外資系企業の採用における課題

December 7, 2015

グローバル企業向けに管理職、プロフェッショナル人材の採用支援を行うエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表:クレイグ・サフィン)は、この度、日本、シンガポール、タイ、ベトナムで展開している外資企業が課題としている管理職の採用および定着に関する調査結果を発表しました。

■調査概要

 

質の高い管理職の不足
管理職の採用で、調査を実施した4か国間で条件を満たした適材を見つけることが困難である事が挙げられました。

アジア太平洋地域に共通する創造力不足の人材
調査によると、各国共通して管理職の創造力(クリエイティビティ)の欠如が大きな課題となっていることが分かりました。これは将来的に企業における成長戦略の変更や、事業の継続における障害になる可能性があります。

会社に対するロイアリティー(忠誠心)の欠如
企業に対する忠誠心の減少傾向は、日本以外のアジア全体に見られます。昨今、優秀な人材を定着させる為に企業は多くの課題に直面しています。調査結果では給与やトレーニングプログラムを通じて人材の流出を防いでいる結果が出ました。

戦略的な社内におけるブランディングの必要性
従来、企業は社員に対して効果的なブランディング戦略を実践して来ませんでした。今後は、優秀な人材を定着させる為にも、企業理念や戦略を明確に従業員と共有することで企業側の従業員に対するニーズを顕在化させ、従業員がそれを理解することで各々のモチベーションにつながるような仕組み作りが必要です。

詳細レポートはこちら

▼エンワールドについて
アジア太平洋地域7カ国を拠点に、スペシャリスト・管理職のリクルーティングサービスを提供。また、海外拠点との連携によりクロスボーダーリクルートメントでグローバル企業の人材戦略サポートも実施しています。

▼エンワールド・ジャパン株式会社について
外資系企業や、グローバルな視点を持つ日本企業を対象に、業界専任コンサルタントと職種専任コンサルタントとの二軸からのキャリアコンサルテーションにより、きめ細かいマッチングを可能にします。エンワールド・ジャパンは、金融、財務を専門分野とするウォールストリートアソシエイツとして1999年に設立されました。その後、多岐に渡る業界や職種においてサービスを展開、2010年にインターネットベースの採用ソリューションでは国内トップクラスである、エン・ジャパン株式会社のグループ会社となりました。

本件に関するお問合せ:
エンワールド・ジャパン株式会社
マーケティング ディレクター Japan & Asia-Pacific
藤岡 秀剛
03-4578-3500
e-mail : marketing@enworld.com
*en worldはエン・ジャパン株式会社の登録商標です