ブログへ戻る

外資系企業で派遣で働くには?派遣事情と外資系に強い派遣会社の特徴まで解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

1年以上 前

外資系企業で、派遣で働きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際の職場の雰囲気を知る機会はあまりありません。

 この記事では、派遣社員が外資系で働く際の職場の雰囲気について解説します。また、外資系に向いている人の特徴も紹介しますので、ぜひ転職活動に役立ててください。


■外資系企業とは?

外資系企業には、その形態によるいくつかの分類が存在します。それが次に挙げる3つのタイプです。


・海外の企業が日本で法人を設立した場合

・海外の企業が日本の企業と合弁で法人を設立した場合

・海外の企業が日本の企業を買収した場合


| 海外の企業が日本で法人を設立した場合


こちらは、グループ企業の本社が海外にあるケースです。一般的には、こうした形態の企業が「外資系企業」と呼ばれることが多いです。とくにIT業界や金融業界、保険業界、コンサルティング業界などではこうした例が多く見られます。


代表的な例としては、GoogleやAppleなどのIT系企業、ゴールドマン・サックスやシティグループなど金融系企業、アフラックやアクサ生命などの保険会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーやボストン・コンサルティング・グループといったコンサルティング企業などを挙げることができます。


企業風土としては、初めから海外の企業風土になっていることが多いです。


| 海外の企業が日本の企業と合弁で法人を設立した場合


こちらは、グループ企業の本社はあくまでも海外にあるものの、既存の日本の企業と共同出資して会社を設立した場合になります。そのため、経営権に関しては国内企業と海外企業の双方で、その出資比率に応じて決められることになります。


代表的な例としては、旭化成との合弁で会社を設立したシーメンス、東芝との合弁で会社を設立したキヤリア、住友化学との合弁で会社を設立したダウ・ケミカルなどの名前を挙げることができます。


こちらの企業風土は、日本国内の企業風土と海外の企業風土が混ざっているケースがあります。


| 海外の企業が日本の企業を買収した場合


こちらは、最近になって増えてきているケースです。海外の企業がいわゆるM&Aを行うなどして、日本企業の株式を取得したうえで買収を行います。その際、日本企業の事業再編や人員整理などが行われることも多いです。


しかし、こうした買収によって経営が持ち直したという会社も多く、台湾の鴻海精密工業に買収されたシャープや、同じく台湾のヌヴォトン・テクノロジーの半導体事業を譲渡したパナソニックなどをその成功例として挙げることができます。


このような企業では、急激に海外の企業風土に変ってしまうケースもあります。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■働く前に知っておきたい雇用形態別の違いと特徴


では、外資系企業で働く場合、派遣社員、契約社員、正社員それぞれの特徴やメリット、デメリットについて解説してみることにします。


|派遣社員

☑特徴

外資系企業で働く場合、まずは派遣社員から仕事を始めるという人も多いです。派遣社員として外資系企業で働く場合には、通常の派遣会社に登録しても、外資系企業で仕事をすることはできますが、とくに外資系企業への派遣に強い派遣会社を選ぶと良いです。


派遣会社で外資系企業で働く場合には、いわゆる派遣、言い換えれば出向という形で仕事をすることになります。元々はその派遣会社の社員であり、出向先である外資系企業で働くということになるわけです。


業務に関しては出向先の企業で決められることになりますが、仕事内容的には通常の社員と変わりない仕事をまかされることになります。また、給与の額も派遣元の企業によって決まっており、時給が決まっている場合がほとんどです。


☑メリット・デメリット

派遣社員として外資系企業で働く場合、メリットとデメリットの双方があります。まず、メリットとしてはその会社の業務や社風に合わなかった場合、派遣元である派遣会社が次の仕事を用意してくれる場合もある、という点が挙げられます。その一方で、派遣社員は企業の業績によって環境が左右されやすく、場合によっては短期間で解約されてしまう場合もあります。



|契約社員

☑特徴

契約社員の場合も派遣社員と似たような形になります。こちらも雇用主としては出向元の会社ということになり、その会社の社員として出向先の外資系企業で働くという形態になっています。おおむね、雇用形態は派遣社員の場合と似たようなものになっていると考えてください。


