【大阪】福利厚生超高待遇日系ソフトウェアベンダーWebSE

Location: Osaka, Japan
Job Type: 正社員
Salary ¥4000000 - ¥9000000 per annum
Specialization: テクノロジー・デジタル・通信
Sub-specialization プロジェクトマネジメント, デザインエンジニア
W1siziisijiwmtgvmduvmzavmdivndivmdkvntq0l21hc2f0by1uaxnoawrhx3cuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilcixodb4mjawiyjdxq
お問合せ Masato Nishida
参照 JO-1806-396729
see 's jobs

[事業内容・会社の特徴]
自社クラウドサービス、自社ソフトウェア開発を手掛ける日系ソフトウェアベンダー

[仕事内容]
・プロダクトマネージャと連携して、製品コンセプトからブレイクダウンした要件に対する機能仕様の検討
・UIエンジニアと連携して、画面仕様の検討
・機能実装、コードレビュー、ユニットテスト実装
・品質保証エンジニアと連携して受け入れ試験の自動化
・インフラエンジニアと連携して運用障害、パフォーマンス劣化の調査、改修、再発防止策検討

[応募資格]
同社のエンジニアが大切にしている事に共感し、自らも同様の取り組みを実践してきている方

<同社のエンジニアが大切にしていること>
・チームで開発をする
同社では、エンジニアがプロダクトマネージャとどういった機能を提供するのかと言った議論を行ったり、
品質保証エンジニアと協力して自動テストの設計・実装を行ったり、インフラエンジニアと協力して運用中のサービスの障害、
性能劣化に対処していくなど、広範囲なチームメンバーと協力して開発を進めていきます。
また、エンジニア内でも仕様書や設計、コードは必ず他のメンバーがレビューを行います。
レビューによって早い段階で間違いに気づくことができ品質が高まる 他にも、チームメンバー間の知識の共有を促進する効果があります。
チーム内のコミュニケーションは、自社で開発しているGaroonやkintoneといったサービスを使っています。これはドッグフーディングも兼ねているため、開発中のバージョンのバグや使い勝手が悪い点に早期に気づくことができます。

・自ら学習し改善する
同社では、KPTという手法を用いたふりかえりを非常に重視しています。
定期的にチーム全体でふりかえりを行うことで、現状の開発のやり方や使っているツール、
設計が非効率なものになっていないかどうかを確認し、どう改善していくのかを議論します。
また、まとまった時間を使って改善活動を行うために KAIZEN DAY や KAIZEN合宿 と名付けたイベントも随時行っています。
こういった改善をより良いものにしていくためには、常に学習し続ける必要があります。
そのため、チーム内で輪講形式や議論に重きをおいた形式の勉強会を頻繁に行っており
そういった勉強会で得た知識や議論が発端となった改善も数多くあります。

・長期運用に耐える設計をする
同社のサービスは息の長いものが多く、長いものでは20年近く開発・提供され続けているものもあります。
そういった息の長いサービスを提供し続けるためには、設計やコードの品質を常に高く保ち続ける必要があります。
そのため、前述のようにチーム内でのコードレビューを行っているほか、ユニットテスト、
ブラウザテストの自動化、継続的インテグレーションには力を入れて取り組んでいます。

<使用している技術スタック>
・言語: Java, PHP, JavaScript, Sass
・データベース: MySQL
・バージョン管理: Git
・リポジトリ管理、コードレビュー: GitHub Enterprise
・ブラウザテスト: Selenium
・ユニットテスト: JUnit, Karma, Mocha, Sinon.JS, Expect.js
・CI: Jenkins
・アプリケーション監視: NewRelic
・コミュニケーション・タスク管理: 自社製品 [雇用形態]
正社員

[勤務地]
大阪市・リモート(在宅など)

[勤務時間]
9時〜18時(必要に応じてフレキシブルに変更できる制度あり)

[給与]
400〜900万円

[待遇・福利厚生]
社会保険完備

[休日休暇]
完全週休2日制、土日祝日、夏季冬季(年間休日121日)、年次有給休暇、職歴加算年休付加制度、リフレッシュ休暇など

[選考プロセス]
書類選考、面接数回を予定

※ご興味をおもちいただけましたら、まずはエントリーをお願いいたします。
ご紹介できる場合は、5営業日以内に担当コンサルタントよりご連絡いたします。
詳細はその際に別途明示いたします。