ブログへ戻る

キャリアアップ転職を考えている女性へ|外資系企業のメリット・デメリットや必要な英語力を業界別に解説

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9lbndvcmxklwphcgful3n2zy91c2vylnn2zyjdxq

Posted by en world Japan

約2年 前

キャリアアップのために外資系企業への転職を考えている女性は多いです。女性が働きやすいと言われることが多い外資系企業ですが、実際はどうなのでしょうか?

 

この記事では、女性のための外資系転職について、業界別に必要な英語力なども含めて徹底解説します。外資系企業への転職のポイントを効率的に抑えるために、ぜひ参考にしてみてください。

 

■外資系企業で働く女性の特徴

ここでは、外資系企業で働く女性の特徴について解説します。

 

| 向上心のある女性

外資系企業の特徴は「成果主義」です。年齢や性別の壁に邪魔されることなく、自分のスキルを活かしたいと考えている人に向いているといえます。
また、成果を出し続ければ評価や報酬も上がります。求められる成果も高くなりがちですが、その分、達成時のリターンも大きいため、やりがいが感じられるでしょう。

 

| キャリア志向でリーダーとして活躍したい女性

日本では1986年に男女雇用機会均等法が施行され、約30年が経過しました。しかし、いまだに男性リーダーが当然とされている企業は多いです。外資系企業では、女性社員向けのリーダー研修なども盛んに行われており、女性が自分の能力を発揮しやすい環境といえるでしょう。

 

| フレキシブルな勤務を希望する女性

女性がキャリアを積むうえで、結婚や出産は大きな転機となります。国内企業においては、退職や転職を余儀なくされることが多く、復職も難しいのが現状です。

その点、外資の場合は、子育てに対して理解のある企業が多く、在宅勤務や時短勤務などのサポート体制が整っているケースが多いです。営業職の社員を総合職として復職させる、休職前後に経験者からの指導や支援を行うなど、会社によってさまざまな取り組みが行われています。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■女性が外資系企業で働くメリットとデメリット

ここでは、女性が外資系企業で働くメリットとデメリットについて紹介します。


| メリット

☑実力主義

年齢や性別に関係なく、経験やスキルそのものを評価されるため、入社時から高い年収を提示されることもあります。働きに見合った収入や役職を望むのであれば、外資系企業は手ごたえを感じられる職場でしょう。

 

☑ワークスタイルの自由度が高い

ほとんどの会社が、服装はビジネスカジュアル、勤務時間はフレックスタイムを採用しています。また、仕事とプライベートのオン・オフもはっきりしており、業務時間以外の飲み会やゴルフなど、いわゆる接待などへの対応は必要ないところが多いです。

 

☑語学力アップ

国内企業との大きな差は、ここにあるといっても過言ではありません。社員同士のコミュニケーションを取る際、英語をはじめとした外国語を使う機会が多いため、語学力アップは大いに期待できるポイントです。

 

☑出産や子育てに周囲の理解がある

外資系企業では、出産や育児に関しても理解のある職場が多いです。日系企業のように、出産や結婚を機に退職する、といった慣習はありません。育児休暇や産前・産後休暇も充実していますし、産休明けに仕事がしやすい別の部署に配置してくれる、といった気遣いを見せてくれる会社もあります。

 

☑男女差がない

外資系企業では女性であるという理由で給与が低かったり、昇進に影響するといったことがありません。男性も女性も等しく同じように仕事を任されますし、給与に関してもその人自身の出した成果が反映されます。プライベートを充実させるだけでなく、仕事もばりばりとこなしたいと考えている女性にとって、外資系企業は理想的な職場であるわけです。

 

| デメリット

☑収入が安定しない

年功序列という考え方はなく、特に営業職などは成果によって報酬が決まります。そのため全員同じ報酬ではなく、個人差が大きくなります。また、同じ人でも激しく給与がアップダウンする可能性もあります。この点が、毎年少しずつでもベースアップがあり、ゆっくり昇給する傾向の強い国内企業との大きな違いです。

 

