ブログへ戻る

外資系企業で働く50代に必要なスキルや給与とは?転職のコツを交えて解説

Posted by en world Japan

1年以上前

外資系企業と言えば、高い報酬、自由な勤務スタイルなど、魅力が多く、50代を過ぎても外資系企業でバリバリ働いている人も多いでしょう。中には、50代で外資系企業間での転職を考えていたり、5代を過ぎてから外資系企業へ転職を考えたりする人もいるのではないでしょうか。今回は、50代を過ぎてからの外資系企業への転職事情について詳しく解説しています。

 

■外資系企業における40~50代の中高年層の転職事情とは

people walking on sidewalk pathway beside road with vehicles and high-rise buildings during daytime

 

中高年を過ぎると、一般的に言って他の会社への転職は難しくなります。応募時の年齢には制限はなくても、書類選考や面接時に落とされてしまうことも多いです。

 

だからと言って転職をあきらめてしまう必要はありません。実際には、40代や50代になっても転職に成功している人たちというのは大勢います。

 

なぜなら、彼らが新しい会社で働いていくための高い能力を身につけていたからだと言えます。とくに責任ある地位を務めていたことのある人や、専門的な知識やスキルを学んだ人であれば、たとえ50代を過ぎていても、必ずしも転職に不利に働くとは限らないのです。むしろ、それまでの経験や技術がプラスに変わる場合もあります。

 

外資系企業の場合もそれは同じです。その一方、外資系企業には外資系企業特有の企業風土というものがあります。それは、何よりも即戦力を重視するという点です。スキルや知識を持っていない人が、いきなり外資系企業に転職するということは、50代以前であっても難しいでしょう。

 

一般的に外資系企業へ転職する際に必要とされる人材の多くは、だいたい20代前半~40歳前後くらいの人たちです。しかし、即戦力という点で考えると年齢はあまり関係なく、その人物がどんな知識やスキルを持っているかのほうがより大きなウェイトを占めます。

 

また、大企業を狙うよりは、中小規模の外資系企業を狙って転職したほうが、成功しやすい傾向があります。

 

業界や業種、職位によっても転職者に求められる人材像や年齢というものは異なってきます。以前に同じような会社に勤めていた経験のある人であれば、外資系企業では即戦力になると判断してくれる可能性が高いです。もちろん、英語能力も重要で、英語による会話のスキルが高ければ、外資系企業への転職はそれだけ有利に働きます。


 

■40~50代の中高年層が外資系企業に入社できる条件

man putting hands on pocket while standing in front of glass wall

 

外資系企業で求められる人材は、大きく分けるとアナリスト、アソシエイト、ヴァイスプレジデント、マネージングディレクターなどに分類できます。プロジェクトマネージャーやプリンシパルといった職位もあります。

 

この中で、アナリストやアソシエイトなどは比較的若い人材が必要とされる職位です。アナリストというのは市場動向の分析などを行う職種、アソシエイトというのは人事や会計、総務など裏方を担う部門になります。

 

これに対して、ヴァイスプレジデントやマネージングディレクター、プロジェクトマネージャー、プリンシパルなどは、それなりに責任のある職位です。こうした職位にはより経験の豊富な年齢の高い人物が必要とされます。

 

40代~50代の中高年層が外資系企業への転職を狙う場合には、こうした責任ある地位を狙っていくのも一つの手だと言えるでしょう。そのためにも、それまでの職務経験や転職経験は重要になってきます。あまりにも一貫性のない働き方をしてきた人であれば、外資系企業はそうした人材を避けがちです。

 

日本人の就職者や転職者を主に募集しているのは、製薬業界や金融業界、コンサルティング業界といった業種です。中でも、金融業界やコンサルティング業界では、それまでの知識や経験が物を言うため、転職者を積極的に受け入れている業界でもあります。こうした会社であれば、中高年になってからの転職も比較的容易でしょう。

 

ただし、先にも書いたように50代以降の転職者に求められるのは、まず何よりも責任者としての能力や専門性です。また、コミュニケーション能力や部下や職場のマネジメント能力にも優れていなければなりません。英語能力はそれほど流暢でなくてもOKな場合もありますが、外国人が上司であったり、外国の企業と取引があったりする場合には、ビジネス英語以上のものが求められるケースが多いです。


 

■40~50代の中高年層の人材に対して外資系企業が求めるスキル

brown fountain pen on notebook

 

40~50代の中高年層が外資系企業で働く場合、何よりも物を言うのは行動力や実現力です。そのため、転職時にはそれなりの実績が求められます。若い人であればTOEICの点数や、どんな資格を持っているのかなどが重視されますが、中高年層の転職ではこうしたことは基本にすぎません。

 

例えば、英語が必要となる部署であれば、TOEICで750点台~800点台以上を出しておくことは必要条件です。英語は、そのレベルによって「日常会話レベル」「ビジネス英語」「専門用語を交えた英語」などに大きく分けることが出来ます。とくに、金融業界やコンサルティング業界などで仕事をする場合には、ビジネス英語以上のものが求められると思っておくとよいでしょう。

 

その一方、英語能力が必要ではない部署もあります。外資系企業には社外との交渉役となるフロントオフィスの他に、情報の分析を行うミドルオフィスや、裏方で事務を行うバックオフィスといった部署があります。バックオフィスでは日本人同士での会話や交渉が主となるため、それほど高度な英語スキルは必要とされません。

 

