財務課長 - IT関連企業

勤務地 Tokyo, Japan
職種 正社員
給与 ¥8000000.00 - ¥11000000.00 per annum
専門 経理・財務, 銀行・金融・保険,
Sub-specialization クレジット / 市場リスク, トレジャリー, 経理・財務 / FP&A,
お問合せ Takuya Narikiyo
参照 JO-2009-447764
about Takuya Narikiyo

[事業内容・会社の特徴]
上場大手IT関連企業

[仕事内容]
主に7つの主要機能があり、3~4つの機能を管理・統括しつつ、機能の高度化を図る

  • 海外現法支援
  • 案件審査(M&A)
  • 海外債権管理(コロナで支払いが遅延してる)
  • 各種ガイドライン設計・整備
  • 為替リスク管理と適切なヘッジ方策
  • 外国送金
  • 海外収計引当

具体的には

  • 海外金融子会社と連携し、キャッシュマネジメントシステム(CMS)によるグループファイナンスの提供、グローバルネッティングシステムを通じたグループ会社間決済の効率化等を推進し、グローバルでの資金効率化を実現。
  • グローバルでグループ各社が抱える財務的な課題に対して、各種解決策の提案、信用補強の提供等を行い、各社の円滑な業務遂行の支援。
  • 海外プロジェクトや投融資案件にかかる審査、ソリューション提供、債権管理:財務視点でのリスク洗い出し(与信リスク、為替リスク、カントリーリスク、ストラクチャーリスク等)およびそのヘッジ策の提案を行い、グループの収益、投資回収に貢献。
  • その他、Covid-19下における滞留債権増加防止等を目的とした与信管理・債権管理に関わる制度設計・高度化、システム導入を通じた外国送金・海外収計引当業務の効率化・標準化を目的とした業務設計 など

アピールポイント・想定キャリアパス等:

  • 経営に近い仕事ができます。
  • 変革の担い手になることができます。
  • 財務内でのローテーションは勿論、経理への異動や海外赴任などのキャリアパスを想定しています。

[応募資格]
必須要件:
銀行、商社、事業会社において、下記1または2に該当する方

  1. 以下の業務経験を複数お持ちの方で、様々なステークホルダーが関与する案件(例:M&A案件や大型融資案件等)をオーナーシップをもって推進した経験がある方
    1. コーポレートファイナンス関連業務(直接・間接資金調達、運用、為替・金利等市場リスク管理、投融資リスク管理等)
    2. 海外関係会社支援・管理業務(財務支援業務または決算、予算管理、経営企画等)
    3. ストラクチャード・ファイナンス
  2. 以下の業務の統括・管理経験がある方で、グローバルキャッシュマネジメントの枠組導入、様々なガイドライン策定、システム導入を通じたプロセス標準化等、業務効率化や標準化をハンズオンにて推進した経験のある方
    1. グローバルキャッシュマネジメント
    2. 与信審査/債権管理
    3. 外国送金/ネッティング/海外入金引当

上記に加えて下記のスキルは歓迎

  • 海外現地法人と円滑にコミュニケーションを行うことができる語学力(英語Businessレベル、TOEICスコア目安750)
  • 簿記(2級以上が望ましい)等、財務分析を行うために必要な会計関連知識
  • 債権管理の法律、業務に関する知識
  • 貿易実務、外国為替に関する知識

求める人物像

  • 難題であっても論点をシンプルに整理し、ライトパーソンと適時的確に本質的な議論を通じて、スピーディに意思決定や判断ができる能力
  • チームマネジメント力
  • 課題や新たな取り組みにあたり、困難や障害があっても諦めずに高い当事者意識で、やり遂げられる「実行力」「突破力」
  • 常識や既存のやり方に捉われず、柔軟な発想で基準を高く持って成果に拘り課題解決に取り組む「クリエイティビティ」「変革力」
  • 業績管理やプロジェクトの推進にあたり関係部門と良好な関係を築き、事業の中に入って協働が行える「コミュニケーション力」「推進力」「マネジメント力」

[雇用形態]
正社員

[勤務地]
東京

[給与]
800〜1100万円(スキル、経験により決定)

[待遇・福利厚生]
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)、財形貯蓄制度、従業員持株会

[休日休暇]
完全週休2日制、年末年始休暇、年次有給休暇、リフレッシュ休暇
※年間休日数:126日

[選考プロセス]
書類選考、面接数回を予定

※ご興味をおもちいただけましたら、まずはエントリーをお願いいたします。
ご紹介できる場合は、5営業日以内に担当コンサルタントよりご連絡いたします。
詳細はその際に別途明示いたします。