ブログへ戻る

転職に成功する人の特徴とは?成功する人と失敗する人を分けて行動別に詳しく解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

約1ヶ月 前

キャリアアップのために転職を考える人は多いです。転職するからには成功したいものですが、転職に成功する人と失敗する人では、どのような点に差があるのでしょうか?

 

この記事では、転職に成功する人と失敗する人を行動別に分けて詳しく解説し、なぜ転職に失敗してしまうのか、成功するためにはどうすればよいのかについて解説します。ぜひ参考にしてください。

■転職に成功する人の特徴

まず、転職に成功する人の特徴について解説します。

■これまでの経験を踏まえ、転職する理由がはっきりしている人

転職においては、長期的なキャリアプランを立て、そのために今回の転職で何を実現したいのかを考えるのが重要です。

そのため、これまでの経験を踏まえ、転職する理由がはっきりしている人が転職に成功しやすいです。

☑ 自分の欠点や弱点を理解している

転職は、自分のキャリアを商品として売り出すことでもあるため、自己分析が非常に重要になります。

 

自らのキャリアにおいて、人より優れている点や得意な業務・スキルを、これまでの経験から洗い出しましょう。そのうえで、長所だけではなく欠点や弱点も分析し、どのように克服すれば長所につなげられるかの考察や理解が大切になってきます。

 

☑ 第三者の冷静な意見も受け入れられる

自分の長所や短所を自己分析するうえで、上司や同僚、転職エージェントなど第三者からの意見を受け入れる姿勢が大事です。特に欠点は自分では分かりにくいため、第三者からの冷静な意見を受け入れ、自らの特徴やキャリアをできるだけ客観的に考察するようにしましょう。

 

☑ 欠点を理解したうえで面接で自己アピールできる

欠点を自己分析したうえで克服できればベストですが、短期間ではなかなか難しいです。

そのような場合は、面接で自分の欠点について質問されたときにどのように表現するか、欠点を長所として自己アピールにつなげられるよう発想を転換してみましょう。

 

たとえば、心配しがちという欠点は、物事に対して慎重なため、大事な仕事に臨むときは常に確認しながら進めていると言い換えが可能です。

このように、視点を変えれば長所につながる欠点を選んで、その改善法を述べるのがポイントです。

 

■転職先や条件にこだわらず、真摯に転職活動できる人

転職においては、自らのキャリアプラン実現のために必要な条件を挙げ、優先順位をつけることが重要です。

そのため、最優先したい条件を決めておき、転職先や待遇などにはそれほどこだわらない人が転職で成功しやすいです。具体的な例をあげます。

 

☑ ひとつの企業に執着しない

中途採用は新卒採用より定員数が少ないのに加え、書類選考や数度の面接など、採用に至るまでの道のりが長い傾向があります。そのため、複数の企業へ応募することも想定して行動しましょう。

 

ひとつの企業に執着すると、不採用になった場合、予想以上にショックを受けてしまいます。

転職は運に左右される点もあるので、できる限りフラットな気持ちで臨むとよいでしょう。

 

☑ 年収や待遇にこだわらない

やりたい仕事・年収・待遇など、すべての条件を叶える企業に転職するのは非常に難しいです。

そのため、希望する条件に優先順位をつけ、譲れない条件などはできる限りひとつに絞り、その他の条件は柔軟に交渉したほうが、転職先の選択肢が広がり成功につながります。

 

☑ 履歴書や職務経歴書を使い回さない

履歴書や職務経歴書は、志望先の企業によって、何を軸に経歴や職務内容をまとめるか、アピールポイントが異なってきます。そのため、志望先の企業ごとに作成するのが前提となります。

 

履歴書や職務経歴書を使い回すことを想定していると、どの企業にもあてはまる汎用的な内容になってしまいます。応募先の人事に見破られやすいだけでなく、マナー違反にもなるので注意しましょう。

 

☑ 転職する時期を見極める

転職は時期や運に左右される要素もあるため、転職する時期を見極めることも非常に重要です。

 