☑それなりにリスクもある

成果主義の企業に所属していて、自身も好調な場合は、スピーディな出世や収入アップもありえます。一方で降格する可能性もがあります。
また、大幅な組織変更や、上司の入れ代りになども考えられるため人間関係の変化に対応する柔軟性も求められます。

 

☑福利厚生

日系企業では充実しているところが多い福利厚生ですが、外資では福利厚生そのものがないケースもあります。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■外資系に転職する女性が知っておきたい外資系企業の年収の仕組み

外資系企業の年収が高いということはよく知られていますが、まず転職する前に外資系企業の給与体系について知っておく必要があります。そうでないと、せっかく入社してから思ったよりも年収が低かった、ということになりかねません。

 

|成果が年収に直結

外資系企業の給与はベース給(基本給)とインセンティブ(歩合給)の2つに分かれています。これは営業職などに限らず、事務職であっても同じことです。意外に思われるかもしれませんが、ベース給はそれほど高くないことも多く、成果を出した人ほど多くもらえるインセンティブによっておおよその年収が決まります。

また、会社の業績ではなく、あくまでも個人が出した結果にもとづいて給与の額が決まるというのも大きな特徴です。例え会社の業績が下向きになっていても、自分の仕事において結果を残していれば、インセンティブは上がる場合もあります。要するに、外資系企業に入って年収がいくらくらいになるかは、ひとえに本人の能力しだいだといえます。

 

|退職金制度なし

外資系企業では年収が高い代わりに、退職金制度というものはありません。そのため、退職後の準備はその会社で働いているうちからしておかなくてはいけません。外資系企業では、個人にかかる人件費のほとんどは、その人の給与に回されます。後々のことを考えるのであれば、きちんとした成果を残して、高いインセンティブを得られるようにしておきましょう。

 

|福利厚生が充実していない

外資系企業では、年功序列制度や定年制度、退職金制度といったものがありません。また、日系企業で見られるように保養施設やジムなどが使える、といった福利厚生の制度も設けられていません。これはオフの時間は自分で管理しながら楽しむもの、という企業風土があるからでしょう。しかし、福利厚生が充実していない分、給与は高く設定されています。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■外資系企業で働く女性の年収の基準は?

 

|転職後の年収は前職が基本になる

外資系企業に転職した場合、その年収は前職で得ていた給与の額がベースになるとされています。もちろん、この場合の男女差はありません。日系企業では専門職やシニア職の女性転職者を募集することは少ないですが、外資系企業ではこういった職種でも女性を募集しているところが多いです。

 

|成果主義であっても時短勤務などが給与に影響する可能性もある

外資系企業が成果主義であるということは、すでに述べたとおりです。しかし、女性の場合、男性とは違って、出産や子育てといったライフステージの変化が多いです。外資系企業の場合、こうした女性でも働きやすい環境が整えられていて、出産後は時短勤務にしてもらえるなどの対応をしてくれるケースもあります。

しかし、時短勤務にするとフルタイムで仕事をしていたころとくらべて稼働時間が減るため、年収が下がってしまう場合もあります。とくに給与におけるベース給の割合が高い企業の場合は注意するようにしましょう。しかし、最近ではフレックスタイム制度を導入している会社も多いので、こうした制度を活用するという方法もあります。

 

|男女の差異はほとんどない!外資系企業の平均年収

この記事でも何度か言及しているように、外資系企業では給与や待遇に関する男女差はほとんどありません。実力さえあれば、かなり高い年収を得られるのが外資系企業の特徴です。外資系企業での年収は、本人のスキルのほか、年齢や職種、業種などによって決まります。

では、外資系企業のなかでもとくに人気の高い企業の平均年収についてご紹介してみることにしましょう。

☑マイクロソフト

マイクロソフトの名前を知らないという人はほとんどいないと思います。ご存じのように、マイクロソフトはパソコンやサーバーなどのOSの開発で知られている会社です。マイクロソフトの平均年収は、およそ1,171万円で、最大では2,000万円程度になるとされています。

