ブログへ戻る

外資系企業へ転職する際に心得ておきたいポイントとは?外資系の特徴やメリット・デメリットを紹介

Posted by en world Japan

1年以上前

外資系企業は、日本企業とは大きく異なる部分も多いため、転職の際に不安に感じる方も少なくないようです。転職してからこんなはずではなかった、と転職したことを後悔することのないよう、特徴やメリット・デメリットなどをしっかりと確認しておきましょう。

 

■外資系企業とは?

 

まず、転職する際に心得ておきたいポイントを紹介する前に、「外資系企業」とはどういうものなのかを理解しておきましょう。

 

「外資」とは、日本国外の投資家などが投資した資本のことを指し、「外資系企業」というと海外の法人もしくは海外の個人が一定水準以上の出資をしている企業」と定義づけられています。

 

この「一定水準」ですが、実ははっきりとした数値は決められていません。そのためどのくらいの出資をしていれば外資系企業という明確な基準はないのが現状です。

 

一般的に外資系企業は次の3つのタイプに分けられます。

 

|海外企業の日本法人

 

海外の企業が日本に進出し、日本法人を設立したもので海外企業の100%出資会社です。一般的に「外資系企業」というと、この形態を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

 

海外においてそれなりの実績を出した上で日本に進出してくるパターンがほとんどなので、企業名は日本においても知名度が高いことが多いといえます。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)やグーグル、ロレアルなどがこのタイプに当てはまります。

 

|海外企業と日本企業の共同出資の法人

 

海外の企業と日本企業が出資し合って法人を設立するケースもあります。日本マクドナルドやシーメンス・ジャパンなどがよく知られています。

 

この場合、海外企業の出資率が日本企業を上回っている場合に「外資系企業」とよばれることが多いようですが、先にも述べた通り出資率の規定はないので、「外資系企業」と呼ばれていても必ずしも海外企業の出資率が半分以上とは限りません。

 

このケースの外資系企業の場合、出資率の多い方に決定権があるため、どちらの出資率が多いかによって社風は大きく左右されるのが特徴です。将来的にはどちらかが資本を引き揚げる可能性もあり、場合によっては「外資系企業」ではなくなることもあります。

 

2015年に味の素の100%子会社となった味の素AGFがこのパターンに当てはまります。味の素AGFは設立当初は味の素と米・ゼネラルフーヅ(現モンデリーズ・インターナショナル)の合弁会社で、外資系企業でした。

 

|日本企業が海外企業に買収される

 

M&Aなどで海外企業に買収され、日本企業が突然外資系企業になるケースもあります。この場合、経営陣が買収した海外企業に移るため、経営方針や社風が大きく変わることも。

 

しかし日本という特殊な市場に配慮して、日本企業の経営陣にそのまま経営をゆだねるケースもあるようです。

 

中国の鴻海精密工業に買収されたシャープ、同じく中国の大手企業が共同出資するファンド会社マーライオンホールディングスの傘下に入った本間ゴルフなどが例として挙げられるでしょう。

 

■転職前に把握しておくべき外資系企業の特徴

外資系企業への転職を考えるのであれば、忘れてはいけないのが外資系企業は日本企業とは異なる特徴を持っていることです。特にこれまで外資系企業での勤務経験がない場合、文化や考え方の違いに戸惑ってしまうことも少なくありません。

予め外資系企業の特徴を把握しておくことが、外資系企業への転職を成功に導くひとつのポイントになるといえるでしょう。

 

ここでは、外資系企業の特徴を紹介します。

 

|評価制度の違い

 

外資系企業では成果主義が徹底されている場合がほとんどです。最終的な人事評価を下すのも人事部ではなく所属部署のマネージャーやディレクターであり、個人が成果を上げるとそれは即評価につながります。

 

日本企業では、一昔前よりも減っているとはいえ年功序列がいまだに多く見られるようです。その一方で外資系企業では年功序列という考え方はなく、勤続年数や年齢は評価に直結しません。

 

|人材に関する考え方

 

人材に関する考え方も日本とは異なっており、外資系企業では中途採用はもちろんのこと、新卒でさえ即戦力が求められることがほとんどです。

 

日本企業では人材を育てる、という考え方が一般的であり、丁寧な研修があったり、先輩社員がついて仕事を教えたり、といった教育システムがある場合が多いといえるでしょう。

 

対する外資系企業では入社してすぐに成果を上げることが求められます。ゼロから人材を育て上げる、といった考え方は基本的に外資系企業にはないと心得ておきましょう。

 

|「組織」と「個人」についての考え方の違い

 

