ブログへ戻る

会社経営者の転職事情まとめ|転職のポイントから実際の事例まで紹介

Posted by en world Japan

2年以上前

元経営者の方が転職活動をする場合、その方法がわからない方や、転職活動を頑張っているもの内定を得られなくて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

経営者としての経験を活かせる転職先を見つけるために、この記事では、経営者の転職活動の実情やポイント、事例などを紹介しています。
また、増加している経営者求人についても解説していますので参考にしてください。

 

■経営者の転職活動の実情

経営者または経営経験者の転職活動の実情がどうなっているのか、内定率や期間について解説します。

| 元経営者の内定率は?

元経営者の内定率について調査した民間の報告によれば、転職経験者100人に対して14.4%という数字が出ており、転職活動をした人の7人に1人程度しか内定を得られていないのが事実です。

一方、一般的な転職の場合の内定率は、同調査において6%と出ています。

この結果を見る限り、元経営者の転職内定率14.4%は一般的なケースの2倍以上ですので、決して低い値ではありません。起業のスキルや経験が転職活動に役立っているともいえるでしょう。

 

| 転職までにかかった期間

同じ民間の調査では、転職までにかかった期間は3ヶ月未満が42%です。次いで6ヶ月未満となっていますが、内定率は25%となっています。転職期間が長くなるほど割合が下がるため、元経営者の転職活動は短期決戦が成功のカギといえそうです。

一方で大手有名企業の経営者層はヘッドハンターが時間をかけて関係を構築し、数年かけて転職にこぎつけるケースも珍しくありません。

起業家が転職する場合は、雇用保険がないため金銭面での負担も大きくなることも、内定率低下の一因と考えられます。

 

■経営者の転職市場

近年は経営者候補を求める企業が増加傾向にあります。先に述べた内定率14.4%にしても、一定の需要があることの裏付けといえるでしょう。また、3ヶ月以内に転職する率が42%もある点も、経営者の転職市場が活性化していることを示しています。

また、中小企業経営者の約半数が自分の代での廃業を考えています。その理由の29%は、「適当な後継者が見つからない」となっています(帝国データバンク社調べ)。後継者さえ見つかれば、事業が継続できると考えている経営者も多いのです。

ここでは、経営者求人が増えている業種や背景、求められる人物像などについて解説します。


| 経営者求人が増加する背景

経営者求人が増加する主な背景は以下のとおりです。


・ベンチャー企業の人材不足
起業してからの期間が短いために、会社の成長に反して経営幹部となる人材の育成が追いついていないことが要因といえます。
 

・事業継承の問題
後継者不在が問題となっている国内企業が増えています。
 

・企業のグローバル化
国外展開を考え、実施に移す企業にとって、外資との関わりも含め、海外で通用する経験豊富な経営幹部の確保は急務といえます。

 

| 経営者求人が増えている業種

エン・ジャパンの調査によれば、経営者求人が増えている業種としては、IT・インターネット関連とメーカーが目立っています。
企業のタイプで見ると、最も多いのがベンチャー企業で、次いで中堅・中小企業が続いており、経営者求人が増加する背景との関係性がうかがえる結果です。

 

| 経営者求人で求められる人物像

また、経営者求人で求められるのは、経験豊富な働き盛りの年齢層で、経営者候補に相応しい経験と実績を持っている人物像となっています。一般社員とは異なり、単に即戦力というだけでなく高いスキルが求められるのが特徴です。スキルには、長期的な展望を描ける能力や人を動かす能力も含まれます。

また、いくら経営能力が高くても、働ける期間が短くなる高年齢層は敬遠されがちといえます。具体的には40代がもっとも有力で、前半よりも後半の方がより有利です。年収で見ると、1,000万円前後が中心となります。

 

| 経営者求人は今後も増えていく?

ひと昔前には想像もできなかった業種やサービスが次々に生まれており、活発な起業とあわせて、この状況は今後も続くものと考えられています。そのため、新しい時代の経営者・経営幹部の需要が増えるだけでなく、状況の変化に合わせて流動化すると予測されます。

 

■経営者が転職する際のポイント

経営者の転職活動を成功させるために押さえておきたいポイントについて解説します。

 

| 面接でよく聞かれる質問と対策

元経営者の面接でよく質問されるのが以下の2点です。
・事業に失敗した理由
・労働者への転職を志望する理由

家庭の事情や共同経営者との方針の違いによる転職もあり、必ずしも事業に失敗したから転職するわけではないでしょう。
しかし、それも含めて広い意味では失敗といえます。
そして、失敗した理由を質問されるのは必然です。失敗の理由次第では、戦力と認識されないかもしれません。

