ブログへ戻る

フィールドサービスエンジニアの業務内容や求められる人材・キャリアプランについて

Posted by en world Japan

1年以上前

IT業界の入り口だといわれることも多いフィールドサービスエンジニア。実際にフィールドサービスエンジニアはどのような仕事をしているのか、そしてどのような人材が求められているのかを見ていきましょう。

 

あわせて、フィールドサービスエンジニアのキャリアプランについても紹介します。

 

■フィールドサービスエンジニアの仕事とは

 

フィールドサービスエンジニアは、自社製品を使用している顧客のもとへ赴き、製品の設置サポートやトラブル解決、メンテナンス、場合によっては製品の説明を行ったり別の製品の提案を行ったりすることもあります。

 

技術者としてのスキルが必要なことはもちろん、顧客対応をするため接客業としてのスキルもある程度は必要になる職業であるといえるでしょう。

 

フィールドサービスエンジニアは幅広い業種で活躍する職種ですが、企業や業種によってその呼び方は異なり、「フィールドサービスエンジニア」のほか「サービスエンジニア」「カスタマーエンジニア」「フィールドエンジニア」などさまざまな名称で呼ばれています。

 

フィールドサービスエンジニアへの転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録ください!



 

■フィールドサービスエンジニアに求められるスキル

 

先にも少し述べましたが、フィールドサービスエンジニアは顧客と直接対峙する仕事です。

「会社の顔」となる存在なので、会社のイメージを損ねないようどなたにも不快感を与えることのない行き届いた身だしなみやきちんとした言葉遣いなど、社会人としてのマナーはとても大切です。

 

加えて、どんなトラブルが発生しているのか、またどういった状況でトラブルが発生したのかなどを顧客から聞き出さなければなりません。また顧客とのやり取りの中で顧客の隠れた要望や不満も感じ取り、可能な限り満足していただけるようにする必要があります。

 

フィールドサービスエンジニアには製品を迅速かつ確実に修理したり設置したりする技術はもちろん必要ですが、加えて高いヒアリング力、コミュニケーション能力が必要だといえるでしょう。

 

なお、フィールドサービスエンジニアになるために特別な資格は必要ありませんが、以下のような資格があれば転職やキャリアアップに有利に働くこともあります。

 

|マイクロソフト認定資格プログラム

 

マイクロソフト社が実施する資格試験の総称で、マイクロソフト製品やソリューション、テクノロジーについて幅広く取り扱いITプロフェッショナルとしての技術的な専門知識を検証する資格であるとされています。

 

IT業界では重宝される資格で、ITエンジニアとして働くのであれば自分に必要な分野の資格を取得しておくことをおすすめします。

 

|コミュニケーション検定

 

フィールドサービスエンジニアは技術職ですが営業・接客を担う業務でもあります。そのため客観的にコミュニケーション能力を証明してくれるコミュニケーション検定なども取得しておくといいでしょう。

 

サーティファイが主催しているコミュニケーション検定では、「話す」「聞く」などの基本的なコミュニケーション能力から、ビジネスシーンで重要になるその場での「判断力」「対応力」なども問われるので、フィールドサービスエンジニアの仕事に役立つのではないでしょうか。

 

フィールドサービスエンジニアへの転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録ください!


 

■フィールドサービスエンジニアのキャリアプランとは

 

「キャリアパスの入り口」といわれることも多いフィールドサービスエンジニアですが、その理由はどのような職業であっても社会人として働いていくのであれば必要になる対人スキルを身につけられること、段階に応じて必要な技術を磨いていけることにあります。

 

顧客の隠れたニーズを引き出す力や、言外の要求を察知する力などは業界、職種を問わず必要になります。そのためフィールドサービスエンジニアとしての経験やスキルを活かしてさまざまな業界や職種で活躍することができるのではないでしょうか。

 

ITスキルを極め、そのままIT業界でシステムエンジニアなどを目指すことももちろん可能です。

 

加えて、外資系企業へ転職してキャリアアップや年収アップを狙えることもあります。

 

フィールドサービスエンジニアへの転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録ください!



 

■フィールドサービスエンジニアとして外資系企業で働きたい場合に求められるスキル

 

外資系企業で活躍するには、フィールドサービスエンジニアに求められるスキルのほかにも必要なスキルがあります。

 

まずは自主性や積極性があること。外資系企業では指示がないと動けない人材は評価されません。自分で状況を判断し、自ら積極的に動いていく姿勢を見せないと外資系企業で活躍することは難しくなるでしょう。

 

意思決定のスピードや評価制度、福利厚生や会社への帰属意識、残業についての考え方なども外資系企業と日系企業では大きく異なります。そういった外資系企業ならではの特徴を把握して適応する能力も大切です。

 

外資系企業では文書やミーティングは英語である場合がほとんどなので、基本的な語学力はもちろん、中間管理職以上のキャリアアップを狙うのであればビジネスレベルの語学力が必要でしょう。

 

また、外資系企業では文化や生活習慣が異なる多国籍な人材が働いています。異文化を理解し、良好な関係を築けるコミュニケーション能力も重要なスキルだといえるでしょう。

 

フィールドサービスエンジニアへの転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録ください!

 

■まとめ

 

技術力と対人力が求められるフィールドサービスエンジニアは、経験を積めばさまざまな可能性がある仕事だといえます。

 

フィールドサービスエンジニアへの転職を考えているのであれば、転職エージェントを利用してみましょう。エンジニアの転職に強いエンワールド・ジャパンでは、個々のニーズに合わせたきめ細かいサポートで理想の転職を実現するお手伝いをいたします。

 

無料相談も行っていますので、ぜひご登録ください。

 

エンワールド・ジャパンの無料面談へのご登録はこちらから