ライフサイエンス部門

2009年の発足以来、ライフサイエンス部門は、エンワールドだけでなく、東京のライフサイエンス業界においても、最も注目を集め、急激に成長した部門の一つです。製薬、医療機器、バイオテクノロジーに主に焦点を当てた同部門は、商業、規制、R&Dでのポジションに対して優秀な人材を結びつけます。現在は、10人のコンサルタントと3人のリサーチャーから成るチームに成長し、その専門性、チームワークによって、ジュニアレベルからシニアレベルまで、優れたサービスの提供が可能です。
世界第2位のライフサイエンスのマーケットとして日本は、地域の最も優れた人材を求めるヘルスケア・イノベーターを引き付けています。ライフサイエンス部門は、このような機会において最先端であり続けています。