ブログへ戻る

アメリカ文化の特徴とは?生活文化から国民性まで詳しく解説

Posted by en world Japan

2年以上前

日本国内で仕事をしていても、海外の異文化圏の方々と仕事をする可能性がある人もいるでしょう。異文化交流に限らず、まずは相手への理解を深めることはコミュニケーションの第一歩。異文化圏の方との円滑なビジネスコミュニケーションにおいて同じではないでしょうか。

この記事ではアメリカ特有の文化、国民性や生活様式などに着目し、解説していきます。アメリカの方とコミュニケーションをとる際の参考にしてください。​

 

外資・日系グローバル企業への転職に不安を感じる方へ-エンワールドなら転職プロセスはもちろん、入社後のフォローもしっかりとサポートいたします

外資系企業には、日系企業とは異なる特徴があります。また多国籍な人材が活躍しているため、コミュニケーションに不安を感じることもあるかもしれません。そんなときは外資系企業に強い転職エージェントへの相談がおすすめです。エンワールドでは、専任のコンサルタントが転職プロセスのサポート行うのはもちろん、就業開始後も継続的なフォローアップ行うので、どうぞご安心ください。

■アメリカ社会や国民性の特徴とは?

アメリカは日本と異なり、多民族国家であるという特徴があります。ここでは、アメリカの社会や国民性特徴に関して解説していきます。

| 国民性の特徴

アメリカは「人種のサラダボウル」と呼ばれるように、多民族国家です。そのため、日本のように限られた民族や人種で構成された国家とは異なる特徴があります。

アメリカ人は自由や平等に対する意識が高く、自己や権利、また意見をはっきり主張するケースが多いです。日本人にとってなじみのある「空気を読む」ということよりも、明確な意思表示が求められる場面が、多くのコミュニケーションの場において求められる傾向にあります。

多民族国家という背景から、それぞれの文化的な違いを認めたうえで、個性を重んじ、権利や主張、夢などをしっかり語る人が多い傾向にあります。

また、社交的でフレンドリーな人が多く、感情表現が豊かでジェスチャーを使ってストレートに気持ちを表現することも多いようです。。

アメリカの企業で働きたいと考えたとき、文化や企業風土の違いを理解しておくことも転職成功への第一歩といえます。エンワールドなら外資系企業ならではの特徴や転職プロセスについても、きめ細かいサポートが可能です。

■アメリカの言語と宗教について

ここでは、アメリカの言語と宗教について解説します。

| 言語

アメリカといえば英語を話す国、というイメージが一般的ですが、実はアメリカには法によって定められた公用語は存在しません。しかし、アメリカ人の90%以上が、英語を使用しており事実上の公用語となっています。このような事情から、ビジネスの場では英語を使用するのが一般的ですが、アメリカ国内では300種類以上の言語が使用されていると言われています。​

| 宗教

アメリカ人の半数弱がキリスト教のプロテスタント系の宗派に属しており、ほかのキリスト教の宗派も合わせると、アメリカ人の約70%がキリスト教徒です。プロテスタント系に属する人が多い理由は、初期にヨーロッパからアメリカに入植してきた人の中に、宗教弾圧を避けてアメリカに渡ってきたプロテスタント系の清教徒が多かったためと考えられています。

アメリカの企業で働きたいと考えたとき、文化や企業風土の違いを理解しておくことも転職成功への第一歩といえます。エンワールドなら外資系企業ならではの特徴や転職プロセスについても、きめ細かいサポートが可能です。

■アメリカの文化を知る!生活様式編

アメリカと日本で異なる生活習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。ここで挙げるものが、すべてのアメリカ人の生活に当てはまるものではありませんが、参考までにご紹介します。​

| 洗濯物を外干ししない

アメリカを含む欧米の国々では景観の保護や、放火・窃盗などの防犯を理由に、洗濯物を外に干さないのが一般的です。また、州によっては法によって禁止されている場合もあります。

そのため、賃貸の物件には、乾燥機が備え付けられていることが多くあります。うっかり日本の感覚で、ベランダや窓の外壁に布団を干すと、「洗濯物を外に干さないでください。」というメモ書きがドアの下に入っていたという話も時折耳にします。​

| バス・トイレの習慣と様式

アメリカ人(およびその他イングリッシュ・スピーカー)の同僚に、自宅で開催されるビジネス会食に招待されることもあるかもしれません。その際、どうしてもトイレを使用したい場合がありますよね。そんなときは「Can I use the restroom?」とスマートに伝えましょう。日本語でいう「トイレを”借りる(=borrow)”とは言いません。くれぐれもご注意ください。

また、アメリカではバス・トイレのドアが閉まっている場合は、使用中という暗黙の了解が存在します。そのため、使用していないときはドアを開けておく必要があります。その他にも、公共のトイレのドアは足元が空いているのが一般的で、これは犯罪防止のためだといわれています。​

| 救急車は有料

日本では無料で救急車を呼べますが、アメリカでは救急車は有料です。地域によって料金に違いはありますが、数万円以上かかります。アメリカで救急車を利用すると、高額の費用がかかることは知っておくといいでしょう。​

| ゴミの分別事情

アメリカでは、一般ゴミと資源(リサイクル)ゴミの2つに分別することが多いようです。その際、日本では資源ゴミであるペットボトルは更に、キャップ、ラベル、ボトル本体と3つに分別されます。しかし、アメリカでは資源ゴミの細分化がなく、そのような厳格な分別を必要としません。

