ブログへ戻る

派遣と正社員を比較!メリット・デメリットや派遣から正社員への転職を解説

Posted by en world Japan

1年以上前

希望の業界や職種で派遣社員として働いているものの、将来のキャリア形成のため、正社員への転職を考えている人もいることでしょう。この記事では、派遣社員と社員の働き方や待遇の違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説します。ほかにも、転職時の面接での受け答えの例も紹介するので、派遣社員から正社員への転身を目指す人は参考にしてください。

 

■派遣と正社員の違いとは?

ここでは派遣社員と正社員の違いを、それぞれの特徴を踏まえて解説します。

 

|派遣と正社員

派遣社員は、雇用契約は派遣会社と結び、人手を求める企業の要請にもとづいて就業先企業で働く人材です。また、派遣社員は期限に定めのある有期雇用であり、正社員は無期雇用であるという違いもあります。

 

給与面では、同様の仕事を担っていても、責任を負っている分だけ正社員のほうが高くなるケースが多いです。健康保険などの法定福利厚生に大きな差はありませんが、社宅制度や各種研修制度などは正社員だけを対象としていたり、内容に差が設けられていたりすることも珍しくありません。

 

■派遣と正社員|それぞれのメリット・デメリットとは?

派遣社員と正社員、それぞれの働き方のメリット・デメリットを解説します。

 

|派遣のメリット

任される仕事の範囲が限定されるため、ある程度自分が得意とするジャンルや希望する仕事を選んで働けます。また、正社員よりも負わなければならない責任は軽いですが、アルバイトやパートと比較すると給与が高いケースが多いです。一定の待遇と自由を両立させながら働けることが派遣のメリットです。

 

|派遣のデメリット

派遣勤務は昇給や昇格が期待しづらく、長期的な生活設計を立てにくい傾向にあります。また、派遣期間の満了によって別の職場に移らざるをえないこともあるため、職場で信頼関係を築いて責任ある仕事を担うことが難しい点もデメリットといえるでしょう。

 

|正社員のメリット

 

正社員は無期雇用であるため、よほどの事情がないかぎり勤務している企業で勤め続けることができます。昇給や昇格、手厚い福利厚生などが期待できるため、結婚やマイホームの購入など長期的な生活設計が立てやすいところがメリットです。また、責任ある仕事は正社員が担うため、仕事にやりがいを求めるなら正社員として働くほうがおすすめです。

 

|正社員のデメリット

正社員として勤務していると、会社の業務の都合や人材開発を目的として、希望しない職種や勤務地で働くことを余儀なくされることがあります。また、責任が重い分、業務の状況によっては残業や休日出勤などが必要になり、仕事とプライベートの両立が難しくなるケースもあります。

 

 

■派遣や正社員とどう違う?「正社員型派遣」や「無期雇用派遣」

ひとくちに派遣社員といっても、さまざまな形態の働き方があります。ここでは派遣と正社員、双方の特徴を併せもつ正社員型派遣について解説します。

 

|正社員型派遣とは?

正社員型派遣とは、派遣会社が雇用契約を結んでいる社員を、人材を求める企業に派遣する雇用形態です。正式には無期雇用派遣といい、常用型派遣といわれる働き方です。派遣先の契約終了後も派遣会社との雇用関係は継続しているため、就業していない期間も社員としての雇用が保障され、給与も支払われます。

 

|正社員型派遣のメリット・デメリット

ここでは正社員型派遣のメリットとデメリットを解説します。

 

☑メリット

雇用や給与のほか、転居支援や資格取得支援、スキルを伸ばすための各種研修など福利厚生が充実している点がメリットとして挙げられます。正社員型派遣は特に研究職などで採用されることが多く、さまざまな現場で実務経験を積める点もキャリアアップの面で有利に働きます。

 

☑デメリット

ひとつの職場で働く期間が限定されていることが多いため、自分の担った業務がどのような成果を挙げたか、実感できないケースがあります。また、昇給のペースが大手メーカーには及ばないことがあるほか、研究や実験などの実務以外のスキルを身につけられるチャンスが少なく、キャリアアップが難しくなる可能性もあります。

 

 

■派遣から正社員になるには?

派遣と正社員を比較した結果、正社員を目指したいと思う人もいるでしょう。ここでは派遣から正社員になる方法を解説します。

 

|派遣から正社員への転職は難しい?

派遣社員としての職歴がどのように評価されるかは、企業によって異なります。多くの企業では、中途採用の人材に対して即戦力であることを求めています。そのため、派遣社員として携わった業務内容、獲得したスキルなどが重要になります。多くの外資系企業や大手企業では、派遣社員の職歴がマイナスの評価につながることはありません。

 

|派遣から正社員へのルートとは?

