ブログへ戻る

電子制御設計とは?仕事内容や活躍できる業界、必要なスキルを解説

Posted by en world Japan

1年以上前

さまざまな機能を持ったスマートフォンやパーソナルコンピューター、インターネットに繋がるIoT(Internet of Things)家電など、私たちの周りには便利な道具があふれています。そうしたモノづくりに欠かせないのが電子制御設計の仕事です。

 

ここでは、電子制御設計とはどんな仕事か、また活躍できる業界や電子制御設計の仕事をするために必要なスキルについても紹介しましょう。

 

■電子制御設計の仕事内容とは

 

さまざまな機械やコンピューターにはその動きを制御するためのシステムが必要です。スマートスピーカーが音声に反応してスイッチを入れたり、音楽を流したりするのもすべて制御を行うためのシステムが組み込まれているからこそそれが可能なのです。

 

今では自動車にも電子制御システムが搭載されるようになりました。そのほかにも私たちが日常的に使用しているものの多くに電子制御装置は使用されています。

 

電子制御設計はそのような、モノの動きを制御する電子制御システムを開発・設計する仕事です。

 

現代社会には欠かせない重要な仕事であり、電子制御設計の仕事は今後の各分野の進歩の鍵を握るものでもあるので、かなりやりがいのある仕事といえるでしょう。

 

電子制御設計の仕事における転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録を!

 

■電子制御設計者はどんな業界で活躍している?

 

現代社会において電子制御設計が必要なものは数えきれないほど存在しています。電気・電子を使用する企業では必ず必要とされる仕事なので、電子制御設計者が活躍できるフィールドは非常に幅広いといえるでしょう。

 

家電や自動車はもちろんのこと、医療用精密機器や半導体製造装置、産業用のロボットのほかにも航空業界や宇宙開発などでも多くの電子制御設計者が活躍しています。

 

今では従来の常識や慣習からは想像もできないような商品やサービスが次々と登場しています。20年前にはスマートフォンは存在せず、10年前にはスマートスピーカーはありませんでした。

 

また自動車もガソリン車からハイブリッド車、電気自動車へと動力装置が進化しています。さらに車両や歩行者を検知して危険があれば自動でブレーキを作動させるシステムや、アクセルとブレーキを踏み間違いによる急発進を抑制するシステムなどを搭載した車種も増えていることをご存じの方も多いでしょう。

 

こうしたモノはすべて一昔前までは想像もできないアイテムであったはずが、今ではあって当然、モノによっては生活になくてはならないものになりつつあります。

 

こうしたことを鑑みると、今の私たちからは思いもつかないような分野でも電子制御設計の仕事が必要になることは想像に難くありません。

 

現在でも幅広い業界で活躍できる電子制御設計の仕事ですが、この先の未来の可能性は大きく広がっているといえるのではないでしょうか。

 

電子制御設計の仕事における転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録を!

 

■電子制御設計の仕事に求められるスキル

 

電子制御設計の仕事には、「材料力学」「流体力学」「熱力学」「機械力学」の4つの力学、いわゆる4力学や電子工学の知識は欠かせません。大学や専門学校などでこうした知識を得ておくことが望ましいといえます。

 

さらにこれらの知識をもっと深め、電子部品や回路などのさまざまな知識を身につけるために現場経験を重ねることも必要です。

 

加えて電子制御設計の仕事をしていく上で、ロジカルシンキング、いわゆる論理的思考が身についていることは非常に重要視されます。物事を的確に分析して論理的に問題の理由を考え、その問題の原因や解決策を見つけるこことは電子制御設計の仕事に欠かせません。

 

また、電子制御設計の仕事をするために特別な資格は必要ありませんが、取得しておけばキャリアアップや転職の際に有利になるものもあります。

 

|電気主任技術者

 

高電圧の電気設備の保安監督ができる資格で、すべての電気工作物を取り扱える第1種、電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物までを扱える第2種、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物のうち出力5千ワット以上の発電所を除くものの取り扱いが可能な第3種にわかれています。

 

|E検定 

 

電気・電子の幅広い知識やスキルを測定する試験で、電子・電気回路、半導体、コンピューター、エレクトロニクスに関する問題が出題される試験です。現場で働く技術者によって作成された試験なので、知識はもちろん実践的スキルも可視化されます。

 

|CAD利用技術者

 

設計に必要なCAD(Computer Aided Design)ソフトを使用できるスキルを持っていることを証明する試験で、2次元 CADは基礎と2級、さらに機械、建築、トレースの3分野に分かれた1級、3次元 Computer Aided Designでは2級と準1級、1級があります。

 

電子制御設計の仕事における転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録を!

 

■電子制御設計の仕事でグローバルな活躍をめざすのもあり

 

電子制御設計の仕事はグローバル企業でも需要が高いため、キャリアアップの一環としてグローバル企業へ転職するのもひとつの方法でしょう。

 

外資系家電メーカーや外資系精密機械メーカー、日系企業であってもグローバルな展開を行っている企業など選択肢は豊富です。規模の大きいグローバル企業であれば最新の技術などを身につけることができ電子設計エンジニアとしての大きな成長につながるかもしれません。

 

外資系企業で活躍するためにはある程度の語学力が必要なのはもちろんですが、語学力のほかにも求められるスキルがあることや、日系企業とは異なる外資系企業ならではの特徴を把握しておくことも大切です。

 

外資系企業では即戦力を求める傾向が強く、入社してすぐに成果を上げることが求められます。

 

また評価も成果に基づいて行われる「成果主義」である場合がほとんどです。日系企業にいまだに見受けられる「年功序列」の考え方はほぼないと認識しておきましょう。期待されている成果が上げられない場合は減収や解雇の可能性もゼロではありません。

 

そのほか、グローバル企業では意思決定のスピードが速いので、そのスピード感についていくことも大切です。

 

極端や場合は一夜にして180度経営方針が変わることもあるため、情報に敏感になっておくことはもちろん、どのようなことにもフレキシブルに柔軟な姿勢で対応できるようにしておく必要があります。

 

また、外資系企業は年収が高くなるイメージがあるかもしれませんが、その分日本のような手厚い福利厚生はなく、退職金制度が存在しない場合も多いようです。

 

電子制御設計の仕事における転職なら、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご登録を!

 

■まとめ

白い木製のテーブルでノートパソコンを使用している人

 

理想の転職を実現するためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。外資系企業の転職に強いエンワールド・ジャパンでは、一人ひとり異なる要望をしっかりと聞き取り、満足のいく転職活動ができるようサポートいたします。

 

キャリアアップのためにグローバル企業への転職を考えているのであれば、外資系企業の転職に強いエンワールド・ジャパンへの無料面談へご登録ください。

 

エンワールド・ジャパンの無料面談への登録はこちらから