外資系企業は個人主義、日本企業は組織を重視する、という傾向があるといわれます。外資系企業は個人の成果が直接評価につながるため、個人個人で仕事に向き合うことが必然的に多くなるのです。

 

対して日本企業では「和」を貴ぶ文化があるからか組織を重んじることが多く、組織全体で成果を出すことが求められることもよくあります。また、いわゆる「空気を読む」ことも求められ、調和が非常に重要視されます。

 

外資系企業において「空気を読む」、自分の意見を出さなかったり、様子見したりしていると積極性や自主性に乏しいと判断されることになりかねません。

 

|転職が頻繁

 

外資系企業には、日本企業独特の終身雇用という考え方がありません。

 

即戦力が求められることもあり、自分のスキルを磨くために転職を繰り返すのが一般的です。外資系企業において定年までひとつの会社で過ごす、という例はほとんどないといってもいいでしょう。

 

|意思決定が迅速

 

外資系企業は、日本企業と比較すると意思決定が速い傾向があります。

 

ライバルがひしめくビジネスの世界において、判断の遅れは致命的な結果をもたらすことになりかねません。グローバルに事業を展開している外資系企業は強い危機感を持っており、生き残るために素早く判断を下すのです。

 

指揮命令系統がはっきりしており、意思決定に関わる人数が日本企業に比べて少ないことも判断の速さに関係しています。

 

事前に根回しをしたり、反対意見ができるだけ出ないように調整したりすることもなくトップが迅速に判断を下し、部下はその方針に従う、というスタイルです。

 

日本企業での勤務経験しかない場合は、この意思決定の速さに驚くことがあるかもしれません。

 

|仕事とプライベートの在り方

 

外資系企業では仕事とプライベートは完全に切り離して考えます。日本企業のように仕事が終わってから上司の付き合いでいやいや飲みに行く、というようなことはほとんどないといっていいでしょう。

 

休日もよほどの緊急事態でない限り、仕事に関する連絡が入ることは基本的にありません。

 

外資系企業ではプライベートも非常に重要なものだと考えているので、いかに効率よく、決められた時間内で自分の仕事を終わらせ、かつ成果を出すかが問われることになります。

 

■外資系企業に転職するメリットとは

 

では、外資系企業に転職するメリットとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

|自分の実力で勝負できる

 

外資系企業は成果主義であるのは先にも述べた通りです。成果を上げないと評価されないのは厳しいともいえますが、実力のある人にとっては昇給や昇格が期待できるということでもあります。

 

自分の実力に自信のある人や、自分の実力でどこまで通用するかチャレンジしてみたい人には外資系企業へ転職する大きなメリットだといえるでしょう。

 

|収入が高い傾向にある

 

外資系企業では即戦力が求められるため、より優秀な人材を確保するために給与が高額な傾向があります。

 

また終身雇用制度がなく、日本企業のように充実した福利厚生や退職金制度もないので、その分給与が高額になっているともいえるでしょう。

 

|ワークライフバランス

 

外資系企業では効率よく自分の仕事をこなすことも大切です。「残業は頑張っている証」とは認識されず、残業をしていると時間内に仕事が終わらせられない=「仕事ができない」と周囲に認識されることになりかねないのです。

 

また、「他の人が残業しているから帰りにくい」「先輩が残業しているから自分だけ先に帰れない」という考え方も外資系企業にはありません。個人の仕事が終わっていれば無駄な残業をする必要はないのです。

 

そのため、外資系企業ではプライベートが充実し、ワークライフバランスが実現しやすい傾向があります。

 

|キャリアアップ、スキルアップにチャレンジできる環境がある

 

年功序列は外資系企業にはほとんどないため、年齢や経験を問わず成果を上げ、実力をしっかりアピールできれば若くてもキャリアアップのチャンスがあります。

 

外資系企業ではひとつの会社である程度の経験を積めば転職してキャリアアップ・スキルアップを図るのが一般的なので、ヘッドハンティングなども日常的に行われています。

 

そのため、キャリアアップやスキルアップする環境は整っているといえるでしょう。

 

|グローバルな視点で物事を考えるようになる

 

外資系企業では、多国籍な人材が働いています。

 

上司や同僚が外国人であることも多く、バックグラウンドが異なる人と日常的に接することでグローバルな視点で物事を考えられるようになることも外資系企業へ転職するメリットといえるでしょう。

 

|語学力が活かせる・語学力が向上する

 

外資系企業といっても、職種によっては語学力をそれほど必要としない場合もありますが、そういった部署でも会議やメールなど、基本的な英語が必要になるシーンも多くあります。

