ブログへ戻る

ヨーロッパの労働環境とは?日本との違いを徹底解説

Posted by en world Japan

1年以上前

ヨーロッパの労度環境はとても恵まれており、働きやすいといった話を耳にした人も多いでしょう。そのような環境で働いてみたいや、グローバルな企業に勤めたいと考えている人もいるかもしれません。


この記事ではそのような人に向けて、ヨーロッパの労働環境やそのメリット・デメリット、日本の労働環境との違いなどを解説しています。グローバル企業に転職を検討する際の参考にしてください。


■ヨーロッパの労働環境とは?

ヨーロッパの労働環境は、長期休暇が取れる、合理的に仕事をするため残業がない、仕事に対するストレスがなく、過労死もない、などと思われているケースが多いです。実際、ヨーロッパの職場では、定時に帰社し、オフを満喫している人は多くいます。


一方で、管理職ともなると確実に成果を上げることが求められ、ストレスを抱えていることが少なくないのが実情です。以下の表は、日本とヨーロッパ主要各国の「一人当たりの年間労働時間」と「1時間当たりの労働生産性」をまとめたものです。


日本は、労働生産性が低いために労働時間も多くなっていることが分かります。労働生産性は、労働者の能力や業務の効率化により向上します。



労働時間(時間/年)労働生産性(USドル/時)
日本1,68047.5
ドイツ1,36369.8
フランス1,52067.8
イタリア1,72355.5
イギリス1,53853.5
スウェーデン1,47462.4

1時間あたりの労働生産性=生産量÷(労働者数×労働時間)


参考:Employment - Hours worked - OECD Data
   労働生産性の国際比較│公益財団法人 日本生産性本部


■ヨーロッパ主要各国の労働環境

ヨーロッパ主要各国の労働環境について解説します。


|ドイツ    

ドイツでは、国民一人あたりのGDP(国内総生産)が高く、労働時間がヨーロッパ諸国の中でも少ないことが知られています。これは、1日平均8時間を超える労働が許されていないなど、厳しい法律があることが一因となっています。


ドイツでは労働者を守るための法律があり、違反した場合は、経営者が禁固刑や罰金刑を受けることになります。しかし、法律で労働時間を規制しているにもかかわらず、労働時間の監督業務は形骸化しており、サービス残業などが発生しているのが実態です。


|フランス

フランスの法律では、労働時間が1週間に35時間までと制限されています。しかし、管理職は成果主義が基本であるため残業代が出ず、長時間労働している場合もあります。パリなどで観光関連業や接客業についている場合は、労働環境も厳しめでサービス残業も多いです。


|イタリア

イタリアでは、家族との時間を大切にするために、お昼に1時間半から2時間ほどの休憩(シエスタ)が与えられ、自宅で昼食をとる人も少なくありません。ポンテという、祝日と休日に挟まれた日を休みにするシステムがあり、連休が多いのも特徴です。


割り切って仕事をするタイプの人が多いため、人間関係がシンプルなのもイタリアで働く上での特徴といえます。


|スウェーデン

スウェーデンでは、労働時間の短縮に向けて、フレキシブル・ワークが推奨されています。最近では1日を6時間勤務とする企業も増えており、業務を効率化させることで、短時間に集中して仕事をこなすという試みが盛んです。


フィーカという習慣があり、就業中にお菓子をつまみながら談笑する時間があります。オンとオフの切り替えができ、リフレッシュにつながるため、労働生産性が向上するといわれています。育児休暇制度も充実しており、子ども1人につき両親を合わせて最長16ヶ月の有給休暇を取得できるのもスウェーデンの特徴です。


|イギリス

イギリスでは、月曜日から金曜日までの5日間、週35時間から40時間の労働が基本です。特殊な専門業以外、残業を行うことはほとんどありません。この根底には「仕事は大切だが最優先すべきものは家族」「ワークライフバランスが大事だ」というイギリス人の考え方があり、オンとオフがはっきり区別されているのです。