☑メリット・デメリット

雇用形態としては派遣社員と似たような形になりますが、給与については異なります。契約社員の場合、働いた時間には関係なく、月ごとに一定の給与が雇用主から支払われるというケースが多くなっています。ただし、福利厚生に関しては充実していることが多く、派遣社員と比べると比較的雇用が安定しているという特徴もあります。



|正社員

☑特徴

正社員として働く場合、雇用主は当然自分が仕事をする外資系企業ということになります。給与も仕事先である外資系企業から直接支払われます。


雇用の形態は日系企業で働く場合と同様です。しかし、定年制度や退職金制度などがなく、こうした点は日系企業と大きく違っている点です。勤務先で実績を挙げられない場合には、日系企業とは違い、即解雇されてしまったり、なかなか昇進ができない場合もあります。


☑メリット・デメリット

外資系企業で正社員として仕事をする場合のメリットやデメリットは多くあります。その一部を紹介すると、メリットとしては成果主義であり、実績を出すごとに報酬がどんどん上がっていくことや、オンとオフの区別がはっきりとしており、プライベートの時間を確保しやすいという点が挙げられます。


その一方で、デメリットとしては成果を上げられない人間は容赦なく解雇されてしまう、という実情があります。また、勤務先によっては仕事が激務であることも多いです。入社した時点から、即成果を求められるという点にも注意しておいたほうが良いでしょう。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。



■派遣社員からみる外資系企業の雰囲気

この章では、外資系企業の雰囲気を解説していきます。日系企業との共通点も紹介しますので参考にしてください。


| 日系企業よりもドライな雰囲気

「外資系企業」といっても雇用形態や待遇は会社によって大きく異なります。多くの場合は実績で評価されます。日系企業では年齢による序列や、経験が重視されがちですが、外資系企業は年齢も経験も関係ない場合が多いです。

外資系企業で働く人は転職回数が多く、派遣であっても仕事重視な雰囲気があります。歓送迎会や忘年会もない会社がほとんどで社内イベントへの参加も不要なところが多いです。付き合いが少ないぶん、仕事に集中できるともいえるでしょう。


| 日系企業との共通点

基本的に残業が少ない会社が多いようですが、人手が足りず業務が多いところもあります。外資系企業は仕事の成果で自分の評価が決まるため、たとえ定時でも仕事が終わらないと帰れない場合もあります。

また、外資系企業といっても社員がほとんど日本人で勤務形態も日系企業と変わらない会社もあります。日系企業より待遇が良いところもありますが、会社によって異なるので自分に合った会社を見つけましょう。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■派遣社員として外資系企業で働ける職種を紹介

外資系企業で派遣社員として働く場合、その職種はある程度限られてきます。

派遣社員として外資系企業で仕事をする場合には、主に次のような職種の仕事を任されることになります。


| 人事

まず挙げられるのが人事関係の職種です。就職に際しての敷居はそれほど高くなく、あまり英語が上手くなくても採用されることがあります。その理由としては、いくら外資系企業といっても、そこで働いている人の数は日本人のほうが圧倒的に多いためです。


業務内容としては、従業員の勤怠管理、給与計算、社会保険関連業務、就職・退職関連の業務などを行うことになります。


| 経理

経理担当者も外資系企業では多く必要とされている人材です。

主な業務内容としては、売掛金や買掛金の処理、仕訳といった日常的な会計業務から、決算関係の処理、データチェックと多岐にわたります。簿記に関する基礎知識が必要とされるので、日商簿記の資格などをあらかじめ取得しておくと良いでしょう。