 

またキャリアアップを図るのであれば、ビジネス会話以上の語学力が欠かせません。語学力を活かせる、語学力を向上することができるのは外資系企業ならではの魅力です。

 

■転職前に外資系企業のデメリットも確認しておこう

 

もちろん、メリットだけでなくデメリットも存在します。外資系企業に転職する際には以下のようなデメリットがあることを考慮に入れておきましょう。

 

|成果主義なので仕事自体はシビアでプレッシャーがかかる

 

外資系企業は成果主義なので、成果を上げられないと話になりません。そのため仕事自体は非常にシビアで、プレッシャーはかなりのものとなることは容易に想像できるでしょう。

 

実力のない人やプレッシャーに弱い人には厳しい世界といえます。

 

|人の入れ替わりが頻繁にある

 

数年おきに転職を繰り返すのが一般的なので、人の入れ替わりは激しい傾向があります。せっかく上司や同僚といい関係を築いても、すぐ人が入れ替わるので大変だ、と感じる人も多いようです。

 

|企業風土になれるのが大変

 

これまで日本企業でしか働いたことのない場合は特に、日本企業とは全く異なる外資系企業のやり方に戸惑うことも少なくありません。

 

仕事以前に、外資系企業独特の企業風土になじむまで苦労する、ということもあるようです。

 

|意思決定や変化のスピードについていけない

 

意思決定のスピードが非常に速いのが外資系企業の特徴のひとつです。そのため方針の転換なども頻繁にあり、極端な場合は昨日と正反対の方向性を示されることもあります。

 

その変化のスピードについていけなければ、外資系企業で活躍するのは難しいかもしれません。

 

|パフォーマンスによっては解雇や降格、収入減の可能性あり

 

成果主義であるということは成果が上げられないと評価されない、ということです。十分なパフォーマンスができず、評価に値する成果が上げられない場合は減給や降格、最悪の場合は解雇につながる可能性があります。

 

|日本撤退の可能性

 

外資系企業は業績によっては、日本を撤退することもあります。その際も意思決定はやはり速いため、従業員にとっては突然の撤退となることも多くあります。

 

ある日突然日本撤退によって職を失う可能性がゼロではないことは心の片隅に置いておきましょう。


 

■外資系企業への転職に向いている人とは

 

では、外資系企業への転職を経て、活躍できるのはどんな人なのでしょうか。

 

|積極性があり、自分をアピールできる

 

積極的に仕事を行い、成果を上げるのはもちろんですが、その成果をアピールし、積極性や自主性があることも上司や同僚にアピールしなければ、周囲はあなたの成果に気づかない可能性があります。

 

自分の成果や能力を適切にアピールできる人は外資系企業へ転職しても活躍できるでしょう。

 

|変化に敏感で、フレキシブルに対応できる

変化のスピードに乗り遅れないことも大切です。社内の情報に敏感であり、状況が頻繁に変わっても柔軟に対応できる能力は外資系企業で働くにあたって欠かせないといえます。

 

|効率よく仕事を進められる

成果はしっかりと出しつつ、決められた時間内で仕事が終わるように効率よく仕事を進めることも重要です。

自分のやり方に固執するのではなく、効率的な仕事の進め方を模索して実践できる人が外資系企業では好まれるでしょう。

 

|異文化に対する理解がある

さまざまな文化を持った多国籍な人材がいるのが外資系企業です。日本と異なる考え方や行動を理解し、受け入れることができないと外資系企業への転職は難しいでしょう。

 

|コミュニケーション能力が高い

外資系企業は成果主義、個人主義などといわれますが、周囲とのコミュニケーションがうまく取れるかどうかは重要視されるポイントです。

日本人独特の「察する」という文化は通用しないため、上司や同僚にもはっきりと報告や意思伝達を行わなければなりません。そのため、高いコミュニケーション能力が求められます。

 

|語学力がある

外資系企業への転職となると、やはり語学力を軽視することはできません。外資系企業において英語は基本的なコミュニケーションツールとして身につけておく必要があります。

書類が英語、ミーティングも英語のみ、ということも多いので語学力があればスムーズに仕事を進められるでしょう。


 

■まとめ

外資系企業には日本企業と異なる点が多くあります。外資系企業での就業経験がない場合は特に、外資系企業の特徴やメリット・デメリットを把握しておくことが大切だといえるでしょう。

 

外資系企業の求人に強いエンワールドでは、一人一人に合わせたきめ細かいサポートを行っています。外資系企業への転職に不安を感じることがあれば、まずは無料面談にご登録ください。

 

無料面談はこちらから