ブログへ戻る

外資系企業のイメージとその実態は?メリット・デメリット、外資系に向いている人の特徴もあわせて解説

Posted by en world Japan

2年以上前

「外資系企業」について、勤務経験がないとどんな感じなのかイメージしにくいですよね。給与や人間関係など、日系企業と大きく違うのではと漠然と考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、外資系企業で働くメリットやデメリット、向き不向きも含め、外資系企業の実態について解説しています。外資系への就職や転職を考えている方は参考にしてください。

 

■外資系企業のよくあるイメージと実態

外資系企業に対する一般的なイメージをあげてみましょう。実態も含めて解説していきます。

 

イメージ1「外資系企業は高給」

外資系企業は「給料が高い」というイメージを持つ人もいるでしょう。実際、日系企業に比べて外資系企業のほうが1~2割給料が高い傾向にあります。しかし、給料の高さは業界によるところもあり、年収300万円台の外資系企業もあります。

外資系であれば高給であるとは言いきれませんが、外資系企業では成果に応じて給料が増減するインセンティブ給を採用しているところが多くあります。入社1年目でプロジェクトリーダーを任されるなど、若くして責任あるポジションにつき、高い給料をもらう人も少なくありません。このような理由から、「給料が高い」というイメージがあるのでしょう。

 

イメージ2「外資系企業は成果主義」

外資系企業に対して、「成果主義であるという」イメージを持っている人も多いでしょう。年齢や社歴の長さよりも実力を評価されるため、結果を出せば昇進・昇給し、出せなければ解雇されると考えている人もいるかもしれません。

しかし、成果主義かどうかは会社や配属される部署によって異なります。確かに成果主義の会社もありますが、年功序列の企業もあり、「成果が出せなければ即解雇」ということにはなりません。また、個人で結果を残せば評価が上がるとは限りません。

 

イメージ3「英語はネイティブレベル」

外資系企業といえば社内の公用語は英語であり、ネイティブレベルの英語力が必要だと考えている人も少なくないでしょう。確かに、本社とのやり取りは英語だったり、書類も英語で作成されていたりすることもあります。

しかし、業界や仕事内容、雇用形態などによって英語の必要性は変わります。外資系企業でもメンバーが日本人だけの時は日本語を使用するところもあり、ネイティブレベルの英語力が必要とは一概に言えません。

 

イメージ4「残業しない」

外資系企業で働く人は残業をしないというイメージもあるでしょう。外資系企業は個人が尊重される傾向にあり、仕事とプライベートのメリハリをつけている人も多いです。短い時間で成果をあげることができれば、必要のない残業はしない人も多いです。

しかし、成果を出すために個人が負う責任も大きいため、場合によっては残業をしたり家で仕事をしたりすることもあります。その企業の文化によっては時間の融通が利きやすいというのは事実ですが、残業をしないというわけではありません。

 

イメージ5「人間関係がドライ」

外資系企業は人間関係がドライだというイメージを持つ人も多いようです。確かに、典型的な日本企業と比べるとドライかもしれません。外資系企業は個人を尊重する文化があるため、仕事上での相談はしても、個人のプライベートに踏み込むことはなく、仕事とプライベートを分けて考えている人が多くいます。

仕事が終わってから誘いあって飲みに行くようなこともあまりなく、早く家に帰って家族との時間を大切にしたいという人のほうが多いといえるかもしれません。

とはいえ、長く日本にある外資系企業は日系文化をよく理解しており、日系的な文化がある企業も少なくないので、外資系だから人間関係が希薄ということはないでしょう。

 

■外資系企業で働くメリット

外資系企業で働くメリット・デメリットを見ていきます。まずは、おもなメリットをあげてみましょう。

 

☑ 価値観がグローバルに

世界を相手に仕事をしている外資系企業で働くことは、さまざまな文化や価値観に触れる機会が増えることにつながります。顧客はもちろん従業員も多国籍である可能性が高く、国内で仕事をしているだけでは知りえない「仕事の仕方」などを身に着けることもできるはずです。

多様な価値観に触れて多くの経験を積むことは、キャリアを形成する上で大きなメリットになるでしょう。

 

☑ 平等な評価を得られる

日本企業に比べて成果主義の傾向がある外資系企業では、成果に対して純粋に評価をしてもらえます。成果をあげていれば、性別や年齢、在籍年数の長さにかかわらず昇進、昇給していくことが可能です。