派遣社員から正社員を目指すにはいくつかのルートがあります。ここでは3つのルートを紹介します。

 

☑転職ルート

特定の業界や職種、働きたい企業について明確に希望がある場合、いちから転職活動をはじめ正社員を目指すのが、一番の近道となるでしょう。

 

給与をはじめとする待遇面の改善を目指す場合、外資系企業やグローバル企業への転職も選択肢に入れておくと良いでしょう。エンワールドは、外資系企業との強いつながりをもつ転職エージェントであるため、外資系企業やグローバル企業への転職を検討するなら一度無料面談にご登録ください。

 

エンワールドの無料面談はこちらから

 

☑社員登用ルート

現在派遣として働いている企業で正社員登用してもらうという選択肢もあります。被用者は社風や働き方を理解しており、雇用する企業側も人柄やスキルを把握しているため、採用へのハードルは低くなります。

 

ただし、派遣社員を正社員として雇用する仕組みがないと難しいため、社員登用ルートでの正社員採用を目指す場合、派遣から正社員に登用された前例があるかどうかを確認してみましょう。

 

☑紹介予定派遣ルート

紹介予定派遣とは、まずは派遣社員として働き、派遣先の企業で正社員を目指す働き方です。最長で6か月間の派遣期間が終わった時点で、本人と派遣先企業の両者が合意すれば正社員として雇用されます。紹介予定派遣は、正社員として雇用される前の試用期間のような働き方です。

 

|派遣から正社員になるメリット・デメリット

派遣から正社員になるとさまざまな違いが生じます。ここではメリットとデメリットを解説します。

 

☑メリット

派遣から正社員になると、雇用の期間の定めがなくなり同じ企業や職場で働き続けることができます。スキルアップが昇給、昇格に結びつきやすく、収入が安定するのもメリットです。勤務先によっては、住宅手当や家族手当など充実した福利厚生を受けられる可能性もあります。

 

☑デメリット

派遣であれば業務内容や勤務地を選んで働けますが、正社員は異動や転勤で希望しない業務や勤務地での勤務を命じられることがあります。また、正社員は立場が安定している反面、派遣と比べると自由度が低い傾向があります。残業や休日出勤によりプライベートを犠牲にせざるをえない場面もあるでしょう。

 

■派遣から正社員への転職!面接で訊かれる質問とは?

ここでは、派遣から正社員に転職する際に面接で受けることの多い質問と回答例を紹介します。志望動機など基本的な質問事項以外にも頻繁に見られる質問を紹介するので、面接対策に役立ててください。

 

|なぜ派遣で働いていたのか

「なぜ、派遣社員として働いているのか」は、面接でよく聞かれる質問です。一般的に派遣は正社員よりも任される責任の幅が狭く、キャリアの形成には不向きです。そのため、会社への貢献意欲はあるのか、キャリアププランなどについて面接官は確認したいのです。

 

この質問に対しては、「自分が得意とすること、関心のあることについてスキルや経験を積みたかった」という趣旨の回答をすると良いでしょう。

 

|なぜ正社員を目指したいのか

「なぜ正社員を目指すのか」という質問によって、面接官は求職者の仕事への意欲を見ようとしています。この場合「担う業務の幅を広げ、責任ある仕事をしたくなった」という趣旨の回答で、仕事への前向きな姿勢をアピールできます。

 

待遇改善を理由として挙げると、職務に消極的だと捉えられる可能性があるため、避けたほうが良いでしょう。

 

|派遣で培ったスキル

企業は中途人材に対しては即戦力であることを求めます。「これまでの業務のなかで、どのようなスキルを身につけてきましたか?」という質問によって、求職者がどれだけ業績に貢献できるかを見ようとしています。

 

「○○という業務に携わり、△△という実績を挙げてきました」など、具体的なデータにもとづいた回答で、自分の人材としての価値をアピールすると良いでしょう。

 

■まとめ

派遣から正社員に転身することは不可能ではありません。転職活動時には、正社員を目指す理由を明確に示し、これまでに身につけたスキルや実績を効果的にアピールしましょう。外資系やグローバル企業への転職は、派遣での職歴をマイナスポイントとしないことが多いため、派遣から正社員を目指す場合、良い選択肢といえます。

 

エンワールドは、グローバル企業との強い結びつきのある転職エージェントです。一人ひとりに合わせたサポートを行っており、中長期的なキャリア形成を目指した求人紹介も可能です。派遣から正社員への転職を希望している人は、ぜひ一度エンワールドの無料相談にご登録ください。

エンワールドの登録はこちら