雇用などへの切り替えが必要です。

気に入った職場があっても契約満了で業務は終了となり、契約満了後に新たな派遣先が見つからなければ収入がないなど不安定な面があります。


☑ 正社員との待遇差がある

派遣社員には、基本的に正社員のようにボーナスやインセンティブの支給はありません。仕事内容は限られた範囲内で行うため、業務上の決定権や裁量権が与えられることもほとんどありません。
成果に見合った待遇を求める人、自分の判断を仕事に反映させたい人には、物足りないと感じることもあるでしょう。


☑ 派遣期間ごとに契約更新がある

派遣期間は3カ月や6カ月ごとに更新するケースが多く、最長で3年です。派遣期間が満了となっても、必ずしも契約が更新されるわけではありません。
長期的な契約を予定していても、企業の事情で契約が更新されないこともあります。また、就業者の能力や成果がマッチングしないと判断された場合も、契約終了となります。


■人材紹介に登録して働くメリット・デメリット

ここでは、人材紹介に登録して働くメリットとデメリットを解説します。人材派遣と比較して、特徴をおさえていきましょう。


|メリット

☑ 求職者は無料で利用できる

人材紹介はハローワークや求人サイトと同様に、求職者は無料で利用できます。サービスの利用料や、人材紹介会社への登録料や年会費は発生しません。人材紹介は、求人を出した企業が人材を採用できた場合に人材紹介会社に報酬を支払うため、求職者が費用を負担することはありません。


☑ コンサルタントがついてサポートしてくれる

人材紹介会社に登録すると、担当コンサルタントがつきます。コンサルタントは仕事の紹介や応募書類の書き方、そのほか転職に関わる全般的なサポートをしてくれます。
そのためコンサルタントの意見を取り入れた効果的な転職活動が可能となり、転職後のミスマッチも少なくなります。


☑ 非公開求人に応募できる可能性がある

人材紹介会社は、非公開求人も多く取り扱っており、一般的な求人サイトや求人情報誌には掲載されていない企業や職種の求人もあります。
コンサルタントが求職者とマッチするのではと判断すれば、そういった非公開求人も紹介してもらえるので、応募できます。

非公開求人の中には、グローバル企業や外資系企業、大手企業の求人があることも珍しくありません。さまざまな求人を紹介してもらえることで選択肢が広がるので、早期に転職先をみつけたい場合にも有効です。


☑ 入社後のサポートもある

人材紹介会社のコンサルタントは、転職時だけでなく入社した後もしっかりとサポートしてくれます。仕事の悩みや、これからのキャリアアップについてなどの相談ができます。

また、新たに転職をしたい場合でも、求職者のスキルや経験を分析し、人材としての市場価値を見極めてくれます。


|デメリット

☑ 希望の求人が見つからないこともある

求職者の経歴や職歴などによっては、希望の求人が見つからないこともあります。仕事のブランクが長かったり転職回数が多かったりすると、選択肢も狭くなりがちです。

また、希望する就業条件が細かすぎたり、勤務地を限定してしまったりするのも選択肢を狭める要因です。
スムーズな転職のためには条件などはある程度、柔軟に考えることが大切です。


☑ 希望を伝えないと人材紹介会社主導になることも

人材紹介会社を利用する場合、コンサルタントのサポートを受けることが可能です。しかし、自分の希望は具体的かつ正直に伝えないと、不本意な紹介を受けることもあります。コンサルタント側も、明確な希望がなければマッチングする転職先は紹介できません。
結果として、転職者の意にそぐわない、人材紹介会社主導の転職が進んでしまいます。


■人材派遣で働くまでの流れ

人材派遣で働くには、これから解説する3つの流れがあります。ここでは、登録から就業まで大まかな流れを解説します。


1. 派遣会社に登録する

人材派遣で働きたいと考えたら、派遣会社への登録からはじめます。登録は派遣会社に出向いて手続きすることもあれば、Webで完結することもあります。登録の際には担当者との面談や、PC操作などのスキルチェックが実施されることもあります。


2. 派遣会社から仕事を紹介される

登録時に希望した職種や勤務地、勤務時間などの条件をもとに、派遣会社からマッチする仕事が紹介されます。紹介された仕事でも、自分で合わないと判断した場合は辞退できます。また、派遣会社が提供する求人情報で気になる仕事があれば、相談することも可能です。


3. 派遣先での仕事が始まる

希望する仕事に応募して、派遣先との合意に至れば就業開始となります。就業開始までは、派遣会社から仕事をするうえでの注意事項やアドバイスがあります。不安なことを担当者に相談することも可能です。仕事が始まっても、担当コンサルタントに相談できます。


■派遣社員として外資系企業で働くキャリアとは

派遣社員から正社員になるケースが多いのが外資系企業です。正社員として外資系企業に就職するには、多くのライバルや高い選考基準を乗り越える必要があります。

また、外資系企業であれば英語などの語学力も求められますが、派遣社員の場合は仕事の内容や期間が限定されているため、正社員ほどの語学力がなくても働ける可能性があります。

外資系企業は実力主義です。能力の発揮次第では高待遇も期待でき、そのまま直接採用をもちかけられることもあります。ただし優秀な社員も多いので、期待通りの成果が出せなければ派遣期間は更新されないこともあります。


■働き方の多様性と人材派遣

働き方改革の推進により、現代の労働スタイルは多様化しています。内閣府が発表した「経済財政政策」では、有給休暇の取得や長時間労働の是正を中心とした柔軟な働き方が訴えられています。

また、そのような働き方は生産性の向上につながるといわれています。(※)

正社員だけでなく、派遣社員や契約社員、フリーランスといった働き方が認知される中で、大切なのは自分がどのようなスタイルで仕事に就きたいかというビジョンです。

理想的な労働スタイルを実現するためにも、自己分析とキャリアプランをしっかりと見つめ直し、不安や不明点は転職のプロに相談するようにしましょう。


■まとめ

グローバル企業や外資系企業での就業を考えているのであれば、派遣社員からスタートするのもひとつの手段です。特に外資系企業は派遣社員から正社員へ移行するケースもあり、成果主義でもあります。自分のスキルを活かして成果を上げられれば、正社員として登用される可能性が高まります。


エンワールドは、グローバルな人材と多国籍企業をつなぐ人材紹介会社です。専任コンサルタントが各自に合わせたアプローチを行い、中長期的なキャリア形成を目指した求人紹介も可能です。まずは無料面談にご登録ください。


エンワールドの無料面談はこちらから



参考サイト

内閣府|経済財政政策 平成30年度 年次経済財政報告