ブログへ戻る

転職活動の面接平均時間は30分〜1時間って本当?|面接の時間について解説

Posted by en world Japan

約2年前

書類選考を通過できたら、次はいよいよ面接です。では、面接時間はどのくらいが目安なのでしょうか。

 

一般的な面接時間の目安は30分~1時間程度ですが、面接官によっては長くなったり短くなったりする場合もあります。

この記事では、特に外資系企業へ転職希望の方に向けて、面接時間の長さと合否の関係、面接の時間帯についてなど、面接と時間の関係について解説します。

■転職活動、面接時間の平均は?

転職活動で重視されるのは、書類選考や筆記試験よりも面接です。外資系では特にその傾向が強いとされています。

経歴や職歴以外にも、人となりを見るためにじっくりと30分以上の時間をかけることもあります。

 

在職中に転職活動をしている方は、仕事の合間や休憩時間に面接を受けたり、面接後に予定が入ってしまう場合があります。

自分のスケジュール管理のためにも、面接時間がどのくらいになるのかについて、詳しく知っておきましょう。

 

| 30分~1時間が一般的

業種、職種にもよりますが、面接時間は基本的に30分~1時間程度が一般的です。

 

面接は新たに採用する方の人となりや自社との相性をチェックする場のため、面接する側もできるだけ時間を掛けてじっくりと話をしたいものです。

しかし、面接官にも本来の業務があるため、ある一定の時間で切り上げなくてはいけません。そのため、大体30分~1時間くらいになるのです。

 

| 採用側の事情で30分程度に区切っていることも

時間を30分で区切っている会社も存在します。その理由のひとつとして、応募者が多いということがあげられます。

応募者が多い会社は、同日に一斉に面接を行うことも多く、ひとりひとりに異なる時間で面接をすると、不公平に感じてしまう応募者が多くなってしまいます。

また、面接開始予定時間がズレてしまうため応募者に面接時間を指定することができなくなります。

 

そのため、応募者が多い会社は面接時間を30分と区切っている場合があります。

 

| 面接時間は面接官によって長くも短くもなる

「面接時間の目安は30分~1時間」と前述しましたが、面接時間の長さは担当する面接官次第でもあります。

 

話好きの面接官だったり話が弾んだ場合、1時間を超える場合もあり、反対に質問事項に簡潔に答えていった場合、30分を切ってしまうこともあります。

面接時間を区切っている会社を除き、面接にかかる時間には幅があることを認識しておきましょう。

 

■「面接時間が10分」=「不合格」とは限らない

面接時間がたとえ10分だった場合でも不安に感じる必要はありません。

短すぎるから不合格とは限らず、採用側の事情で短い時間しかとれないときや、すでに結果が見えているときは、短い時間でも合格の場合があります。

 

| 時間が短くても不採用にならないことも

例えば、応募者の数が多い場合や次の予定が入っている場合など、採用側の事情で面接時間が短くなる場合があります。

この場合、こちらの事情ではないため、不利になることはありません。

限られた時間であってもしっかりと自己アピールができていれば、採用されることも十分考えられるので安心して臨みましょう。

 

| 極端に短い場合は、すでに結果が決まっているかも?

また、すでにあなたの採用が決まっている場合、面接時間が短くなることがあります。

履歴書や職務経歴書の段階でほぼ採用が決まっていて、後は人となりを確認するためだけに面接をすることがあります。

その場合は、転職理由や志望理由、入社の意思確認だけで終わることがあります。時間が短くても採用されることはありますので、心配し過ぎる必要はないのです。

 

■面接時間が長い場合はいくつか理由あり

面接が長い場合にも理由があります。ただし、面接時間が長いからといって合格とは限りません。

単純に面接官が話好きで話が弾んでしまった場合や時間に余裕がある場合などは、面接時間が長くなります。

☑ あなたに興味を持って、つい時間がオーバー

面接官があなたに興味を持った場合も、面接時間が長くなることがあります。

 

履歴書に他の方とは違う経歴が書かれていると、面接官がその経歴について興味を持つことがあります。

その内容を掘り下げていくと、いつの間にか時間が経過してしまうこともあるでしょう。その場合でも、合否は時間ではなく受け答えの内容次第なので気をつけましょう。

 

☑ 面接官が話好きのタイプ

単純に話好きの面接官だった場合も、時間が長くなることがあります。

また、質問に回答していった結果、話が盛り上がって長くなることがあります。

面接では質問すべき事項があらかじめ決まっていることも多く、ひとつの話で30分以上話してしまっても、全ての事項が質問されない限り面接は終わりません。

 

話が盛り上がった場合、面接時間が長くなることもあるので覚悟しておきましょう。

 

☑ 採用側に時間の余裕がある場合

面接は応募者の人となりをチェックするために、できるだけ多くの話をしておきたいものです。

そのため、面接官に時間の余裕がある場合、面接時間が長くなることがあります。

面接官がある程度、あなたに興味を持ったということですが、やはりその場合でも受け答え次第では不採用になることもあるので気をつけましょう。

 

■転職面接の時間と合否の関連性は?

