ブログへ戻る

海外での就職活動まとめ|日本との違いから実際の手順まで紹介

Posted by en world Japan

2年以上前

大学生やビジネスパーソンのなかには、これから海外への就職を考えている方がいらっしゃるかもしれません。

この記事では国ごとの就活事情や、就職するのに必要なスキル、手段などを説明します。

海外で就職する方法を実践して、ぜひ満足のいく転職を実現させてください。

 

■海外と日本の就職活動の主な違い

海外で就職活動をしようとした場合、日本での就職とは勝手が異なる部分があります。詳しく解説します。


| 就職活動でのルール

まず就職活動ルールそのものの違いについて紹介します。

 

☑ 就職活動をするタイミング

日本の場合採用は、新卒・第二新卒・中途に大きく分けられており、4月に学校を卒業した新卒者がすぐに入社するケースが多くみられます。一方、海外では新卒を一括採用する考えは一般的ではありません。条件にあう人材は一年中募集していることが多いです。

 

☑ 面接

日本では入社前に履歴書を提出し、スーツ姿で面接を受けますが、海外の場合服装マナーは決まっていないことが多いです。とくにインターンに入っていた場合は、面接自体が行われないケースもあります。面接では自分がこの仕事に向いていると思う理由や、今後のキャリアプランなどが問われます。

 

なお、英文履歴書(レジュメ)は日本とは異なり学歴や職歴は新しいものから書きます。

 

| 求められる人材

日本では、新卒採用の場合チームワークや挑戦する気持ち、素直さなどが重視され、中途採用ほど専門知識は求められません。一方、海外では即戦力を求めているため一定スキルのある人材を求めています。そのため、スキルのない新卒者は、インターンなどで業務に直結するスキルを積み上げてから入社します。

 

■アメリカの就職事情

シリコンバレーやウォール街をはじめビジネスで知られた場所が多いアメリカは、世界の最先端で自由に働けるだけでなく、報酬面でも期待がもてる地域です。

| アメリカの新卒採用

即戦力を求める傾向があるため、大学の成績を示すGPA(Grade Point Average:成績評価値)やインターンシップの実績などが重視されます。

 

| アメリカの転職

通年募集が行われていますが、近年就労ビザ(H-1Bビザ)の取得が難しくなる傾向が続いていて、外国人の転職難易度は高めです。また世界から注目されている地域のため、仕事の募集倍率も高く競争率が激しいです。そのためとくに高いスキルと専門知識が重視されます。

 

■ドイツの就職事情

自動車産業をはじめ世界有数の企業のあるドイツ。業務分担がはっきりしていて、バケーションや定時退社などが定着しているため、生産性を高めて働ける国のひとつといわれています。

 

| ドイツの新卒採用

専門知識が重視されます。現地の高校生の場合、働きながら専門学校などで学び(Ausbildung)その後就職します。大学生の場合もインターンシップからの就職が基本です。大学では授業とインターンシップが半々となるようスケジュールが組まれることが多いです。

 

| ドイツの転職

現地では小学校の時点で就職の方向性を決め、そこから専門教育が行われます。そのためプロパー社員の能力が高く、異業種への転職は一般的ではありません。ドイツで転職する場合はとくに専門スキルを高め実績を作りましょう。また、現地企業で働く以上、ドイツ語も必要です。

 

■スペインの就活事情

有名な観光地が多く情熱の国としても知られるスペインは、2018年の調査によると年30日の有給取得率が100%と非常に高く、公立病院であれば家族を含め医療費が無料です。スペインは自分の意見や家族とのつながりを重視しながら働ける地域といえます。


| スペインの新卒採用

スペインでの就職は、日本の大学を卒業しただけでは難しいでしょう。学生ビザがあれば比較的長期のインターンシップが可能なので、まずはそこで実績を作りましょう。
 

| スペインの転職

経済状況がやや不調なため、採用がそれほど盛んではありません。日本語とスペイン語に加え専門スキルがあるなど、アピールポイントを明らかにした転職活動を心がけましょう。また、転職先の企業のサポートがないと基本的にビザが取得できません。採用が決まってからは、就労ビザに関する事前の打ち合わせも必須です。

