ブログへ戻る

外資系企業に向いてる人のマインドとは?

Posted by en world Japan

1年以上前

外資系企業への転職を目指しているものの、自分は外資系企業に向いているのだろうかと、悩むことはないでしょうか。外資系企業の社風は、日本の企業と異なる部分が多いです。

 

この記事ではどのようなマインドの人が外資系企業に向いているのか、もしくは向いていないかについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■外資系企業の社風    

外資系企業には、「柔軟な働き方ができる」「実力主義」といった特徴があります。ここでは、外資系企業の特徴について詳しく解説します。

 

| 実力で勝負

外資系企業は、結果を重視する実力主義をとっている企業が多いです。そのため年齢に関係なく結果を示せば、若い人でも重要なポジションにつくことができます。

 

結果を出し続ければ出世もできるため、実力に見合った評価が欲しい人にとっては理想的な環境です。実力主義をとっている日系企業も存在しますが、あまり一般的ではありません。反対に、年功序列が多い日系企業と違い、外資系企業の場合は結果を出せないとキャリアアップは望めないでしょう。

 

| 働き方が柔軟

外資系企業は日系企業のように、就業時間が固定されていることは少なく、自身の都合に合わせた柔軟な働き方が可能です。決められた時間内であれば、始業と終業の時刻は自由というケースもあります。

 

日系企業の中には、有給を取りにくい雰囲気のある企業もあります。しかし、外資系企業では、有給の取得は当然の権利と考えられており、有給を取りにくい雰囲気はありません。自身の都合やスタイルに合わせて自由度の高い働き方ができる点は、外資系企業で働くメリットのひとつと言えます。

 

■どのような人が向いている?

自身の努力次第で身につけることができる、外資系企業への転職に必要なマインドセットについて解説します。

| 自分の意見をはっきり言葉にできる

自分の意見をはっきりと言葉にできる人は、外資系企業に向いているでしょう。外資系企業では、さまざまなバックグラウンドを持つ人たちが働いているため、自分の意見を言葉にしてはっきりと伝える必要があります。

 

日本人は和を重んじる傾向にあり、周りに合わせることが多くあります。しかし、外資系企業では、意見を言わないと自分の考えを持っていない人と思われてしまう恐れがあるため注意しましょう。

 

| 自分を管理できる

柔軟な働き方ができる一方で、外資系企業では日系企業以上に自己管理能力が求められます。外資系企業は実力主義であるがゆえに、結果を出せなければ解雇される可能性があります。目標達成のために、自主的に考えて行動する姿勢が大切になります。

 

仕事を休むのも怠けるのも自由ですが、結果を出せなければ職を失うこともあります。外資系企業では、常に成果を出すために自分を上手に管理する能力が求められます。

 

| システム思考を持つ

システム思考は、外資系企業で働く上で必要になる考え方です。システム思考とは、問題を構造化して根本的な解決方法を探る論理的思考を意味します。外資系企業には、さまざまな価値観や考え方持つ人たちが集まっているため、組織が複雑になりがちです。複雑化した組織の問題を解決する上で、システム思考は欠かせません。

 

| 多様な観点を持つ

外資系企業で働く場合、多様な観点からものごとを捉える能力が求められます。異なるバックグラウンドを持つ同僚やクライアントとともに仕事を成功させるためには、彼らを理解することが不可欠です。例えば、日本人同士のビジネスメールでは、返事に対してお礼のメールを送ることが多いですが、そういった習慣がない国も多くあります。

 

外資系企業で働く際には、自国の文化を基準に考えるのではなく、異文化を理解する姿勢が大切です。

 

■キャリアを自ら構築したい

積極的に自らのキャリアを構築していきたいと考えている人にとって、外資系企業は理想的な転職先でしょう。結果が重視されるため、成果を出せる人は収入も上がりやすく、出世のスピードも速くなります。年功序列の日系企業のように、勤続年数によって全てが決まることはありません。

 

自分の企画が採用されたり、大きな売上目標を達成できれば、年齢に関係なくキャリアアップが可能です。

 

■どのような人が向いていない?