☑マッキンゼー・アンド・カンパニー

マッキンゼー・アンド・カンパニーはアメリカ合衆国に本社を置いている、世界最大のコンサルティング企業です。コンサルティング企業は年収が高いことで知られていますが、マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は2,300万円ほどになります。最大年収では3,000万円以上になることもあります。

☑ゴールドマン・サックス

ゴールドマン・サックスはアメリカ合衆国のニューヨークに本社がある投資銀行です。こちらも年収が高く、平均年収は4,560万円ほどとなっています。投資銀行はさまざまな会社を顧客として抱えていて、やりがいも大きいです。

☑ファイザー

ファイザーは製薬会社のなかでも、世界でトップ2のシェアを占めている会社です。求職者からの人気も高いファイザーですが、平均年収は約1,024万円です。ファイザーは年々企業規模を拡大していっているので、今後平均年収が上がる可能性もあります。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■外資系企業は、女性にとって働きやすい環境なのか?

数十年前と比較すると、国内企業においても女性の働きやすい環境は徐々に整ってきています。しかし、収入の男女格差や結婚・出産によるキャリアの中断など、クリアすべき課題は、まだたくさん残っています。

 

女性にとって外資系企業が魅力的に見えるのは、年齢や性別に囚われず、あくまで成果のみを評価してくれるからでしょう。自分の能力や働きを正当に評価してほしいと考えているのであれば、チャレンジする価値はあります。

 

また、出産や育児に際し、休暇の取得は不可欠です。その場合、復職に困難が伴う国内企業に対し、積極的に子育て支援を行っている外資はワーキングマザーにとっても強い味方となるでしょう。

 

ただし、成果主義である以上、努力は必要です。女性だから、経験が少ないからという言い訳は許されません。意欲と努力、それに伴う実績で評価されます。
キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■外資系企業で働く女性を支える具体的な制度とは

外資系企業は一般的に働いていく上での自由度が高く、国内企業と比べると仕事がしやすいと言われています。では、女性ならではの支援策などはどのようになっているのでしょうか。転職を希望する会社によって、導入されている制度は異なりますが、その一例を紹介します。

 

☑産前休暇・育児休暇制度

アメリカ合衆国やヨーロッパなど先進諸国では、女性は結婚や子供を産んでも仕事を続ける、という風土が根付いています。そのため、日本の外資系企業でもそうした面における支援策は進んでいると言えます。

 

例えば、産前休暇や育児休暇ですが、これは国内企業と比べると圧倒的に取りやすいです。どれくらいの休暇を取れるのかはそれぞれの会社によって変わってきますが、平均すると、だいたい1年間~3年間くらいの産前休暇・育児休暇を取得することが出来ると言われています。

 

また、託児所を備えている企業が多かったり、育児休暇中でも給与が支払われる会社も存在します。働く女性も男性と同じように大切にする、これが外資系企業の特徴だと言って良いでしょう。

 

☑在宅勤務・フレックスタイム制度

在宅勤務や時短勤務を推奨しているのも、外資系企業の特徴です。一般的に、外資系企業は成果主義であり、結果を出してくれればその人材は適正に評価されます。ですから、必ずしも会社に出社して成果を残す必要はないわけです。

 

在宅勤務に関しては、初めから在宅で仕事をする社員を募集している会社もありますし、親の介護などが必要になった時に在宅での仕事を可能にしてくれるような会社もあります。短時間勤務に関しても同様で、初めから時短で働く社員を募集している会社もあれば、月の勤務時間の何割かを時短勤務にすることが可能な会社もあります。

 

通常、外資系企業は仕事をする時間と自分の趣味や家庭に費やす時間を明確に分けています。オンとオフとがはっきりしていると言われるのはこのためです。子育てをしながら働きたい、といった女性が転職する場合にも外資系企業は向いています。

 

☑ワークスタイルが比較的自由

日本の国内企業では、女性が事務職や営業職といった仕事をする場合、未だにスーツにパンプスという服装で働かなくてはいけない会社も多いです。しかし、外資系企業となると事情はずいぶんと違ってきます。

 

通常、外資系企業で働く際の服装はビジネスカジュアルが中心で、靴も歩きやすいスニーカーやシューズを履くことが多いです。これは、社内や社外で人と接する機会が多く、忙しく歩き回らなくてはいけないためです。