 

■香港の就職事情

自由貿易と低い税率などで世界中の企業が参入している香港。駐在員や外資系企業の求人も多く、競争率は高いものの高待遇が期待できます。時代の最先端を追い求めたい方や複数の文化を体感したい方にはうってつけの場所です。

 

| 香港の新卒採用

即戦力が求められるため、新卒のメリットはありません。自分でできることをアピールしながら採用してくれる場所を探しましょう。
 

| 香港の転職

こういった条件さえ満たしていればどこの企業でも就職できる、という一般論があまり通用しない地域です。しかし、日本のように1人1社で働くという概念もないため、事情が許せば複数の企業をかけもちして働いたり、自分でサイドビジネスを起こしたりできます。

 

■ベトナムの就職事情

社会主義国家ながら日本をはじめ世界の企業が進出しているベトナムは、東南アジアのなかでも有数の経済成長率をほこっています。日本との関係もよく、ビザなしで渡航できるため行き来もしやすいです。

 

| ベトナムの新卒採用

日本同様卒業後に就職活動を行います。外資系企業で高収入を狙う学生が多く、英語能力は必須とされています。

 

| ベトナムの転職

観光業などが盛んな一方、各企業の駐在員の求人をはじめ駐在員の家族のお世話をする保育士の仕事にもニーズがあります。日本人が関わっている企業やサービスは比較的就職しやすい傾向があり、日本語と英語の両方ができればより有利に就職できます。

 

エンワールドはアジア太平洋を中心に展開しているので、ベトナム以外でも、タイ、インド、シンガポールなどアジアの転職情報もあります。。以下の各拠点のサイトもぜひチェックしてみてください。

 

ベトナム拠点:https://www.enworld.com.vn/japan-desk

インド拠点:https://www.enworld.co.in/japan-desk

タイ拠点:https://www.enworld.co.th/nikkei

シンガポール拠点:https://www.enworld.com.sg/candidates


 

■海外での就職に必要とされるスキル

ここではどの国で就職する場合も共通して求められるビジネススキルについて紹介します。

☑ 語学力

海外で働く際は現地の社員やクライアントなどと基本的なコミュニケーションが取れることが大前提です。日本と同じく英語が一般には通じない国もあります。現地語はある程度読み書きできるようにしておきましょう。また、英語はどこの国に就職する場合でも必要です。海外求人に応募するなら、最低でもTOEIC700点以上の英語力が望まれます。


☑ 実務経験

いくつかの国の事例で紹介したとおり、海外ではポテンシャル採用はまずありません。応募機会こそ一年中ありますが、必ず実務経験が必要です。それ相応の実績がなければ採用は難しいでしょう。よい条件の求人は世界中から注目が集まっています。履歴書(resume:レジュメ)やビジネスレターなどに、採用につなげるアピールを記載し自信をもって面接などに臨みます。また自分を推薦してくれる後ろ盾(reference)が必要なこともあります。

 

■海外で就職する方法

海外で就職活動をする際は、国内就職で用いられるような履歴書を準備するだけでは不十分です。具体的に何をすればよいか紹介します。

 

☑ 実際に案件を多く持つエージェントにアドバイスをもらう

日本から就職先を探している場合や現地に協力者がいない場合には、情報を集めることすら難しいでしょう。そこで、海外の優良な企業に自分を推薦してくれるエージェントを活用するのがおすすめです。海外での就職は後ろ盾が必要になることが多いです。個人で求人に応募するよりも採用率が高まるでしょう。

 