休憩時間をしっかりとる「モーニングティー」の習慣もあり、休むべきときにしっかり休むといった意識が強いのがイギリスの特徴といえます。


■ヨーロッパの労働環境のメリット    

ヨーロッパで働くメリットを解説します。


|無駄な残業はしなくてよい

ヨーロッパでは、法律によって労働時間が厳しく制限されている国が多く、無駄な残業をすることがありません。ワークシェアリングが進んでいることも多く、1人で業務を担当する必要がありません。残業が不要なだけでなく、休みを自由に取れるというのが大きなメリットと言えます。


|個人を尊重してくれる    

ヨーロッパでは、「チームで仕事をする」というより「個人の考えを尊重する」個人主義が根付いています。自分の仕事以外に手出しする必要はなく自分の仕事さえ終わればさっさと帰るのが当たり前であることが多いので、人間関係のわずらわしさが少ないのが特徴です。


国民性や教育体制が異なるため、日本に同様の考え方が浸透するのは難しいですが、働き方を改革するためには、それらの考え方もとりいれていく必要があるでしょう。


|女性が働きやすい環境

ヨーロッパでは、育児休暇制度などが充実しているなど、女性が働きやすい環境が整っています。共働き家庭が多く、女性管理職の比率が高いのも、ヨーロッパの特徴といえます。日本においても、結婚・出産を機に退職するという文化に変化が起きつつありますが、ヨーロッパのような女性が働きやすい環境が整っているとは言えません。


■ヨーロッパの労働環境のデメリット

ヨーロッパの労働環境に関するデメリットについて解説します。


|休暇中の仕事がとどこおる

ヨーロッパでは、長期休暇を国民全体で受け入れていますが、その間の仕事がとどこおって困ることもあります。ヨーロッパの多くの国では、長期休暇をとることが義務であり、権利としてとらえられています。長期休暇で仕事に支障が出てもお互いさまであり、人に迷惑がかかるといった考え方がありません。


|管理者の労働環境はきついこともある

ヨーロッパでは、管理職の労働環境がきついケースがあります。成果主義が採用されているため、管理職は、長時間の残業をしていることも少なくありません。長時間労働や部下からの強い主張などが原因でうつ状態に陥る人もいます。


■日本の労働環境との相違点

日本とヨーロッパとの労働環境の相違点について解説します。


|価値観による労働環境の違い

日本には、「長く働けば働くほどがんばっている」と評価される文化・価値観が根付いています。さらに上司から承認が必要という働き方が主流であるため、上司の決裁が得られないと次の段階には進めません。


一方、ヨーロッパでは、上司は結果のみを重視するため、ある程度までは個人の決断で業務を進められます。日本におけるサービス産業などによくある過剰なサービス精神も、労働者の労働時間を増やす原因になっています。


|雇用形態の違い

ヨーロッパには、正規雇用・非正規雇用といった雇用形態の違いがなく、同一賃金・同一労働が基本です。日本では、非正規雇用と正規雇用の待遇が異なります。非正規の場合は、昇給が見込めない、ボーナスがない、解雇されやすい、などという不安定さに悩まされているのが現状です。


|国の取り組み方の違い

日本とヨーロッパでは、労働環境に対する取り組みが根本的に異なります。近年、日本では、働き方改革が行われています。ヨーロッパとアメリカの両方の労働環境を見本としていますが、ヨーロッパとアメリカとでは働き方が大きく異なっています。


アメリカでは、働きたいという意欲に応じて働き方を選べるのが特徴ですが、ヨーロッパでは、ワークライフバランスが非常に大切にされています。両方の働き方を取り入れようとした日本では、残業時間に対する考え方が悪化したり、終身雇用が原則でなくなり非正規雇用が増えたりする、などのゆがみが生じています。


■まとめ

この記事では、ヨーロッパで働いてみたい、ヨーロッパの労働環境を知りたいという人に向けて、主要国の労働環境を解説しました。残業が少なく、個人を尊重してくれるなど、働きやすい環境にある一方、管理者は日本と同様に責任の多い労働環境にあります。


日本とヨーロッパは、労働に関する価値観や雇用形態が異なるため、労働環境にまだまだ大きな相違点があります。日本とヨーロッパの労働環境の違いを知った上で、グローバル企業への転職を考えている人は、ぜひエンワールドにご登録ください。



グローバル企業・外資系企業の案件が豊富で、中長期でのキャリア実現を強力にサポートするほか、採用後のフォローアップまで丁寧に行います。無料面談も実施しているので、まずはご応募ください。 


グローバル企業・外資系企業の転職 エンワールドTOPはこちら