| 総務

総務関連職での派遣社員の募集も多いです。業務内容としては、日常的な業務全般を管理運営する仕事だと考えてください。


社内イベントを開催したり、社内広報を作るといった仕事を任されるケースもあります。社内で作成された書類の管理なども、総務職の仕事になります。また、人事系の職種を兼ねる場合もあります。


| 営業アシスタント

営業アシスタントというのは、社内で営業の管理やサポートを行う仕事です。

具体的な業務内容としては、会議の手配や契約書類のチェック、電話やメールでの対応などを任されることになります。それほど高い英語力は必要とされませんが、外国人と多く接する会社や職場では、英会話能力や英文でのメール作成能力が問われることもあります。


| ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアというのは、社内外のネットワークを構築したり、それを維持管理する仕事です。システムの設計段階から仕事を任されることもあります。


それほど高い英語力は必要ありませんが、PC関係、とくにネットワーク関係の知識やスキルには秀でている必要があります。こうした業務の経験者はとくに優遇されると言って良いでしょう。


|通訳・翻訳

通訳や翻訳の仕事は二通りあります。その一つは社内で使用される文書やメールなどを英語に翻訳するという仕事で、もう一方は言語の異なる人と人との間に立ち、双方の話をそれぞれの言語に通訳して伝えるという仕事です。


通訳を専門として仕事をする場合もありますが、事務の一環として通訳や翻訳がメインになる、といったケースもあります。その他の職種と比べると、とくに高い英語力が必要とされる仕事となっています。


|受付・案内

受付や案内の仕事は、外資系企業のフロントなどに立って、来客者の対応をするという仕事です。業種としては、接客業に近い勤務形態になります。また、ショールームなどで顧客の案内をする、といったケースもあります。


こちらは、外国人の来客が多いかどうかで、必要とされる英語力は変わってきます。顧客に外国人が多いようであれば、それなりに高い英語力を培っておいたほうが良いでしょう。


|観光サポート・接客

観光サポート・接客の仕事は、外国から旅行や仕事などで訪れた人をガイドする仕事となります。ツアーコンダクターなど、観光専門の業界で働く場合もありますが、飲食店や販売店などで外国人の接客を行う場合もあります。


ツアーコンダクターなどであれば高い英語力は必須となりますが、飲食店や販売店では、とくに外国人の客が多くなければ、日常会話程度の英語力であっても問題ないケースが多いです。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。



■外資系企業で派遣として働くメリットとは

派遣社員として外資系企業で仕事をする場合、メリットとデメリットの両方があります。それでは、まずメリットのほうから説明していきましょう。


| 給与が高い

外資系企業の給与の高さはよく言われることです。これは派遣社員も例外ではありません。

時給に関しては会社によってばらつきがありますが、安くても時給1,500円くらい、高いところでは時給2,000円~3,000円ほどの給与がもらえるところもあります。また、能力が高ければそれだけ時給も高いものとなってきます。


| 直接雇用につながるケースがある

外資系企業というのは能力主義であり、派遣社員だからといって評価に区別が生じることはありません。その職場で成果を上げることができれば、正社員への登用の道も開かれています。これは年功序列が優先され、派遣社員と正社員の区別がはっきりしている国内企業と比べると大きく異なっている点だといえます。


| 成果が評価されやすい

成果が評価されやすいというのも、外資系企業のメリットの一つです。

外資系企業では一般的に個人ごとの成果が会社側では把握しにくいという事情があります。それは、外資系企業の多くはチーム制で業務を行っており、個々人の仕事の専門性が際立っているためです。


そのため、仕事ぶりが良く、実際に業務に役立っていると判断された人間は高く評価されることになります。


| オンとオフの区別がはっきりしている

これも外資系企業に関する噂としてはよく聞くところでしょう。外資系企業では、自分の仕事さえきっちりとこなしていれば、業務外の時間は自由に過ごすことができます。

業務終了後にも打ち合わせが続いたり、同僚や上司との付き合いが重要になってくる日本企業とは、大きく異なる点です。


| 勤務スタイルが自由である

比較的勤務スタイルが自由であるという点も、外資系企業の特徴だといえます。たとえば服装であれば、日本の国内企業であればスーツにネクタイが基本となりますが、外資系企業では私服やビジネスカジュアルでも働くことができる職場が多いです。


