ブログへ戻る

転職エージェントとは?メリット・デメリットや使い方など徹底解説!

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

約1年 前

転職をしたいと考えても、いざ転職活動の第一歩を踏み出そうとすると一人で思い悩んでしまう人が多いのではないでしょうか。そんな方におすすめが「転職エージェント」を利用することです。

 

この記事では「転職エージェント」について解説します。また、外資系企業の転職を目指す方におすすめの情報をあわせて紹介していますので、この記事を読んで「転職エージェント」を上手に活用して、転職活動に役立ててください。

 

■転職エージェントとは?

転職エージェントは人材紹介サービスの一種で、転職活動者と企業とを結びつけるためのあらゆるサポートを行っています。転職のプロが本人の希望に沿った求人を探すほか、応募企業へ提出する書類の添削や、面接の対策もしてくれます。また、模擬面接や、転職後のアフターフォローも定期的にしてくれるのが特徴的です。

 

転職エージェントを利用する際は、転職エージェントによって強みとする部分が異なるので、自分の志望する業界や企業、自身の年代・キャリアなどに応じて、どのエージェントを選ぶか決めることも重要です。たとえば外資系企業への転職を目指す人は、外資系の求人が豊富で実績のある転職エージェントを利用するべきです。

 

| 転職エージェントの役割

自分で条件のあう求人を検索して応募する一般的な転職サイトとは違い、転職エージェントは自分の希望条件やキャリアプランに沿った求人をアドバイザーが探してくれます。ただ求人を探すだけではなく、キャリアプランの相談や、履歴書・職務経歴書などの応募書類の書き方や面接のアドバイスも行っています。

 

自分一人で多くの求人から応募する企業を探すのは手間がかかりますが、転職エージェントを利用すればそのような手間が減らせます。また、いざ入社をした際に「イメージと違った」というようなミスマッチも減らせます。

 

| 転職エージェントの費用

「転職エージェント」と聞くと有料のサービスと思われがちですが、`一般的な転職エージェントは無料で利用できます。求人を出している企業側が転職エージェントに紹介料を支払っているため、転職活動者は料金を支払わずに済むシステムになっています。

 

企業が紹介料を支払っているからといって、内定率が落ちる心配はありません。せっかく採用しても「すぐに辞める」といったリスクを考えれば、紹介料を支払っても自社にとって「合う人材」を探したいと考えるからです。

 

■転職エージェントを利用するメリット・デメリット

この章では、転職エージェントを利用する場合のメリットとデメリットを解説します。

| メリット

最大のメリットは、転職活動者が利用する場合、基本的に無料で利用できることです。求人紹介だけでなくキャリアプランの相談も行っており、「本当に退職するべきなのか」「円満退職の方法」などアドバイザーの率直な意見をもらうことができます。

 

転職エージェントでは転職活動者のキャリアプランや希望の労働条件に沿った求人を探してマッチングしてくれます。そのため、入社後に「希望していた条件と異なる」「イメージと違う」といったミスマッチを減らし、より自分に合った職場への転職が叶えられるでしょう。

 

ほかにも、転職エージェントでは、一般的な転職サイトでは掲載されていない求人が出されていることがあります。その転職エージェントでしか公開していない求人のため、より条件のよい求人である可能性があります。

 

求人への申し込みはもちろん、面接の手続きなどの代行も転職エージェントが行ってくれるので、転職活動者の手間を減らしてくれるのもポイントです。ときには給料額の交渉も行ってくれますので、時間がない中での転職や、ミスマッチを減らしたい人には、転職エージェントの利用がおすすめです。

 

| デメリット

転職エージェントは、一般的な転職サイトと比較すると気軽さはあまりありません。通常の転職サイトの場合、いつでも自分一人でさまざまな求人を見て進めていけますが、転職エージェントは、電話で情報を確認したり面談を行ったりしながら進めていくからです。

 

また、多種多様な求人を公開している転職サイトと比べて、中小規模の転職エージェントの場合は、限定的な求人が多い場合があります。条件にマッチした求人しか確認できないなどの制限があるため、「ジャンルを問わず幅広い求人が見たい」という人には、あまり向いていません。

 

ほかにも、転職エージェントでは、丁寧なキャリアプランの設計や労働条件の希望など、転職活動者と相談を重ねて転職を進めまるので、比較的転職活動に時間がかかります。

 

転職サイトであれば気になったら何社でもすぐに応募でき、転職に意欲的な人はわずか1週間程度で転職先が決まることもあります。一方転職エージェントでは、念入りに本人の希望のすり合わせを行うので、転職活動期間は1~2ヶ月程度が目安となります。そのため、希望条件が少なく転職活動をできるだけ早く終わらせたい人は、転職サイトが向いているでしょう。

 

■転職エージェントと転職サイトの違い

   転職エージェント  転職サイト
 求人数  特定の業界に強く、非公開求人が多い  ジャンルを問わない多種多様な求人
 サポート  業界の情報に詳しいアドバイザーがいる  サイト内のコンテンツを利用し、自分で情報を集める
 気軽さ  電話での確認・面談などがある  場所を選ばずいつでも企業の情報が閲覧できる
 確実性  サポートが充実しているため確実性が高い  自分次第で確実性が変わる
 手間  アドバイザーとの面談はあるが、
 求人を探すことや情報を集める手間が不要
 面談はないが、自分で求人や情報を集める必要がある

