ブログへ戻る

50歳からの転職を成功させるには?転職成功のポイントや転職のメリットを解説

Posted by en world Japan

1年以上前

新しい会社で自分を試したい、キャリアアップに挑戦したいと思っても、50歳を超えてからの転職となると二の足を踏む方もいるでしょう。実際のところ、シニア世代の転職は現実的なのでしょうか。


この記事では、50歳からの転職は可能なのか、転職のメリット・デメリット、転職を成功させるポイントを解説します。50歳の転職者に企業が求めることも紹介するので、ぜひ参考にしてください。


■50歳から転職はできるのか?

50歳からでも転職することは可能です。たしかに、20代や30代の転職と比較すると、大変な部分や難しい面もあります。しかし、大企業で長年活躍してきた方や管理職の経験がある方、ひとつの業種を突き詰めてきた方ならば、これまで培ってきたスキルや経験を転職で活かすことができます。


勤務形態も正社員に限りません。これまで十分に働いてきた方がセミリタイヤして、プロフェッショナルとして派遣社員や契約社員で働くケースもあります。


正社員にこだわらず派遣や契約社員として活躍したい人はこちら


■50歳の転職者に企業が求めているもの

50歳の転職者に対し、企業は何を求めているのでしょうか。ここでは、企業が求めるスキルについて詳しく解説していきます。


|マネジメント力や教育力

50歳は管理職を経験する方もいる年齢です。そのため転職先では、これまでの職場で培ったリーダーシップや若手の採用・教育といったスキルを発揮することを期待されます。前職では、採用から教育までどのように携わり、手腕を発揮してきたのか、何人の部下をマネジメントしてきたのかなど、具体的にアピールできるとよいでしょう。


|ポータブルスキル

ポータブルスキルとは、仕事に対する真面目さや判断力、人柄など、知識量や技術力では測れない能力を指します。業界や職種が変わっても通用する汎用性のあるスキルのため、自分にはどんなポータブルスキルがあるか分析しておくことが大切です。


自己分析やアピール方法に自信がない人は、転職エージェントなどを活用し、アドバイスを受けるとよいでしょう。


|これまでの経験・スキル

これまでの職場で培ってきた経験やスキルは、転職先で即戦力として評価されます。第二新卒など若手の場合は、未経験でも意欲をアピールすれば今後の成長を期待して採用される可能性があります。一方、50歳の場合は、これまでの経験を活かした転職になります。そのためプロジェクト名や実績などを、具体的な名称や数字でアピールすることがポイントになります。


|協調性やコミュニケーション能力

入社後は実務をこなすだけでなく、周囲と円滑な関係を築けるかもポイントとなります。若手社員や年下の上司とも、協調性をもってコミュニケーションを取れるミドル層の人材は、どの企業でも重宝されるでしょう。50歳ならではの度胸や落ち着きは、社内環境の整備にもメリットになると考えられることもあります。


転職の際は仕事内容や待遇面だけでなく、応募先企業の社風や理念と、自分の考えや性格が合うかなども見極めるようにしてください。


■50歳から転職するメリット・デメリット

ここでは、50歳から転職にはどのようなメリット・デメリットがあるかを具体的に解説します。


|メリット

長い社会人経験の中で得たスキルや人脈は、転職先が異業種や未経験の業界であったとしても活かすことができます。これまでと同じような職種、業界への転職であれば、実績や管理職の経験を活かしたキャリアアップも見込めるでしょう。


また、50歳は子育てがひと段落している年代でもあるため、じっくりと仕事に取り組むことも可能です。育児や家事から手が離れている分、フルタイムでの仕事を探しやすくなるといったメリットもあります。


|デメリット

キャリアアップを目指していたとしても、転職によって会社の規模が小さくなったり、立場が変わったりして、年収が下がる場合があります。または、若手に比べて求人数が少ない、キャリアチェンジが難しいなどの理由から、転職活動が長期化する可能性もあります。そうなると、転職に不安を感じる家族からの理解を得られないこともあるでしょう。


管理職の求人がなく、50歳で現場仕事に就くことも考えられます。このようなデメリットを感じないよう、50歳から転職する場合はポイントをおさえて活動することが大切です。