一般的には、3〜4月の年度末前後、9〜10月ころなどは、転退職者の補充などで中途採用も多くなります。外資系やグローバル企業の転職シーズンは8月のお盆シーズン、12月のクリスマスシーズンを除いて通年行っています。もちろん採用が増える時期は業種によっても違ってくるため、希望する業界の情報収集を怠らないようにして採用が増える時期を狙いましょう。

 

■転職で失敗する人の特徴

ここまで転職で成功する人の特徴を解説してきましたが、逆に転職で失敗する人にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

■転職の目的が曖昧かつネガティブな理由で転職しようとする人

転職に成功する条件のひとつは転職の目的を明確にすることです。

逆にいえば、転職の目的が曖昧で、かつ、ネガティブな理由で転職しようとする人は、転職に失敗しやすいです。転職の目的は面接でも必ず聞かれるポイントだからです。

 

☑ 他責思考で転職しようとする

転職において、「今の仕事がうまくいかないのは、上司や会社、仕事内容などが悪いからだ。自分は悪くない」という他責思考のままでは失敗しやすくなります。

なぜなら、転職先で同様になにかにつまずいたときにも、同じような不満を抱えてしまうからです。

☑ 将来のビジョンがない、もしくは矛盾している

先述したように、キャリアプランは長期的な視野を持つことが大切です。3〜10年後だけでなく40代以降などをイメージした将来のビジョンがない、または短期的・長期的なビジョンが矛盾しているようだと転職に失敗します。

 

キャリアプランを考えるうえで、まず長期的な目標を設定し、それを達成するために短期的にどんな目標を実現すればよいか、どのような転職を行うべきかなどの志望動機の整理が必要です。

 

☑ 現実逃避で転職を考えている

今の仕事がつまらないから職種を変えることを考えたり、漠然と日本が嫌だから海外の転職先を探したりなど、現実逃避のために転職を考えるとうまくいきません。今の職場が嫌で逃げ出したいだけの人を採用する会社はありません。

 

現在の環境が嫌だからという理由で転職したい場合は、自分のキャリアプランを考えたうえでどういう点が嫌なのか、転職によりどのように修正すればうまくいくのか、前向きな気持ちで考えを整理してみましょう。

 

■転職を成功させるための努力ができない人

転職には、転職活動の対策や自己分析、必要ならスキルアップや資格取得などの努力も必要です。

そのため、自分を過大評価しすぎたり、事前に対策を立てられないなど、転職を成功させるための地道な努力ができない人は失敗しやすいです。

 

☑ 自分を過大評価しすぎている

自己評価と他己評価が乖離している場合は、転職がうまくいきません。

 

現在の会社で責任ある地位についていたり、大企業に勤めていたりしても、転職先でも同じように自分のスキルが通用するとは限りません。

転職にあたっては、いったん自分の所属する企業名や肩書は横において、謙虚かつ冷静に自己分析をするようにしましょう。

 

☑ 事前に対策を練らず、行き当たりばったり

転職を考える際には、自らのキャリアプランのために今回の転職で何を実現するかという視点が必要です。

 

そのため、前の職場を早く離れたいため後先考えずに辞めたり、業界研究をせずに就業条件だけ見て応募したりなど、行き当たりばったりの転職活動ではうまくいきません。

事前に入念な対策を練るように心がけましょう。

 

☑ これまでのキャリアが通用しない業界に応募する

これまでのキャリアが通用しない異業種への転職は、当然ながらリスクがあります。

応募先が求める能力やスキルが前職とリンクしないなら、新人と同じ待遇や扱いを受けてしまうからです。

 

今までと異なる職種にどうしても転職したい場合は、人脈を広げたり資格を取得したり、前職で得たスキルを活かせるという自己アピールを考えたりなど、転職が失敗しないための対策が必要となります。

 

■まとめ

転職を成功させるには、これまでのキャリアや経験をふまえての転職理由の明確化や、細かい条件にこだわらない、など真摯に転職活動に励むことが近道です。

これらの条件は、日系企業だけではなく外資系やグローバル企業においても同じです。

 

エンワールドでは、転職時の面接対策に加え、長期的なキャリアプランの視点から、目標や能力などを把握したうえで転職先を紹介しています。様々な案件を比較しながら検討することができるので、まずは無料面談で相談してみましょう。

 

グローバル転職を成功させるならエンワールド