 

さすがにTシャツに短パン、ぼろぼろのスニーカーといった、完全にラフな格好で仕事をしている会社はごく少数です。しかし、それでも国内企業と比べると圧倒的に自由な服装で働くことが出来ます。

 

また、外資系企業では仕事の時間は仕事のための、アフターワークの時間は自分のためのものであると明確に区別しているため、仕事が終わった後は自由に過ごすことが出来ます。仕事が終わった後でも同僚との付き合いが大切になる国内企業とは、こうした点でも異なっていると言って良いでしょう。

 

■アメリカ系企業とヨーロッパ系企業との違い

ひと口に外資系といっても、母体の国や業種によっても事情は異なります。ここでは、アメリカ系企業とヨーロッパ系企業とに分けて特徴を見ていきましょう。

アメリカ系の企業の特徴としては、成果主義志向が強い、女性管理職が多いことが挙げられます。成果重視のため、ハードワークをいとわないという傾向があるので、キャリアウーマン志向の女性向けといえるでしょう。

ヨーロッパ系企業は、ライフワークバランスを重視する傾向にあります。そのため、残業なし、休暇が取りやすいという特徴があります。産休や育休も取りやすい企業が多いため、ワーキングマザーにとっては働きやすい職場でしょう。

しかし、これらは企業によっても異なるため、転職前の入念なリサーチが必要です。


キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■女性の外資系企業への転職には年齢は関係する?

外資系企業では、転職するにあたって年齢は関係ないことがほとんどです。これは男性にも女性にも当てはまります。主に20代ではこれからの可能性を期待されて採用されるポテンシャル採用となっていますが、年齢が上がるにつれて、これまでの経験や実績が重視されるようになります。

日系企業では転職時に年齢制限が設けられていることもありますが、外資系企業では男女ともにそうしたことはありません。40代~50代くらいの年齢であっても、主に管理職や技術職、営業職などで人材が必要とされています。外資系企業は、女性であっても年齢に関わらず転職がしやすいといって良いでしょう。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■未経験の女性でも外資系企業に入社できる?

外資系企業で求められるのは、即戦力または業務のスペシャリストです。よって、未経験での採用は少ない傾向にあります。男女や年齢による違いはありません。国内企業では第二新卒の枠を設けているところもありますが、経験やスキル重視の外資ではあまり武器になりません。

 

ですが、仕事の経験がなくとも、留学経験があれば、語学力というスキルのアピール材料となる場合もあります。また、仕事の経験も留学経験もない場合には、派遣社員として就業するという手もあります。
キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■外資系企業における女性が転職しやすい職種

女性が外資系企業で働く場合、とくに転職しやすい職業や職種があると言われています。その一例を次に挙げてみることにしましょう。

 

☑製薬会社

外資系の製薬会社には、ファイザーやノバルティスファーマ、グラクソスミスクラインといった会社がありますが、製薬会社も女性にとっては転職しやすい業種です。とくに、こうした会社ではMR職に就いてくれる女性を多く募集しています。

MR職というのは医薬情報担当者のことで、病院の医師や薬剤師などに、自社の製品の情報を提供するという仕事です。いわゆる「外回り」の仕事ですが、医薬品に対する広範な知識が必要となるため、薬剤師の免許やMR認定試験の資格などを持っていると転職しやすいです。

MR職の場合、男性の従業員も多いですが、男女関係なく活躍出来るのがこの職種だと言って良いでしょう。実力主義の職場であるため、ある程度年齢の高い女性でも転職可能です。

 

☑生命保険会社

生命保険会社も、女性が転職しやすい外資系企業の業種の一つです。こちらも「外回り」の仕事である営業職の女性を多く募集しています。研修制度や福利厚生制度が充実している会社が多く、未経験からでも転職できる職種の一つです。

外資系の生命保険会社は、有名なところではアフラックやジブラルタ生命、メットライフ生命などの名前がよく知られています。また、プルデンシャル生命やアクサ生命、マニュライフ生命なども外資系の生命保険会社です。

