ブログへ戻る

エンワールド・ジャパン 代表取締役社長に 金 太浩 が就任

Posted by en world Japan

約2ヶ月前

日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介会社エンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区)は、2022年6月29日付で、代表取締役社長に金 太浩(キム テイホウ)が就任したことをお知らせいたします。

エンワールド・ジャパン株式会社 代表取締役社長 金 太浩

々の経営現場で長年キャリアを築いてきた金は、エングルーブが考える「入社後活躍」に強い共感を抱き、エンワールドの経営に従事することを決意しました。自身がこれまで培ってきた国際的なバックグランドを活かしながら、グローバル人材のキャリア支援、企業の採用活動支援、そして双方の成功実現に向けて、新体制でサービスの一層の強化に努めてまいります。

《金からの就任メッセージ》
外資系大手金融機関から日系半導体メーカー、社員500人から12万人の企業など、様々な業種・業態・業界で働いてまいりました。その過程で否が応でも気づかされたことは、経済大国でありながら日本では経営人材やグローバル人材が枯渇していることです。自社で人材を育てる時間的余裕のない企業が人材紹介会社を活用し、中途採用を進めるものの、限られた期間内での「お見合い」には自ずと限界が生じます。そのような、どうしても避けられないミスマッチを少しでも解消し、企業・転職希望者双方と長く関係を築いていくことで、微力ながら社会に貢献できないか。そんな目標を持ってエンワールドにまいりました。当社が掲げる「入社後活躍」の理念をより具体的な形でお客様と共に実現し、唯一無二のエージェントを目指して、グローバル企業とグローバル人材のみなさまをご支援してまいります。

■プロフィール
韓国に生まれ、日米で教育を受けた後、1985年にアメリカン・エキスプレス・インターナショナルに入社。同社で日本法人社員としては初の米国本社への転籍や、帰国後最年少事業部長に就く等、新たなキャリアパスを創り出す。その後、「経営のプロ」を目指し幅広い業界と業種を経験すべく、車載用オーディオ部品メーカーのシンワ、機械加工製品の製造・販売を手掛けるミスミ、音響・映像機器メーカーのディーアンドエム ホールディングスなどで経営ポジションを務める。2013年に半導体メーカーの日本インター、2017年に試作・製品開発支援のアークと上場会社の代表取締役社長を歴任。2022年6月よりエンワールド・ジャパンの顧問に就任し、現職に至る。

■略歴
1985年 米国ポモナ大学 経済学部 卒業
1985年 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 入社
1998年 株式会社シンワ グループ戦略室長
2000年 同社 取締役 北米関連子会社 社長
2002年 株式会社ミスミ 経営企画室長
2007年 同グループ本社 取締役常務執行役員 金型・工具企業体社長
2009年 株式会社ディーアンドエム ホールディングス 執行役員 アジア・パシフィック プレジデント
2013年 日本インター株式会社 代表取締役社長
2017年 株式会社アーク 代表取締役社長

▼本ニュースリリースのダウンロード(PDF)はこちら

代表取締役社長就任のご案内_20220630.pdf

アジア地域3ヵ国に拠点のある、グローバル人材に特化した人材紹介会社です。外資系企業・日系グローバル企業の、ミドルからハイクラスのポジションの採用/転職支援を専門としています。正社員、エグゼクティブ人材紹介、プロフェッショナル人材派遣、採用代行サービス(RPO)を通し、あらゆる方面から採用や転職に関する支援を行っています。

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
エンワールド・ジャパン株式会社 広報担当
Email :enworld-pr@enworld.com
東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン12階

<ニュースリリース一覧に戻る