 

転職エージェントと転職サイトでは、サポートの充実度、求人の数、気軽さが大きく異なります。転職エージェントでは、面接や書類の書き方のアドバイスから、転職後のアフターフォローまでサポートが充実しており、登録しないと見られない非公開の求人も多数あります。

 

しかしその分、利用者がどのような求人を求めているのかを把握するためにも、面談する手間があります。

 

■転職エージェント利用の流れ

この章では、実際に転職エージェントを利用する時の流れを項目ごとに解説します。注意点もあわせて解説しますので、スムーズに転職活動を行うためにも、ぜひ目を通しておいてください。

 

1. 転職エージェントに登録する

まずは転職エージェントのサイトから利用者登録を行います。「転職エージェント」と検索してサイトにたどり着いても、派遣の登録サイトの場合もありますので、転職エージェントのサイトかどうかをしっかりと確認したうえで登録しましょう。

 

また、どの業界の求人数が多いか・実績があるのかなど、エージェントごとに強みがあるので、自分の希望する業界や業種に合っているのか、事前に調べて適切なエージェントを選ぶことが肝心です。

 

2. エージェントとミーティングをする

登録が完了すると、転職エージェントから「転職の希望時期」「希望する業界」「希望年収」などについて、電話でヒアリングが行われます。その後は、専属のキャリアアドバイザーがカウンセリングを実施し、利用者の経歴や強み・特性などを確認します。

 

「本当に今転職すべきなのか」といった点についても相談に乗ってくれるため、転職についての悩みも打ち明けてしまいましょう。また、労働条件などの希望をしっかりとアドバイザーに伝えることも重要です。

 

3. 企業に応募する

転職エージェントでは、希望の条件に沿った求人を5〜50件ほど紹介してくれます。条件が多いほど紹介してもらえる求人も少なくなりますので、何を優先するのかよく考えて決めましょう。紹介された求人からどの求人に応募するかを決めたら、応募の承諾をして、応募は完了します。

 

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス・添削を受けることも可能です。また、転職エージェントでは、企業へ利用者の魅力を伝えたり推薦したりもしてくれるため、より有利に転職活動を進められます。

 

4. 企業と面接をする

書類選考が通過したら、いよいよ面接です。転職エージェントは、面接でどのような質問が予想されるかや、どんな人物が求められているかなどを事前にアドバイスしてくれます。このようなサポートが受けられるのは、企業との強い連携がある転職エージェントだからこその強みと言えます。

 

模擬面接も行ってくれるため、面接に自信がない人は、面接でのアピール方法や、質問への答え方なども事前に練習しておきましょう。

 

■転職エージェントを活用する際の注意点

この章では、転職エージェントを活用するにあたっての注意点を解説します。

 

☑ こまめに連絡をとる

転職エージェントを利用する際は、連絡をこまめにとるようにしましょう。企業から転職エージェントに求人が入ると、転職エージェントは自社のデータベースから条件に合う利用者を探します。

 

この際、データベースの表示順は、転職エージェントと連絡を取った日が新しいほど上に表示されるのが一般的です。連絡を取っていないと表示される順番が自然と後ろになり、ほかの利用者に求人がまわる可能性が高くなります。

 

☑ 担当者と合わなければ、担当者の変更を申し出る

転職エージェントは利用者とアドバイザーとで二人三脚で転職を進めるため、自分に合わない担当者の場合は変更を申し出ましょう。担当者の変更を申し出ても不利益が発生することはありませんので、遠慮なく変更を申し出てよいです。

 

直接伝えづらい場合は、別の転職エージェントを利用するか、公式サイトの問い合わせフォームや電話窓口などから申し出ることも可能です。担当者に不満を持っていては転職活動もうまくいかないため、我慢しないようにしましょう。

 

☑ 嘘はつかない

転職エージェントのデータベースには、基本的に申し出がない限り情報が残ります。そのため、たとえば数年前に登録したものの、古い情報のままきちんと変わった点を報告していないと、虚偽の情報が登録されているとみなされ、紹介する案件を制限されてしまう場合があります。

 

転職エージェントを利用する際は、経歴や実績などは嘘をつかず、変更があった際は必ず報告を忘れないようにしましょう。

 

■まとめ

転職エージェントは、転職活動者の希望条件と、企業が求める人材とをマッチングさせて転職活動を支援する人材紹介サービスです。転職サイトとは違って、自身で求人を探したり情報を集めたりする必要はないため、会社に勤めながらでも転職活動をスムーズに進めやすいです。

 

エンワールドは、日系企業だけではなくさまざまな外資系企業、グローバル企業と人材をつなぐ転職エージェントです。常時非公開案件を含むグローバル企業案件を保有しており、具体的な海外案件も多数持っています。

 

専任のコンサルタントが、一人ひとりのキャリアを中長期的に見てスキルや希望に合った、最適な転職先を紹介します。面接準備などの転職活動中のプロセスをサポートするほか、採用後のフォローアップまで丁寧に行います。無料面談も実施していますので、まずは応募ください。

 

エンワールドの詳細はこちら