ブログへ戻る

外資系に転職でキャリアアップ|未経験不可? 恐怖のイメージは本当?

Posted by en world Japan

約2年前

外資系企業は「高給」「ハード」「プロフェッショナル」というイメージが強いです。そのため、外資系企業への転職に対してハードルが高いと感じている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、外資系企業でキャリアアップするために必要な情報をまとめました。

外資系企業への転職を少しでも考えているなら、ぜひ参考にしてください。

■外資系企業でキャリアアップを目指すには?

外資系企業は日系企業とは異なる企業文化を持っています。

たとえば、日系企業によくある年功序列は外資系企業にはありません。そのため、年齢に関係なく、本人の実力次第で上位のポジションを狙うことも可能です。インセンティブなど成果報酬の側面が強いのも特徴です。

 

実力主義である外資系企業でキャリアアップを目指すには、まず英語力は必須です。外資系企業では、上司が外国人である可能性もあるため、正確に内容を理解できる英語力が求められるでしょう。

 

また、社内ではさまざまな国籍やバックグラウンドをもつスタッフが在籍しています。円滑に業務を遂行するためにも、詳細な気配りができるコミュニケーション能力も必要です。

 

■「高給」「激務」「未経験不可」外資系企業のイメージは本当?

 

外資系企業の偏ったイメージである「高給」「激務」「未経験不可(プロフェッショナルオンリー)」というのは本当なのでしょうか。外資系企業への転職を考えるにあたっては、事前に把握しておきたいポイントです。

 

外資系企業の実態を知ることで、転職への意欲が変わってきます。国内企業よりも自身に向いている可能性もあるでしょう。ここでは、外資系企業に対する偏ったイメージは本当なのか、それぞれ詳しく解説していきます。

 

| 外資系=グローバル企業は高給率が高い

外資系企業は、金融業やコンサル業を筆頭として年収1000万円以上を稼ぐ人も多く、高給率が高いといえます。特に外資系金融業はインセンティブ給の高さが魅力で、新卒から高額な年収を得ることも可能です。役職ごとの年収は新卒アナリストが約800万円〜約1300万円、ヴァイスプレジデントは約1500万円〜約2000万円と言われています。

 

しかし、全ての企業が高給なわけではないので応募する際に確認しましょう。

 

| 「激務」は本当?

一時の外資系金融企業は「激務高給」で知られていました。しかし、現在は環境改善が進み、残業時間が減少し、ホワイト化が進んでいます。たとえば、外資系金融企業のなかには、若手社員の休日出勤を禁止するなど、残業時間を減らす取り組みを行なっている企業もあります。

また、外資系IT企業では、個人の能力によって残業するかどうかが決まるケースも増えてきました。

たとえば、仕事ができないと必然的に残業するケースが多くなります。そのため、残業時間の幅が大きくなります。

 

| 未経験は不可?

外資系企業は、基本的にプロフェッショナル採用が強い傾向があります。

ただし、他の業種や分野で培ったスキルを買われて転職に成功するケースも多くあります。

スキルにおいては日系企業で培った組織の中での力よりも、「個」の力が求められます。そのため、チームで協力して上げた成果よりも、個人の力で出した成果のほうが重要視されます。また、社員同士のコミュニケーションも公私をしっかりわける傾向が強くなります。

 

■外資系企業への転職・求められる人材は?

外資系企業への転職においては、変化への適応力や課題解決のための創造力、責任感といったパーソナリティが求められます。

次々と新しいサービスやアイデアが生まれる中で、変化に対応していくためにも柔軟な適応力や課題解決力が必要です。
また、異なる慣習をスムーズに受け入れる力も必要でしょう。

 

ほかにも、外資系企業は基本的に個人主義なので、常に責任感を持って仕事をすることが大切です。語学力についてはネイティブレベルまで求められるケースはさほど多くありませんが、コミュニケーションが取れるスキルは必要です。

 

■業種別・外資系企業の特徴

一口に外資系といっても業種によって特徴はさまざまです。たとえば、平均年収や残業時間、昇進スピードも業種によって異なります。自分が理想とする転職を叶えるためには、それぞれの業種の特徴を理解しておくことが大切です。

 

ここでは、「金融」「IT」「コンサル」「メーカー」といった業種別に、外資系企業の特徴を詳しく解説していきます。各業種の特徴を押さえ、自分に合った転職先かを検討しましょう。

 

| 外資系金融企業

外資系金融企業は、主に「投資銀行部門」「マーケティング部門」「リサーチ部門」「アセットマネジメント部門」の4つの部門から成り立ちます。平均年収は先ほども述べたように、外資系企業のなかでも高い傾向があります。インセティブ給も高いため、実力次第では高額な年収を得ることもできるでしょう。

 

外資系金融企業の残業時間は、過去には月に130時間を超えることもありました。しかし、最近では環境改善に努め、残業時間が約60時間〜約80時間になっています。

 

| 外資系IT企業

外資系IT企業では、インセンティブ給が多く、年収に占める割合も高くなっています。そのため、人によって年収が大きく異なることが特徴です。

インセンティブの割合によって、年収400万円の人もいれば年収1000万円を超える人もいますが、比較的昇進の機会が少ないこともあり、年齢を重ねても入社時と年収がほぼ変わらない可能性もあります。

 

また、残業時間は会社によって異なり、約20時間や約60時間など大きく幅があることも特徴です。

 

| 外資系コンサル企業

外資系コンサル企業は、外資系金融企業に次いで高い年収と昇進スピードを持っていることが特徴です。そのため、入社してから早い段階で年収1000万円を超えることも多くあります。

 

また、外資系コンサル企業の多くは裁量労働制を採用しており、労働時間が決められていないケースも多くあります。

裁量労働制では、業務内容によっては残業時間が多くなってしまいますがプロジェクトがない間に休日を取得できるため、有給消化率は高い傾向にあります。

 

| 外資系メーカー

外資系メーカーは、ほかの業種に比べると、インセンティブ給の幅が狭いことが特徴です。しかし、比較的昇進スピードが早い傾向があり、長期的に見ると高い給与を得られる可能性があります。

 

また、残業時間も少なめです。時短勤務で一度退社し、用事を済ませてから再び仕事をする人もいます。

一度退社すれば、基本的に仕事をしない欧系のような分かもあり、同じような制度あっても自由度が高い傾向にあります。

 

■まとめ

外資系企業への転職は未経験でも可能ですが、企業に貢献できる実績やスキルが必要です。また、外資系企業といってもさまざまな業種があるため、自分にあった転職先を選ぶ必要があります。

 

自分にあった転職先を見つけるために、外資系やグローバル企業に強い転職エージェントを利用することも大切です。

エンワールドでは、転職希望者の能力や目的をヒアリングし、最適な転職先を紹介しています。無料面談も実施していますので、外資系企業でのキャリアアップに興味がある方は、ぜひご登録ください。

 

エンワールドへの登録はこちらから