ブログへ戻る

マーケティング職への転職!仕事内容や年収、必要なスキルも解説!

Posted by en world Japan

2年弱前

マーケティング職は常に人気の職業です。転職を希望する方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、マーケティング職への転職を検討している方向けに、マーケティング職の概要、転職に際してのポイントなどを解説します。

マーケティング職への転職を成功させるために、ぜひ参考にしてください。

 

■マーケティング職の仕事とは

マーケティング職について、仕事内容やマーケティング業界の動向、気になる年収などの概要を解説します。

 

| マーケティングの仕事内容

マーケティング職は、ターゲットとなるユーザーのニーズをデータの分析などから把握し、商品やサービスを売るための企画や販売戦略を立案するのが仕事です。主に、次の4つに分けられます。

 

CRM:顧客データを分析してマーケティング活動を行う

デジタルマーケティング:ユーザーが自社のWebサイト上で取った行動に関するデータを分析する

SNSマーケティング:SNS上でマーケティング活動を行う

コンテンツマーケティング:Webサイトや記事、動画などのコンテンツを活用して集客を行う

 

マーケティングにおけるインターネットの影響度が増すにつれ、従来のCRMに加えて、デジタルマーケティングなどの職種が増加しました。

 

 

| マーケティング業界の動向

マーケティング業界における求人数は、近年ますます増加しつつあります。理由は、インターネットが大きな影響力をもつようになったこと、そしてWeb関連などデジタルマーケティングに対する企業のニーズが拡大しているためです。デジタルマーケティング職にはWeb関連の専門知識が求められるため、人材不足も顕著となっています。

 

このような人手不足の中、Web関連の専門知識に加えて英語力も備えていれば、外資系企業のマーケティング職の求人においては、高い価値を持った人材とみなされ、高待遇での転職も可能となります。

 

 

| マーケティング職の年収

マーケティング職の年収は、日系企業では平均して500万円程度といわれています。外資系企業のマーケティング職であれば、800万円〜1,000万円水準と大きく上昇するため、年収を上げたい場合は外資系企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

マーケティング職の平均的な年収を年代別に見ると、次のようになります。

・20代:400万円〜

・30代:500万円〜

・40代:700万円〜

・50代:800万円〜

 

40代以降は管理職が視野に入ってくるため、平均年収も大きく上がる傾向があります。管理職の平均では、年収1,000万円以上にもなります。

 

■マーケティングに必要なスキル

マーケティング職の求人数は増加傾向にありますが、志望者も多いです。そのため、身につければ転職で優位になりやすいスキルを紹介します。

 

☑ 数字への強さ

マーケティング職はデータ収集が仕事のため、数字に強いと重宝されます。たとえば、Webマーケティングにおいては、ユーザーがサイト訪問時に取る行動を分析するために、CTR(クリック率)やCPA(ユーザー獲得単価)などの指標値の見方について精通している必要があります。

 

さらに、ビックデータを扱ううえで、データベースの操作に必要なプログラミング言語であるSQLを使いこなせれば選考時にも有利です。

マーケティング職の経験がなくても、アクセス解析やデータベースについての専門知識や経験がある場合は、マーケティング職で活躍できる可能性があります。

 

 

☑ データから仮説を立てる能力

マーケティング職は、収集したデータを分析して、広告ターゲットに対してライフスタイルなどを策定し、商品企画・開発・デザインなどに落とし込むのが仕事です。そのため、データから仮説を立てる能力が求められます。

 

データを分析して、提案根拠のしっかりしたプロモーション企画を立案し、多様な提案ができることは、マーケティング職において必要なスキルのひとつです。

そのため、マーケティング職が未経験でも、営業職や広告代理店、コンサルタントとして企画立案やプロモーションの経験がある場合には採用される可能性があります。

 

 

☑ コミュニケーション能力

マーケティング職は、企画や戦略の実現において、データスペシャリストやライター、デザイナーなど各分野で業務に携わる専門的スタッフに仕事を依頼し、進行管理や調整などを行います。そのため、コミュニケーション能力は不可欠です。

 

大きな仕事ほど、成功のためには多くの方を動かすことが求められます。依頼に必要な企画説明を過不足なく効果的に行えるか、問題が発生したとき複数のメンバーの意見を調整し解決策を実行できるかなどが問われます。

新企画の実行経験や大きなイベントの開催など、応募時にコミュニケーション能力をアピールできるような実務経験があると有利でしょう。

 

 

☑ プレゼンテーション・提案力

データを分析して素晴らしい企画を立てても、それが顧客や関係者に伝わらなければ意味がありません。そのため、何のデータを根拠として、どのような狙いのもと企画を実現したいのかをわかりやすく伝えるプレゼンテーション・提案力が必要となります。

 

ライターやデザイナーなど専門的スタッフを効果的に動かすには、コミュニケーション能力に加えて、企画の意図をわかりやすく説明し、スタッフのアイデアを引き出すプレゼンテーション・提案力も求められます。

 

 

■転職前の準備のポイント

マーケティング職への転職において、事前に準備しておくとよいポイントを解説します。

 

 

☑ 適切なエージェントの力を借りる

マーケティング職への転職を成功させるには、適切な転職エージェントにサポートを依頼することで成功率があがります。

エンワールドは、キャリアアップ志向のプロフェッショナルなグローバル人材に最適な転職エージェントです。

 

同じマーケティング職でも、仕事の幅を広げて国際的に活躍したり、給与や待遇を上げたりしたい場合には、外資系企業が候補になりますが、エンワールドはグローバル企業や外資系企業との強いコネクションをもち、候補者一人ひとりの長期的なキャリア形成の視点から、最適な転職先を紹介しています。

 

 

☑ 資格を取得する

マーケティングに必要なスキルを証明するために、資格を取得すると効果的です。

マーケティング職に就くために取らなければならない資格はありません。

しかし、資格を取得すれば、勉強する過程でマーケティング職に必要な知識を獲得でき、専門知識やスキルの保持、熱意などを応募時にアピールできるため、積極的に取得しましょう。

 

MBA(経営学修士)

Master of Business Administrationの略で、経営学修士や経営管理修士といわれています。経営学における大学院修士課程修了で授与される学位です。

 

Google AdWords認定資格

Googleが公式で実施しています。「AdWords基礎」に加え、5つの広告に関する科目の中から2科目合格して資格が得られます。

 

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティングに対する一般的な知識があることを証明できる検定です。理論・実務で活用できる知識・事例や時事情報などの知識を問う問題で構成されており、ビジネススキルをアピールすることもできます。

 

ネットマーケティング検定

開発者向けのものが多いWeb検定の中でも、マーケティング職向けの内容が特徴の検定です。基礎知識を問う問題と、業務を推進するシチュエーションを想定した問題で構成されています。

 

■まとめ

デジタルマーケティングへのニーズ急増により、マーケティング職の求人は増加傾向にあります。マーケティング職に必要なスキルを磨き、適切な転職エージェントを利用するなどで転職の成功率を揚げることができるでしょう。

 

特に、外資系企業への転職は、活躍できるフィールドの拡大や、給与・待遇アップを実現できます。

エンワールドは、外資系企業との独自コネクションから、経験やスキルを最大限に活用できる転職先をご紹介できます。ぜひ活用してみてください。

 

エンワールドへの応募はこちらから