外資系企業に向いている人について解説しましたが、反対に外資系企業に向いていない人の特徴について解説します。

 

| 語学があまりにもできない

英語が極端に苦手という人は、外資系企業での活躍は難しいでしょう。企業にもよりますが、社員同士の連絡は英語で行われることが多く、クライアントとのやり取りも英語で行うこともあります。意思の疎通がうまくいかなければ、仕事で結果を出すのも難しくなります。

 

外資系企業では入社後の2ヶ月間ほどは、本格的な業務を担当させないことも多くあります。英語に自信がない人は、この期間に基本的な英語力を身につける必要があるでしょう。

 

| 臨機応変ではない

状況に合わせて臨機応変に対応することが苦手な人は、外資系企業で働き続けるのは難しいでしょう。企業の方向性の変更や計画の見直しが頻繁に行われるため、状況に合わせて対処しなければなりません。外資系企業でキャリアを積むためには、日々起こる変化を楽しめるだけの余裕も必要です。

 

同じ業務を日々繰り返すような働き方を希望している人にとって、変化の多い外資系企業の環境はストレスになるでしょう。

| 安定志向な人

外資系企業は日系企業と比較すると、組織体制や立場が変化しやすく、昇進や降格の人事も頻繁にあります。昇進しても結果を出せなければ、降格もあるため油断は禁物です。外資系企業で働き続けるには、現状に甘んじることなく常にスキルアップを目指さなければなりません。

 

役職についたからといって安心はできないため、安定志向の人にとって外資系企業は働きにくいと感じる可能性があります。

 

■外資系企業で英語を使うシーンはどのくらいなのか

外資系企業といっても、ネイティブ並みの英語力が必須というわけではありません。場面別に対策を立てておくことで、転職できる可能性は十分にあります。

| 現地の社員とのコミュニケーション

外資系企業では、社員同士のコミュニケーションは、英語で行われる場合が多いです。グローバルに事業を展開している企業では、さまざまな国にオフィスがあります。在籍している人たちの国籍もさまざまで、現地の社員とコミュニケーションをとるためには英語力が必要です。

 

また、日本のオフィスに配属された場合でも、日本語が苦手な上司や同僚とコミュニケーションをとるために英語が必要になります。ビジネスシーンを意識した英会話に慣れておきましょう。

 

| メールや資料

外資系企業の社内通知や資料などは英語で作成される場合が多く、社内でのメールも英語が使用されます。また、日本人の社員同士であっても、メールでは英語を使うことがあります。翻訳せずに読むことができる程度の読み書きの能力も必要になります。

 

外資系企業への転職を希望しているのであれば、メールで使えるお決まりの文句や定型文を学んでおくとよいでしょう。        

 

| クライアントとのコミュニケーション

クライアントとのやり取りでも英語を使用します。外国人のクライアントとコミュニケーションをとる際には、英会話のスキルが必須です。クライアントによってはメールでのやり取りもあり、総合的な英語力が求められます。

 

日本語が苦手な社員とのコミュニケーションにおいて支障がないレベルの英語力が身についていれば、クライアントとのやり取りも問題ないでしょう。

 

■まとめ

外資系やグローバル企業に向いている人の特徴や、英語が必要になる場面について解説しました。求められる英語力は企業によって異なるため、英語が苦手な人でも外資系企業への転職は十分可能です。

 

外資系やグローバル企業への転職を検討している人は、英語面接対策ができる転職エージェント「エンワールド」を利用してみませんか。エンワールドの英語面接対策では、よくある英語の質問とそれに対する返答方法などアドバイスしておりますの助言を受けることができます。

まずはぜひご登録ください。

 

無料面談実施中!外資系企業・グローバル企業への転職なら「エンワールド」