また、時短勤務などに対応している会社も多く、社内の雰囲気も国内企業とくらべるとフランクなものになっています。


|グローバルな視点が身につく

外資系企業で仕事をしていると、グローバルな視点を身に付けることができます。なぜなら、同僚にも外国人が在籍しているケースがありますし、取引先も同じく外資系企業であったり、海外の会社であることが多く、日常的に国内以外の人物や企業と交流があるからです。社風ひとつをとっても、外資系企業は日系企業とは多くの違いがあり、社内にいながらにして異文化を学ぶことができます。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。



■派遣として外資系企業で働くデメリットも把握しておこう

一方のデメリットについては次のようになっています。


|日系企業よりも忙しい傾向にある

外資系企業は日系企業に比べると忙しいと言われています。その理由として、外資系企業は成果主義が基本であり、個人の目標が明確にされていることが挙げられます。常に目標へ積極的に取り組み、達成する必要があるため、オンとオフの区別がはっきりしているとはいっても、仕事中はかなり忙しく立ち回る必要があります。


| スキルが低いと業務についていけない

外資系企業では成果を出せない人間は容赦なく切り捨てられます。平均勤続年数も日本の企業と比べると短く、人の入れ替わりが激しいのがひとつの特徴となっています。


その代わり、年齢が上がったからといって即座にリストラ対象になることはほとんどありません。


| 派遣社員も正社員と同様の評価を受ける

外資系企業では、派遣社員も正社員と同様に重要な仕事を任されるケースが多いです。そのため、個人の成果についても正社員と同様の評価を受けることになります。


派遣社員だからといって、ただ決められた仕事をこなしていれば良い、というわけではない点には注意しておいてください。仕事をしていく上でのプレッシャーも、日本の企業と比べると大きいです。


| 自分に自信がない人間は評価されにくい

外資系企業では、自己発信能力がものをいいます。

同僚とのディスカッションも多く、場合によっては英語を使って、業務上の会話をしなくてはいけません。そういった際に、自分の意見をはっきりいえないような人の場合、業務についていくのは難しくなります。外資系企業に転職する際には、コミュニケーション能力も磨いておきましょう。


| 人間関係が淡白である

人間関係が比較的淡白である点は、外資系企業のひとつの特徴だといえます。これは、仕事上オンとオフの区別ははっきりとしていることと、人の入れ替わりが激しいためです。

国内企業のように家庭的な雰囲気は期待できないので、注意しておいてください。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■派遣社員として外資系企業で働くには英語が必要?

では、派遣社員として外資系企業で働く場合、英語能力についてはどうなっているのでしょうか。


結論をいうと、これは会社や職場によってまちまちです。かなり高い英語能力が必要とされることもあれば、日常会話程度の英語能力で十分な場合もあります。


外資系企業は、直接クライアントとの打ち合わせや折衝をするフロントオフィス、市場の分析などを行ってそれをサポートするミドルオフィス、そして事務的な仕事をするバックオフィスという、3つの職種に分かれています。


このうち、高い英語能力が必要とされるのは主にフロントオフィスです。一方、ミドルオフィスやバックオフィスではそれほど高い英語能力は必要とされません。


外資系企業において、契約社員が多く採用されているのは、主にバックオフィスの仕事になります。すなわち、社内業務が中心となる部署で仕事を任されるケースが多いわけです。

そのため、専門用語を交えた英会話能力などは必要とされないことがほとんどです。こうした職場では、たとえばTOEIC(Test of English for International Communication)でいえば500点台~700点台くらいの英語力でも通用するケースがあります。