海外転職に多くの実績がある「エンワールド」では、オーストラリアをはじめインド、シンガポール、タイ、ベトナムなど外国の求人も掲載されています。。日系企業の海外赴任案件も保有しています。応募に必要な書類の準備のしかたや履歴書の書き方に関するアドバイス、面接のコツなど海外への就職を成功させる多くのノウハウから、自分に今必要な情報を提供してくれます。

 

☑ 求人情報をチェックする

本気で就職をしたいと思ったら、とにかく条件にあう求人を探さなければなりません。海外で働くための方法はおもに3つあります。

・希望する国にある現地の企業に応募し採用される

・海外の現地法人がある日本企業に就職し、海外駐在員になる

・日本企業の現地法人自体が募集している求人に現地採用として応募し採用される

求人を探す際は、希望する国で行われている募集のほか、日本国内の募集もみておくとよいでしょう。

 

☑ 説明会や相談会に行く

多くの企業が集まる説明会(キャリアフォーラム)などでは、一度に複数の企業の情報が集められます。大手の企業も参加している場合があるため、優良企業と直接話せる絶好の機会です。希望する企業が事前予約を受け付けている場合は、必ず予約をしておきましょう。また、場合によっては、説明会の場で採用面接が行われる場合があります。念のため履歴書などを準備しておくとよいでしょう。


☑ 履歴書を書く

海外企業に提出する履歴書(レジュメ)はいくつかの形式があります。氏名や連絡先などの基本情報のあとに技能・スキル、職歴、学歴を記載する形式が一般的ですが、企業の募集内容や自分の強みによって使い分けても構いません。ただし、海外勤務の募集であっても、日本企業であれば日本式の履歴書でよいこともあります。応募要件は確認が必要です。

 

☑ 面接の予約をする

応募書類から興味を持ってもらえた場合には、現地の採用担当者から面接の連絡を受けます。もし日本企業へ応募した場合、面接も日本で行われるため大きな問題はありません。ただし、海外への就職の場合、なかには渡航して現地で面接をしたいと言われることがあるでしょう。就職が決まったわけでもないのに何度も現地に赴くのは負担が大きいです。Skypeなどオンライン面接ができる場合もあるため、最低限の渡航で済むようによく調整して面接に臨みましょう。

 

☑ 面接を受ける

海外企業の就職面接でよく聞かれるのは「あなたを採用すると自分たち企業にとってどのようなメリットがあるのか?」という点です。同じスキルを持っている外国人と現地人が応募してきた場合、ビザの手配などが不要な現地人の方が採用に有利です。そのため、自分のほうがより魅力的だと感じてもらえるように、よく練習しておくことが大切です。

 

自分の専門分野をはじめ強みや弱み、海外で働きたいと考えている理由やどのようなキャリアプランを考えているか、給料はいくら欲しいかなど、想定される内容に対しては回答を用意しておきます。

 

☑ 採用後の手続きをする

無事採用が決まってもすぐ渡航できるわけではありません。採用決定から現地で働き始めるまでの期間は3~4ヵ月ほどかかるのが一般的です。最初にすべきことはビザの申請です。就労ビザを受けるのは手続きに時間がかかります。また、就職先の企業から外国人である自分を招致したいという旨を説明してもらう必要があります。

 

さらに日本国内では海外転出届の提出や住民税、社会保険、年金の手続きが必要です。加えて現地では在留届の提出など、引っ越しのための行政手続きも行います。ビザ以外の手続きは自分で調べながら対応しなければなりません。同時に海外で住む住居を決めて契約をして、引っ越し荷物を運ぶなど生活の基盤を整える準備も必要です。計画的に少しずつ進めましょう。

 

■まとめ

海外での就職に必要とされるスキルや就職までの具体的手順について解説しました。海外と日本の就職活動方法は大きく異なります。納得いく海外転職をするために今日からできることのひとつとして、エージェントに登録するのをおすすめします。多くの海外就職の成功実績がある「エンワールド」では、ひとりひとりの転職を成功させるためさまざまなサポートをしています。

 

エンワールドへの登録はこちら(無料)