ブログへ戻る

CFOに転職するために必要なスキルは?求人の探し方まで徹底解説!

Posted by en world Japan

約2年前

この記事では、CFO(最高財務責任者)への転職を目指して活動している人向けの内容を紹介します。

日本ではまだ聞きなれないCFOですが、外資系企業やグローバル企業では一般的なポジションです。

CFOに転職するために必要なスキル、CFOになるメリット・デメリット、CFO求人の探し方などについて解説します。

CFOへの転職を成功させるために、ぜひ参考にしてください。

 

■CFOはどんなポジション?

CFO(Chief Financial Officer)は企業の財務戦略立案・執行などを管理する責任者のことで、日本語訳では「最高財務責任者」です。外国資本の入っている外資系企業や、海外にも拠点をもつグローバル企業ではすでに地位を確立しているポジションですが、日本ではまだなじみが少なく、「財務部長」「管理部長」などといわれていることもあります。

 

CFOの仕事内容は企業の規模によって変わりますが、会計・予算・税などの業務管理・資金調達・企業の買収や合併(M&A)・上場準備など多岐にわたります。財務における最高責任者として経営戦略に関する提言を役員へ行ったり、自ら役員として経営に携わったりすることもあります。

 

CFOになるためのキャリアパス

転職によってCFOポジションにつく人には、経理財務出身者・公認会計士・財務担当役員ファイナンス経験者などはもちろん、経営企画者などもいます。社内移動でCFOになる人もいますが、この場合のキャリアパスは、経理に関する実務を経験してから財務系に進み、CFOポジションにつくのが一般的です。

 

■CFOに転職するためには資格が必要?

CFOとして転職するためには、経理・財務に関する資格や一般財団法人日本CFO協会が認定するCFO資格などがあれば比較的有利ではあります。しかし、日本国内で公認会計士や証券会社出身のCFOは半数以下であり、どちらかというと事業担当がなるケースが多く見受けられます。すなわち、資格よりも実務経験のほうが重視されているといえるでしょう。

 

また、外資系企業やグローバル企業のCFOに転職する場合は、流ちょうな英語力が必要になります。そのため、実務経験はもちろん、英語系の資格を持っていることが望ましいでしょう。

 

■CFOに転職するために必要なスキル

CFOになるためには実務経験が重要とお伝えしましたが、どのような経験やスキルが必要なのか詳しく解説していきます。

 

☑ 財務スキル

CFOは財務分野における最高責任者ですから、財務に関する深い知識と経験・スキルは最も重要です。

 

具体的には、資産・負債・純資産を把握するための賃借対照表(Balance sheet/BS)や損失と利益を把握するための損益計算書(Profit and Loss statement/PL)、会社にある現金の動きを把握するためのキャッシュフロー計算書(cash flow statement/CF)などを読み解くスキルが必要です。

 

これら財務諸表から会社の経営状態を正しく把握し、見通しを洞察し、リスクマネジメントのために素早く動けるスキルは、CFOにとって最も必要であるといえるでしょう。

 

☑ 経理スキル

CFOとして仕事をするためには、経理スキルも必要です。特にスタートアップ期にあるベンチャー企業や、これから上場しようと準備を行っている企業では、CFOが資金調達、経理システムや月次決算の基盤作りを担当することになります。

 

経理関係の事務仕事をCFOが行ったり、会社によって経理・財務として分けられている仕事内容が異なったりすることもあります。どのような仕事内容でも対応する必要があるため、財務スキルだけではなく、経理スキルも必要です。

 

☑ コミュニケーション能力

CFOには、高いコミュニケーション能力も必要です。調達額にもよりますが、CFOは資金調達の場面で複数の投資家や投資企業に対してプレゼンを行います。自社の強みや投資メリットをわかりやすく説明し、納得してもらわなければ資金集めは成功しません。また、金融機関へ融資を依頼したり、社内役員へ財務戦略の説明をします。

 

財務における最高責任者として、従業員への説明責任を果たす場面もあるでしょう。これらの場面でCFOは、立場や役割、年齢が異なるだけでなく、外資系企業やグローバル企業なら言語や文化の異なる人とも意思疎通をはかっていかなければなりません。そのため、CFOにとって、語学力の高さも含めたコミュニケーション能力は、大切なスキルのひとつです。

 

■CFOに転職するメリット・デメリット

CFOに転職するメリット・デメリットも見てみましょう。

 

まずはメリットですが、CFOは上場前のベンチャー企業であれば、資金調達や上場準備、M&Aなどに携わることができ、年齢が若い人でもチャンスがある点でやりがいがあるといえます。

上場に成功すれば「上場企業のCFO」という肩書も手に入り、広い視野を保ちながらさらなるステップアップも見込めます。

 

しかし、上場済みの大企業からベンチャー企業へ転職する場合などは、ポジションは上がっても給与や会社の安定性が下がるというデメリットもあります。しかし、CFOである自分の活躍でデメリットを克服できる可能性は十分あるため、デメリットをメリットに転換することも可能です。

 

■CFO求人の探し方

いざ、CFOになるために求人を探そうと思っても、会社にとって重要なポジションであるCFO求人が、一般的な求人サイトなどに公開されていることはほぼありません。それまでに得た人脈やヘッドハンティング、転職エージェントを経由してCFOへ転職するケースが多いです。

 

また、会社の経営の根幹にかかわる財務・経理部門ですから選考基準は厳しく、なかなか面接にまで進めない人も多く見受けられます。そのため、CFOとして転職をするならば、エンワールドのようにCFOの転職実績が豊富なエージェントを利用し、的確なサポートを受けながら求人を紹介してもらうことが近道です。

 

■まとめ

企業にとって重要な財務戦略立案や執行を担当するCFOは、財務・経理の知識はもちろん、英語力・コミュニケーション力を生かせる仕事です。CFOへの転職を実現させたいのなら、グローバル系企業の求人に強いエンワールドの利用をご検討ください。

 

国際的な視点を持ち、キャリアアップ志向のあるプロフェッショナル人材向けに、管理職や経営幹部、スペシャリスト求人を紹介しています。個人に合わせたアプローチで、スムーズな転職のお手伝いをします。無料面談実施中ですので、まずはご登録ください。

 

エンワールドについて詳しくはこちら