また、地域によっては、オーガニックゴミ用のボックスを設置していることもあるようです。​

| アメリカの文化を知る!交通編

ここでは、道路は右側通行、踏切での一時停止は不要など、アメリカならではの交通ルールについて解説していきます。​

| 右側通行

アメリカの道路を自動車で走る場合は、日本とは異なり右側通行となります。そのため、自動車も右ハンドルではなく左ハンドルとなっており、日本とは運転環境が異なります。アメリカで自動車を運転する際は、慣れるまで十分な注意が必要となるでしょう。​

| 赤信号での右折

アメリカでは信号が赤であっても、交差点で一番右側の車線にいる場合は、基本的に右折することができます。右折禁止になっていない交差点で、止まったままになっていると、クラクションを鳴らされることもあります。​

| 踏切でも直進OK

アメリカの道路では、トラックやバスなどの大型車を除いて、踏切を横断する際の一時停止は不要です。日本と同じ感覚で踏切の手前で一時停止してしまうと、追突事故の恐れがあるため、踏切を通過する際は減速せずにそのまま通過する必要があります。​

| スクールバス優先

アメリカの車道ではスクールバスが最優先です。スクールバスが停車してSTOPというランプが点灯している場合、STOPのランプが消えるまで後続車も必ず停車しなければなりません。スクールバスを追い抜くと違反になるため注意したほうがいいでしょう。​

| 前向きに駐車

日本ではバックして駐車場に自動車を停めることが多いですが、アメリカではバックせずに前向きのまま駐車場に止めるのが一般的です。これには、後ろに壁などがあると荷物を積みにくくなることや、車上荒らしを防ぐためといった理由があるようです。

アメリカの企業で働きたいと考えたとき、文化や企業風土の違いを理解しておくことも転職成功への第一歩といえます。エンワールドなら外資系企業ならではの特徴や転職プロセスについても、きめ細かいサポートが可能です。

■アメリカの文化を知る!挨拶・ジェスチャー編

アメリカと日本では挨拶やジェスチャーの意味が異なることがあります。ここでは、アメリカでの挨拶やジェスチャーの意味について解説します。

| 挨拶

コロナ禍になる以前、アメリカでは、握手やハグで挨拶をするのが一般的でした。また、ビジネスの場では握手による挨拶が主流でした。

ですが、現在はコロナの影響もあって、ビジネスの場はもちろん、日常生活における挨拶も変わってきているようです。

| 名刺交換

アメリカ人は日本人ほど、名刺を重要なものだと考えていません。また、日本のように厳格な名刺交換の作法も存在しません。名刺ケースの上に名刺を載せ、両手で丁寧に出した名刺を、片手で受け取られたからといって、驚かないでください。

名刺を交換するタイミングにも少し違いがあるようです。日本では、ビジネスの場で初対面の場合、最初に名刺を渡すことが多いですが、海外では挨拶をして簡単な会話を交わした後に、名刺を交換するのが一般的です。​

| 手招き

手のひらを下にして手招きすると、アメリカでは「むこうに行け」という意味になるため注意したほうがいいでしょう。アメリカでは、手招きするときは手のひらを上に向けるのが一般的です。状況によってはトラブルの原因になるので注意しましょう。 ​

| 意思表示

アメリカでは親指を立てて下に向けるとNoという意思表示になります。また、ビジネスの場で腕を組むと敵対の意思表示として受け取られることがあります。海外のビジネスマンとの打ち合わせに臨む際には、腕を組まないよう気をつけましょう。​

■アメリカの文化を知る!ショッピング・食事編

アメリカで飲酒できるのは21歳から、サービスを受けたらチップを支払うなど、ショッピングや食事に関連したアメリカの習慣について解説します。​

| ビッグサイズが正義

アメリカは日本と比較すると、とにかく品物のサイズが大きいという特徴があります。スーパーで販売されている食品は、買い置きを前提にしているためビッグサイズが基本です。また、自動車も日本車と比較すると大きいサイズの車種が多いです。​

| 飲酒は21歳から

アメリカでは21歳から成人と見なされるため、飲酒ができるのは21歳以上からです。日本人を含むアジア系の人種は、白人よりも幼く見られることがあるため、アメリカで飲酒する際は身分証明書を持ち歩くようにしましょう。​

| チップを払う

アメリカにはサービスを受けた際に、チップを支払う習慣があることが知られていますが、これはレストランやホテルに限った話ではありません。タクシーなどでもチップを支払うのがマナーです。チップの相場は、サービス料金の15%から20%程度です。​

| 支払いはクレジットカードが主流

アメリカでは、買い物やサービスを利用した際はクレジットカードで支払うのが一般的です。店舗によってはクレジットカードによる支払いしか受け付けていない場合もあるため、アメリカに行く際はクレジットカードの携行を忘れないようにしましょう。 ​

アメリカの企業で働きたいと考えたとき、文化や企業風土の違いを理解しておくことも転職成功への第一歩といえます。エンワールドなら外資系企業ならではの特徴や転職プロセスについても、きめ細かいサポートが可能です。

■まとめ

異文化圏の人々とよい関係を築く上で、相手の文化を理解することは大切なことのひとつです。この記事で解説した内容を参考に、アメリカ人のクライアントや上司・同僚と良好な関係を築き上げてください。

また、今は日系企業で働いているものの、外資系企業や日系グローバル企業への転職を検討している人は、グローバル企業に強い転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。エンワールドは大手外資系企業からスタートアップ企業、さらには日系グローバル企業の求人も多く取り扱っています。

キャリアアドバイザーが、グローバル企業への転職をスムーズに進められるように、転職希望者の意向に合わせたアプローチを提案いたします。

まずは、気軽に無料面談へご応募ください。

グローバル企業・外資系企業への転職ならエンワールド