また、日本語がまったく分からない外国人が職場に入ってくることもありますが、こうした場合でも、日常会話レベルの英語力があれば十分だといえるでしょう。


ただし、事務方の仕事をこなす場合でも、社内で使用する書類などは英語で記されている場合もあります。また、ミーティングや社内メールなども英語を使うケースが多くあります。最低限の英会話能力くらいは必要となってくることは覚悟しておきましょう。


とくに派遣社員から正社員を目指すなど、その後のキャリアアップを考えている場合には、入社前にそれなりの英語能力を磨いておくようにしましょう。


フロントオフィスでばりばり活躍したい場合や、管理職を目指している場合には、最低でもTOEIC(Test of English for International Communication)で800点台~900点台くらいの点数は出しておきたいところです。ただし、この場合でも、すらすらと英語を話せるだけでは不十分で、専門用語なども交えた英会話能力が必要となってきます。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■外資系企業の雰囲気に向いている人

この章では、外資系企業で働くのに向いている人の特徴を紹介します。


| 語学が堪能

英語を使わない部署もありますが、語学力があるに越したことはありません。語学力があれば海外チームとのやりとりや取引先との交渉を引き受けることもでき、仕事の幅が広がります。


| スピーディーに仕事がこなせる

長く時間をかけたからといって、よい成果に繋がるというわけではありません。限られた時間でどれだけ成果を出せるのかなどの工夫をしている人が評価されます。


| タフである

外資系企業は仕事の成果で評価されるため、年功序列の企業とは文化が違います。「自分より年下の方が年収が高い」「自分より経験が浅い人が評価される」ということもよくあります。そういった場合でもモチベーションを保ちながら仕事に励むタフさが必要です。


| フレキシブルに対応できる

外資系企業は、様々な国籍や考えを持っている人とコミュニケーションを通してお互いの意見を交える機会が多くあります。取引先が外国企業や外国人であることも多いです。グローバルな視点をもち、フレキシブルに対応できる人は外資系企業に向いています。


| 自分の意見を主張できる

異なる国籍や文化の人とコミュニケーションをとる上では、「自分の意見を主張すること」が特に重要です。自己主張をしなくては相手に意見は伝わらず、意思疎通ができません。他人の意見に流されるばかりでなく、自分の意見が主張できる人は外資系企業に向いています。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■外資系企業の雰囲気に向いていない人

この章では、逆に外資系企業で働くのに向いていない人の特徴を紹介します。


| 安定志向

外資系企業の福利厚生は日系企業と異なり、会社によっては福利厚生がまったくないところもあります。日系企業のような手厚い福利厚生を期待するとギャップに戸惑うことがあるかもしれません。


| 保守的や受け身な人

さまざまな国籍の人が集まる外資系企業では、自分の意見を主張しなくてはコミュニケーションが取れません。他人の意見に流されてしまう受け身な人や、変化を嫌う保守的な人は外資系企業には向いていません。


| 指示をもらって働きたい人

自分の意思や意見を主張しなくては仕事にも影響するため、ただ指示を待つばかりの人は仕事が進まず成果もあげられません。待っているだけではチャンスは回ってこないため、自ら率先して動ける人が評価されます。


| ゆっくりのんびり働きたい人

外資系企業では、日系企業以上にスピーディーに仕事をこなす能力が求められます。社員だけでなく派遣ものんびり働くことは難しいでしょう。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。


■外資系企業の派遣に応募するには

外資系企業では語学力はもちろん、仕事の成果も求められます。どう対処すればより多くの成果があげられるのか、仕事を効率よく終わらせるにはどうすればよいか、と考えることも重要です。


外資系企業で働くには派遣という方法もあります。派遣で働きたい場合は、まず外資系企業に強い派遣会社に登録しましょう。外資系企業でも会社によって、求められるスキルや条件は異なるため、求人の募集内容をよく読む必要があります。バイリンガルの方であれば、語学力が活かせる外資系の派遣を検討してみてはいかがでしょうか。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。