前述したとおり、面接時間と合否は基本的に関係ありません。

面接が10分で終わったからといって必ずしも不採用になるわけではなく、反対に1時間半かかったからといって必ず合格するとも限りません。

ここでは合否に関わるものは何なのかを解説します。

 

| 面接時間は合否に直接関係しない

面接時間の長い短いは採用、不採用には直接関係しません。

そのため、面接時間が短かったからといって落ち込む必要はなく、長かったからといって安心するのも時期尚早です。

面接官の予定や性格、応募者の数などで面接時間は変わります。時間の長さで一喜一憂しないほうがよいでしょう。

 

| 大切なのはあなたのアピールする中身

面接で大事なのは、面接時間の長さではありません。

短い時間でも自分の長所をしっかりアピールできれば採用される可能性は高まるでしょう。反対に時間が長いと、長い時間分だけ内容に気をつけなければ、意図せずに欠点がでてしまい、不採用になってしまうこともあります。

重要なのは時間ではなく、中身であることを改めて意識して面接に臨みましょう。

 

■面接の時間指定は、お互いに思いやりを

在職中に転職活動をする場合、面接の時間帯も重要です。

 

面接のスケジュールは、自分で候補時間を伝える場合と、企業から指定される場合と、双方の協議で決める場合とがあります。

面接のスケジュールが理由で不採用になることはありませんが、自分の希望スケジュールに固執していると、面接前に印象が悪くなってしまいます。

スケジュール調整が必要な場合は、なるべく相手の意に沿った日時を伝えるようにしましょう。

 

| 面接希望日は複数提示する

面接の時間帯を自分で指定する場合、可能な限り複数の時間帯を指定するようにしましょう。

ひとつの日時しか指定しなかった場合、面接官の予定とマッチしなければ、何度もスケジュールを決めるやり取りをすることになってしまいます。

複数の候補を伝えれば、その分スケジュールの調整も楽になります。

 

| 夕方以降でも問題なし

在職中の転職活動だと、どうしても平日の日中に面接を受けることが難しい場合もあります。
その場合は夕方以降の時間帯を指定しても基本的には問題ありません。

とはいえ、面接官側にも都合があるため、あまりに遅い時間を指定するのは失礼にあたります。

夕方以降を指定する場合は、常識の範囲内にしておきましょう。

 

| 面接時間は日中と夜、どっちが良い?

日中の時間帯を指定するメリットには、面接官がまだ疲れていないという点があります。

「人は疲れてくると重要な意思決定をしなくなる」という研究結果もあり、同じ面接内容の場合、日中の方が採用される確率が高くなる傾向があるとも言われています。

 

一方、夜の時間帯でも、企業側にとってプラスになることもあります。

生産性のない採用業務を日中に行いたくないという企業も多いためです。

そのような企業の場合は平日の18時半以降に面接時間を指定すると効果的です。希望する企業にあわせて設定しましょう。

 

| 時間変更はNG、無理ならすぐに連絡を

基本的に、面接時間を後から変更することはNGとされています。

面接する側もスケジュール調整には労力を必要とするため、頻繁にスケジュールを変更する方に対しては、「相手のことを考えることができない」と評価する可能性があります。

どうしても調整できない場合、すぐに変更希望の連絡をするようにしましょう。

 

■まとめ

転職の面接では、面接時間の長さによって合否が決まるわけではありません。大切なのは受け答えの内容ですので、十分に準備をすれば面接に不安を持つことはありません。

面接の内容について不安があるという方は、エンワールドの無料転職サービスをご活用ください。

 

エンワールドは外資系やグローバル企業の求人を専門に取り扱っています。

豊富な案件を保有し、面接対策もサポートいたしますので、上手に活用して有利に転職活動を進めましょう。

 

エンワールドはこちら