ブログへ戻る

新卒で外資系企業を狙うならインターンがカギ!その理由とは

Posted by en world Japan

1年以上前

外資系企業において新卒者で入社をすることは非常に狭き門となっています。かなり大手の企業であっても、新卒者の採用をするのは数十名くらいです。

新卒者が外資系企業に就職したい場合には、就職活動の一環でインターンに参加することが重要なカギになってきます。この記事では、外資系企業の概要やインターンというものがどんなものなのかについて、詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■就職・転職活動前に知っておくべき外資系企業のこと

person using MacBook Pro

 

|外資系企業の種類

まず初めに知っておかなければならないのは、外資系企業は大きく3つの種類があることです。

 

☑海外法人が日本国内で会社を設立したケース

外資系企業というと、まっさきに思い浮かべるのがこうした形態の会社でしょう。実際、外資系企業の中ではその割合も多くなっています。具体的にどんな会社かといえば、海外企業の子会社、あるいはグループ会社といったものを想像していただければ分かりやすいかもしれません。

グループ企業の本社が海外にあるため、会社運営の意向は海外にある本社が決定します。中には日本独自の事業を展開している会社もありますが、海外製品の輸入販売に特化しているような会社もあります。業種としては、生命保険・金融系からIT系、消費財系と幅広い業種の会社があります。

具体的な例としては、Microsoft、Apple、IBMといったIT企業や、コンサルティング企業のマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、生命保険業のアフラック、消費財系のP&Gなどの名前を挙げることができます。また、アパレル関係ではLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンなども有名なところです。

 

☑海外法人と日本法人との共同出資で設立されたケース

海外法人と日本法人との共同出資で会社が設立されたケースです。こちらは海外法人と日本法人との合弁企業であるということができます。なお、合弁企業といってもさまざまな形態がありますが、日本法人よりも海外法人のほうが出資比率が多い場合に、主に外資系企業と呼ばれることが多いようです。

海外法人が日本国内で会社を設立したケースと比べると、日本風の習慣がまだ残っている会社が多いのが、こうした形態の企業の特徴だといえます。事業内容や企業指針などについては出資比率に応じて決められますが、やはり日本独自の事業を行っているところや、日本独自のサービスを展開している会社もあります。

具体的な会社としては、最もメジャーな会社のひとつが日本マクドナルドでしょう。その他にも、ドイツのシーメンス社と旭化成の合弁企業であるシーメンスジャパンや、アメリカ合衆国のモンデリーズ・インターナショナル社と日本の味の素の合弁企業である味の素AGFなどの名前を挙げることができます。

 

☑海外法人が日本法人を買収したケース

海外法人が日本法人を買収したケースの外資系企業です。最近では、M&Aによる海外企業と日本企業との統合が進んでおり、とくに業績が悪化した会社などは海外法人から買収されるケースがあります。しかし、海外法人による買収によって業績が回復したという会社も多く、外資系企業の第三の形態として確固たる地位を築きつつあります。

こうした形態の会社の場合、日本風の企業風土が色濃く残っている場合と、完全に海外風の企業風土になっている場合があります。もちろん、中にはその中間的な位置にある会社も存在します。しかし、全体的な傾向や企業の運営方針に関していえば、徐々に海外風の企業風土に変っていきつつある会社が多いようです。

具体例としては、台湾の鴻海精密工業に買収されたシャープ、中国の蘇寧雲商に買収されたラオックス、同じく中国のマーライオンホールディングスに買収された本間ゴルフなどを挙げることができます。いずれの会社も、買収された後に業績が回復しており、こうした形態の会社も今後徐々に増えていくことが予想されます。

 

|外資系企業と日系企業の違いとは

外資系企業と日系企業ではさまざまな違いがあります。企業風土もそうですが、働き方ひとつを取っても、外資系企業と日系企業とでは大きく違います。また、外資系企業は日系企業のように終身雇用・年功序列制ではないため、自分の実力だけがものをいう世界です。

そのため、未知の分野にも挑戦していける、チャレンジングスピリットが何よりも重要になります。新卒者にとっては会社に入ること自体が初めてですから、日本の習慣と海外の習慣の違いに戸惑うこともあるかもしれません。それを理解した上で就職活動を行わないと、入社してみてから、思っていたのとは違うということにもなりかねません。

ここからは、外資系企業と日本企業の違いを具体的に解説していきましょう。

 