40代~50代以降の人材に外資系企業が求めるスキルは、自分からテーマを発信してくれる人物、物事に柔軟に対応できるフレキシビリティ、問題が起こった時にそれを解決できる問題解決能力などです。もちろん、社内や社外でコミュニケーションを取ることにも秀でていなくてはいけません。

 

このように、40代~50代での外資系企業への転職には、それなりに高いスキルが求められます。これまでに働いてきた経歴を無駄にしないように、自分の経験を積極的に活用出来る職場を探していくことが大切です。

 

当然ですが、過去に同じような業界で働いてきた人材は重宝されます。製薬業界であれば国内の製薬会社、金融業界であれば同じく国内の銀行や投資銀行、生命保険会社など、コンサルティング業界であれば同じくコンサルティング企業で働いてきた人材は重宝されます。後は英語能力さえしっかりしていれば、50代からでも前線で働くことが出来ます。


 

■40~50代の中高年層が外資系企業で働くメリット

person writing on paper leaning on brown table

 

40代~50代の中高年層が外資系企業で働くメリットは様々です。一例を挙げれば下記のような点が挙げられます。

 

☑これまで得たスキルを活用することが出来る

国内企業の場合、年功序列によって、ある程度任される仕事が決まってしまいます。十分な知識やスキルを持っていても、それが活かせない場合が往々にしてあるわけです。しかし、外資系企業であれば事情は変わってきます。

 

外資系企業では年齢というものをあまり重視しませんし、すべてが実力主義・成果主義になっていることが多いです。そのため、自分が持っている能力をいかんなく発揮出来るのも外資系企業の魅力の一つなのです。もちろん、国内企業で働いていた時に得た知識やスキルは、外資系企業に転職してからも活かすことが出来ます。

 

☑報酬が高い

外資系企業は報酬が高いというのはよく聞く話です。しかし、これはインセンティブ(歩合給)を含めた年収が高いためで、基本給(ベース給)はそれほど高いわけではありません。ベース給に関して言えば、日本企業と同じくらいか、それよりも少し下がってしまう場合もあります。

 

外資系企業はとにかく実力主義なので、積極的に自分をアピールしてプロジェクトに関わって行く姿勢が大切です。個人の実績を把握しにくいことも多く、すべては現場で使える人間がそうでないかで評価が決まります。自分自身を活かすことの出来る人材であれば、インセンティブはかなり高いものとなり、それだけ年収もアップします。

 

☑ワークラーフバランスが取れている

外資系企業では、仕事の時間は仕事の時間、プライベートの時間はプライベートの時間としっかりと分けられています。自分の時間をきちんと確保したい、という人にも外資系企業は向いています。

 

☑人脈や視野を広げることが出来る

部署にもよりますが、人脈や視野を広げることが出来るのも外資系企業の魅力でしょう。とくに、外資系企業では40代や50代でのリストラが少なく、経験を積めば積むほどそれが自分に対して返ってくる、という環境があります。幅広い知識や人脈を培うことが出来れば、それだけ自分の人間力も高めることが出来ます。


 

■40~50代の中高年層における外資系企業の給与の目安とは?

photo of dollar coins and banknotes

 

外資系企業の給与の体系は、国内企業のそれとは少し異なり、ベース給(基本給)とインセンティブ(歩合給)に分かれています。インセンティブというのは、国内企業で言えばボーナスに相当するものだと思うと良いです。また、外資系企業では年齢による給与の差が少ないことも特徴の一つです。

 

外資系企業での給与は、1年間の額で平均すると約1,000万円くらいだとされています。このうちのベース給は、業界や職位によって違いますが400万円~800万円くらいです。外資系企業は実力主義の世界であるため、実績を挙げればインセンティブはどんどん上がっていきます。

外資系企業は業界によっても給与の額が変わってきます。とりわけ給与が高いのは外資系の投資銀行で、平均年収はおよそ1,100万円くらいです。また、ベース給の30%~100%くらいのインセンティブをもらうことが出来ます。場合によっては、ベース給の倍の額の年収を受け取ることも可能なわけです。

 

外資系企業で働く場合、どのような職種で働くのかによっても給与には違いがあります。アナリストやアソシエイトといった事務方の職種の場合、だいたいベース給は400万円~1,000万円くらいです。外資系投資銀行だと、この額は1,500万円程度まで上がることもあります。

 

また、ヴァイスプレジデントやマネージングディレクター、プリンシパルといった責任者の地位についた場合には、基本給はもっと高くなります。こうした職種の場合、ベース級は最低でも1500万円は下りません。多少幅がありますが、2,000万円~4,000万円程度、平均すれば3,000万円くらいの報酬をもらうことが出来ます。

 

40代~50代くらいの人が外資系企業に転職する場合には、責任者の地位に就くことを求められることが多いですから、ベース給は1,500万円は下らないと思っておいて良いでしょう。これにインセンティブが加わるわけですから、年収はかなりの高額になることになります。


 

■まとめ

three men on the pathway

今回は50代からの外資系企業への転職事情をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。外資系企業と言っても様々な業界や職務があること、ある程度のスキルや知識とともに現場での責任ある行動や能力が求められることなどがお分かりいただけたと思います。

 

もし、外資系企業に転職したいと考えているのであれば、外資系企業や英語を活用した転職・求人エージェント エンワールド・ジャパンを利用するのがおすすめです。50代と言えばまだまだこれからという年齢です。まずは、無料面談への登録から始め、新たな第一歩を歩みはじめてみませんか?

 

外資系やグローバル企業、英語力を活した転職・求人エージェントならエンワールド・ジャパンへの登録はこちらから