外資系の生命保険会社は、元は破綻した日本の生命保険会社だったところも多く、日本的な風土と外国の風土がミックスされたような社風の会社が多くある業界でもあります。もちろん、営業職だけでなく事務職での求人も多いです。

 

☑コンサルタンティング業界

コンサルティング業界と言えば、外資系企業の独壇場と言っても良いほど、外資系企業の多い業界です。マッキンゼーやベイン・アンド・カンパニーなど、有名どころの会社の名前を挙げれば、一度は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

外資系コンサルティング業界では、コンサルタントやアナリスト、リサーチャーなど多くの職種で女性の転職者を募集しています。コンサルタントは外部との交渉役、アナリストは市場の分析役、リサーチャーは事前調査の役、と言えば分かりやすいでしょうか。

業務内容はそれぞれのポジションや部署によって異なりますが、いかにして企業の経営戦略を立案していくかを提案するのが、コンサルティング業界の仕事だと言えます。クライアントは日本企業の場合もあれば、外国企業の場合もあります。また、人と接する機会がとりわけ多く、幅広い人脈を構築出来る業種でもあります。

 

☑バックオフィス系の職種

バックオフィス系の職種というのは、いわゆる事務職のことです。外資系企業の職種は外部との交渉役であるフロントオフィス、情報の分析に当たるミドルオフィス、そしてそれらをサポートするバックオフィスの三種類に分類されます。

バックオフィス系の職種がどんなものかと言えば、人事や経理、総務、財務、法務などの部門を指していると思えば良いでしょう。また、社外から注文や依頼があった際にその受付役をする部署でもあります。

バックオフィス系の職種では、業種を問わずに多くの女性社員を募集しています。英語力もそれほど必要とされない場合が多いので、とりあえず外資系企業に転職したいと考えている場合には、まずはバックオフィス系の職種への転職を選択肢の一つに入れてみても良いのではないでしょうか。

 
 

■外資系企業で英語力はどれくらい必要なのか?

社内公用語が英語である場合、周囲とのコミュニケーションはもちろん、業務上の電話やメール、文書などでも英語を使います。その場合、TOEIC800点以上の英語力は必要です。応募要領で必要なレベルが指定されていることもあるので、確認しておきましょう。

電話やメールなど、業務上ではフォーマルな英語が必要です。定型の言い回しについては、しっかり覚えておきましょう。電話の場合は、声がこもって聞き取りづらい場合もあります。ビジネスでよく使われる単語は日ごろから学習し、5割以上の単語がヒアリングできるようにしておきましょう。
キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■業界別で必要な英語力

ビジネスで必要な英語力は、TOEIC800点以上が目安とされています。ただし、業界や職種によっても求められるレベルは違います。

 

ここでは、英語力を5段階のレベルに分けてみました。

 

1.Basic(基礎)

2.Conversational (会話)

3.Business(ビジネス)

4.Fluent(流暢)

5.Native(母国語)

 

以下で、業界別に必要とされる英語力について解説します。
 

☑金融業界で必要なレベルは?

必要な英語力:Fluent ~ Native

 

社内会議でディスカッションできるレベルの英語力が求められます。この業界では曖昧さは致命的なミスになりかねないため、的確な表現力が必要です。
 

☑IT業界で必要なレベルは?

必要な英語力:Business以上

 

一概にIT業界といっても、業種によって異なります。金融機関のIT部門では、Conversational ~ Fluent(主にBusiness以上)、IT専門企業では、Business以上のレベルが必要です。

ただし、現在のIT業界では深刻な人材不足ということもあり、英語は読み書きレベルでOKという企業もあります。
 

☑製造業界で必要なレベルは?