☑成果主義

これはよく知られていることだと思いますが、外資系企業の多くは成果主義です。これは、韓国系やフランス系など一部の外資系企業を除くと、トップダウン式の経営ではなく、現場の意志や意向が尊重されるためだといえます。そのため、仕事をしているひとりひとりが成果を出さなければ、個人としての評価にもつながりません。

外資系企業の年収は日系企業より高い、とよく言われますが、これはインセンティブと呼ばれる歩合給を上乗せした場合の金額になります。日本の基本給にあたるベース給は日系企業とくらべてそれほど高いわけではありません。そのため、実際に成果を出すことができなければ、日系企業で働く場合よりも年収は低くなってしまう可能性があります。

 

☑積極性・自主性

外資系企業では自己発信能力、すなわち積極性や自主性も重んじられています。自分から意見を発信し、それを確実に成果に結びつけていけるような実行力がなければ、外資系企業の仕事についていくことはできません。外資系企業は人の入れ替わりも激しく、自己発信能力がなければ、職場で長く仕事を続けていくことは難しいでしょう。

また、外資系企業は本社が海外にあるため、情報の共有という点でも日系企業との間にはタイムラグが生じやすいです。そのため、時には自分自身の判断で意思決定をし、プロジェクトを実行していかなくてはいけないわけです。もちろん、責任者の地位に上がれば、積極性や自主性はより多く求められるようになります。

 

☑福利厚生

福利厚生の面でも、外資系企業と日系企業の間には違いがあります。産休や育児休暇、有給休暇などは比較的取りやすいですが、その他の手厚い福利厚生は期待できません。他にも、日系企業のように退職金制度もないため注意が必要です。

 

☑意思決定のスピード

外資系企業では意思決定のスピードも大事です。というのは、海外にある本社が日本の市場を分析するのには時間がかかり、日本国内での判断は現場でしなくてはいけない場合が多いからです。他の日系企業に遅れを取っているようでは、外資系企業は生き残っていくことができません。

また、外資系企業は部署ごとの専門性が際立っているのも特徴です。情報伝達が必要な機会が訪れれば、適宜他の部署とも連絡を取り合ってプロジェクトを進めていく必要があります。こうした場合、意思決定の遅さは致命的な欠点となってしまうので、普段から精神面でもタフさを養っておいたほうが良いでしょう。

第二新卒がチャンス!外資系企業で働くならまずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募を!

 

■新卒での外資系企業入社は狭き門である

blue and black city buildings photography

冒頭でお伝えした通り、外資系企業の多くは新卒採用をあまり行いません。外資系企業の数が増えるにしたがって、今後は新卒者の採用も増加していくことが予想されますが、現在ではまだまだ狭き門だといえます。中には100名以上の新卒者を採用している会社もありますが、これは稀な例で、外資系企業の場合には中途採用が基本となります。

その理由として、外資系企業はとくに即戦力となる人材を重視していて、入社してすぐに結果を出すことが求められているからです。そのためにも、それまでに働いてきた業界の知識や経験というものが欠かせません。外資系企業で仕事をする場合には、ある程度その業界に精通していることが求められています。

 

一方で、新卒者を多く募集している外資系企業もあります。具体的には、コンサルティング企業やIT企業、メーカーなどでこうした例が見られます。中でもとくに新卒者の採用数が多いのが、アクセンチュアやデロイトトーマツコンサルティング、プライスウォーターハウスクーパースといった会社です。

もし新卒で外資系企業への就職を希望しているのであれば、過去の外資系企業の新卒者の採用実績なども参考にしてみると良いでしょう。アクセンチュアは2020年には約450名の社員を採用していますし、デロイトトーマツコンサルティングは約100名、プライスウォーターハウスクーパースは約150名の社員を採用しています。これらすべてを新卒者と見ることはできませんが、新卒者の門戸も確実に広がりつつあると考えることができます。

 

ただし、現在でも外資系企業の新卒者の採用人数は、多くても1年間に数十名ほどです。この点を認識しておかないと、就職活動を無駄に過ごしてしまうということにもなりかねません。新卒者が外資系企業を目指す場合には、自分の目標となるものを明確に設定し、確実に自分に合う会社なのかどうかを見極めることが大切です。

第二新卒がチャンス!外資系企業で働くならまずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募を!

