ブログへ戻る

建築設計の仕事について知ろう!仕事内容や必要な資格についても解説

Posted by en world Japan

1年以上前

現在、転職をして建築設計の仕事に携わりたいと考えている人は多いのではないでしょうか。こちらの記事では、そうした転職時に必要となる知識やスキルについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■建築設計とは?仕事内容を紹介

紙, スケール, ブルー, 建築家, 計画, 作業

建築業界では、建築士の資格を持っている人のことを設計士とも呼びます。その仕事内容は大きく分けると次に挙げる3種類に分類することができます。

 

|意匠設計

意匠設計というのは、建物の意匠、つまり外観や内装のデザインをすることをいいます。

意匠設計と構造設計とは切り離せない関係にあるのですが、まず建築物を建てるときのスタート地点に当たるのが、意匠設計だということができるでしょう。建築物のイメージを決める作業でもあり、建築士としてはそのデザインセンスをいかんなく発揮できる仕事だといえます。

 

|構造設計

建築物を建てる際には、建物としてしっかりとした構造を持っていることが必要不可欠です。具体的例を挙げると、柱や壁、窓の位置を決めたり、その構造を考えるといったことが構造設計の仕事になります。

構造設計のなかには、耐震設計や防火設計を考えるという仕事も含まれます。構造設計をするためにはさまざまな知識が必要となり、日本の法律にも合わせる必要があります。

 

|設備設計

設備設計というのは、建物内の設備、つまりインフラを設計する仕事になります。こちらも具体例を挙げると、電器やガス、水道などの配線や配管を考えることが主な仕事内容になります。

設備設計も建築物の設計のなかでは重要な仕事です。こちらも構造設計と同様に、法律に適合させながら仕事をする必要があります。  

建築設計の仕事でキャリアアップ、外資系やグローバル企業の建築会社などで仕事をしてみたいとお考えの方は、まずはこちらから無料面談へご登録ください。

 

■建築設計の仕事に必要な資格は?

建築家, 本, 書籍, シェルフ, 勉強, 学習, プランナー, 建物

CADオペレーターなど助手的な仕事をする場合は別ですが、建築物を一から作る場合には建築士の資格が必要になってきます。ですが、建築士にもいくつかの種類があるので、それぞれの資格について見ていくことにしましょう。

 

|一級建築士

一級建築士とは、一言でいえばほぼすべての建築物を設計することができる資格です。一戸建てなどの家屋に限らず、高層ビルや学校、病院、劇場なども設計することができます。ただし、例外として一定規模以上の建築物の設計を行う場合には、構造設計一級建築士や設備設計一級建築士の確認を受けなくてはいけません。

 

|二級建築士

二級建築士とは、一戸建て家屋など小規模な建築物を設計するための資格です。資格取得の難易度も一級建築士とくらべると低いのですが、設計できる建築物の種類や構造が限られてくるため、建築会社などではサポート的な役割に回ることが多いです。

 

|木造建築士

木造建築史とは、木造建築物の設計に特化した資格です。一級建築士や二級建築士に比べて劣る資格というわけではなく、一級建築士や二級建築士では分からないような、木造建築に特有の知識を備えていることが資格取得の条件となっています。

 

|構造設計一級建築士

こちらは、一定規模以上の建築物を設計または確認する際に必要となってくる資格です。設計自体は一級建築士が行っても良いのですが、その場合にはこの資格を持ったものが確認を行わなくてはいけません。具体的な例を挙げると、RC造またはSRC造で高さ20メートル以上の建築物を設計する場合などが当たります。

 

|設備設計一級建築士

こちらも、一定規模以上の建築物を設計または確認する際に必要となってくる資格です。構造設計一級建築士と同様、設計自体は一級建築士が行っても良いのですが、その際にはやはりこの資格を持ったものが確認を行う必要があります。こちらは、3階建て以上、5000平方メートル以上の建築物を設計する場合に必要となる資格です。

