ウォールストリートアソシエイツ、運営面の改革および海外進出を発表

June 30, 2011

ウォールストリートアソシエイツ株式会社(本社:東京都中央区)は、2011年7月1日付けで代表取締役社長であるニック・ジョンストンが取締役会長に、営業部長であるクレッグ・サフィンが代表取締役社長に就任することをお知らせいたします。これにより、ニック・ジョンストンはアジア太平洋圏での海外進出に専心し、クレッグ・サフィンが日本国内における事業運営を担うことになります。

クレッグ・サフィンは、社長就任に際し、以下の抱負を語りました。

「ウォールストリートアソシエイツは、1999年の設立以来、お客様の事業拡大を支援するため、企業の中枢を担える人材を供給し続けてまいりました。ビジネス環境が大きく変化する中で、企業が成長し続けるために必要な人材の質はより高くなると思われます。お客様のご要望にお応えできるよう、これまで以上に日本における事業拡大に力を注いでまいります。」

ニック・ジョンストンは、新たに進出するアジア太平洋圏において、11年に及ぶ日本での経験とともに、既存顧客とのリレーションを活かし、同地域での事業育成に努めます。
ニック・ジョンストンは、海外進出にあたり、以下の抱負を語りました。

「新たな成長に向けたチャレンジに、大きな期待を抱いています。アジア太平洋圏においてビジネス展開をされている既存のお客様との戦略的なパートナーシップを育て、共に発展できるよう取組んでまいります。」