 

■新卒で狙うならインターンは欠かせない

black marker on notebook

新卒から外資系企業への就職は非常に難しいものですが、新卒で外資系企業に入社し、生え抜きで活躍しているという人たちも少なくはありません。

新卒の就活生が外資系企業に入りたい場合に、とくに重要になってくるのがインターンシップだといわれています。

 

|インターンシップとは

日本語にすれば「実習」や「研修」といった意味になります。日系企業の場合、会社の社風を学んだり、事業内容などを説明する目的でインターンシップが行われます。だいたい6月~8月頃に開催され、期間は1日~数日程度であることが多いです。

一方、外資系企業のインターンシップは日系企業のものとくらべるとより実戦的なもので、社員とともに働きながら、会社の風土や事業の進め方などを学んでいきます。期間も長く、だいたい数カ月~半年程度続くところもあります。

 

|インターンにチャレンジするには

現在、外資系企業のインターンシップは就職活動の一環としてとらえられており、誰もが参加できるというわけではありません。外資系企業では、日系企業よりも早く、6月の後半くらいから採用者の選考が始まります。インターンシップに参加できるのは、そのなかで予備選考を経て残ったものだけとなります。

外資系企業のインターンシップに参加するためには、まずはエントリーシートを書き、筆記試験に参加する必要があります。それで終わりではなく、グループディスカッションと面接を経た後で、インターンシップに参加することができます。一言でいえば、外資系企業のインターンシップとは、就職活動の一環であり、実戦的な試験であるということができます。

 

|インターンに参加することで得られるメリットとは

外資系企業のインターンシップでは、実際に社員に交じりながら、社員と同様の業務をこなすことになります。そのため、日系企業のようにただ社風を知るというだけではなく、実際の業務についても学ぶことができます。これは、日系企業のインターンシップと比べると大きく異なっている点だといえます。

外資系企業のインターンシップに参加する一番のメリットは、それによって企業側からの内定が得られるという点にあります。もちろん、インターンシップに参加している間にそれなりの成果を出すことができなければ、本採用には至りません。外資系企業の側では、このインターンシップの間に就活生の最終的なふるいをかけているのです。

逆に考えれば、外資系企業のインターンシップは就活生にとっては最大の見せ場だということができます。筆記試験で思うような結果が出せなかったとしても、インターンシップの間に実力を示すことができれば、企業側からの内定につながります。ここでも、やはり新しい分野へと挑戦していく姿勢、チャレンジングスピリットが大切です。

第二新卒がチャンス!外資系企業で働くならまずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募を!

 

■新卒での入社が難しいなら第二新卒も狙い目

person using smartphone and MacBook

新卒者の採用人数が少ないのとは対照的に、外資系企業では中途採用を積極的に行っています。中でも特に注目されているのが、第二新卒と呼ばれる世代です。これは先にも書いた通り、外資系企業では即戦力となる人材を多く募集しているためです。

第二新卒であれば、数年間ほど社会に出て企業で働いた経験があるため、社会人としての基本が身に付いています。さらに、一定期間業界内で働いていたため、その業界で通じる知識やスキルなども所有していることになります。外資系企業にとって、第二新卒というのは喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

 

さらに、第二新卒者はまだ年齢が若いため、物事に対する吸収力に優れていて、将来性も期待することができます。第二新卒者の中では、とくに積極性のある人材、実現力のある人材が重宝されます。最近では人材不足に陥っている外資系企業も多く、第二新卒者の外資系企業への転職は、まさに狙い目です。

ただし、第二新卒者の場合、業界内の知識をすでに身に付けていることが求められます。英語能力は必須ではありませんが、ビジネス英語レベルの英会話能力は備えておいたほうが良いでしょう。その他の能力は実力次第であり、柔軟性や意思決定能力などが求められます。

 

このように、新卒で採用されなかったからといって、外資系企業で働くことをあきらめてしまう必要はありません。

自分の能力にマッチする会社、それまでの経験を活かせるような会社を選び、転職活動を行ってみると良いでしょう。

第二新卒がチャンス!外資系企業で働くならまずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募を!


 

■第二新卒で外資系企業を狙うならエンワールド・ジャパンへ

two woman sitting near table using Samsung laptop

新卒で外資系企業へ挑戦し失敗したという経験がある場合、たとえ第二新卒が転職しやすいと言ってもやはり躊躇してしまうこともあります。

そのような場合は、第二新卒で外資系企業へ転職する場合は転職エージェントを上手に活用することも非常に大きなポイントとなります。

 

もし、第二新卒者として外資系企業を目指しているのであれば、英語力を活かした転職や、外資系企業に強い転職エージェントであるエンワールド・ジャパンをご活用ください!

転職活動から相談、転職後のサポートまで全力で応援させていただきます。まずはお気軽に無料面談へご応募ください。

第二新卒がチャンス!外資系企業で働くならまずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募を!