ブログへ戻る

外資系企業に派遣で働くには?職場の雰囲気から外資系に向いている人まで徹底解説

Posted by en world Japan

2年弱前

外資系企業に派遣社員として働きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、外資系企業といっても実際の職場の雰囲気を知る機会はあまりないかも知れません。

 

この記事では、派遣社員が外資系企業で働く場合の職場の雰囲気について解説します。また、外資系に向いている人の特徴も紹介しますので、外資系企業で働きたいと思う人はぜひ転職活動に役立ててください。

 

■派遣社員からみる外資系企業の雰囲気

ここでは、派遣社員の立場からみた外資系企業の雰囲気を解説します。日系企業との共通点も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

| 日系企業よりもドライな雰囲気

ひとくちに「外資系企業」といっても雇用形態や待遇は会社によって大きく異なります。一方で、共通する点としては成果主義ということがあげられるでしょう。日系企業では年齢による序列や経験が重視されがちですが、外資系企業では実力を重視する傾向が強くあります。

 

そのため、外資系企業では転職歴のある社員が多く、よりドライな雰囲気を感じる方が多いです。派遣社員であっても同様で、仕事とプライベートを割り切っている傾向が強くあります。また社風としても、人材の流動が激しいこともあり、歓送迎会や忘年会といった社内イベントのない会社がほとんどで、アットホームな傾向が強い日系企業とは大きく異なります。

 

| 日系企業との共通点

外資系企業は残業が少ないと言われていますが、個人の責任範囲がはっきりしており、仕事の成果で自分の評価が決まるため、たとえ定時でも仕事が終わらないと帰れない場合があります。このあたりは日系企業と変わりがないといえるでしょう。ただし、派遣社員の場合は成果報酬ではなく、残業したぶん時給が発生するため、基本的に残業はありません。

 

また、外資系企業といっても社員がほとんど日本人であり、勤務形態も日系企業と変わらない会社も多くあります。派遣社員も同様で、そういった会社では待遇も日系企業と大きな差はありません。

 

■外資系企業の雰囲気に向いている人

ここでは、派遣社員として外資系企業で働くことに向いている人の特徴を紹介します。

 

| 語学が堪能

英語を使わない部署もありますが、外資系企業においては語学力があるに越したことはありません。派遣社員であっても、ある程度の英語ができれば海外チームとのやりとりや取引先との交渉を引き受けることもでき、仕事の幅が広がります。

 

| スピーディに仕事がこなせる

外資系企業では長い時間働くことよりも、限られた時間で多くの成果を出せる人が評価されます。特に派遣社員は時給で働いていることもあり、スピーディに仕事がこなせる人が評価されやすいといえるでしょう。

 

| タフである

外資系企業は仕事の成果で評価されるため、年功序列の企業とは文化が違います。派遣社員においても「自分より年下なのに時給が高い」「自分より経験が浅い人が評価される」ということもよくあります。そういった場合でもモチベーションを保ちながら仕事に向かえるタフさが必要です。

 

| フレキシブルに対応できる

外資系企業は、様々な国籍や考えを持っている人とコミュニケーションを通してお互いの意見を交える機会が多くあります。取引先が外国企業や外国人であることも多いため、グローバルな視点をもち、違いを感じてもフレキシブルに対応できる人の方が外資系企業に向いています。

 

| 自分の意見を主張できる

国籍や文化の異なる人とコミュニケーションをとる上では、「自分の意見を主張できること」が特に重要です。自己主張をしなくては相手に意見を伝えることはできず、意思疎通ができません。派遣だからといって他人の意見に流されるばかりでなく、自分の意見をきちんと主張できる人は外資系企業に向いています。

 

■外資系企業の雰囲気に向いていない人

反対に外資系企業で働くことに向いていない人の特徴を紹介します。

 

| 安定志向

外資系企業は日系企業と異なり、会社によっては福利厚生がまったくないところもあります。また、派遣社員であっても仕事ができなければすぐに解雇されることもあり、日系企業のような安定や手厚い福利厚生を期待する人には向いていないといえるでしょう。

 

| 保守的や受け身な人

さまざまな国籍や文化的背景を持つ人が集まる外資系企業では、自分の意見を主張しなくてはコミュニケーションが取れません。その意味で、他人の意見に流されてしまう受け身な人や、変化を嫌う保守的な人は外資系企業には向いていないといえるでしょう。

 

| 指示をもらって働きたい人

自分の意思や意見を主張しなくては仕事にも影響するため、ただ指示を待つばかりの人は仕事が進まず成果もあげられません。派遣社員だからといって受け身にならず、自ら率先して動ける人の方が評価されるでしょう。

 

| ゆっくりのんびり働きたい人

外資系企業では、日系企業以上にスピーディに仕事をこなす能力が求められます。派遣社員であっても責任をもって仕事にあたることも多く、派遣社員としてであってものんびり働くことは比較的難しいでしょう。

 

■外資系企業の派遣に応募するには

外資系企業では語学力はもちろん、仕事の成果も求められます。どう対処すればより多くの成果があげられるのか、仕事を効率よく終わらせるにはどうすればよいか、と考えることが重要になります。

 

外資系企業で働くには派遣社員という方法もあります。派遣社員として外資系企業で働きたい場合は、まず外資系企業に強い派遣会社に登録するのが近道です。外資系企業でも、会社によって求められるスキルや条件は異なるため、求人の募集内容をよく確認する必要があります。英語力に自信があるなら、語学力が活かせる外資系の派遣を検討してみてはいかがでしょうか。

 

エンワールドの派遣はバイリンガルの人材だけでなく、ITなどの専門領域のさまざまなスキルに長けたプロフェッショナルにも派遣を中心に仕事をご紹介しています。一人ひとりに合わせたキャリアアドバイスや入社後の活躍にフォーカスした視点で支援していますので、まずは無料面談にご応募ください。

 

エンワールドの詳細についてはこちら