失敗というマイナスをアピールポイントにするためには、そこで得た教訓や、次のステージで活かすための考え方などを的確に答えることです。
その際、謙虚な姿勢も忘れないようにしましょう。

また、下手に隠し立てするのではなく、さらけ出す部分はさらけ出すことです。


次に、再び経営者になるのではなく、経営者候補という労働者への転職を志望することについては、起業資金の調達が困難などの現実的な理由が無難といえます。
経営者候補の募集であり、経営者に向いていないと受け取れるような動機は避けるべきです。
経験を活かした業務に就きたいなど、ポジティブな受け答えを心がけましょう。

 

| エージェントの利用がおすすめ

経営者候補というエグゼクティブクラスの転職活動では、一般求人サイトの利用はおすすめできません。
それは、求人のほとんどが非公開になっているためです。
非公開のエグゼクティブクラス求人情報の多くは、転職エージェントを通じて提供されます。

したがって、経営者の転職には転職エージェントの活用が有効です。

また、転職の成功には、数ある転職エージェントの中からどこを選ぶかも重要です。
エンワールド・ジャパンのCxOプラットフォームサービスなら、転職を目指すエグゼクティブクラスは有益な転職支援をうけられます。
 

エンワールドでは、経営者とのコミュニケーションの中から直接経営ポジションの求人を得ていることが多く、結果として経営者と求職者のマッチングが高く、双方が満足できる転職を可能にしています。

 

■経営者の転職事例

ここでは、経営者の転職事例を3つ紹介します。

 

☑医薬品商社経営者から医薬品メーカー営業へ転職

ひとつめは同種商品を扱う商社経営からメーカー営業への転職事例です。
 

| 転職時の年齢と前職、現職

年齢は56歳で前職は医薬品やバイオ関連の商社経営者でした。
現職は医薬品・医療機器メーカーの海外営業です。
 

| 転職理由

前職の起業メンバー間で生じた経営方針の違いが埋められない状況に至り、自身の持つ経験やノウハウを後進に伝えるために転職を決意しました。
 

| 転職活動について(経緯)

募集を探して3桁もの企業に応募したものの、年齢的な面がネックとなり転職には至りませんでした。
そこで、転職エージェントを経由して応募したところ転職に成功しています。
経歴や熱意など、転職エージェントの担当者に気に入られることが重要だったようです。

 

☑車販売店経営者からから医療関係の経営幹部へ転職

次に、車販売店の経営者から医療関係の経営幹部に転職した事例を紹介します。
 

| 転職時の年齢と前職、現職

転職時の年齢は51歳で、前職はカーディーラーの共同経営者でした。現職は医療関連産業の経営幹部です。
 

| 転職理由

共同経営者との経営方針がずれてしまったことから転職に踏み切った事例です。
 

| 転職活動について(経緯)

気に入った求人にエントリーを続けたものの、年齢が高いこともあってかミスマッチとして成果には結びつきませんでした。
しかし、カーディーラーを経営する前に活動していた医療業界での経験をアピールポイントとした転職エージェントの働きもあって現職への転職に成功しています。

 

☑通販事業経営から通販の商品企画へ転職

最後は、通信販売事業の経営者から通販会社の商品企画・開発への転職事例です。
 

| 転職時の年齢と前職、現職

転職時の年齢は37歳で、前職は脱サラではじめた果物などの通販事業でした。現職は、同じ通販業界の企業における商品企画や開発の仕事です。
 

| 転職理由

商材とする果物の不作により安定して注文を受けることができなくなったことから、事業の継続を断念し転職を決断したケースです。
 

| 転職活動について(経緯)

脱サラしての起業に対する見方がハッキリ二つに分かれ、転職エージェントにも否定的な見方をするところがありました。
前職がアピールポイントになるどころかマイナスイメージとなってしまうことから、脱サラ前の実績を前面に出しての転職活動で内定を獲得した点に着目できます。

 

■まとめ

IT化が進み新しい分野の仕事や職種が生まれることで、細分化される業務に対応できる経営者の需要が増えています。また、中小企業の後継者問題も深刻です。そんな中で、経営者や経営者候補の流動化が進み、求人も増え続ける傾向にあります。

しかし、エグゼクティブクラスの転職は簡単なことではありません。さらに、求人自体が非公開であることが珍しくないため、やみくもに活動しても望んだ結果にならない可能性があります。そのためには、エグゼクティブに特化したサービスを持つ外部機関に登録することは重要です。エンワールドには、エグゼクティブ転職の支援に特化したサービスがあります。まずは無料登録して、情報収集など行ってみましょう。


エンワールドのエグゼクティブ転職サービスはこちら

 

 

※参考
「サーブコープ『生活に関するアンケート』起業後に転職活動をした経験がある社会人100名」 サーブコープブログ