カーボンケミカル系プロセス技術研究(管理職候補) - 化学メーカー

勤務地 Ibaraki, Japan
職種 正社員
給与 ¥6000000.00 - ¥9000000.00 per annum
専門 製造業(電気・電子・機械・自動車・化学・その他),
Sub-specialization プロセスエンジニア,
お問合せ Yuta Kabuhara
参照 JO-2009-447458
about Yuta Kabuhara

※Applicants must have permission to work in Japan and required fluent ~ native level Japanese.

[事業内容・会社の特徴]
日系化学メーカー

  • 環境、エネルギー、医療、IT、エレクトロニクスなど幅広い分野への素材、機能商品などを提供しています
  • 売上の約5割は海外売上高です
  • 配属部署の年齢層:20代3名、30代8名、40代4名、50, 60 代各 1 名

[仕事内容]
事業所のプラントにおける安全・安定・最適操業を達成するために、各プロセスで発生する技術課題の解決を担います。
自ら関係する各部署との検討計画の摺合せを行い、プロセスからのサンプル採取・分析、および実験室での再現実験・仮説検証実験を実施します。
また、これらの結果を基にプロセスの改良案を考え、プラントの合理化を推進していきます。

<具体的には>

  • カーボンケミカルプラント(エチレン、ベンゼン、フェノール、ビスフェノール A、酸化エチレン、エチレングリコール)に関する技術検討ならびに課題解決
  • 各プラント合理化に向け、化学工学、有機化学などの知見を活かした反応機構の解明、新規技術検討
  • 知的財産権獲得による特許網構築

などをご担当いただきます。
※扱う製品や技術分野:エチレン、ベンゼン、フェノール、ビスフェノール A、酸化エチレン、エチレングリコール、化学工学、有機化学

<配属部署の紹介>
各プラントの合理化に向けた反応機構の解明や新技術開発などを担っており、事業部に紐づく生産技術部門とは少し異なった、より研究要素の強い部署です。
老若男女そろった総勢 17 名の部署で、有機化学、化学工実験学、分析技術のスペシャリストがそれぞれいます。各々の強みを発揮できる最新の実験装置、分析装置がそろっています。
年齢層:20代3名、30代8名、40代4名、50, 60 代各 1 名

<魅力・やりがい>
技術検討が実を結べば大規模なプラントの運転に直結する成果を出せます。
また、研究組織の兼務もあるため技術のさらなる深化も望めます。

<キャリアイメージ>
それぞれのキャリアプランに応じ、検討いたします。
ご入社後は5名規模のチームを率いて技術開発を担当頂き、若手社員の指導もお任せしたいと考えています。
2〜3年でマネージャー候補を目指していただくことを期待しています。

[応募資格]

  • 学歴:高専(専攻科)、大学、大学院(修士)
  • 経験職種(年数)・経験内容:石油化学品、樹脂原料の研究開発/プロセス開発経験(5年〜)
  • 他資格:甲種危険物取扱者
  • その他:有機化学、化学工学の基礎知識

[歓迎されるスキル・経験]

  • 経験職種(年数)・経験内容:石油化学メーカーでのスケールアップ検討の経験、有機合成の知見(合成・重合) 、触媒化学の知見、化学工学の専門知識 (マテバラ/ヒートバラ/各単位操作)
  • 他資格:高圧ガス製造保安責任者(甲種化学)

[雇用形態]
正社員

[勤務地]
茨城県

[勤務時間]
8:30〜17:15(12:00〜13:00休憩)
フレックスタイム制度あり

[給与]
600万〜900万円
※能力・経験を考慮し当社規定により決定します。

[待遇・福利厚生]
通勤費補助制度、退職給付制度、再雇用制度、独身寮、家賃補助制度
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険 等

[休日休暇]
土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始、その他
年次有給休暇、特別休暇(忌引、結婚等)、ライフサポート休暇

[選考プロセス]

  • 面接回数:2回
  • 面接場所:事業所、本社
  • 面接所要時間:事業所(事業所概要説明10分、場内一周20分、業務説明+面接60分)、本社(面接45分)

※面接回数は変更となる可能性があります。


※ご興味をおもちいただけましたら、まずはエントリーをお願いいたします。
ご紹介できる場合は、5営業日以内に担当コンサルタントよりご連絡いたします。
詳細はその際に別途明示いたします。