建築設計の仕事でキャリアアップ、外資系やグローバル企業の建築会社などで仕事をしてみたいとお考えの方は、まずはこちらから無料面談へご登録ください。

 

■建築設計のキャリアプラン

男, 細胞の, スーツ, 起業家, 事業, ビジネス, 電話, 細胞, 若

建築設計のキャリアプランとしては、以下のようなものを挙げることができます。

 

|二級建築士から一級建築士にキャリアアップする

これは基本中の基本でしょう。二級建築士の資格を持っているだけでは、まず転職には成功しません。最初は中小規模の建築会社でキャリアを積むなどして、一級建築士の資格取得を目指しましょう。

 

|大手の企業や外資系・グローバル企業を目指す

建築会社は、大手であるか中小であるかによって、その取り扱う建築物に大きな差が出てきます。とくに高層ビルや高層マンションなどを建築するのは、大手ゼネコンや中小ゼネコンの仕事となっています。

大規模なプロジェクトにも関わってみたいと考えている場合には、大手ゼネコンや中小ゼネコンに転職するというのも選択肢のひとつです。さらに、世界で建築の仕事に携わりたいという場合は、外資系企業やグローバル企業へ転職をするのも良いでしょう。

 

|独立する

とくに一級建築士の資格を持っている場合、独立するというキャリアプランもあります。

こちらも、あらかじめ建築会社で一定のスキルを積んでおくことが必要になりますが、独立することで今までできなかった意匠設計や、建築プランなどを実現させられる可能性が出てきます。

 

|プロジェクト・マネージャー(PM)やコンストラクション・マネージャー(CM)になる

こちらは最近になって注目され始めた仕事ですが、建築会社などと契約を結んで、その事業計画や事業費の管理、施工・工程の管理などを行う仕事になります。

建築会社にとってはアドバイザーといっても良い立ち位置になるでしょう。この業界には外資系企業も多いのが、ひとつの特徴となっています。

建築設計の仕事でキャリアアップ、外資系やグローバル企業の建築会社などで仕事をしてみたいとお考えの方は、まずはこちらから無料面談へご登録ください。

 

■外資系企業へ転職する場合の押さえておきたいポイント

教科書と眼鏡の平置き写真

現在、日本国内で活躍している外資系の大手ゼネコンの数は多くありませんが、中小の建築会社やPM/CMサービスの会社では、外資系の企業もちらほらと見られます。こういった会社に転職する際には、どのような点がポイントになってくるのでしょうか。

 具体的なポイントとしては、次のような点を挙げることができます。 

 

・積極性が求められる
・実力主義である
・意思決定の速度の速さ
・英語力

 

ここに挙げたことは、実は建設業界に限らずどんな業界においても共通しています。なぜなら、外資系企業では即戦力の人材を求める傾向が強いからです。そのため、外資系建設会社に転職する場合には、自己発信できる能力、仕事を完遂させる能力、コミュニケーション能力などに秀でている必要があります。

最後の英語力については、あまり気にしなくても良いでしょう。しかし、海外に赴任して建築物の設計や施工を行うような場合には、かなり高い英語力が求められるという点には注意しておいてください。

建築設計の仕事でキャリアアップ、外資系やグローバル企業の建築会社などで仕事をしてみたいとお考えの方は、まずはこちらから無料面談へご登録ください。

 

■まとめ

beige wooden conference table

このページでは、建築設計というのがどのような仕事なのか、どんな資格やスキルが必要になるのかを解説してきました。最近では、少しずつですが、日本国内でも外資系の建築会社が増えてきています。

エンワールド・ジャパンは、英語力を活かした転職や外資系企業への転職に強い転職エージェントです。建築設計の仕事でキャリアアップ、外資系やグローバル企業の建築会社などで仕事をしてみたいとお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

エンワールド・ジャパンの無料面談へのご登録はこちらから