■外資系企業の転職に強い派遣会社とは


派遣会社の社員として外資系企業で働く場合、いくつかの特徴があります。しかし、それぞれの派遣会社によっても、待遇や雇用形態、勤務形態などはさまざまです。その派遣会社がどのようなところなのか、事前に調査しておくことが良いでしょう。


外資系企業に強い派遣会社とは、主に外資系企業への派遣を専門的に扱っている会社と、数ある派遣先のなかに外資系企業も混じっている会社とがあります。後者は一般的な派遣会社に近いといって良いでしょう。それに比べると、前者は外資系企業への派遣をメインとして行っているため、とくに外資系企業で働いてみたいという人に向いています。


また、外資系企業への派遣を専門的に扱っている派遣会社であれば、外資系企業への転職サポートも最適なものが準備されていますので、転職活動もスムーズに進められるでしょう。


このほか、外資系企業に強い派遣会社の特徴としては、下記のような点が挙げられます。


・英語力を必要とする求人募集が多数ある
・事前に英語力のチェックがある
・さまざまな業界の外資系企業の求人を扱っている
・セミナーやイベントを多く開催するなど、スキルアップのサポート体制が整っている


上記のポイントを参考にしながら、外資系企業への転職を十分にバックアップしてくれる派遣会社を選ぶようにしましょう。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。



■外資系に強い派遣会社なら紹介予定派遣も期待できる


これまでもご説明してきたように、外資系企業で働く場合にはさまざまな勤務形態や雇用形態があります。


パート、正社員、派遣社員、契約社員、それぞれで違いや特徴があります。そのなかでもとくに外資系企業に強い派遣会社では、雇用が比較的安定している、という特徴を持っているということができます。


|未経験での外資系企業への転職は狭き門

未経験では外資系企業で働くのには不安がある、という人も多いと思いますが、ほとんどの派遣会社では派遣先で仕事を始める前や、仕事を始めた後でのサポートを行ってくれます。場合によっては、派遣先にやってきて、どのような仕事ぶりになっているのか確認したり、どのように仕事を進めていけば良いのかをアドバイスしてくれる場合があります。


未経験者が外資系企業で働くということも不可能ではありませんが、こうした会社で仕事をしていくためには、ある程度の実績と実力が必要になってきます。英語力に関してもそうですが、その業界の知識に精通していることや、ある程度の実績を上げてきたことなどが求められます。外資系企業に就職・転職した場合、仕事を始めたその日から成果が求められます。


そのため、未経験からの外資系企業への就職・転職は案外狭き門になっていると考えて良いでしょう。外資系企業で正社員として働く場合には、まずは紹介予定派遣というものを利用してみるのもひとつの方法です。この方法であれば、外資系企業で仕事をするにあたっても比較的正社員になりやすいです。


|紹介予定派遣とは

派遣会社ならではのメリットの一つが、紹介予定派遣というものです。これは、一定期間派遣先で勤務した後は、実績さえ出していれば正社員として登用してくれるというものです。これは、あくまでも派遣先で成果を上げているということが条件にはなりますが、外資系企業で正社員として仕事をする場合の近道であるということができます。


外資系企業は新卒者にしろ、転職者にしろ、就職するには厳しいというのが現実です。もし、将来を見据えて外資系企業で正社員として働いていきたいというのであれば、まずは派遣社員からスタートするというのがもっともおすすめの方法の一つだと言えます。この場合、派遣先の企業の社風が自分に合っていなければ、別の派遣先に変えてもらうこともできます。


派遣社員として仕事をする場合、すべてが紹介予定派遣というわけではありませんが、将来的に正社員を目指しているのであれば、こうした条件の求人を探してみるのもありでしょう。


エンワールド・ジャパンの派遣はバイリンガルの候補者に向けたプロフェッショナル派遣を中心にお仕事をご紹介しています。ひとりひとりに合わせたキャリアアドバイスや入社後の活躍にフォーカスした視点で支援しています。


転職を希望する業界・業種に強いスタッフが全力で転職をサポート!外資系企業の転職をお考えの方は、まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください。