ブログへ戻る

システムエンジニアの転職を徹底解説!社内SEなどエンジニアの種類も説明しています

Posted by en world Japan

2年弱前

キャリアアップのために、システムエンジニアへの転職を希望している方もいらっしゃるでしょう。システムエンジニアは世界的に需要の高い職種であり、外資系やグローバル企業でも多くの人材を募集しています。

この記事では、システムエンジニアのなかのいくつかの種別について解説するとともに、転職のポイントを解説します。転職を成功させるためにぜひ参考にしてください。

 

■システムエンジニア(SE)とは?

ここでは、システムエンジニアの仕事内容の概要と詳細を解説します。

 

| 仕事の内容

システムエンジニアの仕事というと、一般的にはプログラミングにより、ソフトやアプリケーションを開発することを想像するかもしれません。しかし、プログラミングはシステムエンジニアの業務の一部です。

 

顧客企業や自社から要求された機能を満たすソフトを開発するために仕様を決定し、大まかな設計をするまでがシステムエンジニアの業務です。
また、必要な予算や人員を策定したり、プロジェクトの進捗を管理したりするなどのマネジメント業務も含まれます。

 

| 仕事の工程

システムエンジニアが担当するおもな業務は、プログラミングの上流の工程です。システムエンジニアの業務は、現状を分析するところから始まります。

顧客企業や自社の実務部門が抱える問題をソフトの開発によって解決するために、問題がどこにあり、どのようなソフトを開発するべきかを検討します。

 

下流の工程にあたるプログラミングはおもにプログラマーが担当します。仕様にもとづいてソフトが作成されれば、システムエンジニアはソフトを実装し、ソフトが実際に使われる環境でテストをおこないます。要求された機能や水準が満たされているかどうかを確認し、必要があれば修正をおこないます。

 

■システムエンジニアの種類

一口にシステムエンジニアといっても、さまざまな役割、あるいは働き方があります。ここではシステムエンジニアの種別を解説します。

 

| 社内(インハウス)システムエンジニア

社内システムエンジニアは、企業内のセキュリティを保全したり、社員が使用するパソコンやスマートフォンのトラブルに対応したり、あるいはIT資産を管理したりといった業務を担当します。また、自社内で使用されるソフトの開発を担うこともあります。

社内システムエンジニアは勤務地が一定であることや、ユーザーとの距離が近いため要望が汲み取りやすく、成果を確認しやすいなどの理由から人気です。

 

| SIer

SIerは「エスアイアー」と読み、一般企業や官公庁などのITシステムをコンサルティングしたり、必要なソフトやハードウェアの開発や保守、運用を担ったりする企業を指します。SIerに所属していて、各々の企業などに赴いてサービスを提供するタイプのシステムエンジニアも存在します。

SIerはプロジェクトの上流工程を担当できるため、プロジェクトマネジメントの経験と実力を身につけられる点がメリットです。

 

| フリーランス

特定の企業に属さず、自分で仕事を受注して働くタイプのシステムエンジニアです。かならずしも在宅勤務ばかりではなく、システムの実装やテストをおこなう必要性から契約した企業に出向したり、常駐したりするタイプのフリーランスシステムエンジニアも多く存在します。

フリーランスだと、仕事を獲得することが難しいイメージがあるかもしれませんが、フリーランスと顧客企業を結びつけるサービスを提供している企業もあります。そのため、求められる水準のスキルを備えていれば、仕事を獲得していくチャンスは充分にあります。実績と信頼を積み重ねられれば高収入を得られることも期待できます。

 

■システムエンジニアの転職で気をつけること

システムエンジニアとして転職するうえで、注意しておきたいポイントがいくつかあります。以下でその具体的内容を解説します。

☑ 頼れる人を探す

システムエンジニアはパソコンやインターネットの扱いに長けており、転職に必要な情報収集でもインターネットを重視しがちです。しかし、価値の高い情報がすべてインターネット上にあるとは限りません。

業界や特定の企業に関する情報は、知識と経験のある知人や転職エージェントなどに頼ったほうが確実な情報を得られることもあります。

エンワールドは国際的に有名な企業との強いつながりを有しており、プロフェッショナル人材の転職に有用な情報を多数保有しています。より好条件での転職を実現するために、転職エージェントの活用も検討してみましょう。

 

エンワールドの登録はこちら

 

☑ 自分のスキルや希望を整理する

企業は中途採用の人材に対しては、即戦力として活躍を期待する場合が多いです。

システムエンジニアとしてより好条件の転職を果たすためには、保有するスキルや経験を棚卸し、職務経歴書や面接で効果的にアピールするための準備をする過程が重要です。

自分にできることとできないことを把握し、そのうえでどんな業務やキャリア、待遇が望ましいかを検討して希望する企業を選定しましょう。

 

 

☑ 転職活動を後回しにしない

システムエンジニアの転職は年齢が若ければ若いほど有利です。年齢が上がるほど要求されるスキルや経験の水準が高まり、転職のハードルが高くなります。

同じ企業に所属して同じ業務を担当していると、新しい技術に触れる機会がなくスキルが陳腐化してしまいがちです。

転職活動を後回しにすることで、転職市場での自分の価値を下げてしまうこともあるので、転職を考えたならすぐに行動に移すようにしましょう。

 

 

☑ 転職先候補についてよく調べる

現在在籍している企業から別の企業に活躍の場を求めるなら、かならず転職によって実現したい希望があるはずです。その希望がかなえられる企業であるかどうかを事前にしっかりと研究しておき、入社したあとで希望と現実のギャップに気づくことがないようにしましょう。

また、面接対策として、企業の沿革や経営理念、業界での立ち位置などを把握しておくことが必要です。入社したあとで、どんな貢献が可能であるかを面接でアピールできるようにしておきましょう。

 

 

☑ 志望動機を入念に考える

面接ではかならず志望動機を尋ねられます。転職をすると、現在在籍している企業でのキャリアは解消され、別の企業で新しくキャリアを築き上げていかなければなりません。

なぜ今の環境ではなく、新しい環境を求めなければならないか、説得力のある言葉で述べられるように志望動機を考えておきましょう。

スキルを伸ばすためやキャリアアップのためなど、転職の理由としてはポジティブな理由を述べることが望ましいです。

 

 

☑ 新しいスキルを学ぶ意思を見せる

IT技術者の業界では日々新しい技術が誕生しています。たとえ現在の最先端のスキルを保有していたとしても、努力を怠ればすぐにスキルは陳腐化してしまいます。

システムエンジニアの転職では、現在保有しているスキルや経験をアピールすることも重要ですが、新しい技術を貪欲に学んでいく姿勢を示すこともまた同様に重要です。

さらなる成長への意欲を見せることが、貢献への意欲をアピールすることにつながります。

 

 

☑ 自分ができること以上のことをアピールしない

面接では、つい自分をよく見せようとしてしまいがちですが、自分のスキルや経験を過大にアピールすることは避けましょう。

実力以上のアピールをした結果内定を得られたとしても、入社後に実際の能力を超える仕事を任されてしまうと、仕事に失敗して評価を下げてしまうことになりかねません。

現状保有していないスキルを求められた場合は、学習意欲を示して柔軟な対応が可能であることを示すべきです。

 

 

☑ 退職意思は「決定したこと」として伝える

IT業界は人手不足の企業が多いため、退職を切り出すと強い引き留めにあうことも珍しくありません。

転職先や入社日がすでに決まっていることを伝え、退職を決定したこととして伝えましょう。

転職を考えているという切り出し方では、引き留めにあってしまうことも考えられます。とくに現状への不満から転職を考えているとすると、改善をするからと引き留められることも多いです。

転職理由は、キャリアアップなどの前向きな理由をあげるといいでしょう。

 

 

■まとめ

IT系技術者の代表格であるシステムエンジニアは、転職先としても人気がある職種です。世界的にも需要が高まり続けている職種でもあるため、転職によってキャリアアップを実現したり活躍の場を世界に広げる余地も充分にあるでしょう。

エンワールドは外資系企業やグローバル企業との強いつながりをもち、プロフェッショナル人材と優良企業を結びつけるサポートを得意としています。スキルと経験を活かしてシステムエンジニアとしての転職を希望するなら、ぜひエンワールドに登録してみてください。

 

エンワールドの登録はこちら