ブログへ戻る

ミドルマネジメント(中間管理職)とは|役割や必要な能力を解説

Posted by en world Japan

1年以上前

社内で昇格してミドルマネジメント(中間管理職)になると、上司と部下の両方を持つ立場となります。そのような立場では、社内でどのような役割を担うのか気になる方もいるのではないでしょうか。


この記事では、主にミドルマネジメントの役割や立場、必要な能力について解説します。


■マネジメントの種類とは

マネジメント(管理職)と呼ばれる立場には、ミドルマネジメント以外にも種類があります。ここでは、まずマネジメントの種類について紹介します。


|トップマネジメント

トップマネジメントとは、企業や組織における最上位の人物やグループを指します。おもに経営に対して総合的な判断を行う会長や社長などの役職、取締役員などのグループが該当します。経営計画の策定や、事業や経営の方向性の決定などの組織の根幹となる部分を担う立場にあります。


|ミドルマネジメント

ミドルマネジメントとは、いわゆる中間管理職と呼ばれる立場の役職やグループを指します。自分よりも上の管理職は上司にあたり、下に管理職の部下を持ちます。主に課長や部長がミドルマネジメントにあたり、部門の運営に重要な役割を果たしますが、経営に関する責任を持たないという点がトップマネジメントとは違う点です。


|ロワーマネジメント

マネジメント職のなかでも、現場に最も近い立場で指揮や管理を行うのがロワーマネジメントです。現場で作業する社員に対して直接指揮を行う、係長や主任などが該当します。主に、ミドルマネジメント層で打ち出された目標や指針を達成するために、限られた予算や人材でどのように管理するかを担っています。


この記事では、ミドルマネジメントについて詳しく解説します。


■ミドルマネジメントの役割とは?

ここでは、ミドルマネジメント(中間管理職)の役割について解説します。

|上長(トップマネジメント)の補佐

ミドルマネジメントの上司にあたる、トップマネジメント層は企業の経営に携わる業務を行います。人材や予算、その他情報などの経営資源の現状報告や、組織戦略に沿った計画の立案などをするトップマネジメントの補佐もミドルマネジメントの役割です。そのため、ミドルマネジメントには企業の方向性や理念への理解も求められます。


|部下(ロワーマネジメント)の育成や管理

トップマネジメント層で決められた企業の指針や目標にそって、ロワーマネジメント層が仕事を進めているかの進捗管理を行います。必要に応じて、軌道修正や評価、環境づくりも行わなければいけません。また、ロワーマネジメントから信頼されているミドルマネジメントが、現場に積極的に関わることで、現場のモチベーションの維持や向上などの効果も期待できます。


|上長と部下のパイプ役

トップマネジメントには実行スピードや作業効率の高さ、ロワーマネジメントには現場目線だからこそ気づく市場の動向や改善点などのメリットがあります。両方のメリットを活かして、戦略性と実効性を兼ね備えた組織づくりをするためには、お互いの意思疎通が重要です。ミドルマネジメントは、トップとロワー層をつなぐパイプの役割も担っています。


|現場のマネジメント業務

ミドルマネジメントは、業務を効率よく遂行するための現場のマネジメント業務を行います。部下の能力や個性、得意不得意を把握し、より適切な作業や部署へ配置することで業務の効率を上げます。


|プレイングマネージャー

ミドルマネジメントは、現場で培ってきた経験や知識を活かし、マネジメント業務を行いながら実務もこなす、プレイングマネージャーとしての活躍も期待されることも多いです。


ミドルマネジメントになっても現場の感覚を維持しやすい、経験を活かせるなどのメリットがある一方、実務の割合が多くなると本来のマネジメント業務に支障をきたしてしまいます。マネジメント業務を正しく遂行するには、実務とのバランス配分が重要です。


|部門間の調整

上司や部下とのやりとりだけでなく、ミドルマネジメント同士の連携を円滑にするのも企業の成長には欠かせません。企業によって、様々な部門や部署があり、それぞれで抱えている問題や悩みは異なります。


ミドルマネジメント同士で情報の共有や連携を行うことで、異なる部門や部署での状況を共有します。企業が成長するヒントが隠れていることもあるため、この調整は非常に重要です。


|部内のリスク管理

沢山の人間が仕事をする以上、ミスや予測不可能なトラブルが発生することは防げません。一方で、未然に起きる可能性の高いリスクを把握し、対策を行うことで発生を防止したり、被害を最小限におさえたりすることは可能です。ミドルマネジメントは、あらかじめ部内のリスクを把握した上で、対策を行うリスク管理も重要な仕事です。


|チームで結果を出す

企業はチームで業務を進めていくことが基本であり、ミドルマネジメントはチームリーダーの立場でもあります。チームで結果を出せるように、あらかじめ社員一人一人の能力や適性を把握し、全員にチームにおける役割を意識づけることが重要です。


チームの進捗状況を視覚的に確かめられるよう整理したり、目標設定を明確にしたりするのも、ミドルマネジメントの役割です。


■ミドルマネジメントに必要な能力とは?

ミドルマネジメントは、多くの役割を求められます。業務や役割を達成するために、必要な能力を解説します。


|コミュニケーション力

ミドルマネジメントは、上司と部下のパイプ役になるなど、能力が異なる人間と多く関わります。人間関係を円滑に進めるうえで、相手の本音を見抜く、相手の意見を引き出すコミュニケーションスキルが必要になります。


|業務を遂行する能力

特定の職務や業務を遂行する能力も求められます。具体的には、自分の職務や業務に関する知識のほか、誰でも見やすく理解しやすい書類を作成できる文章作成能力や、パソコンのスキルなどが該当します。


|情報収集や分析の能力

ミドルマネジメントとしての業務のひとつに、トップマネジメントの経営指針や計画に沿った業務を遂行することがあります。そのために必要なのが、事業関連の情報収集や分析する能力です。常に市場の動向に着目し、分析のうえ業務に活かせる能力が必要です。


|コンプライアンスの理解や遂行能力

各企業は事業を通して、社会に貢献する必要があります。社会貢献の側面から、各企業ともに守るべき法令があります。ミドルマネジメントは、特に業務に関連する法令を理解し、遵守するように努めなければいけません。法令の遵守とともに、個人情報や企業の機密情報の適切な管理も求められます。


■ミドルマネジメントこそが重要

専門的な知識や能力を持ちながら、マネジメント能力もそなえているミドルマネジメントは、企業にとって要の存在です。しかし近年ミドルマネジメント層の人材は不足する傾向にあります。


企業が最大の力を発揮するためには、ミドルマネジメントの力が不可欠です。優秀なミドルマネジメントを、どのように確保していくかが企業にとって大きな課題となっています。


■まとめ

トップとロワーの間に立つミドルマネジメントは、実務面でも、企業の経営戦略においても重要な役割を担っています。人材が不足していることもあり、今後もミドルマネジメントのニーズは高まるでしょう。


エンワールド」では、ミドルマネジメント人材を希望する企業と転職希望者をつなぎます。外資系企業の案件も豊富で、一人一人にあった丁寧な転職サポートを提供しています。

ミドルマネジメントとしてキャリアを積みたい方は、ぜひご登録ください。


ミドルマネジメントのキャリアアップ転職ならエンワールド