■50歳からの転職を成功させるポイント

50歳からの転職はメリットだけでなくデメリットも含みます。ここでは、50歳からの転職を成功させるポイントを解説します。


|自分のスキルの棚卸しと自己分析

企業は50歳の転職者に経験やスキルを求めます。転職活動を始める前には、これまでに得た経験やスキルの棚卸をおこない、自分の強みを整理してください。応募先企業とのスキルマッチが転職成功の大きなカギとなります。また、強みをプラスしたり、スキルを客観的にアピールしたりするために、資格取得を検討するのもよいでしょう。


|年収や雇用形態にこだわりすぎない

50歳からの転職では、希望条件が高くなりすぎたり、企業の採用条件が厳しくなったりすることもあり、希望条件をすべて満たした転職は難しいこともあります。場合によっては、年収や雇用形態について、ある程度は譲歩することも必要でしょう。希望条件を緩和することで、転職先の選択肢も広がり、転職を成功させる可能性が高まります。


|転職するまで時間がかかることを承知しておく

転職活動が長期化することで「自分のスキルはたいしたことがない」などとネガティブになり、自信を喪失してしまう場合があります。また、転職先が決まらない状態で退職すると、収入がなくなり家計が苦しくなる可能性もあります。焦りや家計の問題で転職を失敗することがないよう、長期化や金銭面のリスクを踏まえて転職することが大切です。


|家族や周りの理解を得る

転職によって年収が下がったり、福利厚生の内容が変わったりするなど、待遇が低くなる可能性があります。また、転職前と勤務形態が異なれば、ライフスタイルが変わることもあるでしょう。転職は家族にもかかわるため、事前によく話し合うことをおすすめします。転職は、家族の理解を得てから進めるようにしましょう。


|転職エージェントを活用する

50代の転職は、20代や30代と違って自力では思うようにいかないこともあります。その場合は、転職のプロである転職エージェントを活用する方法もあります。転職エージェントを選ぶ際は、ミドル層をターゲットにした管理職やプロフェッショナル求人が多く、転職希望者の考えを尊重したアドバイスをしてくれるサービスを選びましょう。


■50歳からの転職に役立つ資格

50歳から転職するときに取得しておくと役に立つ資格があります。ここでは転職に役立つ4つの資格と、資格を活かせる職種を紹介します。


|普通自動車二種免許

普通自動車第二種免許は、旅客の輸送目的で普通自動車を運転する際に必要な免許です。この資格で転職できる代表的な職種としては、タクシードライバーがあります。タクシードライバーは、男女問わず未経験からでもチャレンジしやすい仕事です。これ以外にも、会社役員を送迎する専属ドライバーの仕事や、介護タクシードライバーの仕事などもあります。


|ファイナンシャルプランナー

個人のライフスタイルや価値観、家族の状況や経済環境を考慮しつつ、収支、資産、保険など、お金に関する状況を分析するために必要な知識を得られる資格です。ファイナンシャルプランナーの資格は、お金や資産を扱う銀行・保険・証券のような金融業界や、不動産業界へ転職する際に役立ちます。


|日商簿記検定2級または1級

日商簿記検定では、中小から大手企業まで規模を問わず、会社のお金を管理するために必要な知識を得ることができます。経理の知識がある証明にもなるため、経理や会計、営業への転職に役立つでしょう。また、簿記1級を取得すれば税理士試験の受験資格も得られます。将来的に公認会計士や税理士などを目指すこともできるでしょう。


|TOEIC/TOEFL

グローバル化が進む中では、業界・業種を問わず、英語力があることは転職に有利になります。目安としては、TOEIC600~800点以上、TOEFL213点以上のスコアを目指すとよいでしょう。両方受けるのもよいですが、ビジネスに生かせる実践的な英語力があることをアピールするならTOEIC、外資系企業への転職を希望するならTOEFLがおすすめです。


■まとめ

これまでのスキルや経験を活かし、50歳からでも転職を成功させることは可能です。また、多様化する働き方が広まる昨今では、正社員だけでなく派遣社員や契約社員で活躍する道もあります。メリット・デメリットをしっかり把握し、よりよい職場で活躍するチャンスを手に入れてください。


エンワールドは管理職や経営幹部、スペシャリスト求人を多く紹介しているだけでなく、実力によって評価される外資系企業にも強い転職エージェントです。無料面談も実施しているので、まずはご登録ください。コンサルタントが1人ひとりのキャリアパスについてアドバイスします。


エンワールドについて詳しくはこちら