ブログへ戻る

転職の準備はいつから始める?期間や準備すべきポイントまで解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

5ヶ月 前

転職活動を効率的に進めるには、事前準備が重要です。この記事では、転職活動の基本的な流れや転職の準備を始めるタイミングなどを具体的に解説します。

これから転職を考えている人や、現在転職活動をしている人も、確認しておきたいポイントを紹介します。しっかりと事前準備を行い、転職を成功させるための参考にしてください。


■転職活動の基本的な流れ

転職活動の最初のステップは、転職目的やキャリアについて考えることです。自分のスキルや経験を整理し、今後どのようなキャリアを築きたいのか明確にしましょう。

次に転職に関する情報収集を行います。転職エージェント、ビジネス型SNS「LinkedIn」、タレントプール、ジョブボードなどに登録すると、さまざまな情報を集められます。


十分に情報を収集したら、いよいよ書類を作成して応募する段階です。応募が完了し書類選考に通過すると、いよいよ面接を受ける段階となります。面接に通過して内定がもらえたところで、退職の手続きと引き継ぎを行い、転職活動が完了します。


■転職の準備はいつから始めればいい?

転職の準備を開始する時期は、働き始めるタイミングや退職可能な時期から逆算して決める必要があります。


| 転職先で働き始めるタイミングを決める

最初に決めておきたいのが、転職先で働き始めるタイミングです。転職先で働き始めるタイミングを決めておかないと転職活動が長引き、半年から1年程度かかる場合もあります。活動期間が長くなればなるほど、モチベーションを維持するのが難しくなります。


ただし、転職活動には最低でも3カ月程度の期間が必要です。そのため、3カ月以上は余裕を見てタイミングを決めておくといいでしょう。


| 退職可能な時期を確認する

次に確認しておきたいのが、退職できる時期です。法律では退職する2週間前までに申し出ることと定められています。しかし、企業にはそれぞれに就業規定があり、退職の1カ月前までには退職する意向を伝える必要があると決められているケースが多く見られます。


そのため、まずは勤務先の就業規定を調べて、いつまでに退職する旨を伝えればいいのかを確認しておきましょう。また、引き継ぎをする必要も出てくるため、退職可能な時期については早めに確認しおくと安心です。


| 逆算して準備期間を決める

転職先で働き始めるタイミングと退職可能な時期を定めたら、そこから逆算して準備に必要な期間を計算します。転職活動は3カ月程度で見積もり、その後退職するまでの期間として1カ月余裕を見ておくといいでしょう。


さらに、準備には最低でも2週間程度の時間が必要です。つまり、実際に転職先で働き始めるのは、転職の準備を始めてから4カ月半ほど先になります。これだけの期間がかかることを踏まえて、準備期間をしっかり取って全体的なスケジュールを立てておくと安心です。


■転職で準備すべきポイント8選

転職の準備を進めるうえでは、押さえておきたい重要なポイントを8つ紹介します。


☑ 転職目的とキャリアプランを考える

転職の目的を確立することは、転職活動を進めるうえで重要な軸となります。どうして転職したいのかをあらためて考え、転職の必要性を検討し目的をしっかりと定めておきましょう。


また、目的と一緒に考えておきたいのがキャリアプランです。自分のキャリアを踏まえ、今後どんなキャリアプランで進めていきたいのかを考えます。こまかくキャリアプランを設定し、具体的な転職の目的を確立すると効果的です。


☑ 自己分析を行う

自己分析を行うことで、自分自身のことについて理解を深めることができます。どんな仕事が向いているのか、どんな仕事ならば自分の長所を活かせるのか考えてみましょう。これまでの経験や取得しているキャリアなどを紙に書き出して、情報を分析すると効果的です。


さらに、エージェントなどに客観的な意見をもらうことで、より正確な自己分析を行うこともできます。分析の結果を活かせば自分にマッチする転職先もより探しやすくなるでしょう。また、企業に対して自分をよりアピールできるポイントも見つかるでしょう。


☑ スキル・知識の向上に励む

高いスキルがあることや知識を豊富に持っていることは、転職での強みとなります。そこで、希望する職種に合わせてスキルや知識の向上を図ると効果的です。


たとえば、外資系企業への転職を希望しているのならば、英語のスキルが必要になることも多くあります。日常会話程度の英語のスキルを有しているのならば、ビジネスシーンでも通用するまでにスキルアップするのもいいでしょう。特に、異業種へ転職する場合にはスキルや知識が内定に大きく影響するため、準備期間に少しでも力をつけておくと安心です。


☑ 転職スケジュールを引いてみる

転職を効率的に成功させるためには、スケジュールをしっかり組むことも重要です。曖昧なスケジュール組みをしていると、予想以上に転職活動が長期化したり、急いで転職先を決めてしまうという事態も想定されます。


熟考せずに転職先を決めてしまうと、入社してからミスマッチに気付き後悔することもありえます。スムーズに転職を進めるには、余裕を持ったスケジュールを組んでおくことが重要です。


☑ 情報収集をする

転職するうえで、情報収集は欠かせないポイントです。さまざまな方法で情報を収集し、転職に関する知識や業界、企業に対する理解を深めましょう。転職に詳しい知人に相談するのも効果的です。情報を多く持っていれば、あらゆる場面において臨機応変な対応が可能となります。


情報が少ないと、転職先で予想していなかった仕事を任されるなどの事態が起こる可能性も出てきます。情報はしっかり精査して、取捨選択する必要があることも覚えておきましょう。


☑ 求人検索の時間を毎日予定に入れ込む

転職活動においては、いかに自分にマッチする求人と出会えるかも重要なポイントです。そこで、毎日の予定に求人検索のための時間を入れ込みましょう。短い時間でもいいので毎日検索していれば、自分に合った求人と出会える可能性が高くなります。


また、求人に対する目が肥えるため、より条件のよい求人を見つけやすくなります。毎日の予定に入れ込むことで、求人検索を習慣化することが大切です。


☑ 転職コンサルタントに相談する

転職のプロである転職コンサルタントに相談することも有効です。転職コンサルタントは、無料で相談できる場合が多くなっています。また、転職に関する情報を得ることができ、転職のコツを教えてくれるというメリットもあります。


さらに、求人を紹介してくれるので、効率的な転職活動が可能です。自分で転職活動を進めたいという場合でも、転職コンサルタントに相談してみるというのも1つの方法といえます。


☑ 履歴書・職務経歴書を作成する

履歴書や職務経歴書などの書類を作成することも大切な準備の1つです。これらの書類は選考に大きく影響してくるので、自分の魅力を伝えられるように作成することが大切です。


外資系企業への転職活動の場合には、英文の履歴書が必要になることがあるため、英語のスキルを磨いておく必要があります。転職先企業が求める人物像を汲み取り、自分との共通点を考えながら作成すると効果的です。


■まとめ

転職活動はしっかり事前準備を行うことで、より効率的で有益な転職が可能となります。情報収集には、エージェントの活用も有効です。転職のノウハウがある転職コンサルタントの力を借りることは、ひとりで行う転職活動よりも効率的といえます。


エンワールドには、転職のプロとして現場を知っているコンサルタントが在籍しています。グローバル企業の各業種や職種に精通したコンサルティングチームがあるため、情報収集などにも有効です。転職を考えているのなら、まずは無料面談にご応募ください。


エンワールドへの登録はこちらから