実力に応じて適正に評価をされたいと考える人や、年齢や性別にかかわらず重要なポジションについて経験を積みたいと考えている人などにとっては働きやすい環境だといえるでしょう。

 

☑ プライベートを大切にできる

日本企業に比べて仕事とプライベートの区別がはっきりしている外資系企業では、プライベートを大切にすることも可能です。残業などで長時間会社にいることが会社への忠誠心としてとらえられることもある日本企業に対し、外資系企業は短時間で成果を出せれば早めに帰ることもよしとされる場合があります。

勤務時間をフレックスタイム制にしている企業も多いです。成果をしっかりあげていれば勤務時間はある程度自由で、長期休暇を取得して家族とバカンスに行くことにも理解があります。

 

■外資系企業で働くデメリット

外資系企業で働くにはデメリットもあります。デメリットとしてとらえられることの多いものをご紹介しましょう。

 

☑ 終身雇用の風土がないので不安定

外資系企業は終身雇用の風土がないため、将来に不安を感じる人も少なくありません。成果をあげて出世したものの、継続して結果を出すことができなければ降格や大幅な減給となる可能性もあります。また、日本企業のように解雇に対して厳しい取り決めがあるわけでもありませんので、簡単に雇用契約を解消される可能性も高いといえるでしょう。

しかし、最近では日本企業も終身雇用や年功序列という考え方が崩れてきています。「日本企業ならば安定していて、定年まで安心して働ける」と安易に考えることもできません。あくまで、「日本企業と外資系企業を比べると、外資系企業のほうが終身雇用の風土がなく不安定」というだけです。

 

☑ 福利厚生が充実していない

日本企業に比べて外資系企業は、福利厚生が充実していない傾向があります。日本の大手企業の場合、住宅手当や交通費、扶養手当などの福利厚生があるのが一般的です。

しかし、外資系企業では会社の大きさにかかわらず福利厚生の内容が充実していない、もしくは福利厚生自体がないということもあり得ます。ただし、日本企業に比べて給料が高いことが多いため、福利厚生分を考慮したうえで給料が支払われていると考えることもできるでしょう。

 

■外資系に向いている人とは

外資系企業で働くことが向いている人はどのような人かも気になるのではないでしょうか。特徴を解説しましょう。

 

| 自己研鑽できる人

外資系企業でも、研修などを充実させて従業員の教育に力を入れているところもあります。しかし、多くは「自分のスキルは自分で磨く」と考えるのが一般的です。「求められるからやる」のではなく、成果を上げるために必要な知識やスキルを自分で身につけようと考え行動できる人が外資系に向いているといえるでしょう。

年齢や性別にかかわらず成果を評価される外資系企業は、上昇志向を持って行動できる人にとって働きやすい環境です。

 

| 自分の意見をはっきりと言える人

外資系企業ではソフトスキルも重視しており、従業員の多くは高いコミュニケーション能力を持っています。多くの国籍や文化が入り混じる外資系企業では、「No」でも「Yes」でも自分の意見をはっきりと主張できることが求められます。

多国籍文化が入り混じる環境では「あたりまえ」が通用せず、自分の意見を言葉で表現しなければ伝わりません。自分の意見をしっかり持ち、年齢や立場にかかわらず主張できることが、外資系企業の中でコミュニケーションを円滑にするための条件ともいえるでしょう。

 

| 臨機応変な対応ができる人

外資系企業では、何かしらのトラブルが発生した場合でも臨機応変に対応できる人ならば、成功につなげられる能力があると考えられています。そのため、失敗に対して寛容である代わりに、失敗をリカバリーできる能力の高さのほうが重視されます。

また、日本企業に比べて外資系企業は意思決定がスピーディーであるため、成果を出すための方針転換が行われることも多いです。素早くリセットして、次に向かって動ける切り替えの早さも必要だといえるでしょう。

 

■まとめ

外資系企業なら、グローバルな価値観を身に着け、仕事とプライベートどちらも大切にしながら働くことができるかもしれません。上昇志向があり、成果に対して純粋に評価をされたいと考えるならば、外資系企業への転職を検討するのもおすすめです。

外資系企業への転職を成功させるには事前の情報収集や面接対策も重要です。、エンワールドは外資系企業やグローバル企業の転職支援に強いエージェントです。情報収集などを通して、転職活動をスムーズに進めてください。

 

エンワールドへのご登録はこちらから。