必要な英語力:Conversational ~ Business

技術職、営業職、いずれでも、Conversational ~ Businessが必要とされます。上級管理職であるマネージャークラスの場合は、Business ~ Fluentレベルが求められます。


キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

 

■女性が外資系企業に転職を成功させるために押さえておきたいポイント

それでは、女性が外資系企業に転職する際のコツについて解説していきます。外資系企業に転職する場合には、事前準備だけでなく入社後の自己ブランディングに対する考え方も明確にしておく必要があります。

 

☑スキルを身に付けておく

まず転職をする際に大切となってくるのが、入社前にそれなりのスキルを身に付けておくという点でしょう。これは英語力に関してもそうですが、外資系企業では積極性や実行力、コミュニケーション能力などが何よりも必要とされます。

資格やスキルを取得しておくだけでなく、健康面での自己管理を行うなど、自分自身をトータルでコーディネートして行ける能力をまず身に付けましょう。そうすれば、次第に社内での評価も上がり、給与のアップにもつながってきます。

資格やスキルにおいて最も大切なのは、単なる点数や資格の有無ではなく、それを活かせるかどうかという点にあります。履歴書や職務経歴書には、自分がかつてどんな仕事をしていて、どんなふうに技術を活用してきたのかを明確に書くようにしましょう。

 

☑会社の事前調査

また、転職前には、転職を希望する会社の事前調査も必要です。外資系企業の多くは、会社に入ってから企業風土に馴染ませるというよりも、自社の企業風土に合っている人間を採用する、という傾向があります。

そのため、自分が活躍出来る会社かどうか、持っているスキルや知識、技術を十分に活かすことが出来る会社かどうかは事前に入念に調べるようにしましょう。会社が求めている人材と、自分自身との間に乖離があるようであれば、転職が成功することは難しくなります。

まずは、その企業が求めている人材像をきちんと把握しておくこと、企業風土をしっかりと理解しておくことが大切です。インターネットにはその会社の企業情報や沿革、事業内容が書かれているページがありますから、こうしたものもきちんと読んでおくようにすると良いでしょう。口コミなどを参考にするのも良いと思います。

 

☑企業風土に馴染めるかどうか

転職後に必要になって来るのが、積極性や柔軟性です。せっかく転職が成功して入社しても、その会社の企業風土に自分を合わせることが出来なければ、早期に退職することになってしまいます。

一般的に外資系企業では勤続年数が短く、成果が出せなければクビになってしまうことも多いです。転職後はその会社のやり方に合わせつつ、しっかりと自分自身のこともアピールしていくことが大切です。

日本の国内企業では和の心が最も大切にされますが、これは外資系企業であっても変わりません。入社後は、その会社が自分に対して何を求めているのかを見極め、それに添った努力をするように心がけてください。

 

☑転職後の自己ブランディング

転職に成功した後は、自己ブランディングを心がけるようにしましょう。自己ブランディングというのは、簡単に説明すると、「この事はあの人に聞いてみれば良い」「この事はあの人に頼めばきっと成功する」といった評判を作ることです。

自己ブランディングはすでに面接の時から始まっていると言えますが、外資系企業では何よりもこうした自己ブランディングが出来ることを重視しています。外資系企業では、部署によっては自分の出した業績が分かりにくいことも多く、仕事において使える人間か使えない人間かによって評価が左右されます。

自己ブランディングというのは、言ってみれば自分だけの長所や美点を身に付けることだと言えます。外資系企業は国内企業に比べても競争が激しいので、他人にはない自分だけの魅力を作り出すことが大切です。

キャリアアップや年収アップを目指す女性を応援!まずはエンワールド・ジャパンの無料面談へご応募ください!

■まとめ

転職を考える際、年功序列や男女差のないイメージが強い外資系企業は、女性にとっては大きな魅力を感じられる職場でしょう。しかし、実際に転職活動をする場合は、イメージだけで決めるのではなく、実状を把握した上で行いましょう。知り合いに外資で働いている人がいない場合、転職エージェントから情報を得るのもひとつの方法です。

エンワールド・ジャパンでは、国内のみならず、外資系企業への転職も多数取り扱っています。一人ひとりに合ったアプローチで採用のチャンスを広げるサポートをしているので、転職を考えている方は、まずは無料面談へご応募ください。

無料面談へのご応募はこちらから


◆エンワールドのパートナー企業Dream Collective社による、女性活躍推進プログラム"She-pivots"(オンライン学習)